FC2ブログ

Bチーム、関団連2回戦も突破!!

ヤマモトBコーチのリポートです!


6月30日(土)、梅雨明けの夏空の下、
若洲グラウンドにて大島中央さんと
関団連第2回戦を行いました。
1回戦の公式戦初勝利で、
勢いに乗っていきたいところですが・・・
       
東雲メッツ 1 0 0 0 3  4
大島中央 0 1 0 1 0  2

結果は最終回に見事に逆転し、
その裏の攻撃を0点に抑えて勝利することができました。
今日のバッテリーはユウタ-タクミ。
1回表、1、2番ヒナタ、リリキの
ライトへの連続ヒットで幸先よく1点先制。
その裏、ユウタがいきなり2者連続で四球を出し、
無死2,3塁のピンチを迎える。
ここで暴投、同点か、と思われた瞬間、
タクミが懸命にボールを拾って走者にタッチ。
間一髪ホームタッチアウト。
これが結果的に大きなプレーになりました。

2回裏に守備の連携の乱れで
1点は取られるものの、同点まで。
3回裏は三者凡退に抑えたものの、
4回裏に四球で出た走者を暴投で1点献上し、
逆転を許す。
4回表、最終回、
点を取らなければ負けが決まる展開でしたが、
先頭シュンが四球で出塁、盗塁で2塁。
続くリンタロウ、ヒナタの内野ゴロの間に
シュンが帰り同点に追いつく。
野球は2アウトから。リリキがエラーで出塁。
ここで3番コウキが初球を逃さず
センターへのランニングホームランで2点勝ち越し!!
見事期待に応えてくれました。
その裏、ユウタがこの日初めての
安打を打たれるものの0点に抑え、ゲームセット。
2018年6月30日(土)B・関団連jr(対大島中央)
2018年6月30日(土)B・関団連jr(対大島中央) by (C)メッツ広報部
※ハラダさん撮影。ありがとうございました!

この試合の1番の勝因は、
なんと言ってもエラーのなかった守備。
リンタロウの2度のライナー好捕や
シュンの2度のフライ好捕。
さらにヒナタの最終打者のフライ好捕は
これで勝ちが決まったこともあり、シビれました。
ユウタも暑い中最後までよく投げました。
試合途中でコントロールの修正ができたことも、
次につながると思います。
試合前のアクシデントにより、
急きょスタメンの変更があったにも関わらず、
みんな本当に力を合わせて頑張りました。
ベンチでも自分たちで考えた応援歌など、
良い声が出てました。
チームの雰囲気も良く、
この調子で次の試合も勝利目指して
楽しんで野球をやろう!!
スポンサーサイト

Bチーム、関団連1回戦を突破!

Bチームの関団連ジュニア戦。
ハヤシ監督のリポートです!


6月16日(土)、いよいよBチーム公式戦、
読売旗争奪関東少年野球大会が開幕。
ジュニアの部、第1回戦が若洲グラウンドで行われました。
対戦相手は、千束ファイターズさんです。

F  0 | 0 | 2 | 0   2
M 1 | 0 | 2 | 6× 9

結果は見事に勝利!
先制点を取りますが、一度は逆転を許し、再度逆転。
その勢いのままコールドゲームを勝ち取りました!

メッツバッテリーはセイヤ-タクミ。
セイヤはこの試合、持ち前の安定感を見せ、被安打2の2失点。
2回、4回は3者凡退に抑えるなど大好投でした。
2失点は、2アウトから2連続四球でランナーを出したところでタイムリー。
自ら招いてしまったピンチでした。次の課題です。
守備もゴロ、フライはすべてアウトに!
この試合、ノーエラーと守備もとっても安定してきました!

攻撃では、盛り上がりを見せたのは3回と4回。
1,2回は相手ピッチャーのストレートに凡打の山。
しかし、打席2巡目からの3回。
先頭ヒナタがフォアボール、リリキがヒットで2,3塁のチャンス。
そこで5番コウキが右中間を破るタイムリースリーベースヒット!!
ランナー2人が帰り逆転!
その勢いのまま4回へ。
セイヤ、シュン、ヒナタ、リリキ、ユウタ、タクミ、コウキの連続出塁!
打者一巡でセイヤはこの回2本目のヒット!
押せ押せムードの中、一挙6点奪取でコールド成立、ゲームセット。

2018年6月16日(土)B・関団連jr(対千束ファイターズ)
2018年6月16日(土)B・関団連jr(対千束ファイターズ) by (C)メッツ広報部
※ハラダさん撮影。ありがとうございました!

この日は、おまけヒットも含めて12本!
攻守ともにお見事でした。
逆転されてもあきらめず、声をかけ合って戦っていました。
ベンチの選手たちも一生懸命応援していました。
成長を感じさせてくれる試合を見せてくれてありがとう!
みんなのおかげで、公式戦がもう1試合できるぞ!
そして、Bチームみんなの目標であった公式戦
トーナメント1回戦突破を達成しました!
おめでとう!!

これから、新人戦深川予選もはじまります。
次の目標は、新人戦深川予選の突破!
この目標達成を目指して、
もっともっとがんばっていこう!!!

Aチーム、関団連で惜敗……

Aチーム関団連、久しぶりの
クルミザワさんのリポートです!


今年は週末になると雨が多い気がします。
特に公式試合のある土日が雨だと本当に困ったものです。

本来、監督、コーチの方々は試合勝利に向けて
完全集中したいところですが
試合開始時間の変更やグランド状況などの連絡の
やりとりで、気をもむことが多くお見受けします。

10/7(土)も朝から雨模様。
予報は午後からの天気は回復により試合は決行。
ただ、グランド状況により、予定していた試合会場が
品川から豊洲に変更連絡後、
そこから予定通り品川に再変更・・
慌ただしい状況ではありましたが
関団連 2回戦、睦クラブさんとの試合が
子供の森球場@品川で行われました。

1.コウヘイ ピッチャー
2.リュウノスケ ショート
3.ユオ キャッチャー
4.カンタ サード
5.ガンジ セカンド
6.リクト ファースト
7.ヨシヒコ レフト
8.リョウ センター
9.ユア ライト

ピッチャー コウヘイ→リクト→カンタ→リュウノスケ

メッツ   2 2 0 1 0| 5
睦クラブ  1 0 0 0 5| 6

メッツは1回表、2回表と 相手のパスボールやボーク、
コウヘイのレフトオーバーツーベースヒットで
合計4点を取り、前半から好調なスタート。
守備面でも、コウヘイの安定したピッチング、守備もよく、
試合の主導権は完全にメッツ側にありました。
5回表、試合終了時間も迫り、願わくば、
ヒットを重ねて更なる追加点を狙いたいところ。
5回裏 これまでの流れが、一気に真逆になりました。
相手チームフォアボール出塁後、左中間へのヒット。
その後、フォアボールが続き、得点は追いつかれ、追い越され
・・・ゲームセット。
主審のゲームセットの声の後
17:00の夕刻のチャイムを聞きながら、
一瞬、空気が固まり、しばらく呆然。
メッツのうなだれた背中と相手チームの笑顔の整列。

審判員の方に速やかに支度を整えるように促されながら、
グランドを出ました。
*************************************
<試合を振り返り>

今まで積み重ねてきた練習、試合で
1つとして無駄なことはないと思います。

この日はめちゃめちゃ悔しかったけど、
結果は結果として受け入れ、
この悔しさを糧にして、
次に同じ悔しい思いをしないように、
活かしてこそこの結果の意味を成すものだと思います。

ベンチから見たお母さん目線から一言(←二言?三言??)

試合の流れがメッツ側にある時、
声も出て、応援も大きく、
どんどん流れを引っ張っていく、
行け行け雰囲気MAXでとてもいい。
ただ、今回の試合のように、
流れが相手側に切り替わった時、
ピンチの波が急に来た時・・
チーム全体があたふたしてしまう。焦ってしまう。
でもそんな時こそチームのいい流れを
引き戻す為のスイッチを切り替え方を
持っててほしいなと思います。
特にAチームでは、その切り替える力や
メンタルの強いチームが勝利に
駒を進めている気がするのです。

それって、簡単にいうけど
気持ちの切り替えって大人でも難しいし、
気持ちが沈んだ時に、声を出すってもっと難しい・・・。

『じゃあお母さんたち、やってみなよ。できるの???』

そんな声が聞こえてそうですね(笑)
本当にその通りだと思います。

今回の睦クラブさんベンチ応援で目に留まったのは
勝ってても、負けてても、
大声をだして手拍子の応援歌、
一定した声出しは途絶えていませんでした。
(特にベンチワークをしている選手は
2,3人だったと思います)

相手ベンチは1塁側でしたので、
“あれだと、リクトの1塁守備もやりづらいだろうなぁ、
コウヘイも投げずらいだろうなぁ“と思ったものです。
(本人たちは気にならなかったかもしれませんが・・)
当然、相手チームを中傷する応援は
マナー違反になりますが、
相手を〇〇しづらくすることも、
声出しの大きな意味を成すことだと思います。

チームへの声かけもそうです。
ピンチの波が来た時に、
監督の絶妙なタイミングで相手の流れを斬る
“タイム”はもちろんですが、
都度、有効的なチームへの声かけや
状況を確認しあうことはできます。
焦る気持ちを抑えるような、
勇気づけるような、ホッとするような
ピンチの時こそ、気持ちが切り替わるような
冗談を言って笑わせたり・・。
そんな悪い雰囲気を変えられる“技”が
自然に出せるチームであってほしいと思います。
お母さん達は、野球のことはみんなのようにわからないけど、
この“技”を取得して今までいろんなピンチを
乗り越えてきました(笑)

だからこそ、普段の練習から!なんですね。
練習でやってないことが試合で発揮できるなんて、
絶対にあり得ないですから。

6年生は残りの2か月、
そんなかっこよくて頼もしい“先輩”の背中を
5年生以下の部員に見せて、
残してほしいなぁと思います。

実はこの“技”は、これから小学校を卒業し(今の6年生)
中学→高校→大学を得て社会に出ても、
ピンチを乗り越えなければならないときに
絶対に役立つ方法の一つだと思ってます。
みんなはまだ、ピンとこないかもしれないけど・・・。
何年か経ったときに・・
“あの時の、メッツでの・・こういうことか・・”って
思うことがきっとあると思いますよ。
まだまだこれからです!ずっと応援していますよ♪


クルミザワさんありがとうございました!
母は強し、ですね。
Aチームは残りの千石大会、そして送別大会、
このふたつを明るく、楽しく精一杯戦ってください。
負けている時こそ元気よく!
がんばっていきましょう!

6年生、最後のシーズンが開幕!~こんな野球もできるようになりました!の巻~

Aチームの6年生、最後のシーズン。
ナルセコーチのリポートです。


9月24日(日)、お彼岸が過ぎ、
東京はだいぶ過ごしやすくなる
秋の天候になってきました。

Aチームにとっての
最後の大会ロードが開幕します。

関団連東京支部大会1回戦
大島小松川(B面)
VS ニュー愛宕(城東)
15時30分ちょうどにプレイボール。

先攻はメッツ。
1回表
一死後2番リュウノスケ、
フルカウントから四球を選び出塁。すかさず盗塁。
さらに3番ユオの3球目がボークの判定で
3塁へ進塁できました。
ユオは続く4球目をしっかりセンターへ打ち上げます。
これが犠飛となりリュウノスケが生還、先制点です!
(1-0)

1回裏
先発はリクト。
死球で先頭打者を出します。
続く2番打者の打球は鋭く左中間を突破し
ツーベースヒット。
1塁走者は長駆ホームインを狙いましたが、
センターのリョウ、ショートのコウヘイの素早い送球リレー。
送球を受けた捕手ユオは三本間で走者をタッチし、
サードのカンタに送球。
カンタは三塁を狙った打者走者を落ち着いて防ぎました。
なんとダブルプレー!
続く打者にも安打を許しますが、この回は無得点に抑えます。

2回表~5回表
相手好投手の前にいずれも3者凡退。
5個の三振を喫します。

2回裏
一死後に相手6番打者がサードへの強襲安打で出塁。
その後3塁にランナーを背負いましたが、
後続を三振、投手ゴロに打ち取ります。
無失点。

3回裏
一死後、1番打者にセンター前、
2番打者も同じくセンター前にクリーンヒット。
1、3塁のピンチ。
3番打者はセンター右に高々と打ち上げました。
失点を覚悟した瞬間でしたが、センターのリョウは
軽快に打球に追いつき、捕球するや否や、
捕手ユオに矢のような返球!
結果、ダブルプレーとしてピンチを切り抜けます。
またしても無失点。

4回裏、5回裏
しり上がりに調子を上げてきた投手リクトの
制球が相手打線を封じます。
1-0のままゲームは終盤に。

6回表
「1-0のまま勝つ?そんなわけないでしょ!」
このグラウンドにいるほぼ全ての
メッツ関係者の本能が追加点を要求しています・・・
そもそも、ここまで放った安打は未だゼロ!
先頭は9番ユアに代わって代打ヨシヒコ。
2球目を死球。かなり痛そうでしたが、
待望の先頭ランナーが出塁しました。
代走にコウタロウ。
相手投手のリズムが乱れ、後続のコウヘイ、
リュウノスケも連続四球を選びます。
この間牽制悪送球の間にコウタロウが待ちに待った追加点。
(2-0)
さらに3番ユオがこの試合メッツの
唯一の安打となったライトオーバーの2塁打を放ち
2点を追加しました。

6回裏
やはりというべきか、相手もこのまま終わってはくれません。
先頭打者から3連打の怒涛の反撃で
あっという間に2点を返されました。
流れは完全に相手に行きかけました。
無死3塁のピンチを背負わされましたが、
後続をなんとか打ち取りました。
規定の時間が経過したことからこのまま試合終了となりました。
(4-2)

相手が放った安打は9本。当方は1本。
こういう勝ち試合もあるのかと驚きました。
よかったことは、打たれても、また打てなくても
集中を切らさなかったことに尽きると思います。
先制点を取った後の流れを懸命に渡さなかったこと、
別な言い方をすると、選手たちが流れの重要性を
よく理解していたのだと感じています。
また最後まで応援の声が揃っていました。
そしてよく守り抜きました。
ともかく、秋の初戦突破。
次も野球をとことん楽しんでプレーしてください。


すごいね、Aチーム!
こんな試合ができるようになるとは!?
リクトもナイスピッチング!
コナ監督の目指す野球が形になってきていますね。
今週末には関団連&深川大会も入ります。
この流れを大切に、一戦必勝でがんばっていきましょう。

がんばれ、メッツ!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ