Cチーム練習試合~やっぱり基本が大事~

相変わらずのハヤシコーチ最速リポートです!


9月24日(日)、東雲小学校にて、
池雪jrストロングさんをお招きし、
Cチームの練習試合が行われました。
最近の練習試合で勝利が続いているCチーム。
この流れを止めることなく、深川大会初戦に
つなぎたいところでしたが・・・

2017年9月24日(日)C練習試合(対池雪jrストロング)
2017年9月24日(日)C練習試合(対池雪jrストロング) by (C)メッツ広報部
※サトウさん、ハラダさん撮影。ありがとうございました!

S  1 | 3 | 4 | 4 | 3 15
M  1 | 0 | 0 | 0 | 0 1

惨敗!
私の記憶で好プレーだったのは、
初回先頭打者のシュン。
フォアボールでの出塁でしたが、
2盗、3盗を即座に決め、
バッテリーエラーを見逃さずにホームイン!
スタートのタイミング、スライディング、
集中力は最高でした!
メッツの得点は、この1点のみ。
それと、2番バッタータクミのセンターへの当たり。
ナイスバッティング!
相手の好守備でキャッチアウトになりましたが、
外野まで飛んだのはこの1打席のみ。

結果を見ると・・・
ヒット0本。
内野ゴロ・フライでのアウト9つ。
三振4つ。
けん制アウト1つ。
出塁はフォアボールの4つのみ。
エラー7つ。

対する相手は、
三振3つ(うち2つは振り逃げで出塁)。
ヒット性の当たりは2本のみ。
フォアボール4つ。
エラー0。

こうしてみると、
メッツも打てていませんが、
相手にもそれほど打たれていません。
14点差になるようなゲームではなかったのでは?
相手はエラーもなく着実に1つ1つアウトを取る。
メッツはエラーで走者をためて、
次の打球でどうプレーしたらいいか
いっぱいいっぱいになり、またエラーしてしまう。
自分たちで難しく苦しくして流れに乗れず、
失点を繰り返してしまったように思います。
1つ1つアウトが取れるように
基本練習が大事なのだと改めて感じました。

バッティングも同じです。
相手ピッチャー左腕の伸びのあるストレートは
ナイスピッチングでしたが、
ヒット0本に抑えられてしまったのはなんとも悔しい。
空振り、打ち損じが多かった。
自分が思っているよりバットが振れていないのでは?
みんな素振りをしているだろうけど真剣に振っているかな?
素振りもティーもフリーバッティングも、
基本をしっかり自分のスイングができるように練習しよう!

秋の大会はもう目前!
自分でできる範囲でも基本練習をして次の試合に備えよう!

池雪jrストロングさん、練習試合ありがとうございました!
スポンサーサイト

CとDが市川市のチームと練習試合

CチームとDチームが練習試合をしました。
シマザキコーチの最速リポートです!


9月18日(月祝)、Cチームが東雲小で、
塩焼ちどりウィングスさんを招いて
CとDの練習試合を行いました。

1戦目のCチーム
ユウタとコウキのバッテリーで後攻でプレーボール。

1回表
ブルペンからボールが高めにいきがちだったユウタは
先頭打者を四球で歩かせると一死後の三番打者の
サードゴロの間に先制点を許す。
それでも後続をスピードボールで三振に切って落とす。

1回裏
早々に逆転をしたいメッツの攻撃。
先頭打者のマナトが出塁すると、
続くリリキのデッドボール、コウキ、ユウタの
内野ゴロの間に2点を奪取し、あっとういう間に逆転。

2回表
落ち着きを見せ始めたユウタは
相手を寄せ付けずにこの回、1四球を許すも、
3三振で流れは 渡さない。

2回裏
メッツ打線が爆発し、9番打者に入ったヒナタ、
夢の島なら間違いなくホームランだったであろう
目の覚めるようなセンターオーバーを放ったコウキなどの
ヒットでこの回、5点を挙げる。

3回表
大量リードをもらったメッツ守備陣だが、
この回は上位打線につかまり
2点を謙譲するも危なげないピッチングで大量点は許さず。

3回裏
取られたら取り返す。
追加点の欲しいメッツは相手エラーや
タクミの内野安打などで2点を奪い返す。

4回表
この回からキャプテンのマナトが久々のマウンドに。
ブルペンでも出来は上々。
そのままの勢いで8、9番打者を2連続三振。
先頭打者もショートゴロでこの試合、
初めての三者凡退。
さすがキャプ テンといったところを見せてゲームセット。

W|1|0|2|0|3
M|2|5|2|×|9

2017年9月18日(月)C練習試合(塩焼ちどりウィングス)
2017年9月18日(月)C練習試合(塩焼ちどりウィングス) by (C)メッツ広報部
※サトウさん撮影。ありがとうございました!

ユウタ、マナトの2人で12アウト中、
10奪三振と圧巻のマウンドさばき。
あまり守備機会がないのが
逆に悩みの種といったところかもしれないが、
内外野ともに投手を守り立てる声が
少しずつ様になってきたね。



2試合目は3年生以下のDチーム。
メッツは人数足りずに原ユウ、
タクミが加わって先発出場です。
メッツは後攻でコウキ、シュンの
バッテリーで試合開始。

1回表
ウイングスの先頭打者に出塁を許すと
、一死後の3番打者にセンターに
ジャストミートされ先制点を許す。
その後は2三振で後続を断つ。

1回裏
先頭のヒナタがサードゴロを打つも
送球がそれる間に快速を飛ばし一気に三塁を陥れる。
2番打者のシュンのときに
相手のワイルドピッチの間にホームイン。
足で同点に追いつく。
その後、二死後も4番に座ったリンタロウが内野安打、
5番アツトのセカンド内野安打でこの回に逆転。
6番ユウヤはフルカウントの後に
デッドボールを食らう。
わき腹を抱えながらも涙一つ見せずに一塁に進む二年生ユウヤ。
その勇姿に成長を感じ、監督も思わず涙……(T?T)

2回表
初回に得点を許したコウキだが、
この回は3者連続三振と圧巻のピッチング。

2回裏
追加点の欲しいところで取れるのがいまのメッツ打線。
タクミが四球で歩き、三塁まで盗塁で進むと、
ヒナタがセンターへジャストミートで1点追加。
その後もコウキ、リンタロウのタイムリーで
この回、3点を挙げる。

3回表
この回からコウキ、リンタロウのバッテリー。
内野のミスが重なり、2点を許す。
2三振で二死後、相手の4番打者の打球は、
この日、初めてセカンドに入ったジュンペイのところへ。
高いバウンドだったがジュンペイは落ち着いて打球を処理し、
一塁のアツトに送球。キッチリと決まり3アウト。
守備について選手はもちろん、ベンチで声をかけていた
4年生全員も「ナイスプレー!」と大きな拍手でこの試合、
一番の盛り上がりを見せた。

3回裏
先頭のユウヤが四球で出塁すると、後続が四死球で満塁。
3塁ランナー のユウヤがワイルドピッチの間に1点を陥れる。
ユウヤのナイスランに選手も続いて
この回は5点の大量得点を挙げる。

4回表
この回からヒナタがマウンドに。
先頭をショートゴロに抑えると、次の打者は三振。
二死後に振り逃げで出塁を許すが、
最後はコウキのグラブをはじく
痛烈な当たりをショートのシュンがナイスカバーで3アウト。
Dチームの最後を締めるのはオレだ、といわんばかりの
マウンド度胸をヒナタが見せ付けゲームセット。

W|1|0|2|0|3
M|2|3|5|×|10

2017年9月18日(月)D練習試合(塩焼ちどりウィングス)
2017年9月18日(月)D練習試合(塩焼ちどりウィングス) by (C)メッツ広報部
※サトウさん撮影。ありがとうございました!

1試合目2試合目ともに
ベンチでの声が大きく出ていた試合で、
攻守ともに盛り上がっていました。
これからも相手チームに「うるさい」と
思われるくらいに声を出していきましょう!

Aチーム練習試合画像

クルミザワさんよりAの練習試合画像が届きました!

2017年9月2日(土)A練習試合(対池雪ジュニアストロング)
2017年9月2日(土)A練習試合(対池雪ジュニアストロング) by (C)メッツ広報部

クルミザワさん、ありがとうございました!

Bチームの練習試合~対杉並ホワイトベアーズ~

Bチームの練習試合。
オオイコーチのリポートです。


7月29日(土)、杉並ホワイトベアーズを
豊洲グランドに迎え、練習試合を行いました。

コウタロウ、トア、マサタカがいない中、
マナト、セイヤ、ユウタ、タクミの4年生も出場、
接戦を制し、見事に逆転で勝利をおさめました!

W | 1 | 0 | 2 | 0 | 0 | 1 | 4
M | 1 | 1 | 0 | 3 | 0 | × | 5

1回表、ホワイトベアーズは2アウト後、
内野安打で出たランナーが3塁に。
続く4番バッターが、右中間を破る大きな打球。
3塁ランナーがホームインし、1点先制。
バッターランナーも2塁、そして3塁を回って、ホームを狙います。
センターのユウキから、ユウゴに中継、そしてバックホーム。
間一髪でアウト!2点目を許さない見事なプレーでした。

1回裏、メッツの攻撃。
先頭のユウキがレフトオーバーのヒットで出塁し、すぐに盗塁。
ヨシヒコがフォアボールで続き、
いきなりのチャンスで3番のリクト。
初球の甘い球をフルスイングすると、
ボールはドンドン伸びてレフト後方のネットに直撃!
すぐに同点に追いつき、2塁、3塁。
4番は打撃の好調のガンジ。
フルカウントからの6球目を真っ芯でとらえ、強いライナー!
しかし、不運にもサードの正面、、、。
3塁ランナーも戻れずにタッチアウトとなり、
同点で1回を終了。

2回表は、2つのゴロ、1つのフライを
すべてファーストのユウゴが上手くさばいて無失点。

2回裏、先頭のテッショウがフォアボールで出塁し、
盗塁とワイルドピッチで3塁。
ワンアウト後、気合十分のマナトが打席に。
3球目を打って、強い打球がショートへ。
相手のミスを誘い、テッショウがホームインし、逆転!
続く、セイヤが粘るも、最後は良い当たりを
ピッチャーがナイスキャッチし、残念ながらアウト。
2-1で2回を終了。

3回表、ホワイトベアーズの攻撃。
リクトが先頭打者を3球三振とするも、
フォアボールのあと左中間にタイムリーを打たれ、逆点。
しかし、続くバッターを三振、セカンドゴロに抑え、
追加点を許さないナイスピッチング。

3回裏、メッツは2番からの好打順で
ランナー二人を出すも、無得点。
ホワイトベアーズ1点のリード。

4回表、ホワイトベアーズはランナーを一人出すも、
リクトが2三振を奪い、無得点。
良い流れでメッツの攻撃に入ります。

4回裏、メッツの攻撃。
ダイキ、マナトが選球眼良く、フォアボールを選び1、2塁。
ランナーが牽制に刺され、1アウトになるも、
代打のユウタがレフトへのヒット。ナイスバッティング!
ユウキも振り逃げで出塁し、満塁でチャンスが続きます。
ヨシヒコの打席、相手ピッチャーの3塁への牽制が悪送球。
マナトに続き、2塁からユウタもホームイン!
メッツが逆転!
ヨシヒコは3球目を打ち、ボールはセカンド後方へのフライ。
セカンドの捕球後、ユウキがタッチアップでホームに。
キャッチャーのタッチをうまくすり抜け、ホームイン!
5-3として4回を終了。

5回表、ホワイトベアーズは2アウトから
フォアボールのランナーを2塁に進めるも、
最後はショートのテッショウが
強いゴロをガッチリさばき、無失点。

5回裏、メッツは2アウトから1、3塁のチャンス。
ここで代打のタクミ!
2ボールからバットを振りぬくも、
相手シュートのナイスプレーで惜しく無得点。

6回表、ホワイトベアーズの攻撃。
ピッチャーは、2番手のユウゴ。
エラーとヒットで1点を許し、メッツのリードはわずか1点。
しかも同点のランナーが3塁、、、
しかし、このピンチをファーストゴロに打ち取り、試合終了!
ユウゴ、ナイスリリーフ!
見事、シーソーゲームをものにし、
5-4で勝利を収めました!!
2017年7月29日(土)B・練習試合(対杉並ホワイトベアーズ)
2017年7月29日(土)B・練習試合(対杉並ホワイトベアーズ) by (C)メッツ広報部

最近、ますます安定感が増したリクトの
ピッチングも見事でしたが、
急遽、キャッチャーで出場となった
ヨシヒコもナイスキャッチがたくさんありました。
そして何よりも、逆転を信じて戦った
選手の集中力はいつも以上で、
打撃、走塁、守備のすべてで
良いプレーを多く見ることが出来ました。
この調子でもっともっと心、技術を磨いて、
秋の大会に臨みましょう!

Cチーム練習試合~ヒナタの誕生日に勝利をプレゼントしよう!の巻~

Cチームの練習試合。この日はヒナタの誕生日だったので
父であるサトウコーチにリポートをお願いしました!
果たして結果は……!?


2017年7月29日(土)、Cチームが豊洲グラウンドに
杉並ホワイトベアーズさんをお招きして練習試合を行いました。

先発バッテリーはユウターコウキ。

1回表 ホワイトベアーズの攻撃
先頭バッターから三振を奪うも、
続く2番に四球を与えてしまう。
連続盗塁であっという間に三塁まで到達され、
ワイルドピッチであっさり失点。
以降3番にも四球・盗塁から、
同じようにワイルドピッチ・パスボールで連続失点。
4番四球、5番のスクイズでさらに1点を失い
6番をピッチャーフライに打ち取りチェンジ。
3点を先行される。

1回裏 メッツの攻撃
先頭バッターは切り込み隊長役が板についてきた?ヒナタ。
早々に2ストライクを取られるもファールで食らいつき、
フルカウントからのデッドボールを誘う。
ランナーとしても2球で二盗、三盗を決め、
先頭バッターらしい働きを見せる。
続くバッターは2番リンタロウ。
ヒナタと同じく2ストライクと追い込まれたところから、
驚異の粘りで四球をもぎ取り、この試合2番昇格に応える!
3番コウキの初球に1塁ランナーのリンタロウが二盗を敢行。
ここで相手キャッチャーの偽投に釣られて、
3塁ランナーのヒナタが飛び出しタッチアウト。
すると、この間に相手の隙を見逃さないリンタロウが、
3塁到達、相手の暴投を誘いホームイン、1点を返す。
3番コウキはショートゴロ、4番ユウタはセカンドゴロに倒れ、
この回は1点どまり。

2回表 ホワイトベアーズの攻撃
先頭を三振に取り、波に乗りたいユウタだったが、
続くバッターはライト前ヒット。
その後三振で2アウトを取るも、
初回同様、盗塁で3塁まで進まれたのち、
四球+バッテリーエラーで失点。
盗塁で三塁まで進まれピンチを迎えたが、
後続を三振にとり、この回は1失点。

2回裏 メッツの攻撃
5番マナトは三振。
6番セイヤは四球で出塁するも1塁牽制でアウト。
7番シュンスケも四球で出塁、
すかさず二盗を決めチャンスを作るも、
2塁牽制でアウト。

3回表 ホワイトベアーズの攻撃
この回からメッツのピッチャーはコウキにスイッチ。
先頭バッター、ショートへの内野安打を皮切りに、
連続四球からライトへの3ベースヒット、
レフトへのヒットと連打を浴びる。
三振、スクイズで2アウトを取るも、
レフトへの2ベース、サード内野安打と
またまた連打を浴び失点。
最後のバッターランナーの暴走で
何とか3アウトチェンジとなるも、この回は6失点。

3回裏 メッツの攻撃
先頭バッターのハラユウはスイングアウトの三振。
タクミはデッドボールで出塁し、盗塁を決める。
続くヒナタ三振の間にタクミが3塁まで進むも、
リンタロウが三振振り逃げアウトでチェンジ。

4回表 ホワイトベアーズの攻撃
先頭バッターがライトへのランニングホームラン。
続くバッターをショートゴロに打ち取るも
ファーストエラーで、アウトを取れず。
レフトへの2ベース、サード内野安打、
ライト2ベースと連打を浴びる。
その後セカンドゴロで1アウトを取るも、
後続はセンター前へクリーンヒット。
ここまでに5点を失います。
嫌な流れをなんとか断ち切りたいメッツ。
ピッチャー交代が監督から告げられるところまでは
想定内でしたが、マウンドに向かう選手はこの日一番の衝撃! 
この場面でまさかの初登板ヒナタ。
いきなり先頭バッターにデッドボールを与え、
波乱を予感させますが、続くバッターのファーストゴロを
ユウタが好判断でホームへ送球、タッチアウト。
味方のプレーで落ち着きを取り戻したヒナタが
三振を取りチェンジ。見事0点に抑えました。

4回裏 メッツの攻撃
意地を見せたいメッツでしたが、
コウキはセカンドゴロ、ユウタ三振で、
最後のバッターマナトもサードゴロに倒れゲームセット。
大敗を喫してしまいました。

│1│2│3│4│計
──┼─┼─┼─┼─┼──
杉並│3│1│6│5│15
東雲│1│0│0│0│ 1

2017年7月29日(土)C・練習試合(対杉並ホワイトベアーズ)
2017年7月29日(土)C・練習試合(対杉並ホワイトベアーズ) by (C)メッツ広報部
※オクダさん撮影。ありがとうございました!

翌日に控えたスーパーリーグ最終戦に弾みをつけるべく、
気合十分で試合に臨んだメッツでしたが、
この日はいいところ無く敗戦。
むしろ、悪いところばかりが目立つ結果となりました。

この日の悪いところは次の通り
・難しい球ばかりを振り相手を助けてしまう
・四球でランナーを出し、バッテリーミスで失点
・守備時に苦しい状況でも味方を励ます声が出てこない

本番(スーパーリーグ)前に悪い部分を出し切り、
反省すべきところは各自反省し、
大一番に臨めたと前向きに考えることが出来た一戦に
なったんではないでしょうか。
杉並ホワイトベアーズさん、
遠方までご足労いただきありがとうございました!

余談
実はこの日はヒナタ9歳の誕生日でした。
試合前にそれを知ったチームメイトから
誕生日に花を添えるため、『9点取るぞ!』
の円陣が組まれました(父、心で号泣)。
そして、試合終盤にはまさかのサプライズ。
監督の采配に私情は挟まれていないと思いますがw
あの場面での初登板を飄々とこなした息子は
とても頼もしくもあり、
少し遠くに行き始めた感もあり・・・(父、心で大号泣)

投球練習時にキャッチャーに指名していただき
(これは監督からのプレゼント!)
ありがとうございました。
もう不調の膝がぶっ壊れてもいい覚悟で、
思い出を作ることが出来ました。


サトウコーチ、いつもながらの愉快なリポート、
ありがとうございました。
膝の不調、すっかり忘れていて捕手指名してしまい
失礼いたしました(笑)。
試合前にヒナタから今日誕生日だということを聞き、
「9点取って、ヒナタに勝利をプレゼントしよう!」と
みんなでがんばりましたが、そんなにうまいこと
いくわけもなく(泣)。
ヒナタ、誕生日に花を添えられなくてゴメンm(__)m
サプライズのヒナタ登板はあの瞬間の思い付きです(笑)。
まあ、練習試合ですからいろいろ試すのもありかと。
今後もし、練習試合当日が誕生日という選手がいましたら
選手、親御さん、気兼ねせず教えてください。
何らかのサプライズをご用意します(笑)。
(公式戦ではちょっと難しいかもしれませんが)
というわけで、悪いことがすべて出た土曜の試合。
日曜のスーパーリーグ(最終戦)にその反省を
いかすことができたのか……!? 結果は果たして……!?
スーパーリーグのリポート担当は、
ハヤシコーチから「そろそろ監督も書きなさいよ」と
お叱りを受けた私が務めさせていただきます!
今しばらくお待ちください!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ