試合画像などが届きました!

いろいろと画像が届きました!
※写真をクリックするとアルバムに飛びます!

2017年8月27日(日)A練習試合(対オール鉄砲洲)
2017年8月27日(日)A練習試合(対オール鉄砲洲) by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

2017年9月18日(日)深川秋季大会開会式
2017年9月18日(日)深川秋季大会開会式 by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました。三角巾の選手はその後大丈夫でした(笑)。

2017年10月8日(日)A深川大会(対潮見パワーズ)
2017年10月8日(日)A深川大会(対潮見パワーズ) by (C)メッツ広報部
※ユウゴママ撮影。ありがとうございました!

2017年10月9日(月)D竹の子大会(対礫川モンキーズ)
2017年10月9日(月)D竹の子大会(対礫川モンキーズ) by (C)メッツ広報部
※ハヤシママ撮影。ありがとうございました。勝利後のミーティング、選手たちとてもいい表情してます!

以上です。
ゆっくりとご覧ください。
スポンサーサイト

Bチームの深川大会~対深川レッドソックス~

Bチームの深川大会1回戦。
オオイコーチのリポートです。


10月1日(日)、夢の島グランドで深川秋季大会1回戦、
レッドソックス戦が行われました。

R l3l6l3l12
M l 0l0l0l 0

0対12、3回コールドで負けてしまいました。

敢えて言いますが、これまでになく、
本当に悪い内容でした。
ヒットが打てないことは、
相手ピッチャーもあることなので、仕方ありません。
当然、エラーしようと思っているわけではありませんが、
ミスもしてしまいます。
でも、試合に向けて気持ちを高める、一球に集中する、
相手に負けないくらい声を出す、
苦しいバッテリーに声を掛ける、
いつボールが飛んで来てもよいように準備をする、
最後まであきらめない、、、

これらは全員ができることですが、全くできていませんでした。

代表をはじめ、A、Cの監督、コーチ、選手、
スタッフの皆さんの声援に応えられず、
本当に残念でした。

豊洲グランドに戻りミーティング、
そして、ウラサワコーチが
選手一人ひとりに対話もしてくれました。
みんな5年生なので、自分たちで気付きをもって、
今後の練習時から改善して、
次は一生懸命で格好良い姿を見せてくれると信じています。
ヤマモト監督を中心にコーチ、
スタッフでしっかり選手をサポートします!

応援頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
これからも、引き続き、よろしくお願いします。

Cチームの秋の公式戦!~深川大会、対潮見パワーズ~

10月8日(日)、夢の島グラウンドにて
Cチームの深川秋季大会1回戦、
対潮見パワーズが行われました。

メッツ先行。
先発は予告先発のユウタ。
潮見さんの先発はサウスポーの好投手。
緩急を操り、コントロールも抜群でした。

1回表、メッツの攻撃。
今日は1番ヒナタ、2番シュンスケと
俊足ランナーふたりを頭に据え、
足で相手をかき回してくれることを願いましたが
あえなく三者凡退……。
(でもこの回のシュンスケの打席、
ここが今日の試合の肝だったと私は感じています。
一球ですべての流れが変わる怖さを改めて認識しました)

1回裏、潮見さんの攻撃。
四球、ピッチャーゴロ、四球、の後
相手4番にセンターに弾き返され1失点。
その後、ワイルドピッチでさらに1失点で
初回に2失点。

相手好投手、まったく崩れる気配がありません。
落ち着いています。
メッツもバットを短く持って対応しますが
内野手の間を抜けず(越えられず)、4回までノーヒット。

先発ユウタは3回にレフトに痛打され
1点を失いますが失点は初回の2点と
この回の1点を合わせた3失点のみ。
がんばってゲームをつくりましたが
相手の投手が今日は良すぎました。

最終回、コウキが意地の打撃で三遊間を破り
なんとか一矢報いますが、後が続かずゲームセット。

0-3の完封負けとなりました。
2017年10月8(日)C深川秋季大会(対潮見パワーズ)
2017年10月8(日)C深川秋季大会(対潮見パワーズ) by (C)メッツ広報部
※ボウノさん、ハラダさん撮影。ありがとうございました!

四球が必ず得点につながる。(四球とパスボールで)
まずこれを少しでもなくすべく、
冬のトレーニングをしていきましょう。
守備は大崩れすることなく、きっちりアウトを
取れるようになってきました。
野球は守備が基本です。
これからも基本を徹底していきましょう。
打撃は……、打撃は今までも何度か言ってきましたが
「打撃は水物」というようにいい時もあれば
悪い時もある、というのが打撃です。
いつもバカバカ打つ、なんてことは
プロ野球選手でもできません。
でも、その好不調の波を
小さくしていくことはできるはずです。
まずはバッテリー強化、そして守備、
そして打撃は土日の練習だけでなく
平日に家で素振りなど自主トレにはげんでください。
明日は竹の子大会です。
気持ちを切り替えて、明日は張り切っていきましょう!

Aチームのあらたな画像が届きました!

ヨシヒコママより試合画像が届きました。
どうぞご覧ください。
コウヘイのホームラン賞画像
(ジャイアンツ戦)などもあります。

2017年6月10日(土)A・関団連(対碑文谷クラウンズ)
2017年6月10日(土)A・関団連(対碑文谷クラウンズ) by (C)メッツ広報部

2017年7月1日(土)A・関団連(対不動パイレーツ)
2017年7月1日(土)A・関団連(対不動パイレーツ) by (C)メッツ広報部

2017年7月2日(日)A・深川春季大会(対深川ジャイアンツ)
2017年7月2日(日)A・深川春季大会(対深川ジャイアンツ) by (C)メッツ広報部

ヨシヒコママ、ありがとうございました!

Aチーム、二日連続の大一番!~vs不動パイレーツ、vs深川ジャイアンツ~

Aチームが迎えた関団連と深川大会の
二日連続大一番。
ナルセコーチのリポートです!


7月1日土曜日。
前回の関団連1回戦から3週間が経過し、
すっかり東京は梅雨のど真ん中。
この日は降ったりやんだりの
イノウエ審判員泣かせのコンディションでした。
豊洲では午前中にニュー愛宕さんとNリトルズさんの
試合が行われ、その間は試合の見学と
運河沿いでのアップで午後からの2回戦に備えました。

13時30分プレーボール。都内有数の強豪を迎えました。
VS不動パイレーツ(大田区)

先攻は不動。
先発はコウヘイ(三回途中から救援カンタ)。
初回は無難に打たせて取ります。
しかし2回表に長短打5本などにより4点、
3回には先頭打者がライト方向への
ホームランを皮切りに死四球とタイムリーで
3点を追加されました。
5回にも追加点で合計8点。
一方の攻撃では見せどころを全く作れず
五回まで全てのイニングで三者凡退に
抑えられてしまいました。
試合は、規定によるコールド負け。
完全・・・試合でした。
2017年7月1日(土)A・関団連(対不動パイレーツ)
2017年7月1日(土)A・関団連(対不動パイレーツ) by (C)メッツ広報部

大差の負けは仕方ないです。
相手が現時点で実力的に上だったのだから。
でも残念だったのは、試合前の目に見える
彼我の意識の違いです。
先方は無駄なおしゃべりもなく静かに集中心を高めて、
「集合!」の号令とともに当たり前のように気合の入った、
そして一同が乱れない声出し。
こちらは何か狙われる獲物にでもなったような感じがしました。
無駄なおしゃべりは、ただチームワークなく
各人がばらばらに好き勝手している印象を相手に与えます。
つけこまれて、そして舐められていいことなんて何もありません。

選手たちの感じた悔しさ、終了後の反省と練習が
翌日の大一番にどうつながったのか?


7月2日日曜日。
心配された雨の影響はほとんど無さそう。
新人戦の為に5年生は早朝のうちに夢の島に遠征。
豊洲の朝の練習は、6年生だけの落ち着いたものになりました。
コナ監督の気合の入った豪?速球での
フリーバッティングで気分を徐々に高めて行きます。
選手たちも(いつもよりは)無駄なおしゃべりが少なく
集中力がありました。
昼前になり、いざ出陣です!

都内のみならず他県の多くのチームも
ここに勝利することを目標としています。
6月18日は降雨のため2回終了時2-2で中止となりました。
きょうはどうか?

13時01分プレーボール。
VS深川ジャイアンツ(深川)

先攻はメッツ。
1回表
二死後、ユオが四球で出塁、牽制ミスで進塁しますが、
その後再び今度は好牽制で刺されてしまいます。

1回裏
先発はコウヘイ。先頭打者に四球を与え、盗塁。
2番打者が投手ゴロで進塁後、ボークで1点目を許します。
3番打者も四球。初球に盗塁を試みますが、
クイックモーションと捕手ユオの好送球でタッチアウト!
ところがさすがは強豪チームの4番、
次の投球を振り抜き左中間を豪快に抜きます。
ソロホームランで2点目。
(0-2)

2回表
一死後5番リクトが4つのファールで粘ったのち四球を選びます。
二死後7番ヨシヒコがレフト前に初ヒット!
この回無得点でしたが、昨日とは明らかに雰囲気が違います。

2回裏
コウヘイ、2奪三振で無失点。

3回表
2番リョウ、レフト線ツーベースヒット。しかし無得点。

3回裏
先頭の1番に死球、盗塁。2番打者は送りバント。
3番死球。4番ショートゴロフィルダースチョイスで満塁のピンチ。
5番打者にレフト前に運ばれて1点を失います。
しかしここからコウヘイは粘ります。
3塁走者を牽制でツーアウト。
次打者に死球を与えますが、7番打者を
セカンドフライに斬って取ります。
打者7人で最少失点。
(0-3)

4回裏
2奪三振で三者凡退。

5回表
野球は二死からといわれます。
9番リュウノスケショートへの内野安打で出塁。
ランナーがいる場面で1番コウヘイ。
3球目を鮮やかに鋭くレフト線へ運びます。
球足速くボールは転々と5面方向へ。
ベンチの歓声の中、長躯ホームイン!!2点を返しました。
(大会14号で試合後、
連盟から表彰されました。おめでとう!)
(2-3)

5回裏
4番打者の3塁打などにより2点を追加。
救援は再びカンタ。2打者を抑えました。
(2-5)

6回表
相手投手は速球派に交代。
しかし3番ユオ、4番カンタとも粘って四球を選び出塁。
5番リクトの進塁打のあと、ボークで1点を返します。
(3-5)

6回裏
四球後の3連打により3点を献上。
最後は相手チームの力を見せつけられた格好。
さすが・・・です。
規定時間経過により終了です。
(3-8×)
2017年7月2日(日)A・深川春季大会(対深川ジャイアンツ)
2017年7月2日(日)A・深川春季大会(対深川ジャイアンツ) by (C)メッツ広報部

2試合ともに完敗でしたが、ジャイアンツ戦では
粘れたところも多々あり、見せ場を作ることが出来ました。
土曜の試合後、イマムラコーチから動きを止めない
守備の重要性を注意されていましたが、
早速日曜の試合中にくねくねとした動きで打球を迎えようと
(表現悪くてすみません)している選手が複数いました。

驚いたのが捕手のユオで、日曜の試合では
2度の二盗を刺しました。
守備前の送球も回を追うごとに鋭くなっていました。
このまま伸びて、相手の監督に
盗塁をさせない捕手を目指して下さい。

書きたいことは他にも山ほどにありますが、
この辺にしておきます。

最後にひとつだけ。
前半戦がおわり、間もなく合宿ですね。
普段とは比べようもないような
広大なみどりの野球場が君たちを待っています。
コーチたちはいつも以上の大きな飛球で
ノックを打ってくれるでしょう。
思いきり走り回って、(ケガしない程度に)
ジャンプしてきてください。
野球がもっと好きになったみんなの、
後半戦の活躍を願っています。


ナルセコーチありがとうございました。
6年生は公式戦も残すところあとわずかとなりました。
ナルセコーチからの指摘をしっかりと受け止め
秋の公式戦にいかしてほしいと思います。
6年生たちは心技体ともにまだまだ進化できるはずです。
というかもっともっと変わっていかないとね。
下級生たちのいい見本となってください。
秋に向け、がんばっていきましょう!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ