FC2ブログ

新しい背番号でチビッ子たちが躍動!!~Cチーム練習試合~

今のところ、年明け2連勝を記録中のCチーム。
果たして3戦目の結果は?
今回のリポート担当は満を持しての
初登場となるタノウエコーチです!


2021年に入り2連勝と好調なCチーム。
2月28日(日)に晴海アポローズさんをお迎えし
練習試合を行いました。

新しい背番号での最初の試合。
集合時から背中を見せあってニコニコ。
勝ってもっと大きな笑顔で2月を締めくくりたい。

スタメンは新背番号とともにご紹介します。

1番ピッチャー  カケル 6
2番ショート   タカト 1
3番サード    アラタ 0
4番ファースト  シュンタ 10
5番キャッチャー リュウノスケ 2
6番セカンド   ソウイチロウ 4
7番レフト    リョウ 5
8番センター   ダニエル 8
9番ライト    トオア 9

○1回表
カケル、よい当たりもショートゴロ。
タカト、粘ってフォアボール。
神風タカト。二盗、三盗を難なく決める。
アラタ、惜しくも三振のあと、
4番キャプテン・シュンタの登場。
試合前に今日のテーマを聞いたら
「強いライナーを打つ!」と宣言してくれたとおり、
2-2からの5球目をお手本のようなセンター前ヒット!
メッツ先制!

シュンタも三塁まで進み、リュウノスケも
ボールを見極めてフォアボール。
続いてこちらも俊足ソウイチロウが
サードへの内野安打で2点目!
リョウはショートゴロでこの回2点。
幸先のいいスタートです。

○1回裏
先頭バッターの初球。いきなりライトへ飛び、
惜しくも取れず出塁。
2番バッターはピッチャーゴロに打ち取るもランナー三塁。
3番バッターサードへの内野安打の間にランナー生還。
2021年カケル初失点。
しかし、ここからのカケルがすごかった。
4番、5番を見事なボールで連続三振。
2-1

○2回表
先頭のダニエルはサードへの内野安打!
悪送球で二塁へ。
トオアしっかり捉えるもピッチャーゴロ。
ダニエルは三塁へ。
1番に返り気迫のピッチングを見せたカケルが
バッティングでは冷静にレフト前ヒット!
ダニエル生還。
カケルは二盗後、三盗時の悪送球で生還。
タカト再びフォアボール。の後またも二盗、三盗。
キミは97年オールスターの松井稼頭央選手か!
(※管理人注釈。オールスター戦初デビューを飾った
西武・松井選手が1試合4盗塁を決め話題となった)
その後、アラタよいスイングも三振。
シュンタサードゴロでチェンジ。
この回も2点。
4-1

○2回裏
この回のカケルは文字通りパーフェクト。
6番、7番、8番をなんとすべて見逃し三振。
(前の回から5連続三振)
緩急を使った見事なピッチングでした。
4-1

○3回表
この回はメッツ打線が猛攻を仕掛ける。
リュウノスケ、レフト前ヒット。
ソウイチロウ、サードエラー。
リョウ、フォアボール。
ダニエル、ピッチャーゴロも悪送球で
リュウノスケ生還。
トオア、セカンドエラーでソウイチロウ生還。
リョウ本塁クロスプレーもアウト。
そしてここでカケル。
初球を振りぬき打球はセンターを抜けて
反対側フェンスまで一直線!
一気にホームに還り3ランホームラン!
タカト、ファーストゴロ。
アラタ、サードエラー。盗塁。悪送球の間に三塁へ。
シュンタのサードへの当たりの間にアラタ生還。
ここで6点チェンジとなりました。
10-1

○3回裏
ピッチャーは2番手タカト。
先頭を落ち着いてセカンドゴロに打ち取る。
続いて1番バッターはピッチャー前の難しいフライとなり出塁。
2番バッターはサードゴロ、惜しくも送球が逸れてセーフ。
3番バッターが強いレフト前ヒット。
レフトエラーが重なり、2失点。

しかし、ここからタカトは粘ります。
4番バッターを空振り三振にとると、
5番バッターはセカンドへの当たりで1点を失いますが、
続く6番は三振でスリーアウト。
守備が乱れても落ち着いてよいボールを投げ続けていました。
10-4

○4回表
この回は代打で3人登場!
先頭は期待の1年生アンジ(背番号20)。
ファールも打ち、フォアボールで出塁。
続いてイッセイ(背番号17)。
1-2からの3球目にアクシデント。
ランナーに向かってみんなの叫んだ「走れー!」に対し、
なぜかバッターのイッセイが振り逃げと勘違いし猛ダッシュ。
ランナーのアンジ動けず。
初めての打席、ランナーの緊張が伝わってきました(笑)。
アウトにはなったものの次の4球目で
アンジはしっかり盗塁にチャレンジ!
イッセイも三振でしたがナイススイング!
3人目の代打はトウマ(背番号18)
三振しましたが、初球から振ってファールも打ち、
今後に期待です!

○4回裏
ピッチャーは3番手シュンタ。
今度は守備で3名が出場です。
ショウイチロウ(背番号7)
ハルノブ(背番号12)
リツキ(背番号14)
先頭バッターを落ち着いて三振に取ります。
続く8番バッターはデッドボール。
9番バッターは三振。
1番バッターはフォアボール。
何とか無失点で切り抜けたいですが
2番バッターへの2球目。
大きな打球がレフトへ…
しかし、そこには試合を締めくくる男リツキ!
見事にキャッチしゲームセット。
昨年の東陽フェニックス戦でも途中出場から
見事にラストボールをつかんだリツキ。
2021年も大物っぷりを見せつけました。

M 2 2 6 0 [10]
A 1 0 3 0 [4]


時間の都合上、2回表途中まででしたが
第2試合も行われました。
メッツは後攻。

○1回表
メッツ先発はアラタ。
なんと3者連続三振!
2年生とは思えない制球力。ナイスピッチング!

○1回裏
1番サード ショウイチロウ(背番号7)
積極的に振っていきますが空振り三振。
2番ライト ユウセイ(背番号15)
前の試合で頭部へのデッドボールを
受けたにも関わらず踏み込んでしっかり振っていました!
ピッチャーゴロ。
3番キャッチャー スミレ(背番号3)
初球ファールからの2球目。
完璧なあたりが左中間を抜けてツーベースヒット!
今年も深川大会ではCチームに参加できるスミレ。
新Cチームにとってこれ以上ない頼もしい存在です。
4番セカンド レオ(背番号11)
2球ファールで粘りますが、惜しくも空振り三振。
0-0

○2回表
ピッチャーはダニエル。初の対外試合のマウンドです。
ライトにはシキョウ(背番号13)が入ります。
2者続けてフォアボール。
6番バッターを三振に取るも、
7番バッターにレフト前ヒットを許し失点。
その後2者フォアボールで時間が来てゲームセット。
フォアボールが続きましたが、
強いボールを投げ込み続けていました!
これからの剛腕に期待です!

A 0 2 [2]
M 0 [0]

今日の試合は1試合目の11盗塁という記録以上に、
サトウコーチが「これがメッツがやりたい野球だ!」と
言ったほど積極的な走塁が目立ちました。
また、これまでで一番、守備の時に声が出ていたと思います。
いくつか守備のミスもすべて積極的なプレイからでした。
季節は球春到来。積極的なCチームのこれからが楽しみです。
晴海アポローズさん、お越しくださり、ありがとうございました!


タノウエコーチ、初リポートありがとうございました!
初とは思えぬ書きっぷり。お見事です。m(_ _)m

Cチーム、新年以来、負けなしがすごい!
この試合ではとくに3年生たちががんばってくれました。
先制タイムリーを放ったキャプテンのシュンタ、
エースの風格が出てきた(!?)万能選手のカケル、
抜群の走塁センスで他の選手の模範となっているタカト、
これからもプレーと声でチームを引っ張っていってください。
でも、ベンチで一番声を出していたのは
1年生のアンジでした!
2年生、3年生のお兄ちゃんたち、
がんばらないとスーパー1年生の
アンジとリュウノスケに抜かれちゃうぞ!
タノウエコーチはお父さんということで
あまり触れていませんが、3回表のご子息・リョウの
本塁回り込みのスライディング、
惜しくもアウトとなりましたが練習通りの、
とてもいいスライディングでした。
これからも走塁練習をしっかりやっていこう。
それと試合に参加してくれた新5年生のスミレ、
ナイスバッティング!でした。
(ビヨンドの「ボコッーー!」って音がすごかった(笑))
これからも深川大会Cチームの主軸として頼むよ!

また、この試合で一番驚いたのは、
なんとアポローズの監督さんが我がメッツ出身だったこと!!
アポローズの監督さんもマスモ代表の熱いノックを
受けて育ったそうです。
感慨深いというか、マスモ代表のスゴさを感じるというか……。
まさに

継続は力なり。

私たちも代表への感謝、チームへの感謝、
地域への感謝、学童野球への感謝を忘れずに
これからもがんばっていきましょう。

最後に、第2試合が時間切れとなったため
この日打席に立てなかった
リツキ、ユキト、シキョウの三人は
次の試合で絶対に打席に立ってもらうからね。
忘れないようにメモしておきます(笑)。




スポンサーサイト



Aチーム、交流戦で勝利!~砂町交流親善大会~

砂町で行われた交流戦。
新Aチーム、今季初勝利なるか。
ハヤシ監督のリポートです。


2021年2月28日(日)、
深川連盟からのプレゼントで、砂町交流戦
(チャレンジ・プレシーズン交流親善大会)、
に出場させていただきました。
お相手は、台東区のリトルロジャースさんです。

もうすぐ春!を感じさせる陽気の中、
南砂町少年野球場の横にあるグラウンドで
試合前のアップから気合が入る選手たち!
まずは、速球への目慣らし。
001.jpg
(目を閉じていますがイメージトレーニングです)

大きなリードからのスライディング。
002.jpg

ランダウンプレイでの華麗なタッチ。
003.jpg

じゃんけんしているように見えますが、
中継プレーの確認。
004.jpg

今日は何かが違います!
(自粛で公園遊びもできていないでしょうからお許しください)

さて、試合は、5対4で勝利!
選手たちおめでとう!

M 0|0|3|2|0 5
L 0|1|0|0|3 4

スタメンは、
1 ヒロワ  ショート
2 ヒルソウ ライト  
3 ソウキ  サード
4 ハルキ  ピッチャー
5 タイガ  キャッチャー
6 カイト  センター
7 ユウヤ  セカンド
8 ライト  ファースト
9 シュン  レフト

1回2回。
先攻メッツ。
相手の巧みなスローボールに惑わされ、
1番から6番、6者凡退。。。

投げてはハルキが、
フォアボールを出しては牽制でアウト。
ピッチャーフライをサード交錯で落として、
次の打者を三振とオンオフ激しすぎ!
ワイルドピッチで先制点を献上。
(0-1)

3回4回。
ライトがフォアボールを選んで
出塁するとゲームが動きます。
続くシュンが俊足を活かして内野をかき回し、
ヒロワが左中間を破るタイムリーツーベース!
ヒルソウ内野ゴロの間にヒロワが帰り3得点!
4回も足を絡めて2得点と逆転します。

ハルキは3回に持ち直し無得点。
四死球5と課題はありますが、
奪三振3など要所で踏ん張り、
1失点でよく抑えました。
70球制限で4回からソウキがリリーフ。
ポテンヒットでランナーを出しますが、
奪三振、
サードゴロでファーストアウト、
ファーストライトが3塁を狙った
ランナーを3塁送球タッチアウトの
ナイスダブルプレーが飛び出し
3人で抑えます!
(5-1)

5回最終回。
メッツの攻撃は2番からと
好打順でしたが無得点。

時間いっぱいの最終回、
勝利が目前に迫りソウキに焦りが???
先頭にライトにはじき返されると、
ワイルドピッチを連発。
フォアボール、
マズイ守備が重なり3失点。
ヒルソウがライトゴロ、
ライトがファーストフライ2つをとり、
何とかスリーアウト。
最後は寒気すらしましたが
5対4で勝利となりました!

Googleフォトアルバム
2021年2月28日(日)A・砂町交流戦(対リトルロジャース)

DSC04717.jpg
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました。

序盤はリードを許しますが、こらえて中盤で逆転。
最後はドタバタしましたが、
みんなで踏ん張った勝利でした。

いまの課題は「集中力!」
試合中、一球一球、自分のところに飛んでくる!
そして何をするか、自分が何を準備しておくかを
常に考えてプレーをしよう。

これから大きな大会が続きます。
「一球集中!」
で楽しいゲームをしていこう!




Aチーム ジャビット杯深川予選 ~深川パイレーツ戦~

Aチームのジャビット杯予選。
ハヤシ監督のリポートです。


2021年2月23日(火・祝)、
Aチームのジャビット杯深川予選が
夢の島で行われました。
相手は深川パイレーツ。
たくさんの方が応援に駆けつけてくれました。
その期待に応えるゲームがしたい!

冬の修行から春風が吹いた!と
思わせといて北風に押し戻されてしまうのか!?

ゲーム展開は、取られたら取り返す!
(残念なことに)
取り返したら取り返される!
まさにシーソーゲームとなりました。
選手たちは一生懸命やってくれましたが、
一歩及ばずの敗戦となりました。

M 0|0|5|1|1|0|0 7
P 4|0|3|0|0|1|✕ 8

スタメンは、
1 ヒロワ  ファースト
2 カイト  センター  
3 タイガ  キャッチャー
4 ハルキ  ショート
5 テッペイ サード
6 ソウキ  ピッチャー
7 ユウヤ  セカンド
8 アオト  レフト
9 ヒルソウ ライト

1回。
先攻メッツ。
ヒロワ、タイガのヒット2本で、
1アウト2,3塁の絶好のチャンス。
しかし、後続がつづかず0点。

メッツ先発はソウキ。
フォアボールとエラーで1アウト2、3塁。
迎える4番バッターと勝負!
ですがここでツーランスクイズ・・・。
(流行なのかと思うほど多い・・・)
その処理をソウキ暴投で2失点。
その後も冴えないプレーが続いてしまい4失点。
センターカイトと初スタメンのレフトアオトが
難しいフライをキャッチ!
ピンチを救ってくれました。
(0-4)

2回。
お互い三者凡退。
ソウキは5投球。これを続けたい。

3回。
ヒルソウがサード強襲で出塁。
ヒロワがフォアボール。
タイガのあたりをサード暴投で2得点。
そして今日の見せ場はここ!
ハルキ、テッペイが連続スリーベース、
続くソウキも連続安打で一挙3得点で逆転。

しかし、この裏です。
ここで無失点で抑えれば!なのですが、
フォアボール、内野ゴロエラーがポロポロと。
あげる必要のない3失点。
(5-7)

4回。
ヒルソウがレフトへのツーベースヒット!
またもヒロワフォアボール。
パスボールで1得点!

ソウキが3つの内野ゴロに抑え三者凡退。
(6-7)

5回。
相手ピッチャー交代。
ハルキ、フォアボール&ボークで2塁へ。
テッペイ内野ゴロで3塁進塁。
ソウキの内野ゴロの間にハルキが突っ込み
1得点で同点に!

先頭をソウキがファーストゴロ。
ここで70球制限でテッペイがリリーフ。
テッペイ絶好調で内野ゴロ2つで
この回、三者凡退。
(7-7)

6回。
絶好調ヒロワがセンター前で出塁&盗塁。
カイトのゴロの間に3塁へ。
逆転の舞台が整い、3番、4番に!
しかし、相手ピッチャーのスローボールに
打たされ連続内野フライで無得点。

裏を抑えたいところでしたが、
アンラッキーなポテンヒットもあり
ツーアウト満塁。
テッペイに祈りを捧げますが、
ここでまさかのテッペイが
腕に違和感があるとのことで、
ハルキが緊急登板。
この状況の中、
2球でツーストライクまで追い込みますが、
3球目に無念のワイルドピッチ。
1失点しますがこのバッターを三振に。
(7-8)

7回最終回。
ソウキがレフト前ヒット。
ユウヤがフォアボールでチャンスを拡げますが、
あと1本が出ず、ゲームセット。
(7-8)

Googleフォトアルバム
2021年2月23日(日)A・ジャビット杯深川予選(対深川パイレーツ)

DSC04518-crop.jpg
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました。

練習試合ではいい守備を見せつつありますが、
やはり本番は緊張しちゃうのでしょうか。
悔やまれるプレーが数知れずですが、
みんなよくがんばりました!
これまでは、点差を開けられると
意気消沈となることが多かったのですが、
最後まであきらめず声をかけあい、
ベンチも元気に応援!
打撃沈黙が多かったのですが、
ここのところヒットが増えてきており、
相手よりもヒット数は上。
3回の5得点逆転の喜び・楽しさを
忘れないでほしい。

結果は負けてしまいましたが、
良いプレーもあり見応えのある試合でした!
悪いところもたくさん見えたので、
練習して上手くなって次こそ勝とう!
みんなの春はすぐそこまで来ているぞ!


やはり野球はピッチャーです。
コントロールとリズム。
そこから守備のリズム、いい流れが生まれ、
攻撃(打線)にもいい流れが反映されていきます。
練習でいかに緊迫感を持って投球するか。
キャッチボールからいかに真剣に投げるか。
練習は厳しく、試合は楽しく。
(とくに高学年はね)
そういう基本からしっかりやっていこう!
ハヤシ監督のいうように春はきっとやってくる!!

がんばれ、メッツ!!!







ABチーム、ジャビット予選前の土日に3連戦

祝日(火曜)の深夜、土日3連戦のリポートを寝ずに
書き上げたものの、そのままブログ管理人にメールを
送ると「夜中まで必死にやってまっせー感を出している」と言われるから
「わざわざ朝まで待ってメールを送ったったーでえ~」と
休み明けの早朝から絡んできた生粋の関西人・ウエノヤマ監督の
力作をどうぞご覧ください。


2/20(土)千束ファイターズさんをお招きし、
A、Bでのダブルヘッダーに挑みました。
先週の冬の修行から春風が吹いたのか?

第一試合Aチーム
3対8 負け
※モモンガの試合結果参照

球審から見た課題として挙げます。

■攻撃
課題①
バッターボックス内でホームベースから離れすぎだぞ~。
ホームベースの近くに立つ理由をもう一度考えよう。
外角の見逃しが多い理由は、離れているからです。
相手ピッチャーがどんどんストライクを投げてきて
簡単に追い込まれるのは、みんなベースから遠いので
相手ピッチャーが投げやすいからです。
ソウキ、ハルキ、タイガはピッチャーで投げていて、
どんな打者が投げにくいか他の選手に伝えてみよう!

課題②
ヒットが出ている選手は甘い球を逃さず振っています。
逆に出ていない選手は、難しい球を打っています。
バッターボックスに入ったら、甘い球はすべて振ろう。
(あと、打っている選手は日々の素振りもやっています!)

■守備
課題①
立ち上がり4失点。ヒット、フォアボール後の
3ランホームラン。
その後も2四死球、1イニング3四死球じゃ~
守りのリズムが作れないよ。
先発ピッチャーの立ち上がりが悪いのは、
試合前のピッチング練習が足りないのかな?
試合前は時間が限られているので、
キャッチボールがピッチング練習のつもりで意識してやろう。
今日の試合を例に出しましたが、
Aの試合で立ち上がりに失点が多いと感じます。

課題②
中継プレーの連携がまだまだ。
声をつないでいく意識をもって、どこに投げればよいか
全員で声がけしよう。カットは一直線に入る。
C時代は出来ていたぞ。


第二試合Bチーム
C時代のポジションから少し変更。
新4年助っ人の力を借りてニューオーダーで挑みましたが、
結果2対8で負け。
※モモンガの試合結果参照

しかし、今日の試合の結果は負けましたが、
少しは試合勘を取り戻せたかなと思います。
また、新4年生のセンスの良さが目立った試合でもありました。
深川春の大会に向けて、心強い仲間が加わりました。
Bの目標はC時代の深川秋の3位を超えることです。

Googleフォトアルバム
2021年2月20日(土)B・練習試合(対千束ファイターズ)

24-crop.jpg
※サナギさん撮影。ありがとうございました。

ここで、期待の新Bメンバーの紹介(背番号順)

●ヒルソウ
キャプテン。Bでは左のエース、テッペイとの2枚看板に期待!
●テッペイ
エース&主砲 チームの大黒柱として期待!
●ヒロワ
切り込み隊長、守備、走塁の要。チームのアキレス腱。(この試合ホームランを打ちました!)
●ハル
チームのムードメーカー、闘犬のような闘争心に期待!戦線離脱中(早期復帰に期待)
●スミレ
打撃力はチーム随一。気持ちも成長し大黒柱に期待! ファースト、キャッチャ―の修行中で日々進化中。
●ユウキ
正捕手候補&精密機械のようなコントロールで困ったとき助けてくれ!(実はエースの座を狙っているとの噂)
●ヤマソウ
飛ばす力はチームトップクラス。ミート力練習中。真面目で一生懸命。他の選手は見習ってほしい(笑)
●アオト
成長著しく、チームに欠かせない存在に成長!相手のスキを突く走塁に期待!
●イトシュン
足の速さはチーム1番。内野、外野を守れるユーティリティープレイヤーを目指し練習中!
●ホリシュン
日々練習し、これからレギュラーを脅かす存在となってくれ!

対戦相手の千束ファイターズさんは、
初回4番バッターのホームラン、投げたピッチャー全員が
初級からアウトローへ投げ込む等、実力が高いチームでした。
いい相手と練習試合ができ、ABともに
課題が多く見つかる試合でした。
千束ファイターズさん、ご足労いただき
ありがとうございました。


2/21(日)東伊興シャインズさんをお招きし、
Aチームが公式戦前の練習試合に挑みました。

結果:6対3 勝ち

投げては、ソウキの安定したピッチングと
ハルキの剛腕リリーフで被安打3。
サードのテッペイは6回の守備機会で
すべてアウトを取り安定感が増してきた。
セカンドのユウヤは練習の成果が出ており、
3試合連続ノーエラー。
外野陣も普通のフライは確実にキャッチし、
安心して見ていられるようになってきた。

打っては、相変わらず好調のヒロワが3安打、
カイトにもクリーンヒット、ハルキのホームランもあり
以前の梅雨のような湿ったバットから脱出。
あとは下位打線の奮起が必要。

走塁も試合前の第二リード練習の成果が出て、
キャッチャーのファンブルで進塁できていました。
練習したことを即実践でできるということは、
みんなセンスがある証拠。
出来なくならないように毎回意識してやっていこう。

課題が見つかり、練習し課題克服という良い流れができました。
続けていきましょう。
絶対に勝つ!!という気持ちを全員が持って戦わないと
勝利の女神は微笑みません。
さあ、いよいよ明後日が本番です。勝利を目指していざ出陣!

東伊興シャインズさん、練習試合ありがとうございました。


新5年生と久々に一緒に試合をした新4年生のカケル。
Bの練習試合で出塁すると、誰よりも大きなリードをとり
余裕の二盗をかましていました。
日々の練習はやっぱりうそをつきません。
5年生も6年生もがんばってね!

午後のBの試合に向け、デザートを食べて
調整中のCチームの面々。
IMG_6668.jpg







ABチーム冬の修行

新ABチームの練習試合。
サナギコーチが今年初登場!
相変わらずの最速リポートをご覧ください。

  
2月14日、遠征&ホームでトリプルヘッダーに
挑みました。
バレンタインデーということもあり
勝利の女神に微笑んでほしい。
さあ行け!メッツ軍団よ!


<●A第一試合>

M 1 0 0 1 0 2 0 [4]
B 1 0 1 0 0 4 x [6]

午前の対戦相手は江戸川区の
ブルーシャークスクラブさん。
すばらしい設備の臨海球技場にお招きいただき、
選手たちもウキウキ。
エスカレーターで入場する野球場ははじめてです。
相手は5年生メインのチームとのことで
張り切って挑みましたが結果は4−6で敗戦。

終盤まで2点差でリードしていましたが、
6回の守備で捕まってしまう。
先頭バッターに出塁を許すとスクイズ処理、
揺さぶりに苦しみこの回一気に4点を奪われる。
先発タイガからのソウキとなる継投策が
はまったと思えた終盤だっただけに悔いが残ります。
今後はバント、揺さぶり対策を練習して行こう。
敗因はブルーシャークスさんの機動力に
対応できなかったことと攻撃力不足。
せっかく合計10コの四球を頂くもハルキの
ヒット2本だけじゃ勝てません。
外野に飛ばせる力つけようぜ。
ブルーシャークスさん練習試合
ありがとうございました!

第1試合の様子・Googleフォトアルバム
DSC04118-crop.jpg
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました。




<●A第二試合>

A 0 0 0 1 1 1 [3]
M 0 0 0 0 0 2 [2]

午前の反省を活かしたい第二試合。
とんぼ返りで豊洲にもどり13時20分プレイボール。
対戦相手は晴海アポローズさん。
先発ハルキの好投もあり引き締まった展開と
なりましたがあと1本が出ず3−2で敗戦。。
最終回はボルテージが新チーム結成後で
一番上がりました。
クリーンナップにカイト、ユウヤが続き
集中打で1点差まで追いあげる。
2アウト満塁一打サヨナラの場面でヒルソウ。
残念ながら三振になってしまったがここで
仕留めてくれるBキャプテンの今後に期待したい。
また、この試合もスクイズにやられてしまいました。
午前同様に小技対策・・・。
もう打ち勝つしかない!
本気で勝ちたいなら全員が自主練をしてこよう。
このまま四球狙いで学童野球が
終わってしまっていいのか!
速い球、重い球を打ち返す野球をめざそうぜ。
アポローズさん練習試合ありがとうございました!

午後第1試合Googleフォトアルバム
DSC05775.jpg
※ボウノさん撮影。ありがとうございました。




<●B第三試合>

A 3 0 2 [5]
M 1 1 2 [4]

晴海アポローズさんとBチームメインの第3試合。
15時から50分制限ルールで対戦いただきました。
ウエノヤマ監督に勝ち星を届けたい
新Bチームのスタメンはこちら。

1 イトシュン(センター)
2 ヒロワ(ショート)   
3 ヒルソウ(ファースト)
4 テッペイ(ショート)
5 スミレ(キャッチャー)
6 ユウキ(セカンド)
7 ヤマソウ(サード)
8 アオト(ライト)
9 ホリシュン(レフト)

キャッチャーにスミレ、ルーキーホリシュンの
スタメンがサプライズ。
結果は5−4で敗戦。。。
ウエノヤマ監督にウイニングボールを
届けることはできませんでした。
初回まずい守備で3点を奪われるも
じりじりと好走塁で追い上げ最終回1点差まで迫る。
打撃売り出し中のユウキにのバットに
期待がかかるがあと1本が出ず悔しい敗戦。

第2試合Googleフォトアルバム
20210214.jpg
※イトウさん撮影。ありがとうございました。

Aチーム同様に攻撃力の課題を再認識しました。
Bチームとして試合数が少ないこともありますが、
限られた時間の中でできなかったことを
炙り出して行こう。
土日にパッと試合に出て
いきなり打てることは99%ありません。
アポローズさんは1番から9番まで全員が
外野に飛ばす力があり、
どこからでも点がとれるチームでした。
おなじ5年生だぜ。 

本日はバレンタインショックのような
ホロ苦い試合でしたが、次にむけて練習して行こう。
そして早くウエノヤマ監督に春一番をとどけよう。
ダーーーー!!


最後に、宮本慎也杯用の集合写真を↓
DSC04284-crop.jpg









カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
体験のお問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ