Bチーム、関団連jr1回戦~vsフレール~

Bチームの関団連1回戦。
オオイコーチのリポートです。


6月4日、大田区のフレールさんを豊洲グランドに迎え、
関団連ジュニア(Bチーム)の1回戦を行いました。
最近、個々の技術だけではなく、チームワークも良くなり、
少しずつ成長が見えるBチーム。
勝利を目指して、試合に臨みましたが、、、
とても悔しい結果となりました。

Met's   | 0 | 2 | 3 | 0 | 0 | 5
フレール | 5 | 1 | 0 | 1 | x | 7

1回、メッツの先攻で試合開始。
2番のテッショウがセンターへのヒット。
盗塁を試みるも残念ながらアウト。
結局3人で攻撃終了。

1回裏、メッツのバッテリーはリクトとコウタロウ。
先頭バッターがセンターへのヒットで出ると、
フォアボール、内野安打であっさり1点を献上。
1アウト後、さらに3本のヒットで5点目。
しかし、センターへの打球をユウキから中継のリクト、
そしてコウタロウに繋ぎ本塁でタッチアウト!
6点目を与えず、次の打者も三振に抑えてチェンジ。

2回表、打撃好調のガンジがライトへのスリーベースヒット。
1アウト後、バッターはヨシヒコ。
1-1からの3球目をフルスイングすると、
大きな打球は右中間に!
みんなの『走れ! 走れ!!』の声に乗って、
ヨシヒコ激走の見事なホームラン!
すぐに2点を返します。

2回裏に1点を追加され、2-6で迎えるメッツ3回の攻撃。
1アウトから、ユウキ、テッショウ、リクトが
フォアボール、エラーで出塁し、満塁。
続くガンジがまたまたライトへのヒットでまず1点。
さらにユウゴがレフト線へのクリーンヒット!!
2人が返り、1点差に。
2アウト後、コウタロウが内野安打でチャンスを広げるも
追いつけず、攻撃終了。

3回の裏、先頭バッターを死球で出すも、
ガッチリ守って追加点を許さず。
流れはまだまだメッツ。

勢いをつけて臨んだ4回表。
しかし、相手ピッチャーも立ち直り、3者凡退。

フレールの4回裏の攻撃。
先頭バッターがレフトへの良い当たり・・・。
これをダイキが落ち着いてキャッチ!で1アウト。
続くバッターの打球はライトへ。
ここも、トアが軽快にさばいて、
今日2つ目のライトゴロでのアウト!
ナイスプレーが続きます。
ここはまさに日頃の練習の成果です。
しかし、この後、2本のヒットで1点を奪われ、
5-7で5回を迎えます。

最終回のメッツの攻撃はリクトから。
積極的に初球から打って、3塁への内野安打。
すぐに盗塁を決めて2塁。
続くガンジがこの試合3本目となるレフト前ヒットで
ノーアウト1塁3塁のチャンス!
差は2点。ベンチは逆転を信じて、大きな声援を送ります!
しかし、、、相手ピッチャーもこの日一番の力投を見せます。
残念ながら、攻めきれず、
最後の最後で勝利は逃げて行ってしまいました。。。
2017年6月4日(日)B関団連jr(vsフレール)
2017年6月4日(日)B関団連jr(vsフレール) by (C)メッツ広報部

負けるといつも悔しいですが、今回は特に悔しい敗戦でした。
初回の入り方、雰囲気作りが上手くできませんでした。
そして、あと1本がどうしても出ませんでした。
ここ一番で力を出すためには、やっぱり練習しかありません。
着実に技術はついてきています。
練習のための練習ではなく、試合、本番に向けた
気持ちの入った練習ができるように、頑張りましょう。
次は、新人戦です。
絶対に勝利を手にしましょう!!
今回も多くの方々の熱い声援を頂きました。
本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

Aチーム、関団連でサヨナラ勝ち!

ちょっと順番が前後してしまいましたが、
Aチームの関団連1回戦。
ナルセコーチのリポートです!


6月10日(土)
まもなく梅雨入りが予想される時期ですが、
この日の東京の天候は晴れ。
但し、午後からは風が大変強く、
オオイコーチが入念に水撒きした豊洲グラウンドでしたが、
そこかしこでつむじ風が起こり、
砂塵が巻上がるコンディションでした。

関団連(読売杯)本大会初戦の模様をダイジェストで。

碑文谷クラウンズとの一戦は14時プレイボール。
クラウンズの先攻で試合開始です。

1回表
先発マウンドはコウヘイ。制球のよい立ち上がりでした。
2番打者にツーベースを打たれましたが、
レフトのヨシヒコのライナーの好捕もあり、無失点に抑えます。

1回裏
2番リョウがライト前に運び出塁しますが、後が続きません。
相手先発投手は制球力のある技巧派です。

2回表
四球をひとつ与えましたが、同じく無失点。
ショートのリュウノスケ、
サードのカンタが内野ゴロを軽快に捌いて送球しました。

2回裏
1死からリクトが四球を選び出塁。
牽制で誘い出されますが、
ファーストからの送球が逸れて盗塁成功。(記録上は・・・だよ!)
チャンスでしたが、後続が内野ゴロでやはり無失点。

3回表
2奪三振で均衡した試合展開に。
コウヘイの緩急のある投球は兄貴譲りですね。

3回裏
3者凡退。相手投手の打たせて取る投球の前に
なかなか突破口を見出すことができません。

4回表
先頭打者がするどいライナーを放ちますが、
セカンドのガンジががっちり押さえました。
その後二つの四球を与えますが、
再びカンタがサードゴロを無難に捌きました。

4回裏
3番ユオが四球を選び、すかさず盗塁。
続く4番打者カンタがレフトに
柵越えのファールを2本放ちベンチは大変な盛り上がり。
8球目をレフト前に安打。昨年のA戦でも見せた勝負強さが出ました。
無死2、3塁のチャンス到来!
しかし後続が三振、二つのライトフライに倒れ、
またしても無得点のまま・・・

5回表
途中で相手選手の怪我の手当てなどもあり、
この回で規定時間が経過することが濃厚に。
ゲームがついに動きます。

先頭9番がショートへの内野安打で出塁。
盗塁を狙いますが捕手ユオの好送球でタッチアウト!
しかし、1番、2番がそれぞれセカンドフライエラー、四球で出塁。
続く3番がレフトへのタイムリーヒットで2点を先制されます。
ただ、打者走者は捕手ユオからショートのヨシヒコへの送球により
塁上でタッチアウト。
さらに2死から後続は右中間を破る3塁打、
二つの四球で満塁のピンチに。
ここまで、球速のギアチェンジを繰り返す投球で
奮闘したコウヘイでしたが、マウンドをリクトへ託します。
リクトにとっても皆にとっても緊張の場面でしたが、
次打者をファーストゴロに打ち取りました。
(2-0)

五回裏
時間的にも後の無い攻撃。
1死を取られた後、リュウノスケが四球を選び盗塁。
打順は1番に戻りコウヘイ。
ここまで打者としては沈黙していましたが
初球を迷わず左中間に運びました。
タイムリー!
リュウノスケが生還し、まず1点を返します。
盗塁後続くリョウの放った打球は、
誰もがタイムリーを予感した鋭い当たりでしたが、
ショート正面へのライナー、残念!
しかし今日はこのまま終わりません。
続くユオのショートへの内野安打。
送球の行方を素早く判断した同点ランナーのコウヘイは
見事に生還!!ついに同点です。
最大にして最後のチャンスに打席には、
今日もっとも頼れる打者のカンタ。
2盗の俊足ユオは4球目に3塁を狙います。
相手捕手は捕球後立ち上がり、必死の送球です。
ボールはなんと打者カンタのヘルメットを直撃、
グラウンド内外の誰もが白球の行方を見守る中、
走者ユオは一気にサヨナラのホームを駆け抜けました・・・
なんとか勝てた!!
2017年6月10日(土)A・関団連(対碑文谷クラウンズ)
2017年6月10日(土)A・関団連(対碑文谷クラウンズ) by (C)メッツ広報部

主審がゲームセットを告げて集合あいさつまでの時間。
相手選手は当然がっかりとうなだれます。
大喜びではしゃぐメッツ選手たちを主将カンタは、
これを制して整列を促しました。
なんか大人になったなあと感じました。
(そうです!喜ぶのは後でもできます。
相手への礼を整然と行うことは、最低限のマナーですね)

勝って兜の緒を締めよ。
次回もナイスゲームを期待してます。

関団連jr、Bチームの2回戦!~対オール麻布~

関団連jrの2回戦、
オオイコーチのリポートです!


4月22日(土)、砧河川敷にて
関団連ジュニア(Bチーム)2回戦、オール麻布戦。
1回戦(〇東雲メッツ15-9調布大塚ファイターズ●)に
勝利した勢いをもって臨みましたが、、、

M 0 | 6 | 3 | 6 | 15
F 0 | 0 | 0 | 0 | 0

オール麻布先攻でプレイボール!
1回表
メッツはリクト、コウタロウのバッテリー。
先頭打者は粘ってサードへのゴロ。
ユウゴが落ち着いてファーストへ。1アウト。
2番バッターに対しボールが先行するものの、
ガンジへのファーストゴロで2アウト。
3番バッターにもフルカウントとなり、
センター前にポテン、、と落ちそうな飛球を
テッショウが見事にキャッチ!
バックがしっかり守って、3者凡退に抑え良い立ち上がり。

1回裏メッツの攻撃
先頭のユウゴがフォアボールで出るものの無得点。

2回表
先頭が1ヒット1エラーで3塁。
続くバッターのサードゴロの間に1点を先制。
三振で2アウトを取るも、その後、
フォアボール、センターへのツーベース、
エラー、さらにメッツにとって不運なヒットもあり、
結果的に打者一巡で6点の失点。

2回裏
すぐに反撃したいメッツ。
2アウトから、コウタロウが
相手エラーで出塁し、すぐに盗塁成功。
続くユウキが、三遊間への内野安打、そして盗塁。
2塁3塁のチャンスを作るも、残念ながら無得点。。。

3回表
ヒットは1本ながら、フォアボール、
エラーが絡み、3点を献上。
9-0でオール麻布の大量リード。

3回裏
エラーでダイキが出塁。
2塁に進むも、得点ならず。
毎回ランナーは出すものの、
なかなかホームベースが遠く、苦しい展開。

4回表
流れはオール麻布のまま進んでしまい追加点。
最後はヨシヒコが確実にゴロを処理して
3アウトとなるも、大きすぎる6点で15-0。

4回裏
何とか1点でも返して
メッツの意地を見せたいところ。
先頭のガンジが左中間へのツーベース。
しかし、、、相手ピッチャーの
素早い牽制に刺されてアウト。
結局この回も無得点に終わり、
コールドゲームでの敗戦となりました。
2017年4月22日(土)B・関団連2回戦(対オール麻布)
2017年4月22日(土)B・関団連2回戦(対オール麻布) by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

初回、3人で抑えて良いスタートだっただけに、
2回以降が悔やまれます。
いつもながら、相手チーム選手と比べても、
個々の能力は変わりません。
もっともっと声を掛け合うチームワークを持って、
一球一球に集中して準備をすれば、
無駄な失点は減らせます。
やはり普段の練習が大切ですね。
どんどん暑くなりますが、
勝利を目指してグランドで汗を流しましょう!

コンドウ審判員、雨の中での主審、
ありがとうございました!
また、今回は遠征で大変でしたが、
応援頂いた皆さん、ありがとうございました!

Bチーム、見事15-9で4回コールド勝ち!

Bチームの春の公式戦、
オオイコーチのリポートです。


4月15日(土)、豊洲グランドにて
関団連ジュニア(Bチーム)一回戦、調布大塚ファイターズ戦。


M 0 | 13 | 2 | 0 | 15
F 3 | 0 | 3 | 3 | 9

メッツ先行で試合開始!
初回、ダイキの右中間ツーベースなどで、
2アウト満塁のチャンスを作るも残念ながら無得点。
その裏、先頭バッターをエラーで出すと、
3番バッターがライトを越えるホームラン。
さらにもう1点を追加され、苦しい立ち上がり。

2回表、先頭のユウキがフォアボールで出塁し、2盗、3盗。
テッショウもフォアボールを選び、すぐに盗塁。
コウキへのデッドボールで満塁となり、
ユウゴが選球眼良くフォアボールを選び労せずに1点。
1アウト後、リクトのライトオーバーツーベースで2人が帰り、
3-3の同点!
メッツは一気に盛り上がります!!
4番はガンジ。
3球目をフルスイングし、センターにツーベース。
ユウゴ、リクトがホームインし、
あっと言う間に、5-3と逆転!!
メッツのムードは最高潮です。
続くヨシヒコが落ち着いてボールを見極め
フォアボール。ランナー、1・2塁。
さらに、コウタロウが足をいかして、
サード前に絶妙のセーフティバント!
またまた満塁となり、チャンス拡大です。
押し出しもあり、さらにリクトがこの回2本目の
ツーベースを左中間に運び、11点目。
負けじとガンジもセンターにタイムリーを放ち、
2点を追加。
1イニング13点のビッグイニングとなりました。

その裏はファイターズを0点に抑え、
3回表のメッツの攻撃。
1アウトからユウキとテッショウの
連続内野安打で1点を追加。
コウキのショートゴロの間にさらに1点。
足でしっかり稼いだ効果的な追加点。
ここで15-3

3回の裏、相手も粘ります。
フォアボールと2本の長打で3点を追加。
ピンチが続きますが、ここでリクトが2者連続三振!
流れを渡しません。

4回、ダイキがライトへのヒットで出塁するも、
不運なゲッツーもあり、3人で攻撃終了。
15-6のまま、ファイターズの攻撃。
フォアボール、デッドボールのあと、
レフトへのツーベースヒットなどで、
3点を奪われますが、最後は途中登板のガンジが
2アウト満塁のピンチを三振に仕留め試合終了!
2017年4月15日(土)B・関団連jr(対調布大塚ファイターズ)
2017年4月15日(土)B・関団連jr(対調布大塚ファイターズ) by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

初回に先制されるも、気持ちを切り替え全員での大逆転劇。
相手に与えてもらったフォアボールがきっかけでしたが、
そこから積極的な盗塁、長短打ありの
本当に見事な攻撃でした。
勝つとやっぱりうれしいですね。
みんなの笑顔が印象的でした。
この勢いで2回戦もがんばろう!!

球春到来! マリンで関団連開会式!

3月25日(土)、関団連・春の大会の開会式が
ZOZOマリンスタジアムにて行われました。
まだまだ寒いこの時期、マリンスタジアムにも
毎年強風が吹きすさび大変寒かったりするのですが
今年は風も無く、晴天、非常に過ごしやすい開会式だったようです。



※ハヤシさん撮影。ありがとうございました!

開会式後はみんなでマリンスタジアムの雰囲気を楽しんだようです。
同行いただいたスタッフ、保護者のみなさま、
お疲れ様でした。
ありがとうございました!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ