江東大会、ベスト8をかけて深川パイレーツと対戦!

東王ジュニアとの接戦を制し
迎えた江東大会3回戦。
オオイコーチのリポートです。


4月29日(日)、江東大会の3回戦、
深川パイレーツ戦が夢の島グランドで行われました。

最近、調子を上げているAチーム。
この日も、最後の最後まで粘り、
これまでにない大接戦を見せてくれました!

メッツ先行で試合開始。
1回の表、ツーアウトから
フォアボールのリクトを一塁に置いて、
ヨシヒコの左中間スリーベースで1点先制。

その裏、フォアボール、エラー、
パスボールも絡み、ノーヒットで2点を奪われ、
逆転。1対2。

2回、3回はお互い無得点。

4回、ヒット1本とエラー2つで
2点を追加され1対4。

5回表メッツは、デッドボールのマナトに代わって、
臨時ランナーとなったトアが、2塁に盗塁。
相手の悪送球の間に俊足を飛ばして、
一気にホームイン。2対4。

その裏、パイレーツは
4番がセンターへのツーランホームラン。
2対6となり、メッツには厳しい展開。。。

しかし6回、、、
先頭のヨシヒコがセンターオーバーの大飛球。
しっかり走って見事、ホームラン!
ユウゴがヒット、コウキがツーベースで続き、
さらに1点追加。
2点差まで詰め寄り、粘りを見せます。4対6。

その裏、ランナーを一人出すものの、
0点に抑え最終回を迎えます。

7回、テッショウが4球粘って、
続くユウキも9球投げさせて連続フォアボール。
リクトに期待が掛かります。

ベンチも応援に来てくれたの皆さんも
今日一番の大声援!
その声にも後押しされて、リクトが、
センターオーバーのスリーベース。
2人がホームインし、6対6の同点!

さらに続く内野ゴロで、
リクトもホームに果敢に走り、
ついに7対6と逆転!!
あと1回押さえれば、メッツの勝利です!

が、勝負は本当に最後までわかりません。
1アウトから内野安打、
メッツにとって不運な当たりもあり、
7対7の同点。
三振で2アウトにしますが、
ランナー3塁で相手バッターの
小フライがライト線に落ちて、、、
ゲームセット。。。

一度は逆転しただけにとても悔しい敗戦となりました。

東雲Ml1l0l0l0l1l2l 3 l7
深川Pl2l0l0l2l2l0l2×l8

2018年4月29日(日) A・江東大会(対深川パイレーツ)
2018年4月29日(日) A・江東大会(対深川パイレーツ) by (C)メッツ広報部
※ユウゴママ撮影。ありがとうございました!

選手は最後まであきらめず、頑張りました。
しっかり集中してボールを追っていました。
この負けを必ず、次に活かしてくれると思います。
これからも熱い声援をよろしくお願いします!


中盤まで、被安打は少なかったものの
エラーなどミスが重なり6失点。
この失点がやはりメッツにとって重かったですね。
この失点をいかに少なくしていくか。
秋の深川大会で雪辱を期すためにも
一人ひとりが「俺がメッツを強くするんだ」という
自覚を持ち、走攻守、すべてにおいて
レベルアップしていってほしいと思います。

がんばれ、メッツ!
スポンサーサイト

江東大会初戦~リクト完封、トア勝利打点!~

いよいよ始まったビッグイベント・江東大会。
ナルセコーチのリポートです。


4月22日(日)、降雨のため
1週間前に開催が延期となりましたが、
この日は好天に恵まれました。
早くも真夏日となったこの日の最高気温は
なんと28度!
いよいよ今年も区内学童野球の熱き戦いが開幕です。

14時過ぎにプレーボール。

「江東大会」初戦
VS東王ジュニア(砂町)

先攻はメッツ

1回表
1番テッショウ、2番ユウキは
それぞれショート、サードゴロに。
当たりはまずまずでしたが、
相手方の堅い守備に倒れます。
3番リクトは豪快に空振り三振。

1回裏
なんと先頭からの三者連続奪三振!
ストレートに力があり、
制球もまずまずのスタートです。

2回表
相手投手の制球のよさに抑えられます。
こちらも三者凡退・・・

2回裏
ショートゴロ、ファーストゴロをテッショウ、
ユウゴがそれぞれ捌きツーアウト。
続く6番打者は三振に打ち取ります。

3回表
先頭の7番ダイキが四球で出塁。
続くトアのサードゴロの間にダイキは2塁へ。
9番マナトは3球もファールで粘りましたが三振。
後続も抑えられ、パスボールで
3塁まで進塁していたダイキを
生還させることはできず、この回も無得点。

4回表
3番リクトが高~い、そして、
なかなか落ちてこない内野フライ。
これが相手サードのエラーを誘います。
しかし、チャンスを生かせません。

4回裏
バントヒットと盗塁を重ね、
一死3塁のピンチを背負います。
しかしこの回も2つの三振などで切り抜けます。
マナトもセカンドゴロを軽快に捌きます。

5回表
この回先頭の6番コウキがフォアボール。
ボークとパスボールで進塁し一死3塁の好機。
ヤマモト監督のサインはスクイズ。
トアはきっちりと投手横にゴロを転がしました。
貴重な先制点です!
(1-0)

5回裏
先制点の後は、きっちりと抑えたい。
先頭の5番打者に四球を与えます。
ランナーは盗塁、パスボールで3塁へ。
次打者も四球、盗塁で無死2,3塁の
ピンチを迎えました。
しかし、7番打者を三振に仕留めまずワンアウト。
8番打者のスクイズ失敗により
3塁走者をタッチアウトとします!
(ずいぶん長いランダウンプレーでした・・・)
9番打者も三振で最大のピンチを切り抜けました。

6回表
1対0で守り抜くイメージは誰も持っていません!
追加点の欲しいこの回は、
先頭は打順よく1番のテッショウから。
振りぬいた打球はレフト線ぎりぎりを
勢いよく転がって行きました。ツーベース!
2番ユウキは送りバントをしっかりと決め、
打席には3番リクト。
3ボール1ストライクからの5球目、
体重がすべて乗った(ように見えた!)
打球はあらかじめ後方に守る外野手の
はるか上を超えてゆく軌跡を描きました。
全力疾走のリクトは3塁に到達。
貴重な追加点です!
なおもチャンスが続く場面、4番ヨシヒコ。
ライト方向に渋く打ち上げます。
これが犠牲フライとなり、
さらに追加点です。
5番ユウゴもセンター前ヒットを放ちました。
(3-0)

6回裏
リクトの危なげない投球が続きます。
2奪三振で三者凡退。

7回表
マナトがセンター前にヒットを放ちますが、
無得点。

7回裏
最終回も2奪三振でゲームセット!!
(3-0)
2018年4月22日(日) A・江東大会(対東王ジュニア)
2018年4月22日(日) A・江東大会(対東王ジュニア) by (C)メッツ広報部
※ユウゴママ撮影。ありがとうございました!

この試合、リクトは109球を投抜き、
2安打(いずれもバント)
毎回の13奪三振で完封としました。
リクトの投打の活躍が光りましたが、
野手陣も無失策と安定した守りができました。
放ったヒットは4本と物足りないものの、
犠打や犠飛が効果的で少ないチャンスを
きっちり得点することができました。
この試合では、かなり文句のつけにくい
全員野球ができたのではないのでしょうか。
次は深川パイレーツ戦です。
引き続き、数多くの応援をお願いします。


ナルセコーチ、リポートありがとうございました。
Aチーム、ナイスゲームでした!
リクト、成長したねぇ。
がんばってよく投げきりました。
後はスタミナかな(笑)。夏に走りこもうね。
きっちりスクイズを決めて勝利打点をあげたトア、
6回にこちらもきっち送りバントを決めたユウキ、
ともによくやってくれました。
さらに犠牲フライで追加点をあげたヨシヒコは
4番の面目躍如の打撃でしたね。
最終回の攻撃、三者凡退で終わると
嫌な流れが相手にいってしまいがちですが、
2アウトから5年生のマナトが意地の
センター前ヒットを放ってくれました。
試合の流れからいって、
何気にあのヒットは大きかったと思います。
4年生のコウキがAチームのキャッチャーという重責を
淡々とこなしているのも頼もしい限りでした。
ということでこれでメッツはベスト16に入りました。
次はベスト8をかけて戦うことになります。
一戦必勝、最後まであきらめない「メッツ魂」で
がんばっていきましょう!

2018年江東大会開会式の画像とか

ヨシヒコママから画像が届きました。

2018年3月18日 A・練習試合 対墨田ジュニア
2018年3月18日(日) A・練習試合(対墨田ジュニア)
2018年3月18日(日) A・練習試合(対墨田ジュニア) by (C)メッツ広報部

2018年3月31日 A・練習試合 対ヤングノーブルズ
2018年3月31日(土)A・練習試合(対ヤングノーブルズ)
2018年3月31日(土)A・練習試合(対ヤングノーブルズ) by (C)メッツ広報部

2018年4月8日 江東大会開会式
2018年4月8日(日)A・江東大会開会式
2018年4月8日(日)A・江東大会開会式 by (C)メッツ広報部

2018年4月8日 千石大会 対深川レッドソックス
2018年4月8日(日)A・千石大会(対深川レッドソックス)
2018年4月8日(日)A・千石大会(対深川レッドソックス) by (C)メッツ広報部

ヨシヒコママ、ありがとうございました!

千石大会の第1戦

ちょっと前後してしまいましたが
Aチームが参加するリーグ戦、
千石大会の1回戦、オオイコーチのリポートです。


3月25日(日)、千石大会第1戦、
対潮見パワーズ戦が行われました。

初回、テッショウのツーベースから
チャンスを作り、リクトのセンターへの
タイムリーツーベースで2点を先制しますが、、、
2回以降、ヨシヒコのツーベース以外は
ヒットが出ずに、5回時間切れとなり、
2ー12でゲームセットとなりました。

東雲 M l2l0l0l0l0l 2
潮見 P l5l5l0l2l ☓l12

2018年3月25日(日)A・千石大会(対潮見パワーズ)
2018年3月25日(日)A・千石大会(対潮見パワーズ) by (C)メッツ広報部

パワーズは10本のヒット、圧倒されました。。。
メッツには失点につながるエラーが
いくつかありました。
エラーはしょうがないし、
恐れてはいけませんが、
消極的なプレーはなくして
いかなければいけません。
だからこそ、普段の練習で
ドンドン前に出て、声を出して、
一球一球に集中して、
全力プレーをしなければいけません。

千石大会は始まったばかりで、
まだ5試合残ってます。
この負けの悔しさを忘れずに、
頑張りましょう!

Aチーム、今季公式戦初勝利!~この勢いで江東大会初戦突破だ!の巻~

Aチームが参加する公式リーグ
「千石大会」が今年もスタートしました。
その第2戦。ダイキママのリポートです。


4月8日(日)、千石大会第2戦の相手は
レッドソックスさん。
昨年の深川秋季大会で12-0、
3回コールドで大敗を喫した相手です。
あれから半年。
メッツのメンバー、少しずつ
強くなってきているとはいえ、
相手も相応の練習を積んでいます。
メンバーは昨年とほぼ同じ。
どこまで戦えるか。
そんな心配をよそに、
選手たちはリラックスムード。
メッツ先行で試合開始です。

1回表
リクトが内野安打で出塁しますが、
相手ピッチャーの好投により無得点。

1回裏
リクト-コウキの兄弟バッテリーは
好調な立ち上がりです。
リクト、1番、2番を連続三振に。
この回、無失点で切り抜けます。

2回、3回、両チームピッチャーの
好投により、無得点。

4回表 メッツの攻撃。
4番のヨシヒコ、なんと
7球ファウルで粘ってセンター前へ。
さすが4番バッターのバッティングです。
続く5番バッターは5年生タクミ。
初のAチームクリーンナップを任され、
気合充分です。
ボールもよく見えています。
2ボール1ストライクのバッティングカウント、
3球目をライト前へ!
タクミ、ナイスバッティング!!
これでベンチも大盛り上がり。
後続は惜しくも倒れましたが、
流れはメッツにやってきた??

4回裏
相手チームは3番、
クリーンナップからの攻撃です。
1人目の打球は難しい打球でしたが、
ショート テッショウが華麗に捌き、1アウト。
続くバッターは4番。
リクトの速球を思い切りたたいてライト前へ。
相手チームとはいえ、
さすが4番のバッティングです。
続く5番バッターはライトへの
犠牲フライで1点を献上しますが、
ここからが今までと違います。
監督「リクト、顔、怖いよ!笑って、笑って(^^)/」
リクト、リラックスしたのか、
次のバッターを三振で、3アウトチェンジ。
0-1

5回表
ベンチに戻ってきたメンバーに監督が声をかけます。
監督「ピンチの後には?」
選手「チャンスあり!!!」
ここから反撃したいところ。
打順は7番ダイキ。選球眼よく、4ボールを選びます。
1アウト後、9番マナトが上手く進塁打を放ち、
ダイキは3塁へ。
打順は1番に戻りテッショウ。
ここでランナーを返したいところ。
ベンチも期待を膨らませ、
応援も大きくなります。
落ち着いた表情でバッターボックスに入ったテッショウ、
なんと初球を思い切りよく叩き、ボールはレフト前へ!
ランナーを返し、メッツ、同点に追いつきます。
1-1

5回裏
ここはしっかり押さえたいところ。
1人目の打球はセンターへ。
トア、追いつくか?
俊足を飛ばしてトアがナイスキャッチ!
さすが、トア!
トアがメッツに流れを引き寄せます。
リクト、60球を超えますが、
全く球威が衰えません。
2人目、3人目を難なく抑え、
この回も無失点。

6回表
この回は打順よく、4番ヨシヒコから。
ヨシヒコ、サードへの内野安打で出塁します。
続く5番バッターは当たっているタクミ。
ベンチの期待も最高潮です。
プレッシャーのかかる打席。
タクミ、普段と変わらない表情で
打席に入ります。
3球目、タクミの打球はセンター前へ!
2安打のマルチヒットです!
続く6番ユウゴはランナーを進め、
1アウト2,3塁の大チャンス。
ここでバッターは7番ダイキ。
この試合の最大の山場です。
ここで山本監督、タイムをかけ、
3塁ランナーヨシヒコとダイキを呼び寄せます。
作戦はスクイズ。
相手チームも警戒し、内野陣も前進守備です。
できるか?
ベンチの心配をよそに、
なぜか2球を見逃すダイキ。
ん?どうした?と思っていると、
3球目を強打し、打球はなんと
センターオーバーのタイムリー2ベース!
2人がホームを踏んで、
メッツ、逆転に成功します。
(後でダイキに聞いたら、
監督がパフォーマンスで
「やらないでしょ?」と言っていたので、
「(スクイズは)やらないんんだ」と
思ったとの事。
結果オーライだったけど、焦りました。。。。)
1-3

6回裏
時計を確認しあう監督、コーチ陣。
2時5分、誤差なし。
ちょうど1時間30分が経過です。
ということは???これが最終回。
ここを抑えれば、メッツに勝利が。
でも山本監督、選手に伝えません。
プレッシャーになって、
固くなってしまうから。
さすが監督、よくわかっていますね。

相手チームは1番バッターからの好打順。
トップバッターをエラーで出塁、盗塁、
パスボールで1点を許しますが、
ここからが今までと違うところ。
監督「リクト、顔、怖いよ~」
リクト、なんと次のバッターを三振に!
疲れが出たのかこの試合初の四球を出しますが、
最後のバッターはサードゴロ。
ヨシヒコが華麗に捌き、
ユウゴがナイスキャッチ!
ナイスプレーでゲームセット!!!!!

2-3、僅差でしたが、雪辱を果たしました!
ナイスゲーム!
2018年4月8日(日)A・千石大会(対深川レッドソックス)
2018年4月8日(日)A・千石大会(対深川レッドソックス) by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

Aチーム、公式戦初勝利です(^^♪
リクト、毎回奪三振の9奪三振。
そしてリクトの好投を支えたのは、
4年生の弟、コウキ。
Aチームの6年生に交じって
遜色ない活躍をしてくれました。
コウキ、ありがとう(^^♪
ベンチのユウキ、ユウタもしっかり声出しして、
ベンチワークもすばらしかったよ!
この試合、マスモ代表にも見てもらいたかったです。
次は大一番、江東大会。
選手たちはこの勢いをもって臨みます。
Aチーム、メッツを代表して、
力いっぱいがんばってきますので、
応援よろしくお願いいたします!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ