Cチーム、元加賀とWヘッダー

7月25日(日)千石グランドにて
元加賀と練習試合を行いました。
この日の試合は第一試合が4年生中心、
第二試合が3年生以下中心のダブルヘッダー。
強豪相手にCチームがどのように戦ったのか、
リポート初デビューのマスダコーチの
実況・解説でお送りします!


慣れないグランド、スパイク禁止、
アップシューズでの試合の為スベルスベル。
各選手戸惑いながらのプレーボール。

先発は、ダイキ。
resize1436.jpg
2・3番に連続ヒットを打たれるものの、
後続を断ち1失点。まずまずの立ち上がり。
1回のウラ、メッツの攻撃。
走塁ミスはあるが、四死球とヒットで3点を奪い、
逆転に成功。

2回のオモテ、1点は失うが3三振を取り
最少失点で切り抜けます。
2回のウラ、ケンのセンターオーバーの
ランニングホームランで、貴重な1点を追加。

3回のオモテ、ここまで好投のダイキも、
暑さのせいかフォアボール、
スクイズ攻勢で4失点、
逆転を許してしまいます。

3回のウラ、レオ・ダイキのタイムリーで同点とし、
振りだしに戻します。

同点で向かえた4回のオモテ、
ピッチャー、リョウ!
resize1446.jpg
resize1447.jpg
三振で1アウトを取るも、
制球が定まらずフォアボールと
ワイルドピッチで、4失点。(ほろにがデビュー)
ここで、ユウダイに交代、
後続を打ち取り、最終回に望みを賭けます。

4点差を追いかける最終回(時間の都合上)、
代打ショウタ、粘ってのセンター前ヒット、
相手のミスを誘い1アウト2・3塁。
ここから、ユウダイ・レオ・リョウ・ダイキの4連打で3得点。
スクイズ失敗も、2アウト2・3塁。
1打逆転サヨナラ!のチャンス。
バッターは、ハルキ。
振り抜いた打球は、痛烈な当たり、
逆転かと思った瞬間相手のショートの
横飛び、ナイスキャッチ!でゲームセット。

9対10の1点差で負けてしまいましたが、
最終回の集中力はすばらしかったです。




第2試合は
時間制限の為、2試合目は
4得点で攻守交代と言うルールで行われました。

先行はメッツ。
1回のオモテ。
1・2番ユウ、Mコウヘイ三振でしたが、
積極的なスイング!
続くHコウヘイがライト線ツーベースを放つも
その後が続かず無得点。

先発は、Yケント。緊張の面持ち。
resize1455.jpg
1回のウラ、フォアボールとワイルドピッチで、4失点。
でも、2三振を奪う!

2回のオモテ。
フォアボールでチャンスを作り、
ムサシ・サラ・ショウタのタイムリーで5得点。
チャンスは続くものの、ローカルルールの為攻守交代。

2回のウラ。
ケントの好投。2者連続三振、無得点。

3回のオモテ。
選球眼の良い、カンスケ
今日2つ目のフォアボールを選ぶ。
アカネの打球は、ライト前へ。
惜しくもセカンドに捕られるも、1点追加。

3回のウラ。
トオル・カズヒロを守備固めで投入。
ケント、またまた2三振を奪うも、
ヒットと自身の送球エラーで、3失点。
ここで、時間切れゲームセット。

6対7で負けてしまいましたが、
積極的なスイング、
ケントの6奪三振は
収穫だったのではないでしょうか?
当日、猛暑の上、他球場にも関わらず
多くのご父兄の方々が
応援に来て下さいました。
ありがとうございました。
これからも、一丸となって頑張りましょう!
スポンサーサイト

灼熱の三連休の大連戦~その2~

7月18日(日)、5年生にとって
最初で最後の大会となる江東区新人戦の
深川地区予選がスタート。
メッツは夢の島グランドにて深川パイレーツと
1回戦を行いました。

この日も8時試合開始ということで
早朝6時30分の集合。
しかし選手たちはしっかりと睡眠を
とったようで三角公園で会った時の
眼力、目の輝きが前日とは違いました。


先発はユウダイ。
3回まで相手チームを3失点に
抑える好投。
メッツ打線も好機を逃さず
3回までに一挙15得点。
試合の流れは決まったかに見えましたが
ユウダイの後を継いだハルノスケが
大崩れで4・5回に10失点。
最後は前日に登板したケンが
何とか抑えてくれたおかげで
18-15で勝利することができました。


そして三連休最終日となる19日(月)、
夢の島グランドで新人戦2回戦。
相手は元加賀です。

先攻だったメッツは全員野球で
1回に3得点、2回に2得点と
上々の滑り出し。
先発のユウダイは1回を無失点に
抑えましたが2回に連投の疲れが
出たのでしょう。
四球が多くなったため、途中で前日好投した
ケンにスイッチ。
4年生コンビががんばって
投げてくれましたが2回に9点を
奪われ5-9と逆転されてしまいました。

試合はその後、小康状態となり
メッツは逆転のチャンスを狙いましたが
5回時間切れ、7-12の敗戦となり、
惜しくも江東大会本戦への出場はなりませんでした。

この日の先発メンバーは5年生がふたり、
あとの7人は4年生。
Bチームの現状は5年生が4年生に
頼ってしまっている状態です。
そんな状況にも関わらず、
また4年生は先週から連戦が続いたにも関わらず
本当によくがんばってくれました。

今後は5人の5年生が4年生たちを
引っ張っていけるように
ならなくてはなりません。
5年生ががんばればBチームは
もっともっと強くなると信じています。
(とくにキャプテン……)

来年に向け、どうすればいいか。
今回の新人戦2連戦は
その事をメッツに教えてくれました。

真夏の三連休、暑い中、
選手たちもがんばりましたが
応援、車での移動などご協力いただいた
ご父兄のみなさま、
本当にありがとうございました。
多くの人たちに支えられて
メッツは成り立っています。
今後も応援、サポートなど
よろしくお願いいたします!

追記:この日、豊洲グランドに戻ると
メッツOBのシノブ、カズ、オギワラ兄弟、
ヤマちゃん、タイガ、ユウキ、サノがAチームの
練習を手伝ってくれていました。
ご存じの方も多いと思いますが、彼らが
5年前にCチーム深川大会春秋連覇の
偉業を成し遂げたメンバーです。
写真のスライドショーに彼らの姿も
収めてありますので
今度グランドで見かけたら
一声かけてあげてください。

灼熱の三連休の大連戦~その1~

7月の「海の日」を交えた3連休。
7月17日(土)~19日(月)にかけて
メッツの公式戦が4試合行われました。

まずは初日の17日、
若洲大島グランドで関団連(夏)の
ジュニアと本大会の試合が続けて行われました。

6時に集合し、7時30分より
最初の試合を行ったのは5年生以下の
ジュニアチーム。
5年生以下といっても
4年生が主力のBチームですが
都大会に進む強豪・調布大塚ファイターズに
ひるむことなく、真っ向からぶつかっていきました。
Bチームはこの関団連の試合に続き、
明日からは新人戦も控えています。


先発は4年生エースのユウダイから
5年生のハルノスケ、
そして4年生のケンと継投。
試合は早朝からの試合ということで
両チームの選手ともに本調子ではなかった様子。
お互いに四球が多く、
取って取られての接戦となりましたが
試合は残念ながら10-15で敗戦となりました。
(しかし明日からは新人戦も控えています。
午後、豊洲グランドに戻ってからは
気持ちを切り換え、明日に向けての
バッティング練習などを行いました)

ジュニア戦に続き、第2試合は
関団連・本大会(対大島中央)が行われました。
江東大会優勝チームが相手ということもあり
選手たちはその雰囲気に飲まれてしまったのでしょうか。
序盤から相手の好投手に圧倒されてしまいます。
メッツの先発・ヨシタカも持ち前の粘り強さで
がんばりましたが、相手の打線は
甘い球を見逃してはくれません。
リリーフしたタクミも相手打線の
流れを止めることはできず、
さらにメッツ打線も相手投手を攻略することができず
0-14での敗戦となってしまいました。


Aチームメンバーには試合後のミーティングで
語り合ったことを忘れないでほしいと思います。
野球はひとりではできません。
9人の心がひとつになった時に、
メッツでいえば6年生全員の心が
ひとつになったときに、その力が発揮されるのです。

6年生にとっては残された公式戦もあとわずかです。
今のメンバーで野球ができるのもあとわずか。
「みんなで喜び、みんなで悔しがる」

秋に向け、
目一杯練習していきましょう!

感動の閉会式~優勝旗が5年ぶりに東雲へ~

イシカワ監督からの
閉会式&総括リポートです!


resize1369.jpg
『閉会式』
決勝戦の後、14時より閉会式が行われました。
resize1350.jpg

本大会の努力賞6年生トモキも合流。
トモキおめでとう!
resize1361.jpg

Aチーム優勝チームからの表彰に始まり、
いよいよCチームの表彰です。
Cクラス優勝『東雲メッツ』。
全員前への案内で、一列に整列!
表彰状は副主将ダイキ
resize1351.jpg

続いて優勝旗をキャプテンのユウダイに。
resize1352.jpg
さすがにこの時は、
優勝の実感といろんな思いが…。
ジーンときましたね!
次々、数々のトロフィーの授与。
監督賞の授与。
resize1357.jpg
そして、選手全員に金メダル。
選手は嬉しかったことでしょう!!
しかし個数が足りないハプニング発生。
後でいただくことになりましたが…。
当日なかった選手待っててね。m(__)m
3年生ユウは、当日貰えなかったO・ケントへ
メダルを渡し、また涙!
ユウ、カワシマコーチありがとうございました。

最後の場内行進では、
先頭ユウダイが優勝旗をガッチリ握りしめ、
堂々たる選手の勇姿、輝きはカッコ良かったです!
resize1362.jpg

グランド内にて、保護者も加わり記念撮影。
resize1364.jpg

47回江東区深川学童少年軟式野球連盟
春季大会が最高の結果で幕を閉じました。


『総括&お礼』
Cチームにとって初めての公式戦。
昨年から部員が増え、現在は22名と
戦力も整っての大会参加でした。

2ヶ月前の抽選会で初戦は元加賀さんと決まり、
一番当たりたくない対戦相手でしたね!
毎週、基本練習を積み重ね、
数々の練習試合で経験とゲームの中で
野球を覚えることに徹してきました。
初戦は雨、グランドコンディションも
悪いながらも、初回5点を挙げる怒濤の攻撃、
その後はジワジワ追い上げられ、
最終回で決着9対8で初戦を突破!

そこから学校行事等で間があり
1ヶ月半後の二回戦は深川ジャイアン戦。
先制され嫌な展開でありましたが、
二回に5点をとり逆転に成功。
ここでは、新戦力O・ケントが打って、
自慢の脚力も生かし期待に応えてくれました。
心配された外野陣の捕球は3人ともすばらしく
何度も投手を助け7対3の勝利。
準決勝・決勝戦はリポートの通りです。

本大会、エースのユウダイは
4試合全てを投げ、381球の力投。
決勝戦では2安打完封とよく投げました。

女房役レオの本大会での盗塁阻止率は、
ナンバー1でしょう!
何度もピンチを救い、ユウダイを助け、
簡単にスコアリングポジションに
進めさせない捕球・送球は見事でした。

アツシはムードメーカーであり、
投手ユウダイのピンチには必ずマウンドへ行き
声をかける(これ大事)ことで、
投手の孤独感を払拭すべく
役割を果たしてくれました。

ダイキ・ケンの安定した守備は
センターラインの軸となり
最高の二遊間コンビで貢献。
外野陣も試合を重ねる毎に成長し、
安心感も芽生えはじめ一生懸命打球を追いました。
ベンチでは控えの選手は、ピンチの時、
声をかけるなど全員で戦うことができましたね!

Cクラスは、守りがキーポイントでしたが、
各選手は練習の成果を発揮し、
いや試合の中で選手は成長していったことが
優勝に繋がったと思います。
シンプルに自分の役割を果たす、
『攻・走・守』チームプレーができた大会でした。

深川連盟の役員様、審判員の皆様、
主催にご尽力いただきありがとうございました。
また、メッツOBコーチ・各スタッフには
大変お世話になり、この優勝も
メッツ全員でのお蔭と感謝申し上げます。
最大の功労者は保護者の皆様です。
子供達が練習・試合から帰り、
出来事を聴いていただけること、
万全の体調で送り出し、
大会では温かい声援が勇気を与えて
選手の力になったことを思うと感謝でいっぱいです。
当日は、グランド内でたくさんのチームから
お祝いの御言葉、OBの方からたくさんの
お祝いメールを頂きました。
resize1367.jpg
優勝は42回大会以来で、
優勝旗を東雲に持ち帰ることができ
大変嬉しく思います。
本当にありがとうございました。
Met's Ishikawa


イシカワ監督、リポート
ありがとうございました!

Cチームのみんなは本当によくがんばりました!
彼らが今後、どこまで成長してくれるのか
本当に楽しみです。
今後もABC一丸となって
切磋琢磨しながら
メッツの黄金時代を築きましょう!

祝・優勝! Cチームが深川大会制覇!

祝・Cチーム優勝!

7月10・11日に行われた
準決勝・決勝の模様をイシカワ監督の
リポートでお届けします!
※業務連絡:イチカワ&モリヤ&マスダコーチ、
そろそろリポートお願いしますね!


7月10日(土)、
午前中は豊洲グランドで基本の練習、
バッティング・ノックをしている途中、
前日の雨の影響から、夢の島東グランドへ
変更となったと連絡を受ける。
準決勝は、越中島ブレーブス戦。
この日は、蒸し暑さの中でありましたが、
14時プレイボール!
resize1300.jpg

先発はユウダイ。
resize1301.jpg
初回、先頭バッターを打ち取るも、
二番打者の二塁打からタイムリーと
1点を先制されました。

一回裏、メッツの攻撃は二番O・ケントが
セーフティバントで出塁し自慢の足で盗塁。
三番ユウダイのショート後ろに落ちる
打球から同点に追いつく。

二回表、フォアボールで出塁を許すも、
女房役レオの盗塁を阻止する送球はすばらしく、
この試合3つの盗塁を完璧に封じ、
流れを引き寄せる光るプレーは見事でした。

リードしたい二回裏、
ケンがヒットで出塁後、盗塁を決め、
アツシの確実な送りバントで三塁へ。
ハルキのセカンドゴロの間に追加点2対1に!

三回にも、ユウダイの右中間を抜ける
タイムリー三塁打で1点を小刻みに追加。
迎える最終回、先頭バッターに
センター前ヒットを打たれ、
粘る相手打線は迫力十分!
1点を返されるも、最後はショートのケンが
深い三遊間のゴロを
強肩を生かしてナイススロー。
3対2でゲームセット。


相手チームの越中島ブレーブスさんは、
鍛えられた守備、パンチが効いたバッティング、
ハツラツしたまとまった『チーム強さ』を感じました。
メッツ選手も強豪チームに競り勝てたことで
試合後は満足した顔をしていましたね!
天王山の試合、たくさんの応援も
選手達に勇気を与えチーム一丸での勝利。
保護者の皆様に感謝致します。




7月11日(日)、いよいよ決勝戦!
選手達は、7時半豊洲グランド集合練習開始。
アップの後、ナワテコーチも駆けつけていただき
フリーバッティングのピッチャーを務めて頂きました。
選手達も徐々に決戦モードへ!
夢の島5面にて、深川ホークス戦。10時プレーボール。


先攻は、ホークス。
この日もユウダイが先発。
立ち上がり、先取点を取られる展開が多かっただけに
『楽しんで投げてこい』と送り出しながらも
先頭に出塁されてしまう。
続く二番打者の打球がライト前に、
何と唯一3年生で先発しているユウが
ライトから一塁アツシへ見事な送球、アウト!
初回の0点に貢献しました。

一回裏メッツの攻撃、
とにかく先取点を取ろう!
一番、ダイキがフォアボールで出塁後、
盗塁を決め三塁へ。
三番ユウダイのセンター前ヒットで1点。
5番ケンのタイムリー三塁打にて2点目。
決勝戦はリードする序盤の展開。

二回には、本調子ではなかった
相手投手が交代するなど、
フォアボール絡みから追加点。

三回表、先頭打者にこの日初ヒットで出塁されるも、
キャッチャー、レオがまたまた盗塁を阻止する
セカンド送球でアウト(ナイスプレー!)。
簡単にはスコアリングポジションへ進ませない!

続く三回裏にもリョウのタイムリーが飛び出し
4対0のリードが続く。

最終回も緊張はなく、普段通りの守りで、
最後のバッターの打球は、ショートへ。
ケンが落ち着いて、一塁のアツシへ送球しゲームセット。
この瞬間に悲願の優勝が決定しました!


準決勝・決勝の画像は
メッツフォトギャラリーにもアップしてありますので
ぜひご覧ください!

閉会式の様子、および総括は
また追ってブログにアップさせていただきます!
Cの選手たち、そしてご父兄のみなさま、
おめでとうございました!

5年生、ドキドキの試合

7月11日(日)、Aチームの練習試合
(対越中島ファイターズ)を行いました。
(主審と塁審をメッツOBの
シノブとタカトが務めてくれました。
ありがとう!)
resize1371.jpg

先発は久々の登板となった
サウスポーのタイチ。
resize1372.jpg

この日は来る17日(関団連ジュニア)、
18日(新人戦)に備え、5年生をメインに
先発メンバーを構成。
捕手・ハルノスケ。
resize1373.jpg

セカンド・ケイスケ。
resize1378.jpg
resize1386.jpg

センター・ダイチ。
resize1376.jpg
resize1380.jpg


レフト・ショウキ。
resize1375.jpg

ライト・リョウ。
resize1377.jpg
resize1385.jpg


とくにショウキとリョウは初めての
試合出場だっただけに緊張もあったと思います。
しかし5年生はそれぞれに精一杯力を尽くしました。
ショウキの左中間を破る2塁打は見事でした!
resize1384.jpg

継投はタイセイ、ハルノスケの順。
resize1388.jpg
resize1390.jpg
resize1383.jpg
resize1379.jpg
resize1374.jpg

試合は取って取られての打撃戦でしたが
最終回の7回、代打・カツノリの
左翼フェンス直撃の2塁打で
サヨナラ勝ちとなりました。
resize1392.jpg

この日、昼の練習中、
「Cチーム深川大会優勝!」の一報が入ると
ABメンバーは自分たちのことのように
喜んでいました。
Cチームのみんな、本当におめでとう!
準決勝、決勝、閉会式の模様は
追ってブログでご紹介させていただきます!
(閉会式ではAチームのトモキが努力賞の
表彰を受けました。トモキ、おめでとう!)

練習試合終了後には閉会式を終えた
Cチームがグランドにかけつけ優勝の報告。
resize1394.jpg


今度の週末には5年生とともに
Cチームの4年生が参加する
関団連、新人戦が行われます。
Aチームの関団連本大会も予定されています。

この勢いに乗って
思いっきり戦いましょう!

Aチーム、サヨナラ勝ち!~関団連本大会1回戦~

7月4日(日)、練馬区の関町小学校にて
関団連(夏)の本大会1回戦、
関町タイガース戦が行われました。

9時から試合開始のため
朝6時30分に東雲を出発。
朝早くからご協力いただいた
ご父兄のみなさま、ありがとうございました。

それにしてもこの日は実に暑~い一日でした。
夜半から未明にかけて雨が降ったため
地面から蒸気が沸き立つようで
グランドは蒸し風呂状態
不快指数もマックスです(笑)。
試合中もかんかん照り、しかもほぼ無風。
resize1265.jpg
resize1266.jpg

そんな状況の中でも選手たちは
よくがんばりました。
resize1267.jpg
先発のヨシタカは先週のキラーズ戦同様、
度々訪れたピンチも落ち着いたピッチングで
最少失点でしのぎ、ゲームを作ってくれました。
resize1268.jpg
resize1269.jpg
resize1270.jpg
resize1271.jpg
resize1272.jpg
resize1273.jpg
resize1274.jpg
メッツの打線もいいところまでいくのですが
あと一本が出ず、4回終わって1-1の同点。
関団連のルールでは試合時間が
1時間30分と決められているため
5回に最終回を迎えました。
resize1275.jpg
resize1276.jpg

5回の表、関町タイガースの攻撃。
2番、3番を無難に抑えあっと言う間にツーアウト。
しかしここから単打、スチール、
さらに継続の不運な内野安打などもあり
勝ち越しを許してしまいます。
resize1277.jpg

そして迎えたメッツ最後の攻撃。
こんなシーンを今まで
何回迎えてきたことでしょうか(笑)。
しかし選手たちも成長しています。
守備から帰って来た選手たちの顔は
逆転されたにも関わらず
落ち込んではいませんでした。
「まだまだ行ける!」とみんなが
思っているようでした。

試合中盤は暑さにやられ声も滞りがちでしたが
この最終回ばかりは声も出ていたかな(笑)。
先頭打者・ヨシタカの右中間を破るヒットが出て、
みんなの「行ける!」気持ちにさらに火がつきました。
その後、満塁となりユウダイのヒットで同点。
さらにコウキのサードゴロの間に
セカンドランナーだったユウダイが
果敢にホームを攻め逆転サヨナラ勝ち!
resize1278.jpg

次戦は江東区の強豪・大島中央戦となります。
今回の試合のように最後まであきらめず、元気よく、
一戦一戦、戦っていきましょう!

スゴいぞCチーム!~準決勝進出決定!!~

7月4日(日)にCチームの
深川大会2回戦(対深川ジャイアンツ)が
夢の島東グランドで行われました。
今回はカワシマコーチのリポートで
お届けします!


朝一番の試合の為、
AM6:20三角公園に眠い目を
こすりながらの集合でスタート。

夢の島東面に到着後、すぐにアップ開始、
しかし、ここで事件が・・・。
キャッチボールのボールが
リョウの目に!! 何か起きそうな予感が・・・。
resize1279.jpg
resize1280.jpg
resize1281.jpg

先発は、ユウダイ。
resize1282.jpg
1回の表、制球が定まらないうちに、
1・2番に連続ヒットを打たれるも
バックに助けられ2点で後続を抑える事ができました。

その裏、メッツの攻撃。
相手ピッチャーも制球が定まっていなかったにも関わらず、
早めに手を出してしまい三者凡退。

2回表もユウダイ、まだ制球が定らず
フォアボールでランナー2・3塁のピンチも
相手のミスもありゼロで抑える事ができました。

そして、二回の裏メッツの攻撃。
resize1283.jpg
resize1284.jpg
resize1285.jpg
resize1286.jpg
resize1287.jpg
resize1288.jpg
resize1289.jpg
先頭4番レオがフォアボール、
続くケンがサードのエラーを誘い、
ランナー1・2塁でアツシの絶妙な送りバント。
そして、リョウのファーストゴロの間に
1点取り反撃ののろしを上げると、
一番ダイキのセンター前ヒットで同点。
ここで、公式戦初先発のOケント。
見事監督の期待に応え
右中間へ2塁打を放ち
打者一巡の攻撃で5点をあげ逆転。

3回からは、ユウダイも落ち着きを取り戻し、
不安だった外野陣のリョウ・Oケント・ユウも
いつもなら落としてしまいそうな飛球も
無難にキャッチし、みんなの集中力がうかがえました。
(リョウの朝一の事件が良かったのかも!!)
resize1293.jpg
resize1290.jpg
resize1291.jpg
resize1295.jpg
resize1285.jpg
resize1286.jpg
resize1287.jpg
resize1292.jpg

4回には、貴重な追加点も入れ、
5回の表、1点返されるも7対3で見事勝利しました。
resize1298.jpg

この試合は、全員の勝ちたいという気持ちが
全面に出て、初回のピンチの時も
ベンチのサラが『ユウダイ、落ち着いて』と、
ベンチから大きな声援を送っていました。
選手、そしてご父兄、
みんなが一つになれた事が
この勝利につながったものだと思います。

相手チームの深川ジャイアンツも
まとまった良いチームでした。
これからも良いライバルとなる事でしょう。

でも、今回の一番の功労賞は、
やっぱりお母さん達だったかもしれません。
あの団扇応援団は、ワールドカップの
ブルゼラより凄かったかも…バンバンバン!!(大笑)。

朝からたくさんのご協力いただき
ありがとうございました。
今週も更なる応援をお願いします。


以上、カワシマコーチリポートでした。
ありがとうございました!

この日は本当に暑かったですからねぇ。
選手たちは本当によくがんばりました。
今週末は準決勝、対越中島ブレーブス戦となります。
Cチームのみんな、君たちなら大丈夫!!
きっと勝てます!!
ご父兄のみなさまも
引き続き熱い声援をよろしくお願いします!

東京ドームで開会式!

ちょっと更新が遅くなってしまいましたが
6月26日(土)に東京ドームで行われた
関団連・夏の大会の開会式の模様です。
IMGP5007.jpg

この日はABCあわせ過去最高となる
40名を超える選手たちが辰巳から
後楽園までを電車で大移動。
サポートしていただいた監督・コーチおよび
ご父兄のみなさま、本当にありがとうございました。
みなさまのお陰でつつがなく
開会式を終えることができました。

この日の珍道中の模様は
メッツのフォトギャラリー
アップしておりますのでぜひ
ご覧ください!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ