FC2ブログ

新Aチーム練習試合~対Nリトルズ~

新春恒例の新6年生たちの大会「豊洲杯」を前に
新Aチームが練習試合を行いました。
ヤマモトコーチのリポートです!


翌日の公式戦に向けた大事な練習試合
1月19日(土)、豊洲グラウンドに
Nリトルズさんを招いて練習試合を行いました。
翌日の新Aチーム初の公式戦豊洲杯に向け、
調子を上げていきたいところでしたが・・・       

       1 2 3 4 5 計
東雲メッツ 0 0 2 2 0 4
Nリトルズ 5 0 0 0 4 9

結果は初回にいきなり5点をとられたものの、
4回までに1点差に追い上げる展開。
しかし5回に追加点を取られ、
時間切れでゲーム終了となりました。

2019年1月19日(土)新A練習試合(対Nリトルズ)
2019年1月19日(土)新A練習試合(対Nリトルズ) by (C)メッツ広報部
※シマザキさん撮影。ありがとうございました!

この試合で良かった点は、
公式戦に向けタクミ先発の目途が立ったこと。
コウキが2イニングを無失点で抑えたこと。
良くなかった点は、その後のユウタ、
セイヤのコントロールが安定しなかったことでした。
また朝早い試合でもあり、
全体的に体の動きが鈍かったこと。
翌日の公式戦も午前中の試合です。
試合前の準備をしっかりと行って試合に臨もう!
後は気持ちで負けないこと。
寒い中、Nリトルズさん、練習試合ありがとうございました!

スポンサーサイト

新生ABチーム始動その2~新Bチーム練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス)~

続きまして新Bチームの練習試合。
勝率100%男、ひとり無敵艦隊の異名を持ち、
長野の広島移籍には髪を刈り上げてその怒りを表した
オレンジタオルが世界一似合う男、イワサワコーチのリポートです!


皆様、あけましておめでとうございます!
年明けBチームの初戦。
昨年1-2逆転で悔しい敗戦となった千駄ヶ谷イーグルス戦。
コナ監督の初采配を勝利で飾れるか!
メッツ後攻、コウキ、リンタロウ2名が欠席して、
フレッシュなスタメンでスタートです。

■1回表
Pアツト、Cシュンスケの2019年型バッテリー、
先頭バッターに出塁されるも後続3人で抑えて、
立ち上がりは順調!

□1回裏
1番シュンスケ、2番ヒナタが出塁し、
この日4番の1Bショウゴに見せ場がやってきます!
ショートへの痛烈なあたりも、
ヒットにはならなかったものの先制となる1打点!
きっちり4番の仕事を果たしました!

■2回表
この回、先頭バッター三振、
次のバッターのセンターへのフライを
カズキがスライディングキャッチ!
直前までカズキが自分の世界に
入ってしまっていたことはナイショです。
その後もこの試合で何度もあった
3Bヒロキと1Bショウゴの
華麗な連携で0に抑えます!

□2回裏
ヒロキサードゴロ、シュウゾウ三振、
ケンジがファーボールで出塁するも、
ジュンペイも三振。
相手のピッチャーも緩急を使って
なかなか打たせてくれません。

■□3回
両チームとも0

■4回表
ヒットとファーボール、エラーもあり、
1点返されまだ1アウト満塁のピンチ!
レフトへ上がった大飛球を
ケンジが落ち着いてキャッチ、
そこからのレーザービーム!
タッチアップのランナーをホームでアウト!
ピンチを切り抜けたものの試合はふりだしへ。

□4回裏
この回からユヒロ、タクムが代打で立つも三者凡退。
1度もバットを振れなかったタクム、ベンチで涙。
その涙を忘れず、次の打席、
1度でいいからバットを振ってやろうぜ!

■5回表
2アウトから、代わったばかりの
RFユヒロへの大飛球。
抜けたら逆転か~と思っていたらナイスキャッチ!
逆転許さず。

□5回裏
ついにジュンペイのハイパー●ッハが火を噴きます!
セカンドへの痛烈なライナー。
ボールがグローブからこぼれます!
キッチリ盗塁も決めて、お膳立てが整いました。
シュンスケ、レフトへのサヨナラタイムリー、
コナ監督への初勝利プレゼントとなりました!

試合結果   1 2 3 4 5  計
イーグルス  0 0 0 1 0  1
メッツ    1 0 0 0 1× 2

2019年1月14日(月)B練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス)
2019年1月14日(月)B練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス) by (C)メッツ広報部
※イワサワママ撮影。ありがとうございました!

新年初戦の練習試合はロースコアの接戦、
見ごたえのある良い試合でした。
バットケースにも各メーカーのブランドバットが並び、
道具では全く負けておりません!
また、道具に負けない練習を
年末年始にみんなが頑張ったことを思わせる活躍でした。
今年から豊洲グランドの倉庫係長を拝命しておりますが、
今年も勝率100%リポート目指します!
最後にコナ監督へ「よ!名監督ゥ♪」

千駄ヶ谷イーグルスさん、ありがとうございました。


コナ新監督、初勝利おめでとうございます!
しかもそれを息子のシュンスケ主将が決めるという
なんともドラマチックな内容で。 (^^)v
新監督は勝手にいろんなプレッシャーを
感じていたことと思います。
大変お疲れさまでした!(笑)

新生ABチーム始動その1~新Aチーム練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス)~

新ABチームが千駄ヶ谷イーグルスさんをお招きして
新年開幕戦となる練習試合を行いました。
まずはAチームの試合から。
ハヤシ監督のリポートです!


1月 14 日(月・祝)、 豊洲グラウンドにて
新Aチームの練習試合が行われました。
対戦相手は、千駄ヶ谷イーグルスさん。
新Aチームの初戦として勝利を!と臨みましたが、

E 3 | 9 | 5 | 0|0|17
M 0 | 0 | 1 | 0|1|2

と完敗してしまいました。
サインミスなどのダメ監督(ワタシ)を筆頭に、
今年一年分の悪いものを出し切った!と開き直り、
前を向いてがんばって行きましょう!
(それしかない! ポジティブにいきましょう! byブログ管理人)

2019年1月14日(月)A練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス)
2019年1月14日(月)A練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス) by (C)メッツ広報部
※イワサワママ撮影。ありがとうございました!

しかし、悪いところだけではなく、
良いところももちろんありました!
まずは、ピッチャー初登板のタクミ。
キャッチャーマナトとのバッテリーでテンポ良くストライクを投げ込み、
4回5回と、無安打無失点!
これには、いつも熱い指導の声がとぶ
父ちゃんオクダコーチも「やるなぁ」とご満悦!!
バッターでは、ソウがタイムリーを含む2安打と
ここのところバッティング絶好調!
4年生のヒナタは、上級生の速球を見事に弾き返し、
すかさず2盗3盗を決め、2得点に絡む走塁など、
Aの試合でも、抜群の野球センスを魅せてくれました!

これから、大事な試合が続きます。
選手たちみんなの長所とチカラをあわせて、
千駄ヶ谷イーグルスさんのような強いチームに勝てるようになろう!
千駄ヶ谷イーグルスさん、練習試合ありがとうございました!
そして、
主審をしていただいたコンドウ審判員、ありがとうございました!

Cチームのしびれる試合~気持ちで負けるな!の巻~

Cチームが遠征で練習試合を行いました。
土曜はタコ釣りで大漁だった
サトウコーチのリポートです!


11月04日(日)、渋谷区大山野球場で
千駄ヶ谷イーグルスさんと練習試合を行いました。

スタメンは以下の通り。
1:シュンスケ(サード)
2:ヒナタ(ショート)
3:リンタロウ(ピッチャー)
4:コウキ(キャッチャー)
5:アツト(ファースト)
6:カズキ(センター)
7:ヒロキ(レフト)
8:シュウゾウ(ライト)
9:ジュンペイ(セカンド)

■1回表(千駄ヶ谷イーグルスの攻撃)
三者凡退!好調な滑り出し。

■1回裏(メッツの攻撃)
2アウトからリンタロウが四球で出塁するも
後続倒れ無得点。

■2回表(千駄ヶ谷イーグルスの攻撃)
先頭に右中間ヒットを打たれるも
カズキ・シュウゾウがうまく処理し、
2塁へはいかせない。
その後もきっちり抑え、この回も0点。

■2回裏(メッツの攻撃)
先頭カズキが四球で出塁、
盗塁も決め2塁到達も、牽制アウト。
ヒロキも四球で出塁するが残塁、初回に続き無得点。

■3回表(千駄ヶ谷イーグルスの攻撃)
この回からピッチャーはアツト。
無難に三者凡退。

■3回裏(メッツの攻撃)
1アウト後、ヒナタが足で内野安打をもぎ取る。
2盗、3盗から相手バッテリーのミスを突いてホームイン。
待望の先制点はメッツ(0-1)。

■4回表(千駄ヶ谷イーグルスの攻撃)
先頭に四球を与えてしまう。
その後は連続三振で2アウトまでこぎつけるも、
ランナーは3塁まで到達し、一打同点のピンチ。
ここでピッチャーはコウキにスイッチ。
コウキは貫禄のピッチングで三振!
ピンチをしのいだ。

■4回裏(メッツの攻撃)
コウキの好投で流れを引き寄せたいメッツ。
カズキがこの日2個目の四球で出塁するも追加点ならず。

■5回表(千駄ヶ谷イーグルスの攻撃)
先頭から2連打を浴びたコウキだったが、
その後は連続三振で、2アウト2、3塁
一打逆転のこの試合最大の山場を迎える。
相手バッターは1番、この勝負は見ごたえがありました。
コウキのストレートにカットでくらいつかれ迎えた7球目、
低めの速球をうまく合わせられ、
センターにヒットを浴びます。
これは相手打者の気迫勝ちでした・・・
2点を返されます。

■5回裏(メッツの攻撃)
サヨナラを狙ったメッツだったが、
抑えに登板した相手投手に屈し、3者凡退。
悔しい敗戦となりました。

イーグルス│0|0|0|0|2|2
東雲メッツ│0│0│1│0│0│1

2018年11月4日(日)C・練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス))
2018年11月4日(日)C・練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス)) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

イーグルスさんはよく声も出ており、
最初から最後まで集中の切れない
素晴らしいチームでした。
非常に締まった好ゲームでしたが、
四球と安打で見ると、
☆イーグルス
四球:2
安打:4

☆メッツ
四球:4
安打:1

イーグルスさんの安打は最終回に3本ということを考えれば、
メッツが勝ちでもおかしくない内容です。
なぜ負けたのか?の理由はやはり、
監督から言われ続けている『気持ち』だと思います。
選手が平日も素振りに取り組んでいるのは、
練習を見ればわかります。
みんな練習ではすごい打撃を見せてくれます。
だから試合でもドンドン振ろうぜ!
初球でもなんでも見逃しはもったいないぞ。
積極的にいっての凡退、三振ならウエルカム!
強い気持ちで打席に入ろう!

それから、先日のブログでシマザキコーチも書いてくれました。
最近のCチームは人数もそうですが、
しびれる試合展開も多く、
控えの選手がなかなか出場機会に恵まれません。
この試合もケンジは出番が回ってこなかったんですが、
最後まで1塁コーチャーとして
大きな声で出場選手たちを
サポートしてくれました(ありがとう!)。
ケンジだけでなく控えの4年、3年以下も
必死にサポートしてくれています。
試合に出れる選手はみんなの分の気持ちも
背負っているんだと思って頑張ってください!


サトウコーチ、リポートありがとうございました!
今度は勝ちゲームをお願いしますので
どうかご容赦ください。m(_ _)m
(また、おいしいタコをありがとうございました!(笑))

今回は負けましたが、イーグルスさんという
強いチームを相手に
とてもいい経験をさせてもらいました。
イーグルスさん、ありがとうございました。
メッツの選手たちはこの経験を次に生かしましょう。
サトウコーチのいう通り、最後は「気持ち」です。
プロからアマチュアまで、競技レベルは色々ありますが
どんな競技であっても、
またどんなレベルの試合であっても
接戦となった時、最後にそれ制するのは
「負けるもんか!」という
強い気持ちを持っているほうです。
試合の後、笑顔となれるよう
毎日の自主トレ、そして週末の練習を
がんばっていこう!
強い気持ちで、振って振って振りまくれ!

3年生・ユウヤ先発、リリーフにスーパー1年生・カケルが初登板!!

DチームがCチームの後に
練習試合を行いました。
久々、ナカミチコーチのリポートです!


メッツDチーム(3年生以下)は4日、
先発・中継ぎ二本柱のテッペイとソウキが
不在という悪条件にも関わらず、
4年生からの声援を背に、
渋谷の強豪・千駄ヶ谷イーグルスに
最後まで声を出して立ち向かいました。
結果は2-25とコテンパンに打ちのめされましたが、
皆フルスイングしました!
特に1年生のカケルは、
ピッチャーの右足元を抜く痛烈な当たりを放ち、
その後自らの足で1点をもぎ取るという
獅子奮迅の働き。
年齢、体格、経験で勝る相手に
敢然と立ち向かうその勇気には脱帽です。

時折小雨の降る、やや肌寒さを感じる
天候の中で行われた試合は相手の攻撃から始まりました。

1番 ユウヤ
2番 ライト
3番 カケル
4番 スミレ
5番 シュンタ
6番 アラタ
7番 ユウ (助っ人)
8番 ケンジ(助っ人)
9番 アツト(助っ人)
**ジュンペイ(助っ人)が途中からリリーフ

ピッチャーはキャプテン・ユウヤ。
メッツ・すき焼き夕食会の場に野球の教科書を持参したり、
監督の野球本を読み込むなど、野球愛に溢れるユウヤ。
この日はエース級が不在の中、
「俺が投げなくて誰が投げるんだ」と、
強い責任を感じていたそうです(父であるボウノコーチ談)。

しかし、そのプレッシャーと断続的に降る小雨のせいか、
制球に苦しみます。
4年生助っ人キャッチャーのアツトの好守備にに助けられ、
2回を投げ切りますが、相手の好打もあり、
11点を奪われてしまいます。

3回には2番手カケルが登板。
その後4回・5回と4年生助っ人・ジュンペイが
リリーフに入りますが、相手が長打を連発し、
みるみるうちに点差が開いていきます。
しかし、メッツベンチが
盛り上がるプレーもありました。
4回の裏、ワンナウト・ランナー無しの場面で
打席に立ったカケル。
相手投手からの初球に対しフルスイング。
打球は相手ピッチャーの右足付近を抜け、ヒット!
カケルはその後、二盗、三盗に成功。
最後は相手の投球の乱れを見逃さずホームに突っ込み、
メッツに2点目をもたらしました。
カケルは1回の裏にも、
3塁ランナーをホームに返す
貴重な当たりをマークしました。
背はメッツ内で一番小さいかもしれませんが、
どんな相手にも臆さず食らいついていく
その姿勢、闘争心は、チーム内で
頭一つ抜けているように思えます。

他の選手の成長も見逃せません。
例えば4回裏のライトの当たりは、
結果はアウトでしたが、
サードのグローブを弾くほどの強打。
スミレ、シュンタ、アラタも、
皆思い切ったスイングができていました(当たれば必ず飛ぶ!)。
ケンジとユウも、
先輩らしく思い切りの良いスイングを見せてくれました。
4年生のリンタローが、
声を枯らして後輩に声援を送るなど、
上級生の姿勢にも目を見張るものがありました。
Dチームの打席がふるわなかったとき、
守備に乱れが出たときには、
4年生から「ドンマイ、ドンマイ!」の声が。
... メッツC ... なんだ、
いっぱい声がでるじゃないか!!!
深川大会、スーパーリーグでは、
ぜひ「ドンマイ、ドンマイ!」と声をかけあって、
たとえ負けていても「あきらめるなー!」と
自分達で励ましあって頑張りましょう。

結果はともかく、とても苦しい試合展開にも関わらず、
最後までグランドで頑張った
Dチームのメンバーは本当によくやったと思います。
次はきっと勝てる!
2018年11月4日(日)D・練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス))
2018年11月4日(日)D・練習試合(対千駄ヶ谷イーグルス)) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!


ナカミチコーチ、いつもの熱血リポート、
ありがとうございました!

先発のユウヤはよくがんばりましたし、
一年生で初登板したカケルは
大器の片りんを見せてくれました。
二本柱がいなかったとはいえ、
一年生で試合のマウンドに上がるなんて
なかなかできません。
10年にひとりの逸材です(笑)。
泣き虫Dチームが今後、どんなふうに変わっていくのか、
そして成長していくのか。
なかなか味のあるチームになりそうです。
監督である私も彼らと一緒に日々学びながら
明るく、楽しく、たまに厳しく、
がんばっていこうと思います。
目覚ましい成長を見せる4年生はもちろんですが
味のあるDチームの今後にもご期待ください!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ