FC2ブログ

Cチーム&Dチームが今年最後の対外試合

12月8日(日)、4年生以下のCチームと
3年生以下のDチームが中野セネターズさんと
練習試合を行いました。


第1試合はCチーム。
今年最後の対外試合となります。

先発はソウキーヒロワのバッテリー。
1回表、セネターズさんの打線がいきなり爆発。
エラーなども絡み7失点。
2回、3回も不運な当たりもありましたが
相手打線の勢い止まらず2回4失点、3回3失点。
4回からユウヤがリリーフし
4回2失点、5回3失点の計19失点。

一方の打線のほうは相手好投手の
緩急自在のピッチングにやられ
4回まで完全試合ペース……。
ですが最終回の5回裏、相手の2番手投手から
ユウヤとハルキが意地のデッドボールで出塁するも
後が続かずゲームセット。
19-0の完敗を喫しました。

posted by (C)メッツ広報部
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました!

総括は第2試合の後に記します。



続いて3年生以下Dチームの第2試合。
サナギコーチのリポートです。


第2試合は結果31点をとられての大敗。
現実を突きつきられたゲームでした。
それでは、フリップで今日の振り返りを
おこないたいと思います。

【ナイスプレー】
▪️ヒルソウヤマソウのダブルスチール
▪️タカト強烈なヒット性の当たり
▪️カケルがもぎ取った執念の1点

【反省プレー】
▪️ノーヒット打線
▪️セカンドフリーセール
▪️外野フライが全く捕れない

【敢闘賞】
▪️レオ2盗塁

トピックスはこんなところです。
Dチームのみんなは今日の悔しい31点試合
を心に刻んでおこう。

小学生に人気のYouTuberヒカキンさんは
こんな事を言ってました。
「夢をつかむまで、挫折もパワーにして、
何度でもあきらめずに手を伸ばそう」

毎日が楽しそうなヒカキンさんでも
今の試聴回数を確立するまで、
誰も観てくれなくてもくじけず毎日努力してきたんです。

野球も同じだよ。

今日の負けをパワーにして、
忙しくても毎日ボールにさわり、素振り
をしてこよう。
昨日ダニエルが「俺、毎日素振りやってる」
と報告にきてくれました。
さすがスーパー1年生!

この冬、メッツの練習だけでなくたくさん自主練習をしよう。
練習して中野セネターズさんのような
強いチームに立ち向かえるようになるのが
コーチの夢です。

中野セネターズさん本日の対戦ありがとうございました。
感服です。


第1試合、第2試合ともに
力の差がはっきりと表れた内容となりました。
第2試合は全員出場のテーマもあったため
エラーも多くピッチャーも大変だったかもしれませんが
それにしても四球が多すぎです。
今のBチームも2本柱のコウキとリンタロウの
コントロールがよくなるのと比例して
チームが強くなっていきました。
やはり、チームのリズムをつくるのはバッテリー、
もっといえばピッチャーです。
第1試合のセネターズさんの先発投手、
本当に見事なピッチングでした。
心技体、すべての面で見習う面がたくさんありました。
相手チームのいいところはどんどん吸収していこう。

いつも選手たちには言っていますが
土日の練習の時しか野球をしないようでは
セネターズさんのような強豪には絶対に勝てません。
素振りはもちろんですが普段から、ボールを投げる、
動くボールを打つ、動くボールを捕る、ということをやらないと。
遊びでいいんです。
各自でできることをやっていってください。
そして来年、セネターズさんのような
強豪といい勝負ができるように
がんばっていきましょう。
みんな同じ3年生、4年生です。
ボールにたくさん触れていけば差は埋められます。
でも差を埋めようとしなければ
差は開く一方です。
「何ができるか」
「何をすべきか」
大好きな野球がもっともっと上手になるために
一人ひとりが考えていこう。






スポンサーサイト



Aチーム、送別大会準決勝進出~最終回、2アウト満塁、フルカウントの大ピンチ!?~

6年生最後の大会「送別大会」。
2回戦のリポートはオクダコーチです。
ドラマチックな始まり方となっております↓


最終回7回裏、メッツの守り。
2アウト満塁3ボール2ストライク。
ファーボールで同点。
ヒットを打たれ2塁ランナーがホームに還れば、
逆転サヨナラ負け。
勝負が決まる最後の1球。
勝利の女神が微笑むのはメッツか、
それともファイターズか・・・。

令和元年12月1日(日)。
Aチーム、送別大会2回戦。
相手は江東ファイターズ。今年3度目の対戦。
前回の対戦ではタイブレークの末、辛勝。
決して油断はできないチームです。

スタメンは
1番 センター シュン(4回からショウゴ)  
2番 ショート リリキ
3番 ピッチャー タクミ 
4番 セカンド マナト 
5番 ファースト セイヤ
6番 サード ソウ
7番 キャッチャー コウキ
8番 レフト ヒナタ
9番 ライト リンタロウ(4回からヒロキ)

メッツ先攻、1回表。
リリキ、ヒットで出塁。ツーアツトからマナト、
コウキ、ソウのヒットなどで4点を先制。
序盤でのリードは願ってもない展開。

1回裏、1番2番を連続死球でピンチを招くと、
4番打者にレフト前に運ばれる。
2塁ランナーは3塁を回り、ホームへ。
しかし、ヒナタがゴロを華麗にさばき、
ホームへレーザービーム。
2塁ランナーを生還させず、この回無失点。

2、3回はメッツ無得点。
その間に1点差まで追い上げられる。

4回はヒナタ、ショウゴのタイムリーで2得点、
また引き離す。
その後、互いに1点ずつとって
7回表が終わった時点で7対4とメッツのリード。

迎えた7回裏、眼前の勝利に浮足立つ
メッツ守備陣にミスが続く。
ピッチャータクミも相手6年生の気迫に
制球を乱され、あれよあれよという間に
1点差まで追い上げられる。

そして、迎えた最終局面。
2アウト満塁3ボール2ストライク。
ボール球を投げることも、
ヒットを打たれることも許されない状況。
盛り上がるファイターズベンチ、
息をのむメッツベンチ。
タクミがモーションに入り、足を上げると、
全ランナーがスタートを切る。
タクミの投げたボールはストライクゾーンへ。

「カキーン」

打球は放物線を描き、ライトへ。
向かってくる飛球にほぼ定位置で構えるヒロキ。
「オーライ」
ややスライスしていく打球を
しっかりグラブに収め、ゲームセット。
posted by (C)メッツ広報部
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました!

最後の最後まで勝敗の行方が
わからなかったこの試合。
最終局面は本当にしびれる場面でした。
メッツの監督、コーチ、父母たちの
心拍数はハンパなっかたと思います。
タクミもペース配分を考え投球し、
最終回になっても球威が衰えず、
最後までよく投げ切りました。

ファイターズさんとの試合はいつも激闘で、
野球の醍醐味、楽しさを改めて
感じさせてくれました。
ありがとうございました。
これでメッツは準決勝進出。
試合後のファイターズベンチへのあいさつで、
監督さんが「次も勝てよ」と激励してくれました。
その期待に沿えるよう、次の試合もがんばろう。


Aチームおめでとう!
次は準決勝。決勝進出目指してがんばれ!



Bチーム、関団連・秋、準優勝!

Bチームの今年最後の公式戦は関団連の決勝戦!
釣りに行く時間はあるのにリポートは書くひまがないという
Bチーム、コナ監督の久々のリポートです!
【文章中の(※~)はブログ管理人
(ピッチングマシーン1号)のツッコミです】


関団連決勝 対町田玉川
11月30日 土曜日

23日に予定されていた決勝戦ですが
雨のため順延となり、急遽23日は壮行会を行いました。
お母さま方、壮行会の会場準備、
お料理の手配など素晴らしい壮行会ありがとうございました。

壮行会で気持ちをひとつに向かえた30日、天候は晴れ、
気合い十分で決勝戦に挑みました。
13時15分試合開始のため、午前は練習。
ただこの日はとても寒く選手たちはまったく体が動かず
少し不安を抱えながら試合会場へ移動しました。
試合会場につく頃には気温も上がり
ベストコンディションでプレーボール。

決勝の舞台はいつもの雰囲気と違い
緊張する選手が多数。
緊張することは良いこと、
この緊張を楽しんでプレーしていこうと
メッツ先行で試合が始まります。

初回はお互い0点、2回裏に四球とヒットで4失点、
その後5回にも1点入れられ、0-5で負けました。
(※試合内容、たったの2行!?!?!?
11年続く本ブログ最短記録。
手抜きにもほどがあります)

表彰式の様子
$RUBK4T8.jpg

Bチームの勇姿
$RBP92D6.jpg

応援にいったCチームやお母さんたちも含め、
みんなで記念撮影
DSC08267.jpg

その他の試合画像です
posted by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

5失点は、仕方がない。
課題は明確で2回の4失点を
いかに最小失点でしのげるかだと思います。
問題は、攻撃が0点で終わったこと。
相手好投手になかなかヒットが出ないなか、
たまに塁に出るもちょっとした走塁ミスが重なり、
この日メッツは3塁まで行けませんでした。
上の学年になればなるほど、
良いピッチャーがいます。
ただ速いだけではなく、緩急のある投球、
このような好投手をいかに攻略できるかが
これからの課題です。
メッツのピッチングマシーンが
早く治ることを祈っています。
(※なめてんのか

ただ、0点だ、課題がどうのこうの言いましたが、
関団連準優勝、おめでとう!
試合後、選手たちは、みな悔しいと言ってましたが、
この結果に胸を張って良いです。
ここまできたプロセスは、素晴らしかったです。
サドンデスでの勝利あり、
完封での勝利もありました。
決勝戦だからといって、気負わずに
いつも通りプレーできれば、
結果も変わってくると思います。

最後にCチーム、OBスタッフのみなさま、
たくさんの応援ありがとうございました。
5年生ママたちの応援サポートにも
いつも感謝しております。
ここまでこれたのも、ママたちの協力のお陰です。
本当にありがとうございました。
来年で最後の年になりますが
最後までよろしくお願いします。
間近の目標として、来年1月中頃から始まる
「豊洲杯」、ここで優勝目指して
がんばっていきましょう!


Bチーム、準優勝おめでとう!
現5年生たちはこっからが本番です。
来年に向けての勝負はもう始まってます。
「豊洲杯」が終われば
2月末からジャビット杯予選
そして4月になれば大一番
「江東大会」が開幕です。
年明けから江東大会まで、
本当にあっという間だからね。
普段の練習や練習試合で自分にプレッシャーをかけて
本番で緊迫感を楽しめるように
みんなでがんばっていきましょう。
ピッチングマシンは土台に問題があるので
修理しておきます (T_T)

がんばれ、ピッチングマシン!






Aチーム、千石大会準優勝!~おめでとう、6年生!の巻~

深川地区の学童野球チームが集い
1シーズンをかけて行われているリーグ戦、
「千石大会」でAチームが準優勝を果たしました!

Aチーム、おめでとう!
sengoku2.jpg


その他の閉会式画像です。
2019 2019年11月24日(日)A千石大会閉会式
2019 2019年11月24日(日)A千石大会閉会式 by (C)メッツ広報部

今週末、Aチームは送別大会の準決勝も控えています。
悔いのないよう、最後までメッツ魂で!

がんばれ、メッツAチーム!





つ、ついに、試合リポートに伝説のラスボス登場!?の巻~送別大会1回戦~

Aチーム 送別大会1回戦で快勝!

最初のリポートはハヤシ監督ですが、その後に
つ、ついにあの大人物のご登場となります。
ハヤシ監督の禁断の一手です(笑)。
ぜひご覧ください!


2019年11月17日(日)、夢の島で送別大会が開催されました。
開会式では、われらが主将、マナトくんが選手宣誓!
堂々と、そして、少し照れながらのマナトらしい宣誓でした!
manato.jpg

宣誓通り、みんなへの感謝の気持ちをプレーで見せよう!

そして、1回戦。
対するは江東スピリッツさん。
スターティングメンバーは、
1 タクミ  ピッチャー
2 リリキ  サード
3 マナト  セカンド
4 ソウ   ショート
5 セイヤ  ファースト
6 ショウゴ キャッチャー
7 カズキ  レフト
8 ソラ   センター(5回タクム)
9 ホジン  ライト

ピッチャーは、タクミ、マナト、ソウ、リリキ、セイヤのリレー。
夢の島でのピッチングはどうだったかな?
6年生のホジンも初スタメンでフル出場。
ヒットも打ったね!楽しめたかな?
そして、タクミの先頭打者ホームラン含めて2ホーマー!
結果は、見事に勝利し初戦突破!

S 0|0|2|1|6 9
M 5|2|9|4|× 20
posted by (C)メッツ広報部
※ボウノさん撮影。ありがとうございました!

そして、うれしいことにマスモ代表からメッセージを
いただきましたのでご紹介します!
↓↓↓↓


がんばったね、6年生、とうとう迎えた6年生さよなら大会。
忘れるなよ、メッツの今まで、低学年時は小学校校庭で基本練習。
高学年になってからはハヤシ監督、オクダ・ヤマモト・ミツイ・ボウノコーチ、
マナトママ、セイヤママ、タクミママ、ソウママ、リリキママ。
5年生ママも含めて大勢のママたちが
いつも気遣いをしてくれるAチーム。
5年から6年にかけての快進撃・・・があるから
Bが続きCが後追い、いつかは6年までがんばる!
野球ばかりでなく勉強もね。
君たちの未来はあふれるエネルギーがあるんです。
文武両道はできる。メッツの練習は勉強にも通じます。
昨年ジュニアキングさんをキリキリ舞いさせた剛腕ピッチング、
いつも笑顔で、「ホームラン・ボールの先にイワシ雲」の名句の
ヤマモトユウタ君はメッツ魂でユウタチャレンジしています。
オクダパパ、ヤマモトパパはハヤシ監督側近でタイミングよく
選手への明るい激を飛ばしてくれます感謝。
ソウ君もパパが付ききっきりで強い言葉&激の言葉が直球で
ソウ全身にぶちあたるがいつも幸せ・さわやか笑顔。
ホジン君もライト先発・大きな体で守備位置に全力疾走。
送別大会1時間45分ライト守備もベンチ指示で右左、
楽しくて楽しくて・・・が身体全体に感じる。
ついに出た三遊問をきれいに抜くタイムリーヒット!
ホジン君バッターボックスに相手チームは内野陣を集める。
ホジン君の大きな身体とやる気、打つ気満々で、
一振り二振りで危機感を持ったに違いない。
もう少しのライトゴロ、惜しいぞとヤマモトコーチが声かけ。
ベンチのホジン君はとても生き生きし、
外野守備に猛ダッシュ。
少ないチャンスを6年最後の思い出として、
彼なりの今、大きな拍手を送りたい!
5年生のタクム君の動きにはいつも心の中で「ありがとう」と、
ユニホームがとてもよく似合い、
赤へルもメッツオリジナルジャンパーもタクム顔にお似合い。
ファールボールに猛ダッシュ。
見てても気持ちよく、審判員や相手チームからも賞賛。
ハヤシ監督ら指導陣の徹底したファールボール撤収だ。
Aチームの豊富な投手陣。
毎回マウンドピッチャーがタクミ、マナト、
ソウ、リリキ、セイヤが快投。
ショウゴ君のボーカーフェイスにはいつも心打たれる。
キャツチャーの身を挺しての捕球にうならせ、
バッティングも大振りせずコンパクトに振る強振は
鋭い打球に変える。
以前無口と言いましたがピンチや快音を放った時も
表情変えず黙々と。
これをポーカーフェイス・ショウゴと言う。

相変わらず複数安打のリリキ。
心身とも大きくなったソウ。
タクミのセンターオーバーの二本のホームラン、すごい打撃力。
セイヤのマウンド度胸は慣れたもの。
決まるときのストライクは最高だね。
マナトはどこを守ってもグー、捕球から送球の速さ、
打ち上げない・・・野球は大根切りが飛ぶのじゃ・・・
スピリッツ戦の先日亡くなられたナワテコーチが
暖かい夢の島少年野球場でみんなの活躍を見てましたよ。

送別大会・・・6年生にじっくりたっぷり楽しんでもらいたい・・・
の連盟のお考えで、コールドゲームなし。
二回戦の活躍を祈ってます。
東雲メッツ輩出の審判の皆様、
1時間45分、ベンチなし休みなしの緊張感の長時間。
メッツママの熱く甘い恋濃いコーヒーを審判員にご提供。
きっと疲れが取れるのでは。
私も二杯、できれば揚げたてカレーパンと一緒に食べたーーーい。
イノウエブラザーズとクキ審判員。
大変お疲れ様でした。
ゲーム終了時もハギワラC監督らヤマモトコーチ、
オクダ、ミツイコーチとトンボでグランド整備。
ありがとうございました。
送別大会2回戦、
Bチーム関団連決勝。
Cチーム親子大会と多忙を極めるメッツです!



マスモ代表、いつもの熱いメッセージ、
いつも選手をよく見ていてくださりありがとうございます。
次の試合も応援よろしくお願いいたします!
              A監督 ハヤシ




カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ