FC2ブログ

新人戦も大詰め、準決勝の結果は?~対深川ジャイアンツ~

新人戦の準決勝。
コナ監督のリポートです!


8月18日(日)、夢の島グラウンドにて
新人戦江東大会の準決勝、
深川ジャイアンツ戦が行われました。

1回戦、2回戦の逆転勝利の良い流れで挑んだ準決勝でしたが、
結果は17対1と大敗…残念でした。
深ジャイアンツという壁はとても厚かった。
2019年8月18日(日)新人戦準決勝(VS 深川ジャイアンツ)
2019年8月18日(日)新人戦準決勝(VS 深川ジャイアンツ) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

初回にミスからの4失点、
その裏の攻撃では、相手のミスもあり1点返し、
なおもノーアウト3塁のチャンスでしたが、
後が続かず残塁。
その後、毎回得点を許し、気付けば17失点でした。
ただ要所要所で良いプレーもあり、
練習の成果も確実に出てきています。
バッティングに関しては、相手好投手に、
どう対応するか選手一人ひとりが考えて
(バットを短く持つ、甘い球を見逃さない等)
打席に入れるようになればと思います。

今後この差を少しでも縮めるには、
土日だけではなく、平日にいかに努力するかで変わってきます。
目標は、とても高いですが打倒深Gで、
がんばっていきましょう!


Bチーム、新人戦ベスト4おめでとう!
試合前日のピッチングマシンの故障が響き、
深ジャン戦では打棒爆発とはいきませんでした。
これもすべてスーパーピッチングマシーン1号の責任です。
この場を借りてお詫び申し上げます。
m(_ _)m
しかし、コナ監督の言うように
よいプレーもたくさんありました。
ヒットは少なかったですが、バットは
みんな振れていたと思います。
あとはいつもいう“攻めの気持ち”を
みんなが持ち続けられるようになろう。
攻撃だけでなく、守備も“攻めの気持ち”で、
どんなに負けていても最後まであきらめない
“攻めの気持ち”で。
どんな時も“攻めの気持ち”を持ち続けよう。
5年生たちにとっての大きな一番、来春の江東大会に向けての
戦いはすでに始まっています。
今回の大会で準決勝進出、ベスト4に入ったことで
トーナメント表の四すみのシードも決まりました。
土日だけでなく、平日もできることをやっていこう!
野球の神様はみんなを見ているよ。

がんばれ、メッツ!






スポンサーサイト



新人戦(本戦)が開幕!~最後まであきらめない!逆転勝ちで連勝!!~

ついにきましたBチームの新人戦(本戦)。
まずは開会式の様子から。

開会式
2019年8月11日(日)新人戦開会式
2019年8月11日(日)新人戦開会式 by (C)メッツ広報部
※イワサワママ撮影。ありがとうございました!


続きまして、1回戦と2回戦の模様を
久々のヤマモトコーチがリポートします。


8月11日(日)、新人戦江東大会1回戦
(対亀高ペガサス)が夢の島球場で行われました。

1回表
コウキ先発。
三振を奪い上々の立ち上がりかと思いきや、
ワンアウトから四球、不運なエラーで
ランナー一塁三塁でピンチを迎えます。
ここで4番バッターをショートゴロに打ち取り
6-4-3のゲッツーになりそうでしたが
一塁はセーフで先制点を奪われます。

1回裏
すぐに反撃したいメッツ打線でしたが、簡単にツーアウト。
ツーアウトからリンタロウがヒットで出塁、
盗塁とチャンスメイクしますがあと1本が出ずチェンジ。

2回表
この回もエラー、死球などでノーヒットで
2点目を取られてしまいます。

2回裏
相手好投手の前に3球でツーアウトに。
しかし、裏4番のケンジが右中間に三塁打を放ち、
ツーアウトながらランナー三塁のチャンス!
ここもあと1本が出ずチェンジ。
なかなか点が入りません。

3回表
ツーアウトからレフトへ二塁打を打たれますが
後続をしっかり抑えて0点で切り抜けます!

3回裏
先頭打者ヒナタが全力疾走で相手のエラーを誘い出塁!
盗塁、パスボールでホームイン!
足で稼ぎ1点を返します。
またまたツーアウトからリンタロウが死球で出塁!
二盗、三盗と決めバッターはコウキ。
サードに強烈な打球を放ち相手のエラーで同点!

4回表
同点に追いつき、この回からピッチャーは
リンタロウにチェンジ。
きっちり0点に抑えます。

4回裏
良い流れになりますが三者凡退。

5回表
ワンアウトを取り、四球でランナーを出し
ワンアウトランナー二塁のピンチで
センターショウゴが大飛球をキャッチ!
ナイスプレー!
この回も0点に抑えます!

5回裏
そろそろ点を取りたい場面でしたが、
バットには当たるもののわすが5球でチェンジ。

6回表
簡単にツーアウトを取りますが、
みんな疲れが出てきたのかエラー、四球でピンチに。
最後は三振を取り無失点で切り抜けます!

6回裏
3番からの好打順で始まります!
ヒット、四球で出塁しノーアウトランナー二塁三塁のチャンス!
ここでバッターはアツト!
フルカウントから打った打球はレフトへ!
2点タイムリーでこの試合始めてリードしました!
これで相手ピッチャーをマウンドから降ろしますが、
2番手ピッチャーの前に三者連続三振に。

7回表(最終回)
2点リードしてピッチャーはソラにチェンジ。
ツーアウトからランナー二塁三塁の
この試合最大のピンチを迎えて、
打球は三遊間へと転がりますが、
主将シュンスケがダイビング!?キャッチでゲームセット!
4-2で勝利!
最後は意地を見せてくれました!
緊張感のある締まった試合で
逆転勝利し新人戦江東大会1回戦突破しました!
おめでとう!!

2019年8月11日(日)新人戦1回戦(VS 亀高ペガサス)
2019年8月11日(日)新人戦1回戦(VS 亀高ペガサス) by (C)メッツ広報部
※イワサワママ撮影。ありがとうございました!

試合後の練習風景。みんな最高の笑み。
アイブラックの使い方、間違っている選手が何人かいます(笑)。
IMG_4122.jpg


2回戦 対大島中央
翌日(8月12日)に2回戦大島中央戦が行われました。

1回表
先発はコウキ、ワンアウトを取り、二塁打を打たれますが
前日の疲れを感じさせないピッチングで0点に抑えます。

1回裏
前日とは打順を変えて挑んだ初回の攻撃でしたが、
三者凡退でチェンジ。

2回表
四球、エラーなどでノーアウト満塁のピンチを迎えます。
ピッチャーゴロを2つ打たせてホームでアウトを2つ取り、
ツーアウトになりますが死球で押し出し先制点されます。

2回裏
この回も三者凡退でチェンジ。
(でも相手ピッチャーに22球投げさせました)

3回表
この回から雨が強くなり、コントロールが定まらなくなったコウキ。
ヒット、死球、ワイルドピッチで3失点。

3回裏
4点を追う展開で少しでも点を返したいところ。
ショウゴの二塁打から始まり、ケンジのヒット、
ヒロキの四球、シュンスケのヒットで 一気に同点に追いつきます!
ベンチのムードも最高潮!

4回表
同点に追いつき勝利への方程式
ピッチャーリンタロウにチェンジ!
センターショウゴの抜ければホームランの打球に
飛びつきダイビングキャッチ!!
三者凡退で流れを渡しません!

4回裏
火のついたメッツ打線は誰にも止められません!
先頭打者カズキの二塁打で始まり
打者一巡の猛攻で6点を奪います!

5回表(最終回)
安定した守りでこの回も三者凡退に抑えます!

5回裏
あと1点取ればコールド勝ち!
ケンジが三塁打を放ちチャンスになりますが
規定の1時間40分を迎えた為ゲームセット!
10-4で勝利!

2019年8月12日(月)新人戦2回戦(VS 大島中央少年野球部)
2019年8月12日(月)新人戦2回戦(VS 大島中央少年野球部) by (C)メッツ広報部
※イノウエママ撮影。ありがとうございました!

この二日間の試合で先制されながらも
我慢強く守り逆転勝利したBチーム!
グラウンドにいた選手、ベンチの選手が
一つになり全員で掴んだ勝利だと思います。
みんなで声を出して一生懸命応援した結果が
勝利につながりました!
次は深川ジャイアンツ戦です。
相手チームがどこだろうと同じ小学生、
いつものメッツの野球を出し切ろう!
暑い中たくさんの応援ありがとうございました!


低学年の大会、ジュニアチャンピオンシップの予選1回戦

Cチームの公式戦、
ジュニアチャンピオンシップ。
サナギコーチのリポートです!


7月21日(日)梅雨明け待ち遠しい夢の島野球場で、
ジュニアチャンピオンシップ予選第1回戦が開催されました。
対戦相手は江東ファイターズさん。
半年ぶりの対戦でどこまで実力がついたか?
メッツ後攻、本日のCチームはこちら。

【スタメン】
1 テッペイ(ショート)
2 カケル(サード)※2番抜擢
3 ライト(キャッチャー)
4 ユウヤ(セカンド)
5 ソウキ (ピッチャー)
6 タイガ(レフト)
7 ヒロワ(ファースト)
8 ヒルソウ(センター)
9 スミレ(ライト)

◾️1回表
今日もサードカケルのグラブさばきが光る!
ソウキはテンポよく三者凡退でいきたいところであったが
四球と送球エラーが重なり2失点。
内野陣しっかり!ソウキは練習どおりズバっといこうぜ!
(2-0)

◾️1回裏
ファイターズさんとは半年ぶりの対戦。
前回は速球派ピッチャーに三振の山を築いたが、
今回は選球眼が冴え四球でランナーを貯める。
1アウト2,3塁のチャンスでユウヤ!
必死に食らい付きラッキーな内野安打。1点を返す。
(2-1)

◾️2回表
サードゴロ、三振で2アウトまでは良かったのだが、
相手上位打線に捕まり4失点。
この回が今日の反省ポイント。
気の利いた声、次のプレーを意識した声かけが
できれば防げた進塁、失点もあったはず。
監督が言うように「バッチコーイ」のお経はいらない。

「ランナーいるよ、2塁空けるなー!」
「2ストライク。ライトはカバーよろしくね!」
「バッタービヨンド。打球注意ね!」
内野も外野もこんな声を掛け合ってほしい。
(6-1)

◾️2回裏
この回は体調不良で出場が危ぶまれたヒロワから。
うーん。本調子ではないか。。
いつもの引っ張り打球がみられず凡退。
スミレは死球。
痛みをこらえすぐさま盗塁成功。
これはナイスガッツプレー。
このプレーから得点がほしかったが
後続が続かず無得点。
(6-1)

◾️3回表
60球制限ルールからピッチャーはテッペイに交代。
ライト(右翼手)はルーキーのユウキに交代。
下位打線を0点に抑え流れを呼び込む。

◾️3回裏
さあ、流れがきた!
ライト、お得意の全力駆け抜け内野安打!
もちろんオートでホームに帰ってきます。
大砲タイガの一発も期待したがこちらも病み上がり。
空砲に終わり残念ながら1点止まり。
(6-2)

◾️4回表
怖い上位ビヨンド打線を迎える。
こんな時は球が飛んでくるんです・・。
長距離砲撃を受け2失点。
外野陣、練習では捕れてるぞ!
次はがんばろう。
(8-2)

◾️4回裏
「逆転するぞ!」キャプテンユウヤの
声が響き渡りやってくれる予感。
1アウトからヒルソウが四球を選びすかさず盗塁成功!
さあ来ました!ユウキの初打席!!
気合いのフルスイング。
結果は三振だがぜんぜんOK!
公式戦の初打席は振ってくるのが重要。
一生の思い出になるよ。
2アウトランナー2塁でテッペイ。
鋭い打球を放ち、白球がレフトを抜け点々と転がる。
ヒルソウが生還しまず1点。
が、ランニングホームランを狙ったのか
テッペイが3塁をオーバーランする。
レフトからの返球で最悪のタッチアウト。ゲームセット。
これは風呂場反省会だな(怒)

2019年7月21日(日)C・ジュニアチャンピオンシップ(対江東ファイターズ)
2019年7月21日(日)C・ジュニアチャンピオンシップ(対江東ファイターズ) by (C)メッツ広報部
※リュウノスケママ撮影。ありがとうございました!

豊洲に戻って振り返りのミューティング。
一番大切な時間です。
今日も監督からたくさんのアドバイスを頂きました。
みんな自分の課題をしっかりと覚えておこう。
また、この時間は低学年でもしっかりと目を見て話を聴く事。
いつも頷きながら話をきいているスミレとヤマソウは、
やはりみんなへの気配り、応用力が違います。
そんな2人には今日も1,3塁コーチャーを頼みました。
野球も勉強もできない子なんていないんです。
ただ話を聴いているかいないかだけの勝負なんです。
総勢29名。競争激しいメッツCチームです。
あと数日で梅雨も空けます。
全員でギラギラした最高の夏にしてゆこう!

江東ファイターズさん
本日の対戦ありがとうございました!

【風呂場反省会】
「コウキ先輩のようにホームランボールがもらいたかった・・」


テッペイ、そりゃホームランにしたいよな。
まー、しゃーない(笑)。
お父さんにとっても一生の思い出になったでしょう(笑)。

うまくなりたいなら、勝ちたいなら
バットを振って、ボールを投げるしかありません。
そういった気持ちになるよう、私たち大人たちが
子どもそれぞれの気持ちをいかに盛り上げてあげることができるか。
学童野球、永遠のテーマです。
ダメ監督の私もさらに精進します。m(_ _)m

がんばれ、メッツ!!





Bチーム、新人戦本戦へ~投打がかみあい予選突破!~

ついに来ました、Bチームの新人戦。
シマザキコーチのリポートです。


7月20日(土)夢の島グラウンドで
Bチームが新人戦の深川予選で深川レッドソックスと
代表の座をかけて争いました。

1、カズキ  (ファースト)
2、アツト  (レフト)
3、ショウゴ (キャッチャー)
4、リンタロウ(セカンド)
5、コウキ  (ピッチャー)
6、ヒロキ  (ライト)
7、ヒナタ  (ショート)
8、シュン  (サード)
9、タクム  (センター)

この試合は最近、練習で安定した守備を
見せるタクムが先発出場です。

先発はコウキ。
初回に一死球を許すも
快直球で3三振と好調な出だしを見せると、
1回裏に1番カズキの三塁打を皮切りに4連打。
相手エラーも含めて5点を先制します。


2回以降もコウキはほとんど相手を寄せ付けず、
4回までで9奪三振と安定したピッチングを見せます。

攻撃面ではアツトが3安打と絶好調。
ショウゴ、ヒロキも2安打とバットが振れてきて、計11得点。
1-11の勝利を収めました。

 R|0|0|1|0 |1
 M|5|2|0|4×|11

2019年7月20日(土)B・深川大会新人戦 1回戦(対 深川レッドソックス)
2019年7月20日(土)B・深川大会新人戦 1回戦(対 深川レッドソックス) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

細かいところを言えばいろいろ反省点もありますが、
大事な一戦で勝利することができたことは
本当に良かったと思います。

8月から本戦が始まります。
ここで対戦相手となるのは、
試合後にみんなで観戦した深川大会決勝戦に駒を進めた
深川ジャイアンツ、越中島ブレーブスといった強豪チームです。
ジャイアンツの2人の投手は昨秋、今春と対戦しましたが、
そのとき以上によくなっていた印象です。
いまのメッツで何人の選手があの投手から
ヒットを打てるのか。
なんとか食らい付いていけるよう、
あの快速球をイメージしながら、
これから練習を積み重ねていきましょう。


Bチームおめでとう!
試合後、「俺はやりました!」と弾けていた某監督(でもやったのは選手たちですが…)、
さらに熱中症気味の症状となりダウンしてしまった某コーチ(体、鍛えましょう(笑))、
それぞれに心労がおありだったこと、お察しします。
お疲れさまでした。
でも、本当の大一番はこれからです。
チーム一丸となってがんばっていきましょう。
私も高速ピッチングマシン(3時間までなら可)と化します(笑)。

がんばれ、メッツ!!




A紅チーム ジャビットカップ江東区代表決定戦 ~大島中央戦~

Aチームのジャビット本戦。
ハヤシ監督のリポートです。


5月6日(月祝)、夢の島。
ゴールデンウィーク10連休の最終日。
ジャビットカップ江東区代表決定戦の1回戦、
A紅チームが大島中央さんと対戦しました。

メンバーは、
1番 ショート リンタロウ
2番 サード ソウ(ピッチャー)
3番 ライト マナト(途中、ヒナタに交代)
4番 キャッチャー タクミ
5番 ピッチャー コウキ
6番 レフト セイヤ(ピッチャー)
7番 ファースト ユウタ
8番 セカンド リリキ
9番 センター シュンスケ
(ベンチ:タクム、ユヒロ、ショウゴ)

令和元年、最初の公式戦を勝利で飾りたいとことでしたが、
M 0|0|0|0|0 0
O 5|1|1|4|× 11

1回戦敗退となってしまいました。
相手ピッチャーのアウトコースに
きっちり投げ込むピッチングにおさえられ、
タクミのスリーベース、コウキのヒットの2本のみ。

守備では、エラーもあり、初回に5失点。
コウキ、セイヤ、ソウのピッチングの
内容は悪くありませんでしたが、
相手バッターはタイミングを見事にあわせるバッティング。
11失点と久々の大量失点となってしまいました。
2019年5月6日(月)A紅・ジャビット杯江東大会1回戦(対大島中央)
2019年5月6日(月)A紅・ジャビット杯江東大会1回戦(対大島中央) by (C)メッツ広報部

3月からゴールデンウィークにかけて行われた、
ジャビットカップと江東大会が終わりました。
ジャビットカップは、深川予選を突破したものの、
江東区代表決定戦では1回戦敗退で江東区ベスト16。
江東大会は2回戦に勝利で、こちらも江東区ベスト16。

みんな力を合わせてがんばったけど、
もっと上に行きたかったな~。
それに、もっと上に行ける力をもっていたはず。
それを引き出してあげられなかった。ゴメン。

この試合では、あまりいいところがなかったけど、
この2大会で、みんなが一生懸命にプレーした姿は、
監督・コーチ、お父さんお母さんたちの心にきっと残ったはず。
そして、みんなの心にも何か残ったはず。
悔しさもあるだろうし、もっと勝ちたい気持ちもあるはず。
その思いを胸に、
これから始まる深川春季大会にぶつかっていこう!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ