Bチーム練習試合(対元加賀)

11月28日(土)、豊洲グランドにて
元加賀と練習試合を行いました。
(その日の朝、急遽決定したため
白ユニフォームのままでしたが)

アオキ総監督の意向で先発のマウンドに上がったのはコウキ。
そのコウキが強豪の元加賀打線を相手に
5回2失点のナイスピッチングを見せてくれました。
久々のマウンドに上がったコウキを
他の選手たちもよく盛り上げました。

試合は後半に元加賀の勢いに押され
2-6の敗戦。
試合後のミーティングでは各選手たちから
「後半にチームの元気がなくなった」との
意見が多数聞かれました。
劣勢のときこそみんなで盛り上げて行ける
そんなチームになっていきたいと思います。

豊洲グランドもすっかり寒くなってきたことから
走り込みや基礎体力トレーニングなどの
メニューも増やしつつあります。
選手たちも積極的にトレーニングしています。

心身ともにタフになるには練習するしかありません。
来春、大きな花を咲かせることができるよう
この冬の練習をがんばっていきましょう!
スポンサーサイト

12月5・6日に「第1回 豊洲杯(南部大会)」を行います

12月最初の週末となる5・6日に
豊洲グランドで「豊洲杯(南部大会)」を行うことになりました。

これは東雲メッツ、豊洲ジュニアキングの他、
深川近隣の5年生(B)チーム全8チームが集い、
トーナメント戦で優勝を争う大会です。

23日(月)には各チームにお集まりいただき
抽選会を行いました。
以下、組み合わせとなります。
toyosuhai.htm

今回が初めての開催となる豊洲杯ですが
来年以降も第2回、3回と続いていくものにしたいと
考えております。

みなさまのご協力、よろしくお願いいたします。

三連休 B、Cチーム練習試合

11月21日(土)~23日(月)の三連休、
天候も危ぶまれましたが何とか三日間ともに
練習&練習試合を行うことができました。

21日(土)は午前C、午後Bの練習試合2本立て。
午前中のCの試合は来年度を見据えた
新Cチーム(3年生以下)の戦いでしたが
早くも10人以上揃った新Cチームのチビッコ選手が
みんなよくがんばり、13-4で勝利を収めました。
完投した新キャプテン・ユウダイのピッチング、
さらにヒットを連発したレオの活躍が光りました。

午後はBチームが深川ライナーズさんを
お招きしての練習試合。
先発のユウヤは1回、まずまずの立ち上がりを見せましたが
2回に四球などをきっかけに相手打線に捕まってしまい、
その後、ヨシタカ、Hユウダイ、タクミと継投するも
結果は2-10の敗戦となりました。

三連休中日となる日曜は朝、雨が急に降り出しましたが
それも一時的なもので何とか夕方まで練習を行うことができました。

連休最終日の月曜午後、Bチームは
江戸川エスパーと練習試合を行いました。
resize0297.jpg

先発ヨシタカの打たせてとるピッチングが冴え、
4回まで2失点と好投。
resize0300.jpg

さらに5回表の攻撃時にはタクミの3塁打などで逆転に成功。
resize0303.jpg

ところが5回裏に四球をきっかけに
野手のエラーなどが続出し、6点の大量失点となり、
そのまま6回時間切れでの敗戦(3-8)となりました。

課題はたくさんあります。
しかし元気があれば悪い流れを断ち切る、
もしくは跳ね返すことができることもあります。
技術はもちろんですが、選手ひとりひとりの
やる気、元気もチームプレイには必要です。
アントニオ猪木も言っています。
inoki.jpg
「元気があれば何でもできる!」と(笑)。
選手たちにはグランドでもっと
弾けてほしいと思います。

しかしこの三連休から豊洲グランドも
めっきり冷え込んでまいりました。
いよいよ冬ですね…。

風邪など引かぬよう
“元気”で乗り切っていきましょう!

“一本足打法”の荒川先生がやって来た!

11月15日(日)、この日の午後の練習は
豊洲グランドにて「荒川博野球教室」が行われました。
IMGP3087.jpg

荒川博さんと言えば、プロ野球の元ヤクルト監督であり、
巨人軍での打撃コーチ時代に王貞治に
“一本足打法”を教えた人として有名です。
この日の教室では王選手が中学生の頃のエピソード
(当初、王選手は右打ちだったそうで、荒川さんが
左打ちにしてみろ、と声をかけたそうです)も
語ってくれました。
bsr0806241235003-p2.jpg
一本足打法が誕生するまでの
エピソードはベースボール・マガジン社の
記事をご覧ください。
「王貞治の一本足打法」

この日は来年から都内の小学校でも導入される予定の
「Tボール」なるもので選手たちは荒川さんから
バッティングの指導を受けました。
先頭を切って指導を受けたユウダイ↓
IMGP3093.jpg
「Tボール」はボールもバットもソフトなつくりで、
身体に当たってもケガをしないようなつくりになっています。

荒川さんは「まずは平ら(地面と平行)にバットを振ること」と
選手たちに指導し、選手たちはそれを実践。
いつも通りブンブン振りまくるコウキ↓
IMGP3096.jpg

バッティング練習の後は、この「Tボール」を使った
実戦形式の試合をメッツとジュニキンで行いました。

2時間の教室もあっと言う間に終わり
最後に荒川さんと記念撮影。
IMGP3107.jpg

メッツとジュニキンの全選手が参加したため
人数は相当数に及びましたが、荒川さんは
ひとりひとりに丁寧に指導してくださいました。
本当にありがとうございました。

選手たちにはこの日、荒川さんから教わったことを忘れずに、
これからの試合に生かすよう心がけてほしいと思います。

メッツOBの方からメールをいただきました

メッツOBの「hideさん」よりメールが届きました。
「hideさん」の了承も得ましたので
以下、そのメールをご紹介させていただきます。

初めて、東雲メッツのサイトを観ました。
私が在籍していたのは、16年前ですが、
マスモ監督はじめ、益子コーチ&中島コーチ、
滝川さん、根岸さんなどにお世話になりました。

当時のメッツは、弱小チームで有名。
公式試合に出ればコールド負けは、当たり前、
1点とればお祭りさわぎでした。

小学校の想い出といったら野球しかありません!
当時は、毎週木曜日(?)に、三角公園広場で
朝6時からマスモ監督とともに朝練。
朝練後に頂いた大根!

あのときは、わからなかった監督のやさしさ!
夕練には、仕事後に、アジサイコウエン(現、東雲駅)にて、
ともにランニング&ボールが見えなくなるまでのノック。
マスモ監督には一人二役、三役四役まで
みていただきました。

厳しい反面、友人の大切さ、あたたかさ、おもいやりなど
大切ななにかを、たくさん教わった気がします。

今思えば、本当に地域の
方々に支えられてきたチームだと思います。
お母さん&お父さんに支えられているチームです。
是非息子&娘さんの活躍を観に
球場に足を運んでください。

とってもいい顔してますから!

私も最近では、当時のメッツのキャプテンはじめ
かつてのメンバーも含め草野球を
楽しんでやっています。

現在のスタッフのみなさん、これからも
東雲メッツを宜しくお願いします。
陰ながら応援しております。



以上、「hideさん」からのメールでした。
マスモ代表もきっと喜ぶと思います。
本当にありがとうございました。

こういった先輩方含め、地域の方々の
ご協力があって東雲メッツは成り立っています。
感謝の気持ちを忘れずに、これからも
“メッツ魂”でがんばっていきましょう!

関団連 準々決勝~1点の重み~

風もそれほどなく、まさに野球日和となった
11月1日(日)、町田の薬師中学校・校庭にて
関団連の準々決勝(対藤の台少年野球部)が
行われました。

ケガやインフルエンザ、その他諸事情による
欠席者が相次ぐ中、集まったAB選手は12人。
とりあえず12人いれば試合はできると、
監督・コーチ一同はほっとひと安心。
8時に三角公園を出発し、稲城IC経由で一路薬師中へ。
途中、渋滞もなく9時すぎには現地に到着。
ほぼ予定通り、10時30分過ぎに藤の台少年野球部との
準々決勝がスタートしました。

エースのTカイトはこの日も前回の大森ジャガーズ戦同様、
四球が少なくリズムのいいピッチング。
藤の台少年野球部の投手もとても素晴らしいピッチングで
序盤からテンポの速い投手戦となりました。

均衡が破れたのは3回裏、藤の台の攻撃。
メッツの守備の乱れ、不運な当たりなどもあり
藤の台に1点を先制されました。
しかしTカイトはそれからも崩れることなく、
失点を許しませんでした。

メッツが反撃に出たのは6回表。
ツーアウト、ランナー1・2塁でバッターは
久しぶりの四番となったファースト・タツヤ。
ここでタツヤが男の意地を見せてくれました。
タツヤの打った打球は右中間を深々と破る
エンタイトルツーベース。
ツ、ツーベース?? 夢の島ならランニングHRだけど…??
これも会場規定です。言っても始まりません。
ルールに従うのみ。
しかしタツヤの放った打球は起死回生のすごい当たりでした。

そして試合は1-1のまま最終回の7回へ。



表のメッツは無得点。



裏の藤の台は1得点。






×。ゲームセット。




1点の重み、1球の重み、
5年生たちはちゃんと感じてくれたでしょうか。
これは6年生たちが後輩に残してくれた
最後のメッセージだと思います。

6年生たちの公式戦はこれで幕を閉じます。
最終戦となってしまいましたが
カイトはエースらしい素晴らしいピッチングを
再び見せてくれました。
そんなカイトをナオキ、リョウスケ、ソウテツ、タツヤの
6年生メンバーはよく盛り上げました。
試合に参加した5年生選手も
もてる力を発揮したと思います。


遠方まで応援に駆けつけていただいた
ご父兄のみなさま、本当にありがとうございました。

追記:11月3日(火曜)、Aチームが豊洲グランドにて
午前、午後に1試合ずつ練習試合を行いました。
午前中はジュニキン、サムライズ連合と
1-1の引き分け(Tカイト→Kカイト→リョウスケ)。
午後はファイターズと7-4(Tカイト→Kカイト→タクミ→ヨシタカ)で勝ち。
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ