FC2ブログ

Cチーム、深川大会初勝利!~みんながMVP!~

9月24日(祝)、夢の島グラウンドにて
Cチームの深川秋季大会1回戦、
対豊洲jrキング戦が行われました。

先発はリンタロウ、キッッチャーはコウキ。
先発オーダーは以下の通り。

1 シュンスケ(5)
2 ヒナタ  (6)
3 リンタロウ(1)
4 コウキ  (2)
5 アツト  (3)
6 カズキ  (8)
7 ヒロキ  (7)
8 ジュンペイ(4)
9 シュウゾウ(9)

今日のテーマは「元気よく、楽しく!」
そして「初回をしっかり!」
コウキの復活によりCチームが初めて
ベストメンバーで挑む深川大会。
果してどうなるか?

メッツは後攻。1回の表。
トップバッター三振の後、
内野のエラーで出塁を許し、サードまで進塁されます。
しかし、メッツのバッテリーは春からの成長を
しっかりと見せてくれました。
リンタロウのナイスピッチングで後続を
いずれもショートゴロに。
そしてこのショートゴロふたつをヒナタが
落ち着いてさばき、なんと無失点。
いい流れで攻撃に移ります。

1回裏。メッツの攻撃。
流れに乗って先取点取るぞー、と意気込みましたが
1・2番があっという間に打ち取られ2アウト……。
このまま三者凡退だと流れが相手に行ってしまいそうな感じ。
しかし3番のリンタロウがレフトへヒット、
さらに続く4番・コウキがセンターへヒットを放ち
先取点をゲット。頼りになるクリーンナップです!
さらにその後もアツト、カズキとヒットが続き
相手内野のエラーなどもあって初回に4得点。
最近のテーマである「初回」を
うまく乗り切ることができました。
流れはメッツです。

2回表、ジュニキンの攻撃。
リンタロウは制球もよく、
サードゴロ、三振、サードゴロの三者凡退に。
サードのキャプテンシュンスケも安定感のある
守備を見せてくれました。
(ちょっとおじぎぎみの送球もありましたが
ファーストのアツトが上手にキャッチしてくれました)
メッツ、いいリズムです。

さらに3回の守備では
外野のカズキとシュウゾウが
素晴らしいプレーを見せてくれました。
日頃の練習の成果ですね。
ヒロキを含め、外野の3人は守備位置なども
ちゃんと自分で考えて守れるようになっています。
カズキとシュウゾウは打撃もよかったし、
すごい成長だと思います。

攻撃面では2回に4点を追加し、
3回の攻撃では4番・コウキのセンターオーバーの
超特大ランニングホームランが飛び出し一挙4得点。
12-0の3回コールド勝ちで
一回戦を突破することができました。
練習はウソをつかない、努力はウソをつかない。
みんなのがんばりがこの結果がつながりました。
グラウンドでプレーした9人+ベンチで応援してくれた選手たち、
みんなでつかんだ勝利だと思います。
また、Bチームや保護者の方々など、
たくさんの応援、ありがとうございました!
2018年9月24日(祝)C・深川大会1回戦(対豊洲jrキング)
2018年9月24日(祝)C・深川大会1回戦(対豊洲jrキング) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

試合後、今のCチームの深川大会初勝利を
記念して祝勝会を行いました。
そこで選手たちは笑顔で2回戦に向けての
抱負をたくさん述べてくれました!
(3年生以下は竹の子大会に向けての抱負)
みんなあの時に話した内容を忘れずに
「有言実行」できるようがんばってください。
期待してます!
スポンサーサイト

Bチーム、深川大会・秋の初戦~対深川ホークス~

Bチームが深川大会の初戦を迎えました。
ハヤシ監督のリポートです。


9月17日(月・祝)、深川秋季大会の
Bチーム初戦が夢の島グラウンドにて行われました。
対戦相手は、深川ホークスさん。
今年の練習の成果を出し切りたいところでしたが、

H 2 | 5 | 0 | 0|0|4 11
M 0 | 0 | 1 | 0|0|4 5

惜しくも敗戦となってしまいました。
「一つずつアウトをとっていこう!」
この野球がこの試合ではできませんでした。

初回、メッツの守備。
デッドボールとフォアボールでランナーを出し、
ダブルスチールで2,3塁。
そして、スクイズ。1つのアウトを取れずに2点を献上。
このプレーがこの試合を象徴しているのではないでしょうか。
ノーヒットで出塁したランナーにかきまわされ、
守備が集中できずに失点を重ねる。

ベースをしっかりと踏まずに次のプレーを急ぎオールセーフ。
次のプレーを意識しておらず慌ててエラー、暴投。
声で確認しあわず、交錯して落球。

セイヤも途中交代のユウタもナイスピッチングでした。
しかし、守備で盛り立てることができませんでした。
ヒットの数はメッツのほうが上。
しかし、相手はとれるアウトはしっかりととるので、打線がつながりにくい。
課題の多い試合となりました。

しかし、メッツ最終回の攻撃は盛り上がりました!
A、B、Cチームの選手とご父母の応援が重なり、
選手たちが奮起し打線がつながり、
4点を奪うことができました。
ベンチにいて鳥肌ものの大声援、
本当にありがとうございました!

Bチームの選手たち。
次の試合では、この応援に
応えられるようなプレーを見せよう!!
そのために練習をしているはず。
次に向けて、しっかりと準備をしていこう!

秋の大会の対戦相手が決定!~深川秋季大会抽選会~

8月19日(日)、深川秋季大会の抽選会が行われ、
ABCの対戦相手が決定しました。

対戦相手はそれぞれ
A→シード、越中島ブレーブス対江東ファイターズの勝者
B→シード、潮見パワーズ対深川ホークスの勝者
C→豊洲jrキング(紅)
となります。

↓ABCキャプテンが書き込んだトーナメント表
20180819_183307.jpg

一戦必勝でがんばっていきましょう!

Cチーム、深川大会の初戦

Cチームの深川春季大会初戦。
イノウエコーチのリポートです。


Cチームの春の深川大会が開幕しました。
青空広がる夢の島東グランドです。
対戦相手は、今年2戦して一勝一敗の元加賀さんです。

オーダーは、

1:捕手 シュンスケ(10)
2:遊撃手 ヒナタ(14)
3:投手 リンタロウ(13)
4:一塁手 アツト(15)
5:三塁手 カズキ(19)
6:左翼手 ヒロキ(23)
7:右翼手 ケンジ(18)
8:二塁手 ジュンペイ(17)
9:中堅手 シュウゾウ(20)

メッツ後攻。

1回表
四球、ヒット、ヒット、エラーも絡み2失点。
さらに、ノーアウト三塁のピンチ。
ショートゴロをヒナタが前進して
キャッチ&ファーストに素早く送球。アウト!
ファーストのアツト、すかさずホームに投げ、
ホームタッチアウト!
メッツ得意(?)のダブルプレーで
ピンチを切り抜けます。
後続を三振に討ち取りチェンジ。
立ち上がりのピンチを最小失点で切り抜けます。
2-0

1回裏
先頭シュンがヒットで出塁。
ヒナタ、三振に倒れるも、
リンタロウ、エラー
アツト、四球でワンアウト満塁のチャンス!
しかし、カズキ、ヒロキが倒れ、初回チャンスに得点できず。
2-0

2回表
先頭打者2ベース。
エラーも絡み、2失点。
ピッチャーはヒナタ、
キャッチャーがリンタロウに変わります。
その後、四球、エラーも重なり、2失点
6-0

2回裏
ケンジ、ジュンペイが倒れるも、
シュウゾウ、振り逃げで出塁
シュンが四球でチャンスを作るも、
ヒナタ、サードゴロでチェンジ。
6-0

3回表
四球とエラーが絡み、1失点
7-0

3回裏
先頭のリンタロウがレフトオーバーの2ベースヒット!
アツト、四球、カズキ、死球でノーアウト満塁
ヒロキの当たりはショートのエラーを誘い、
1点を先制!
しかし、ケンジ、ジュンペイ倒れ1点止まり。
7-1

4回表
なかなか流れがつかめません。
この回もヒットは2本でしたが、
四球、エラーが絡み、4失点。
11-1

4回裏
最終回。
意地を見せたいメッツ。
先頭のシュウゾウがデッドボールで出塁
シュン、センターフライのあと、
ヒナタが内野安打、リンタロウが再び
レフトオーバーの2ベースヒットで1点!
アツトがセンター前ヒットで2点目!
リンタロウが三塁タッチアウトになるものの、
ようやく打線につながりがでてきました!
カズキ、ヒット!
ここぞの代打コウキは、貫禄の四球を選びます!
ここで、大砲ケンジ、三遊間を抜けた〜!
しかし、前進していたレフトがサードに投げて、
ランナーアウト。ゲームセット。
11-3
2018年5月20日(日)C・深川春季大会(対元加賀)
2018年5月20日(日)C・深川春季大会(対元加賀) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

ひと言で言うと、とても悔しい敗戦となりました。
試合展開が悔しいのではなく、
メッツの選手の能力が最大限出せなかった悔しさです。
・1月の練習試合では勝っていた
・相手は3年生中心
・メッツの選手達も実力はしっかりつけてきている
なのに、なぜこのように結果になったのか?
選手達はもちろん、チーム全体として
しっかり向き合わなくてはいけない課題だと思います。
監督からの言葉として、
「もっと野球を覚えよう」とありました。
その背景としては、
・走塁ミス
・送球ミス
・落ち着けばなんてことないプレーのミス
がとても多かったことです。
土日の練習はもちろんですが、
練習以外の普段の日にも各自で
できることがたくさんあります。
それを一人ひとりが考えてやっていきましょう。
(プロ野球を見るのが一番!)

試合後のミーティングでは、
選手ひとりひとりが選手&監督、コーチの前で
秋の大会に向けての意気込みを大きな声で発言しました。
監督から「発言者は手を上げて」と言われると、
ほぼ全員、積極的に手を上げていました。
先陣を切ったユウヤから、キャプテンのシュン、
最後を締めたリンタロウまで、
みな真剣な顔で今日の負けを振り返り、
そしていかして秋の大会へ繋ぐかを話していました。
中には普段あまり感情を表に出さない選手が
涙を流すシーンも。。。
そして思わずパパコーチまで涙。。(誰とは言いません。笑)

そういえば、たけのこ大会2回戦敗退の時にも
このような光景がありました。
やはり、やっている選手本人達が
悔しくないわけはないんですよね。
なんともいえない気持ちの解釈や
表現方法がまだわからない子もたくさんいます。
昔と比べて、「悔しい」、「負けたくない」といった
気持ちを素直にわかりやすく表現する
シチュエーションが減ってきているし、
その重要性も薄れてきている部分が
社会環境の現実としてあるかと思います。
小学生生活において、
涙を流して悔しさを表現するような経験は
なかなかないかと思います。
このような貴重な経験を通じて
成長していくメッツの選手達をこれからも
チーム一丸となってサポートしていきましょう!
今回は悔し涙でしたが、
秋にはうれし涙に変えたいですね!

六年生、秋に向かってがんばれ!

Aチームの深川大会。
ナルセコーチのリポートです。


5月6日(日)大型連休の最終日のこの日は、
雲がほとんどない五月晴れ。
夢の島では、GWも野球に没頭した
深川地区の学童たちが熱い戦いを繰り広げます。
Aチームの春の深川大会が開幕しました。

VS豊洲ジュニアキング(深川)
絶対に負けたくない相手です。

前試合の熱戦の影響で
試合開始時間が大幅に遅延しました。
12時53分プレーボール。

1回表
先攻はジュニキンさん。
先発のリクトは内野ゴロ3つの
三者凡退に打ち取ります。
サードのユウゴも2つのゴロを
軽快に捌きました。

1回裏
2番ユウキデッドボールで出塁も、
相手バッテリーに盗塁を阻止されます。
二死から3番リクト。
ノースリーからの4球目を振りぬき、
センターの頭を超す飛球は
そのまま反対の5面まで達しました。
堂々の本塁打で待望の先取点。
(1-0)

2回表
先頭打者をエラーで出塁させますが、
後続3者を断ち無失点。

2回裏
先頭は6番マサタカ。
負傷からの復帰戦となります。
緊張の?初打席でレフト線へ
鋭いライナーが飛び出し、3塁打としました。
一死後、打席はトア。
追加点が欲しいこの場面の初球に
確実にスクイズを決めてくれました。
願ってもない試合展開です。
(2-0)

3回表
つかんだ主導権を渡したくないイニングですが・・・
先頭の8番打者がライト前ヒット。
9番打者は四球で出塁。
パスボールで走者が進塁して
2,3塁のピンチを迎えます。
まず1番打者のショートゴロで1点を返されます。
続く2番打者はお返しとばかりに
スクイズで同点としました。
(2-2)

3回裏
一死後ユウキが2度目の死球で出塁。
こんどはしっかり盗塁に成功。
チャンスを作りましたが、得点につながりません。

4回表
先頭の6番打者は右中間へ2塁打。
次打者でのパスボールで走者は3塁へ。
この打者を三振に仕留めた一死後に
またもやスクイズを仕掛けてきました。
逆転されてしまいました。
(2-3)

4回裏
先頭の5番ユウゴがレフト前ヒットで出塁。
6番マサタカはサードゴロで
走者はフォースアウトになります。
マサタカはすかさず盗塁、
7番ダイキはこのチャンスで
センターへ抜けるヒット!
マサタカは俊足を生かし
生還して同点に戻しました。
(3-3)

5回表、裏
五分と五分の戦いの様相です。
ともに三者凡退。
両チームの投手ともに
少ない投球数での危なげないイニングでした。

6回表
規定時間により
この回が最終回となりそうな模様。
先頭4番打者をショートゴロに打ち取りますが、
送球時にエラー。打者走者は2塁へ。
次打者の時に連続でパスボールで1点勝ち越し。
この5番打者には四球を与え、
ワイルドピッチで進塁を許すと、
6番打者にはライト前にタイムリーヒット。
その後も3つのエラーがあり、
この回合計3点を献上しました。
(3-6)

6回裏
試合の流れを完全に渡してしまった最終回の攻撃は、
ユウゴの2本目のレフト前ヒットでの
出塁がありましたが、後続が続かず
ゲームセットに・・・
(3-6)
2018年5月6日(日)A・深川大会(対豊洲jrキング)
2018年5月6日(日)A・深川大会(対豊洲jrキング) by (C)メッツ広報部
※ユウゴママ撮影。ありがとうございました!

両チームの持っている力は
本来互角だと思っています。
勝負どころでのコントロールや
守備の乱れの大小が決戦の結果を左右しました。
新チーム結成後、豊洲杯、ジャビット、
江東大会そしてこの深川大会と
日程が進むにつれて
皆の技術や体力は見違えるように
向上してきたと感じます。
しかしながら各選手の長所の大きさを考えたとき、
本来のチームが持っているはずの
ポテンシャルはもっともっと
高いところにあるはずです。
とはいえ、選手たちは各々に
固有の弱点を抱えているのも事実です。
さんざん言われていることがありますよね?
今一度自分を振り返ってみて下さい。
そしてチームを強くするための
自分の役割は何なのかを見つけてください。
後半戦での、もっとレベルの上がった
みんなの活躍を願っています。


ナルセコーチ、いつもながらの
克明かつわかりやすいリポート、
ありがとうございました!
六年生の選手、ご父兄にはぜひ
このリポートの最終部の
ナルセコーチの思いを親子で
読んでいただきたいです。
よろしくお願いいたします。

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ