FC2ブログ

Bチームの深川春季大会準決勝!~対深川ジャイアンツ~

先行して始まったBチームの深川大会。
準決勝のリポートは「リポートを書いた時のチーム勝率100%男」の
異名を持つイワサワコーチです!
果たして結果は!?


2019年3月24日(日)9:00~ 
深川春季大会(B) 夢の島野球場
大会準決勝となる深川ジャイアンツ戦、
昨秋決勝戦、0-11の敗戦から
早くもリベンジのチャンスが与えられました。
どこまで差を縮められたのか、それともその差がさらに広がっているのか。
メッツ後攻、以下のスターティングメンバーとなります。

1 3B シュンスケ
2 SS ヒナタ
3 P  リンタロウ
4 C  コウキ
5 CF カズキ
6 1B アツト
7 LF ヒロキ
8 RF シュウゾウ
9 2B ジュンペイ

■1回表
先発リンタロウ、先頭バッターをセカンドゴロでアウトにするも、
その後、打ち取った当たりも守備の乱れから
2点を先制されてしまいます。

□1回裏
なんとか反撃したいところ、1、2番が倒れ、
3番リンタロウがレフトへツーベース!も
この回、ここまで。

■2回表
この回も2失点。

3回からピッチャーコウキが登板も、
悪い流れを引きずってしまいました。
途中相手のホームラン性の当たりが2塁だと判定されたり、
4回にはサードライナーをシュンスケが1人ゲッツーを取ったりで、
5回2点を追加された時点で10-0、
これで終わりと思っていましたが、
最後の最後で途中出場のケンジがやってくれました!
三遊間を抜けた当たりがなんと、外野も抜け、ホームラン!
一矢報いることができましたが、反撃もここまで。
やはりジャイアンツの壁は高かった。。。

試合結果   1 2 3 4 5  計
ジャイアンツ 2 2 4 0 2  10
メッツ     0 0 0 0 1  1

2019/03/24(日)B・深川大会(対深川ジャイアンツ)
2019/03/24(日)B・深川大会(対深川ジャイアンツ) by (C)メッツ広報部

前日からの体調不良により、
試合後のミーティングに参加できてないので、
ベンチの外から見た限りですが、結果は昨年同様の大差での敗退です。
ですが、前回の敗戦に比べると、
まだまだ差は大きいものの、背中くらいは見えてきた、
くらいは言っても良いのではないか、勝ちに等しい負けではないでしょうか。
苦しいですね(笑)。
苦しい展開ながらも、ここまでの試合展開に持ってきてもらった
コナ監督への感謝と、次は江東大会へ気持ちを切り替えて、
しまっていこーぜ!

残念ながら、私の執筆する勝率100%ブログは、
イチロー選手の引退と時を合わせるように今回で最後となりました。
今までのご愛顧に感謝するとともに、
次回以降は「ほぼ勝率100%ブログ」として、
継続させていただくことになりました。宜しくお願い致します。
深川ジャイアンツさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト

深川春季大会が開幕!~Bチーム今季初の公式戦!の巻~

先行して始まったBチームの
深川春季大会1回戦。
超久々のコナ監督のリポートです!


Bチームになってから、初めての公式戦を向かえます。
相手は昨年の深川春季大会初戦と同じ強豪元加賀さんです。
昨年は惜しくも涙をのみましたが、
今回選手たちはリベンジに燃えています!

初回先発はリンタロウ
先頭打者を四球で歩かせますが、
キャッチャーコウキの
矢のような送球で盗塁を許しません。
続く2番バッターにセンター前に運ばれますが、
センターカズキがガッチリキャッチした後
ファーストに送球。
なんとセンター前ゴロに打ち取ります。
集中力が課題のカズキは、
この日最後まで集中して守れました。
その後、2回に2アウトから守備の乱れ、
四球も絡み2点先制されてしまいますが、
3回は、3人で抑え
4回からはメッツの守護神・コウキにスイッチ。
5回にまたまた守備の乱れから2点取られてしいますが、
この日の両ピッチャーの四球は
コースを丁寧に攻めた結果の四球だったので合格点。
素晴らしいピッチングでした!

先制された後の2回裏のメッツ攻撃で
6番アツト、センターオーバー! ナイスバッティング!
この3ベースヒットでチャンスをつくると
7番ヒロキの内野ゴロの間にアツトがホームインで1点返します。
3回の攻撃ではジュンペイが四球をもぎ取り
進塁打などでランナー3塁に、
ここでバッターはこの日の守備がイマイチだった2番ヒナタ。
しかしこの大事な場面で彼はヒットで3塁ランナーを返します。
この回2得点で逆転に成功!
4回にやっとメッツ打線がつながり四球、
ヒット等で、ランナー2,3塁。
ここでまたまた巡ってきました、持ってる男・2番ヒナタ。
ヒナタは3球目を右中間に弾き返しスリーランホームラン!
この男のバットで試合を決定付けます。
結果、8対4勝利することが出来ました。
この日のヒーローは、アツトと、良くも悪くもヒナタ!
アツトのスリーベースヒットから打線が勢いづき、
ヒナタのホームランで試合を決めました。

019/03/21(木)B・深川大会(対元加賀)
019/03/21(木)B・深川大会(対元加賀) by (C)メッツ広報部

次戦は、超強豪の深川ジャイアンツさん。
今のメッツがどこまで通用するか、力試しです。頑張ろう!
最後に、試合前からいつも緊張しまくりのコウキと私、
試合終了後は二人でホッとしました。
平常心も忘れずに…。


Bチーム、初戦突破おめでとう。
次は深ジャン戦。
全力でぶつかっていきましょう!

Cチーム・深川大会決勝戦~相手が強ければ強いほど、燃え上がれ!の巻~

11月17日(土)、準決勝からだいぶ間が空きましたが
深川大会のCチーム決勝戦が夢の島で行われました。
相手は、王者・深川ジャイアンツ。
どこまで通用するのか、胸を借りるつもりで
深ジャンに挑みましたが、結果は0-11の完敗でした。

先発・リンタロウの高めに浮いた甘い球を
ことごとく長打にされ、1回に6失点。
2回もショート、ピッチャーの連続エラーでピンチを広げ
そこから長打を放たれるなど3失点。
先発リンタロウの集中力が切れてしまったため
2回途中からコウキがマウンドに。
コウキは後続を抑え、さらに3回には
深ジャン下位打線を3連続三振で無失点。
4回には1失点してしまいますが、
センターへの大飛球を2連続でカズキがナイスキャッチ!
(2回にもレフトへの大飛球をヒロキが見事にキャッチ)
最終回もエラーから1失点してしまいますが
コウキは深ジャンから3三振を奪います。

打撃の方は相手投手の緩急自在のピッチングに
見事にやられました。
初回、トップバッターのシュンスケがライト前ヒットで
出塁したものの、ヒットはこの一本のみ。
三振は合計4つでしたが、打たせて取る
深ジャン投手の巧みなピッチングの前に
スコアは0行進が続き
0-11の敗戦となりました。
2018年11月17日(土)C・深川大会決勝戦(対深川ジャイアンツ)
2018年11月17日(土)C・深川大会決勝戦(対深川ジャイアンツ) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

深ジャンクリーンナップの打撃の飛距離は
Aチーム(6年生)と遜色ないほど。
でもメッツもコウキに代わってからの展開を考えれば
決してすべてがお手上げだったわけではありません。
試合前、メッツのバッテリーは極度の緊張状態にあり
とくに先発のリンタロウは「やる前から負けている」状態でした。
深川ジャイアンツさんのような強い相手を前にした時こそ
「やってやる!」とか「絶対負けねーぞ!」という
強い気持ちが出てくるようにならないといけません。
四年生たちは早く「東雲内弁慶's」から脱却してください。
キミたちの力はこんなものではないはずです。

試合後、豊洲グラウンドでのミーティングでは
四年生はひとりずつ、
決勝を戦って感じたこと、これからなすべきことを
みんなの前で素直に語ってくれました。
(自分の言ったことはみんな忘れないでね)
目の前に立ちはだかる壁は大きいです。
でも高く、険しい山ほど登りがいがあるってもんです。
きっと頂上からの眺めは最高です。
みんなの学童野球はまだ始まったばかり。
みんなの力はこんなもんじゃない!
練習を重ね、もっともっと成長し、
自分たちの野球をグラウンドで表現していってください。
そして相手が強ければ強いほど「やってやる!」という
燃え上がる気持ちを持てる人間になろう!

決勝戦、負けちゃったけど、みんなよくがんばりました!
(メッツにとって本当に久しぶりの決勝進出です)
グラウンドでプレーした9人も
ベンチで一生懸命応援、フォローした11人も
みんながMVPです!
準優勝おめでとう!
頂点目指し、これからもがんばっていきましょう。
保護者、関係者のみなさま、
たくさんの応援、ありがとうございました!


そしてその翌日、18日(日)、
夢の島グラウンドで深川秋季大会の閉会式が
行われ、Cチームのみんなが準優勝を表彰されました。
(6年生のテッショウも努力賞で表彰されました)
みんなおめでとう!

表彰式の様子です。
2018年11月18日(日)深川秋季大会閉会式
2018年11月18日(日)深川秋季大会閉会式 by (C)メッツ広報部
※シマザキさん、ボウノさん撮影。ありがとうございました!

閉会式の退場の様子の動画↓


Cチームはまだスーパーリーグの準決勝、決勝戦が
この後控えています。
今回の深ジャン戦で経験したこと、反省点を
次の戦いに生かしましょう。

がんばれ、メッツ!

快進撃の続くメッツCチーム、深川大会決勝進出!

波に乗るCチームの深川大会準決勝、
果して結果は?
シマザキコーチのリポートです!


10月8日(日)夢の島で
深川大会準決勝が行われました。
対戦相手は深川ホークスです。

前日に強豪の越中島ブレーブスに勝って、
勢いにのりたいメッツですが、
試合前のシートノックでは、
全員がボールをポロポロと。
おいおい大丈夫かと、不安がよぎります・・・。

メッツ先行。
1回表
先頭のシュンが四球を選び出塁。
ヒットでつなげなかったものの、
相手のワイルドピッチで先制点。

1回裏
メッツの先発はリンタロウ。
捕手はコウキのバッテリー。
先頭打者をヒットで、
次の打者にも出塁を許し、無死二、三塁。
いきなりピンチを迎えます。
次打者の内野ゴロの間に同点にされ、
なお一死三塁のピンチは続く。
このままガタガタと
自滅しかねない雰囲気でしたが、
ここで、この試合を決めたと言っても
過言ではないビッグプレーが出ます。
一死三塁の場面。4番打者が打ち上げたボールは
ライトに上がる。
最近、メキメキと急成長を遂げているシュウゾウは
これをがっちりキャッチ。
三塁ランナーはタッチアップでホームを目指す。
逆転されてもおかしくない場面で、
シュウゾウはすかさず、バックーホーム。
放たれたボールは、サトウコーチが
「オレにはレーザービームにしか見えなかった」
と言うように、見事、キャッチャーへストライク。
ランナーをタッチアウト!
このシュウゾウのプレーに
選手もベンチも大歓声があがったのはもちろん、
都合により観戦できなかったシュウゾウママが見ていたら、
間違いなく大号泣したはずです。
(T△T)

2回裏には強肩・コウキが2つの盗塁を阻止。
3回裏には、またまたシュウゾウが
ライトゴロをアウトにするなど、
守備面でいいところを見せます。

攻撃面でも、アツトやカズキが2安打と活躍。
ジュンペイも、左投手にもかかわらず、
完璧なスタートを切って盗塁成功。
このスタートには思わず
「すごいね」とコナコーチと
言い合ってしまうほどでした。

得点を重ねて6-1で迎えた4回裏。
守備の乱れからのタイムリーで、2失点。
なおもピンチが続いたところで、コウキにスイッチ。
危なげないピッチングで後続を断つ。

最終回もそのままマウンドに上がったコウキは
持ち前の快速球を投げ込みゲームセット。
10-3で勝利しました。
決勝進出です!

M|1|1|3|1|4|10
H|1|0|0|2|0|3
2018年10月8日(祝)C・深川大会準決勝(対深川ホークス)
2018年10月8日(祝)C・深川大会準決勝(対深川ホークス) by (C)メッツ広報部
※サトウさん撮影。ありがとうございました!

メッツのCチームも人数が増えてきました。
そのため、Cチームの
試合に出れない選手もいっぱいいます。
それでも一生懸命、応援をして
チームを盛り上げてくれています。
そういう選手がいて、
チームが一丸となっているからこそ、
決勝戦まで来れたのだと思います。
秋季大会もあと1試合。
みんなでがんばりましょう!


シマザキコーチ、お忙しい中
リポートありがとうございました!
本当に、選手たちはみんな、
よくがんばりました!
スゴイ!
私たち大人も純粋な選手たちから
学ぶところがたくさんあります。
ただ、ただ、選手たちに感謝です。
ありがとう!
m(_ _)m

続く決勝戦。
悔いのない戦いをみんなでしましょう!

がんばれ、メッツ!!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ