Cチームのスーパーリーグ第5戦~対鎌倉ヴィクトリー~

Cチームのスーパーリーグ第5戦。
サトウコーチのリポートです。


2017年05月14日(日)
Cチームが東雲小学校にて、
鎌倉ヴィクトリーさんとスーパーリーグ第5戦を行いました。

│1│2│3│4│計
──┼─┼─┼─┼─┼──
鎌倉│4│1│2│7│14
東雲│0│0│1│0│ 1

1回表、
先発は先週の練習試合で好投したユウタ。
先頭打者を三振に取るも、続くバッターへ与えた
四球を皮切りに連続安打を浴び、この回4失点。

1回裏、“キャプテン”マナトが
ライト前へのナイスヒット!
相手エラーも重なりマナトは一気に3塁へ到達。
チャンスの場面で、バッターは打撃好調の
リリキがサードへのゴロ。
これを見たランナーマナトが果敢にホームを狙うも、
相手サードの偽投により三本間に挟まれタッチアウト。
その間に2塁を狙ったリリキでしたが、こちらもアウト。
一気に2アウトを取られ、重いムードが漂います。
しかし、続く3番コウキが嫌なムードを吹っ飛ばす、
レフトオーバーのクリーンヒット!
一気に3塁を狙いますが、相手の好返球によりタッチアウト。
アウトにはなりましたが、ナイスバッティング&走塁でした。

2回は四球から1点を献上、対するメッツの攻撃は無得点。
3回にも2点を奪われ、迎えた3回裏、
なんとか反撃したいメッツは先頭ヒナタが四球で出塁、
2盗も決め、初回以来のチャンスを作る。
内野ゴロ1アウトのあとバッターはタクミ。
先週打ったホームランの勢いそのままにレフトへの
タイムリー2ベースを放ち、待望の1点が入りました。

続く相手の攻撃をおさえて、逆転したいメッツでしたが、
この日、試合が締まっていたのは3回まで。
4回には連続ヒットから大量7点を奪われてしまいます。

最終回メッツの攻撃、
連続四球とエラーで満塁の場面を作りますが、
後続が倒れ、0点に終わりゲームセット。
痛い敗戦となりました。
鎌倉ヴィクトリーさん、遠方までご足労いただき
ありがとうございました!
2017年5月14日(日)C・スーパーリーグ第5戦(対鎌倉ヴィクトリー)
2017年5月14日(日)C・スーパーリーグ第5戦(対鎌倉ヴィクトリー) by (C)メッツ広報部
※ボウノさん、サトウさん撮影。ありがとうございました!

普段は三振が多いメッツですが、
この試合はみんなバットに当てることができていました。
なのに、ここまでの点差がついてしまったのは、
技術がどうということではなく、
やはり気持ちの問題だと思います。
野球はチームでやるスポーツですが、
チームの空気を作るのは、選手一人ひとりの気持ちです。
永遠に終わらないように思えた4回の守備も、
誰かが前向きな気持ちを出してチームを鼓舞していれば、
違った結果になっていたと思います。
練習でできないことは試合でもできない。
練習の時からナイスプレーはみんなでほめて盛り上がり、
失敗は励まして、早く切り替えが出来るような
チームの空気を作って、初勝利を目指しましょう!
がんばれメッツ!


サトウコーチ、なかなか書きづらい大敗試合のリポート、
誠にありがとうございました!m(__)m
気持ちを切り替えて次へ!
今まで通り、基本を徹底!
そんな感じであきらめず、地道に、
そして楽しく、やっていきましょう。

ちなみに今回のアルバムの表紙には
いつもカッコだけはキマっている(笑)、
マナト主将のイチローを模した(?)打撃ルーティンを採用してみました。
でもこういう風に、カッコから入るの、とても大切です。
みんなも好きなプロ野球選手の打つところ、
投げるところ、いろんなところを真似してみよう!
ただ、マナト主将の空振った後の「松田ステップ」は
正直、不要だと思います(笑)。
G20141020009134750_view-crop.jpg

(まあ、マナトのように真似がうまいということは
巧緻性があるということでとてもいいことなんですけどね)
そういえばマナトは三代目JSoulBrothersの
ランニングマンもいち早く取り入れてたもんなぁ(笑)。
スポンサーサイト

スーパーリーグ第4戦~対高島エイト~

Cチームのスーパーリーグ第4戦、
シマザキコーチのリポートです。


4月30日(日)、スーパーリーグ第4戦
Cチームが東雲小学校で
高島エイトさんを迎えて行いました。

T 8|0|3|2|13
M 0|0|0|0| 0

1回表、先発セイヤ。
ブルペンでの調子は悪くなかったが、
先頭打者を四球で出塁を許し、その後、リズムを崩す。
守備もピリッとしたところ見せれず、この回8失点。

1回裏、“メッツの切り込み隊長”ヒナタが
先頭打者でショート内野安打のナイスバッティング。
すがさず二塁へナイススライディングの
盗塁成功でチャンスを作る。
このまま反撃したいメッツだが、
後続が倒れて残念ながら無得点。

2回からは代わったヤマユウが快投を見せる。
レフト前ヒットと四球で無死二、三塁のピンチを迎えるも、
後続を2奪三振、サードゴロで無得点のナイスピッチング!

この流れに乗って反撃に移りたいメッツだが、
2回、3回と無得点。
その間、相手には追加点を許してしまい、
点差の開いた4回裏、メッツの最終回の攻撃。

先頭の3番リリキがサードのエラーを誘う痛烈な打球で出塁、
4番のヤマユウもライトへの鋭いヒットで出塁するも、
ともに盗塁アウトでチャンスを広げられず、万事休す。
2017年4月30日(日)C・スーパーリーグ第4戦(対高島エイト)
2017年4月30日(日)C・スーパーリーグ第4戦(対高島エイト) by (C)メッツ広報部
※ボウノさん、サトウさん撮影。ありがとうございました!

スーパーリーグ4敗目となりましたが、
それでも、打撃では積極的にバットを振れて、
打球を飛ばせているし、盗塁では練習していた
スライディングが出来ています。
牽制からのランダウンプレイはアウトにこそ出来なかったけど、
練習通りにできました。
このままがんばっていきましょう。
高島エイトのみさなま、東雲までご足労いただき
誠にありがとうございました。


シマザキコーチ、リポートありがとうございました。
GW、みっちり練習して、一日も早く勝てるよう
みんなでがんまりましょう!

Cチーム、スーパーリーグ第3戦~投手力は上がってきているけれど……の巻~

Cチームのスーパーリーグ、
左肩の故障から復帰したハヤシコーチのリポートです!


4月23日(日)、スーパーリーグ第3戦、
Cチームが東雲小学校にて、
東港大門さんと試合を行いました。

T 3 | 2 | 2 | 1   8
M 3 | 0 | 0 | 1   4

自称「じゃんけん負けなし男」マナト!(笑)
メッツが後攻を選びプレイボール!

1回表、東港大門の攻撃。
先発コウキ-マナトのバッテリー。
先頭バッター、三遊間を破るヒットで出塁。
続く2番、キャッチャーフライをマナトがキャッチアウト!!
低く上がったフライにすばやく反応した見事なプレイ。
ピッチャーを助けます。
ランナー2、3塁の場面。
サードゴロ。シュンがうまくさばきますが、
バッターランナーの足が速くセーフ。
相手ランナーの好走塁もあり、2点先制を許します。
続くバッター振り逃げの間に、もう一人ホームに帰り3点目。
後続から三振を奪い3失点で踏ん張ります。

1回裏、メッツの攻撃。
奪われた3点を取り返したい!
先頭マナトがフォアボールを選び出塁。
2盗 3盗を決め、1アウト3塁でチャンスメイク。
3番リリキがピッチャーに打ち返しマナトホームイン、1点奪取!
リリキは盗塁で3塁へ。
4番ユウタのピッチャーゴロの間に
リリキが突っ込みセーフ! 2点目!
ベンチに帰るリリキをマナトが抱き上げ喜び合う!いいシーン。
チームメイトと野球を楽しむ。
これがメッツの野球だね。
このまま追い上げたいメッツ。
振り逃げで出塁のシュンは、「俺の足、神!」と次々盗塁。
相手のエラーを誘い、あっという間にホームに生還、3点目!
3対3の同点!

2回表。
先頭バッターにデッドボールで出塁を許しますが、
後続を2三振。
ツーアウト3塁。
相手バッターの痛烈な打球がレフトを抜け2ランに。
しかし、ここでも気持ちを切らさず後続を三振。
成長を感じさせるコウキの見事なピッチング!

2回裏。
コウキが振り逃げで出塁。
マナトもフォアボールで出塁しますが2者残塁で得点ならず。

3回表。
先頭打者がヒットで出塁し、盗塁、エラーでホームイン。
続くバッターは、ファーストゴロ、
ピッチャーゴロに抑えツーアウト。
しかし、内野安打を2つ許し、もう1点。
この回、2失点。

3回裏。
4点差を少しでも縮めたいところでしたが、三者凡退。

4回表。
ピッチャー、リリーフセイヤ。
先頭バッターを三振!
続くバッターはレフト前ヒット。
サウスポーセイヤ得意の1塁牽制。
ランナーが飛び出しアウト!にできるシーンでしたが
ミスが重なり、そのままホームイン。
フォアボール、振り逃げで2,3塁のピンチ。
しかし、後続をファーストフライ、サードゴロに打ち取りスリーアウト。
落ち着いて最小失点に抑えたセイヤ。ナイスリリーフ!

4回裏、最終回。
5点を追うメッツの攻撃。
ヒナタがサードへの内野安打で出塁。
ワイルドピッチの間にホームイン。1点を返す!
続くリンタロウがフォアボールで出塁。
しかし、3盗失敗でタッチアウト。
途中交代出場のハラユウが三振に倒れゲームセット。

4対8の敗戦となりました。
2017年4月23日(日)C・スーパーリーグ第3戦(対東港大門)
2017年4月23日(日)C・スーパーリーグ第3戦(対東港大門) by (C)メッツ広報部
※サトウさん撮影。ありがとうございました!

ピッチャーコウキ、セイヤは、
奪三振8(振り逃げ成功2含む)
与えたフォアボール1
デッドボール1
パスボール3
被安打7(エラー出塁含む)
十分合格点だと思います。
コウキの速球、セイヤの緩急を活かした投球は
相手打者も打ちにくかったと思う。
この内容で8失点は相手にあげすぎかな。
野手のエラー、暴投をなくせば
3~4失点で済む内容だったと思います。
ゴロの練習、キャッチボール。
基本をしっかり身につければ勝てるはず!

一方の攻撃、
三振8(振り逃げ成功2含む)
フォアボール3
デッドボール0
ヒット2(エラー出塁含む)
この内容で4得点は、もらいすぎかもしれません。
相手ピッチャーもどんどん成長し力をつけてきます。
それ以上に力をつけていかないと、これからも打てないぞ!
「はえ~!」なんてベンチでざわつくのはもう卒業しよう!

東港大門のバッターのスイングは、メッツより鋭かった。
あきらかなセーフでもスライディングし
勝ちを取りに行っていたと思います。
そういう勝ちに行く姿勢を見習って欲しい。
メッツのチームプレーで次こそは勝とう!!

Cチームのスーパーリーグが今年もスタート!

Cチームの球春開幕。
シマザキコーチのリポートです。


3月12日(日)、東雲小学校に
東王ジュニアさんを迎えてのスーパーリーグ初戦です。
これから始まる長いリーグ戦。
勝利で弾みをつけたいCチームでしたが…

東王 2|2|4|2|10
東雲 0|0|0|0|0

後攻を選択したメッツの先発は2年生右腕のコウキ。
試合前の投球練習ではズバズバと持ち前の
快速球が決まっていたように、マウンドでも
そのコントロールは安定。
1番を二ゴロ、2番を投ゴロと
カンタンに2アウトを取った。
次の打者に際どいコースを見極められ四球で歩かせると、
盗塁を重ねられ二死三塁のピンチ迎えた。
相手打者はの4番。三遊間を抜かれる痛烈な
レフト前タイムリーを打たれ先制点を許すと、
5番打者にもセンター前にタイムリーと、
2点を先制される。
 
反撃に転じたいメッツだが、
相手投手も負けず劣らずの快速球投手。
3番マナトがバットに当てるも2三振と、三者凡退となった。

2回は先頭打者を四球で出すも、
後続を投ゴロ、三振と2アウトを取る。
立ち直りのきっかけになるかと見えたが、
上位打線につかまりセンターへの大飛球など、
この回も2点を失う。

何とか攻略の糸口をつかみたいメッツ打線。
2回にはリリキが二死からセンター前ヒットで出塁。
果敢に盗塁を試みるが、相手のバッテリーが
一枚上手でタッチアウトとなってしまった。

メッツとしてはこれ以上追加点を与えたくない3回表だったが、
レフトへの大飛球で本塁打を許すと、
エラーなどで4点の大量失点をしてしまう。
点差の開いた3回の裏のメッツの攻撃。
先頭のシュンスケが四球で出塁。
その後、見事な走塁で三塁まで進み、
チャンスとなるが後続は続かず。

4回にマウンドに上がったのは左腕・セイヤ。
悪い流れを断ち切りたかったが、
遊ゴロで一死を取った後には三塁線を襲う
痛烈なヒットにレフトオーバーなどで2失点。
それでも、一つの三振を取るなど、次の試合へ光明も見せた。

最終回の時点で10対0となった大差となったが、
何とか一矢報いたいという思いを
最後まで持っていたメッツ打線。
キャプテン・マナトが四球で出塁し、
牽制悪送球などで三塁まで進んだが、
最後は牽制球アウトで万事休す。
2017年3月12日(日)Cスーパーリーグ(対東王ジュニア)
2017年3月12日(日)Cスーパーリーグ(対東王ジュニア) by (C)メッツ広報部
※ハラダさん撮影。ありがとうございました!

スーパーリーグ初戦を勝利で飾れなかったメッツだが、
内野ゴロではそれぞれがしっかりバッターランナーを
アウトに出来たように、個々の守備力は
格段に成長していることは確か。
負けはしたものの、最後まで声もしっかり出ていたし、
攻守交替もしっかり走れていました。
試合には出れなかったが、攻撃時には三塁コーチ、
投球練習時にレフトとのキャッチボールや、
しっかり試合を見守っていたハラユウ。
ファールボールを懸命に追っかけ、
声を振り絞って応援していたソウキとユウヤ。
これからが楽しみです。
今回は監督が話していたように
相手チームはセンターラインがしっかりし、
チーム力としては一枚も二枚も上手でしたが、
メッツCチームの成長も著しいです。
次の勝利に向けてがんばりましょう。

竹の子大会の画像

ホリさんより、竹の子大会の画像が届きました!
ありがとうございました! m(__)m

で、画像を見ていて思い出したのですが
先取点となったマナトのホームへのスライディング、
(回り込んで捕手のタッチをかいくぐり、手でベースにタッチ)
日ごろの練習の成果が見事に出た
すばらしいスライディングでした!
022.jpg
こういったスライディングの成否が勝敗を分けることもあります。
走塁練習もこの冬、きっちりやっていきましょう。

そのほかの画像はこちら↓
posted by (C)メッツ広報部
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ