FC2ブログ

Cチームのスーパーリーグ~みんな成長しています!の巻~

Cチームのスーパーリーグ第3戦。
サトウコーチのリポートです!


4月14日(日)、東雲小学校で
スーパーリーグ3回戦が開催されました。
相手はマッハブレーブスさんです。

スタメンは以下の通り。
1:ヒロワ(ファースト)
2:テッペイ(ショート)
3:ライト(キャッチャー)
4:ユウヤ(セカンド)
5:ソウキ(ピッチャー)
6:カケル(サード)
7:カナミ(レフト)
8:スミレ(ライト)
9:アラタ(センター)

部員も順調に増え、メキメキと実力も上がってきたCチーム、
どんな戦いを見せてくれるのか?

先攻はメッツ、1、2番で2アウトといきなり嫌な流れでしたが、
3番ライトが四球をもぎ取ると、ユウヤも内野安打で続きます。
ここで5番のソウキが左中間への見事な
2点タイムリー2ベースを放ち、
頼りになる4年生トリオの活躍で2点を先制します。

3点を返され迎えた3回、
ライトのタイムリーで再び同点とします。

その裏1点を返され再び1点差で迎えた4回、
この試合最大のクライマックスが訪れます。
先頭のカケルが2ベースで出塁すると、
続くカナミがレフトオーバーの特大2ベースを放ちます!
これにはベンチ、ギャラリーの父兄もびっくり&大喜び!
姉弟の鮮やかな速攻で同点に追いつきます。
その後ヒロワにもヒットが生まれ、この回3点、
初回以来のリードを奪います。

しかし、その4回裏、
ついに本領発揮した相手打線が爆発。
かろうじて10点チェンジを逃れるも、
大量9点を奪われます。
メッツ最終の攻撃も相手の
速球派リリーフピッチャーに歯が立たず、
ゲームセット。悔しい悔しい敗戦となりました。

東雲メッツ │2│0│1│3│0│ 6
Mブレーブス│3|0|1|9|×|13

2019年4月14日(日)C・スーパーリーグ第3戦(対マッハブレーブス)
2019年4月14日(日)C・スーパーリーグ第3戦(対マッハブレーブス) by (C)メッツ広報部
※リュウママ撮影。ありがとうございました!

見ての通り、最後のビッグイニングさえなければ・・
という惜しい負けです。
誰よりも選手たちが一番悔しい思いをしていると思います。
この日の試合後のミーティングは、
みんないい面構えをしていました。
この悔しさを忘れず、練習をまじめに、
ていねいに続けることが出来れば、
スーパーリーグ初勝利の日もきっと近い!

マッハブレーブスさん、ご足労頂きありがとうございました。


負けはしましたが今回の試合内容、
選手たちの最近の成長ぶりがとてもよく表れていました。
そして選手たちの実力を高めてくれたのは
この2週間、監督に代わり練習を指揮してくれた
サトウヘッドコーチを中心とするコーチのみなさんの
素晴らしい指導があったからだと思います!
ありがとうございました!

今のCはとにかく目指せ一勝!です。
公式戦初勝利目指してがんばっていきましょう。
(選手たちとは初勝利した暁には
お食事会をしようと約束しています!)

がんばれ、メッツ!




スポンサーサイト

Cチームのスーパーリーグ、第2戦!

Cチームのスーパーリーグ、
サナギコーチの最速リポートです!


3月21日(祝)東雲小学校グラウンドで
Cチームがスーパーリーグ第2戦を
「北原少年野球クラブさん」と戦いました。
スタメンはご覧の通り。

1 ヒロワ サード
2 テッペイ ショート
3 ライト ファースト
4 ユウヤ セカンド
5 ソウキ ピッチャー
6 カケル キャッチャー
7 スミレ ライト
8 アラタ センター
9 シュンタ レフト

残念ながら1-20の完敗です。
 
M|1 |0|0|0  1
K|10|6|4|× 20

2019年3月9日(土)C・スーパーリーグ(対北原少年野球クラブ)
2019年3月9日(土)C・スーパーリーグ(対北原少年野球クラブ) by (C)メッツ広報部
※シマノさん撮影。ありがとうございました!

1回表に斬り込み隊長ヒロワのヒットで 
幸先の良いスタートをきれたのですが、
本日も打線が沈黙。1点止まり。

相手チームは体格の良い強打者がズラリと並ぶ超強力打線。
ソウキーテッペイーカケルの継投で懸命に投げ込むも、
体育館に直撃されそうな打球を連発され
なかなかアウトがとれません。
体格差があるので仕方がない部分もありますが、 
選手全員のプレーが後ろ向きになってしまったのは頂けません。

「大変なことになっているが、ここがふんばり時。
 みんなで力を合わせて乗り切ろう!」

こんな声を掛け合ってほしいなとコーチは思います。
メッツCチームが強くなるには「掛け声」だよ。 
下を向いて黙って守ってると取れる球も取れないよ。

一方、相手チームはナイスプレーの連発でした。
技術はもちろんですが
特にサードコーチャーをしていた選手がすばらしい。
ランナーがいない時は打者の耳に届くよう大きな声で応援。
走者には大きなジェスチャーで的確な指示。
セーフになれば自分の事のように喜ぶハイタッチ。
そして、チェンジの際には
当ベンチサイドに「よろしくおねがいします!」
「ありがとうございました!」と
大きな声であいさつをしてからベンチに戻るんです。
こんな選手がムードメーカーとなり
チーム全体が上がってゆくんだと思いました。

本日は時折砂嵐が舞う天候でしたが、春のぽかぽか陽気。
何度もライナーを打ち込まれた
体育館前の桜でしたが数輪咲いていました。
メッツCチームの打線もそろそろ咲かそうぜ。

そのためには、普段の自主トレだ。
土日は平日個人練習した成果を見せたり、
不安な点をチェックする場。
平日にどんどん振ってこよう。

また、みんながよく口にする悪い言葉。
「やりたくない」「そんなの無理だよ」
「ちゃんと投げろよ💢」
明日からの練習では
「やります」「チャレンジします」
「いいよいいよ。次は捕ってやるよ! 」
に換えてみよう。
その対応力が備わればもっともっと野球が楽しくなるよ。

北原少年野球クラブのみなさん、
本日はありがとうございました!


サナギコーチ、超最速ありがとうございました。
次はもっといい試合をしよう。
そしてその次はもっともっといい試合をしよう!
そうやってステップアップしていけば
勝利もやがてやってくる。
みんなならできる!


がんばれ、メッツ!

スーパーリーグがいよいよ開幕!~メッツのちびっ子たちががんばりました!~

3月10日(日)、メッツのちびっ子たちCチームが
スーパーリーグの第一戦に臨みました。
(対松島ファルコンズ)
さあ、今年もスーパーリーグが開幕です!
(今年のリーグ戦は全7戦)

グラウンドに入場してきた
ファルコンズの選手たちはみんな元気いっぱい。
声もとてもよく出ています。
サトウコーチが「お前ら声で負けるな!」と
選手たちにはっぱをかけます。

記念すべき開幕戦。先発オーダーは以下の通り。

1 ヒロワ ファースト
2 テッペイ ショート
3 ライト キャッチャー
4 ユウヤ セカンド
5 ソウキ ピッチャー
6 カケル サード
7 スミレ ライト
8 アラタ センター
9 シュンタ レフト

そして迎えた1回の表、ファルコンズさんの攻撃。
スーパーリーグの第一戦ということで
メッツの選手たちも緊張していたと思います。

先発はソウキーライトのバッテリー。
一番打者の放った鋭いゴロがライトへ!
ライトはメッツの紅一点スミレちゃんです。
果たしてどうなる!
すると、な、な、なんとスミレちゃん、
見事なキャッチ&スローで
ファーストでランナーをアウトに!!
いきなりのスーパープレーにベンチと
応援のお父さん、お母さんは大盛り上がり!(笑)
スミレちゃん、最近練習で取り組んできたことが
しっかりとできました! スゴイ! よくやった!
続く2番をソウキは三振に取り2アウト。
3番打者には痛烈なレフトへのヒットを浴びますが
ここでもレフトのシュンタから中継のテッペイ、
そしてサードのカケルへと見事な中継プレーで
3塁への到達は許さず、2塁打でとどめました。
この中継プレーもとてもよかったです。
続く4番をソウキはファーストフライに打ち取り
ファーストのヒロワがナイスキャッチで3アウトチェンジ。
メッツの新Cチーム、なんと初のスーパーリーグで
初回の入りを無失点で乗り切りました!
スゴイ! これには監督、コーチも感動しました!
みんなエライ!!

しかしながら打線はファルコンズさん好投手の前に沈黙。
守備でも1回は最高でしたが2回、3回と
内野手のエラーが重なり打者一巡の猛攻を浴び、
大量失点となってしまい、
結局スーパーリーグの初戦は1-19の大敗となりました。
(ピッチャーはソウキ→ライト→テッペイ。
キャッチャーもライトからスーパー一年生カケル→2年生ヒロワに
チェンジ。カケルは一年生ながらしっかりとキャッチャーの
大役を務めました。30年にひとりの逸材です(笑))
2019年3月10日(日)C・スーパーリーグ(対松島ファルコンズ)その1
2019年3月10日(日)C・スーパーリーグ(対松島ファルコンズ)その1 by (C)メッツ広報部
※リュウノスケママ撮影。ありがとうございました!

2019年3月10日(日)C・スーパーリーグ(対松島ファルコンズ)その2
2019年3月10日(日)C・スーパーリーグ(対松島ファルコンズ)その2 by (C)メッツ広報部
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました!

今日のテーマは盗塁とミスした時の気持ちの切り替え&
「泣かないようにがんばろう!」でした。
試合後にサナギコーチも言っていたように、
この試合では三振やエラーをしても泣く選手は
ひとりもいませんでした! これもすごい成長です。
試合は負けてしまいましたが控えのリュウノスケと
ソウイチロウも含めみんなが試合に出れたし、
いいプレーもたくさんあってとても収穫のある試合でした。

ただ、途中の守備から出場したリュウノスケには
打席が回ってこず、試合終了後に
「リュウノスケ、今日は打たせてあげられなくてごめんな」と
謝ったらリュウノスケは「いや、回ってこなくてよかった。
ピッチャー、メッチャ球速かったから」と。
これにはみんなで大爆笑。
他の選手たちもファルコンズさん二番手投手の
球の速さにビビってましたが
速いピッチャーにも果敢に向かっていけるような
強い気持ちで戦えるようになろうね(とくに新3・4年生)。

とりあえず第一戦が終了しました。
課題は満載のCチームですが選手たちは着実に
成長しています。
これから先、経験を積めばきっと
いい試合をしてくれるようになるはずです。
楽しく、厳しく、そして一生懸命に練習に取り組み
まずは公式戦初勝利をあげられるように
がんばっていきましょう。
マスモ代表、ハヤシA監督をはじめ
たくさんの保護者のみなさまの応援、サポート、
ありがとうございました。

ファルコンズさん、東雲まで
ご足労いただきありがとうございました。
また練習試合など宜しくお願いいたします!


新Cチーム、初の公式戦!~豊洲杯低学年の部~

メッツのこれからを担う
新Cチームのちびっ子たちが
豊洲杯の低学年の部大会に臨みました!
1日で2試合。
第一試合はサトウコーチ、
第二試合はサナギコーチのリポートです!


2月10日(日)、豊洲グラウンドで
豊洲杯(ちびっこの部)が開催されました。
新生Cチーム2019年初試合の相手は江東ファイターズ。

スタメンは以下の通り。

1:テッペイ(ショート)
2:ライト(ファースト)
3:ソウキ(ピッチャー)
4:ユウヤ(キャッチャー)
5:ヒロワ(セカンド)
6:カケル(サード)
7:スミレ(ライト)
8:アラタ(センター)
9:リュウノスケ(レフト)

ファイターズ│2|1|1|5|1|10
東雲メッツ │0│0│0│2│0│ 2

結果は10-2で惜しくも敗戦です。

2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対江東ファイターズ)
2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対江東ファイターズ) by (C)メッツ広報部

ファイターズさんのピッチャーは先発、2番手、3番手の全員が
Cチームとは思えないスピードボールを投げる本格派でした。
コントロールも抜群で、メッツ打線は4回までに
なんと九者連続三振を喫してしまいます。
正直、この試合は手も足も出ないか・・・
という私の弱気を吹き飛ばし、
選手たちは4回に意地を見せてくれました!

先頭のテッペイが出塁、
ソウキの2ベースなどで2点の奪取に成功します。
すごいピッチャーが相手でしたが、
メッツの選手たちは集中し、
誰も諦めていませんでした。
この諦めない姿勢、負けず嫌いの気持ちこそ
新Cチームの持ち味!
内野陣はよく声も出ていたし、
スミレ、シュンタは速球に臆することなく
打席で頑張りました。
そして保育園トリオは外野、
ボールボーイと最後まで試合に集中し、
出塁まですることが出来ました!
まだまだ、みんなこれからの選手たちです。
たくさん練習して、まずは1勝を目指しましょう!
ちなみにファイターズさんの
ピッチャーはみんな2年生とのこと(すげえ!)
メッツのみんなも負けてられないぞ!
江東ファイターズさん、ありがとうございました。



続いて第2試合は
サナギコーチのリポートです!


お昼をはさんで、潮見パワーズさんと
第2試合を行いました。メッツは後攻。

【スタメン】
テッペイ(ショート)
ライト(キャッチャー)
ソウキ(ファースト)
ユウヤ(セカンド)
ヒロワ(ピッチャー)
カケル(サード)
スミレ(ライト)
シュンタ(レフト)
アラタ(センター)

1回表
初登板ヒロワ。立ち上がり制球に苦しむ。
四球などで4点を奪われる。

1回裏
先頭テッペイのセンター返しで
反撃の狼煙をあげるも1点止まり。

2回表
ピッチャーライトに交代。
見事0点に抑え「流れ」を作る。

2回裏
「逆転するぞ」と気合の円陣を組む。
が、パワーズさんの左投手に
タイミングがあわず中軸が凡退。

3回表
寒さからか全員の守備が崩れ6点ルールチェンジ。。

ここで集中力がきれてしまいました。
ヒロワの弾丸ヒットで一矢は放てましたが、
実力の差を見せつけられ大敗。
《試合終了21-1》
2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対潮見パワーズ)
2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対潮見パワーズ) by (C)メッツ広報部
※ともにハヤシさん撮影。ありがとうございました!

寒さもあったがそれは相手も一緒。
まずピッチャーはストライクを投げる。
キャッチャーは振り逃げをさせない。
内野は声を掛け合って1つずつアウトを取りにいく。
この基本ができるようこれからしっかり練習していこう。
この悔しさは成長のための貴重な経験値だ!


サトウコーチ、サナギコーチ、ありがとうございました!
残念ながら2試合とも敗戦となりましたが
まだまだこれからのチームです。
人数を増やしつつ、みんなで
がんばってやっていきましょう。
それと一日に一回はボールとバットに
触れるようにしよう!
3月からはスーパーリーグも始まるよ!

スーパーリーグ・チャレンジトーナメント決勝戦!~Cチーム、一年の集大成~

「リポート勝率100%男」の異名を持つ
イワサワコーチが満を持して
スーパーリーグ決勝戦リポートに登場!
果たして結果はいかに!?
(今年最後の公式戦ということでいつもより
長くなってしまいましたが最後までお付き合いください)
m(_ _)m


「スーパーリーグ・チャレンジトーナメント決勝戦」
12月9日(日)13:00~ 
年明けから現4年生にとって
ホームグランドとなる豊洲グランドにて、
「大塚スネイクス」さんを迎え、
いよいよここまで来ました、今年最後の公式戦、
Cチーム初のタイトルとなるか?
決勝戦です。

メッツ後攻、
今期の総決算となる以下のスタメンで試合スタートです。

1 3B シュンスケ
2 SS ヒナタ
3 P  リンタロウ
4 C  コウキ
5 1B アツト
6 CF カズキ
7 LF ヒロキ
8 2B ジュンペイ
9 RF シュウゾウ

■1回表
先発リンタロウ、先頭バッターに初球打ちのヒットを浴び、
その後2、3塁のピンチを招きますが、
後続を断って、課題の一つ、初回を0で抑えます。

□1回裏
1番シュンスケが出塁、
ヒナタが先制のタイムリー、
リンタロウショートゴロの間に、
ヒナタも生還。この回2点を先取します。

■2回表
この回、6番から始まる打線に、
先頭をショートフライに抑えるも、
次打者右中間の当たりに、
カズキ、シュウゾウが激突!
大事には至りませんでしたが、
外野陣はしっかり声を出そう!
結局、打者8人の猛攻でこの回、
逆転を許します。

□2回裏
ここで終わらないのが
今年のミラクルメッツ!
カズキショートフライ、
次打者のヒロキ、ジュンペイが出塁、
シュウゾウのピッチャーゴロのところで、
ヒロキのプロ級スライディング! 1点を返します。
先頭に戻ってシュンスケタイムリー、
ヒナタ粘って、右中間へタイムリー、
リンタロウ、コウキと打者一巡の猛攻!
一挙6得点で4-8と逆転します。

■3回表
この回からピッチャーコウキ、3人でピシャリ。

□3回裏
代打でショウゴ登場もサードゴロ、
この回は両チーム投手ががんばり、
ともに0得点で終わり

■4回表
エラーもあって、1点返されますが、
反撃もここまで。

結局6回表まで両チーム0で試合終了。
リリーフのコウキ、ナイスピッチング!

   1 2 3 4 5 6 計
大塚 0 4 0 1 0 0 5
東雲 2 6 0 0 0 × 8

2018年12月9日(日)C・スーパーリーグ決勝戦(対大塚スネイクス)
2018年12月9日(日)C・スーパーリーグ決勝戦(対大塚スネイクス) by (C)メッツ広報部
※シマザキさん撮影。ありがとうございました!

試合が終わり、メッツの優勝が決まった!!
今年最後の試合を勝ちで終わることができる喜び!
選手のみんな、ここまで連れてきてくれて
ほんとにありがとう!お疲れ様!!
ただし、決勝トーナメントではなく
チャレンジトーナメント、喜ぶのはまだ早い、
普段通りの試合終了でした(笑)

洲崎神社の必勝祈願から始まる
この1年を振り返ると、
今のメッツは想像できませんでした。
日々の練習の成果、
試合中の選手の声出しが大きくなるにつれ、
勝ちの数が増えてきました。
個人的にはマウンドに監督、内野陣が集まった時に、
なぜか集まる外野陣。
ヒロキ、カズキ、シュウゾウは
3人で何を話しているのか?
気になっています(笑)。

深川大会、スーパーリーグと経験して、
来年のチームとしての目標ははっきりしましたね!
あのチームに追いつけ追いこせです。
今年の練習もあとわずか、
最後まで楽しくやって一年を締めくくりましょう。
優勝おめでとう!!

大塚スネイクスのみなさま、
遠方まで足をお運びいただきありがとうございました!


イワサワコーチ、後だしジャンケン気味の
勝率100%リポート、ありがとうございました!(笑)
(でも本当に先週からイワサワコーチに
この決勝戦のリポートをお願いしようと思っていました)

Cチームのみんな、優勝おめでとう!
先取点を取って、逆転されて、
でも、すぐさまひっくり返して…。
今季のCチームを象徴する「打ち勝つ野球」が
この試合でもできたことが
何よりの勝因だと思います。
さらにこの決勝戦、ヒロキの本塁突入をはじめ
本塁まわり込みのスライディングがいくつかありましたが
いずれも素晴らしいスライディングでした。
アウトになってしまったものもあったけど
練習の成果がしっかりと表れていました。
あらためて「練習はうそをつかない」を実感。
これで今年のCチームの公式戦はすべて終了。
4年生は年明けから新5年生として
新6年生をフォローしつつ、
新Bチームとして活動していくことになります。

一年前、竹の子大会2回戦で惜敗し、
その直後の練習試合のジュニキン戦でも惨敗。
あまりのふがいなさに
試合直後のミーティングで監督である私は
「悔しくないのか!」
「力はあるのに何でそれが出せないんだろう?」
と一人ひとりに個別に問いかけました。
キャプテン候補だったシュンスケには
他のどの選手よりも厳しく問いかけたように思います。
シュンスケは目にいっぱいの涙を浮かべて
私の話を真剣に聞いていました。
シュンスケ、あの時は泣かしちゃってごめんね。
9歳の子を泣かすなんて監督は最低だよね。
ただ、あれはね、
監督、コーチ陣の期待の表れだったんだよ。
「お前らならもっとできるだろう!」というね。
あの時はそんな思いをキャプテン候補である
シュンスケにぶつけてしまいました。
でも、本当にふがいなかったのは
キミたち選手ではなく、監督である私でした。
だからその事実に気づいてからは
「どうやったら選手のみんながグラウンドで
実力を発揮できるか」だけを考え、
キミたちの成長をサポートできるよう
今までやってきました。
そしてこの秋、キミたちは素晴らしい結果を
残してくれました。
阿部慎之助選手じゃないけど、今の気分は

「最高です!」

シュンスケ主将を筆頭に、選手のみんなが
笑顔で終われたことが監督にとっては何よりの喜びです。
きっとコーチのみなさんも、
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんたちも
みんな同じ気持ちだと思います。
マスモ代表の試合後のあのうれし泣き。
今までお世話になってきた恩返しが少しできました。
選手のみんな、本当にありがとう。

メッツは別に勝ちだけを求めているチームではないけれど
勝つのはいいよね
新しい目標もできたしね。
これからキミたちが登ろうとしている山は
とても高く、険しい。
でもキミたちならきっとやってくれると
監督は信じています。
シュンスケの涙から始まった現4年生たちの
学童野球はこれからが本番です。
自分たちの力を信じて、
一歩一歩、進んでいってください。

結果なんか気にせず、今を一生懸命に。
どんな時も強い気持ちで、
最後まであきらめない、メッツ魂で!

がんばれ、メッツ!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ