豊洲ジュニアキングと練習試合

豊洲グランドで行われた
Aチーム練習試合の様子を
クキコーチがリポートしてくれました!


9月26日(日)、お隣の
豊洲ジュニアキングさんからのお誘いで、
急遽14:00から練習試合をすることになりました。
天気は曇り、1~2週間前と比べて
ずいぶん涼しい気温です。
この日は午前中、夢の島で白Aチームの試合があり
一部の選手はダブルヘッダーとなりました。

メッツ後攻で試合開始。
先発はヨシタカ。本人曰く
ノーヒットノーランするつもりで
マウンドに上がったとのこと…。
さて、立ち上がりは思惑通り快調で
三者凡退に切って取りました。
裏のメッツ攻撃も相手投手を
打ちあぐね0点でした。

二回の表裏も互いに得点出来ず
試合は投手戦の様相を呈してきました。

動きがあったのは三回の表、
メッツは守備陣の乱れから
3点を献上してしまいます。
これで勢い付いたジュニキンは
盗塁やバントをからめて揺さぶりをかけ
続く四回には1点、五回にも2点と
着々と加点していきます。

かたやメッツは四回終わって0行進。
しかし、五回の裏、相手投手の制球が乱れ
スコアリングポジションにランナーが貯まりました。
ここでバッターは5番のカイト。
2ストライクと追い込まれながらも、
勝負球を果敢に振りぬいた
見事な流し打ちは三遊間を抜け
タイムリーヒットとなります。
これで動揺したのかジュニキンの守備も乱れ、
この回一挙3点を返す事が出来ました。

ここでメッツはユウダイがリリーフ登板。
試合後半を締めてくれましたが、
メッツ打線も結局ジュニキンの継投にかわされ
3対6で敗れました。


試合後のミーティングでは、
選手達みんなで話し合い
全員が全員に対して約束をしました。
それは
「何事も積極的にする。
守備では下がらない。
攻撃では2ストライクから
見逃しはしない。」

公式戦はもう無いけど、送別大会まで
「何事も積極的でいきます」というものです。
既に日も暮れはじめ私が
「今日は終わりにしよう」と言ったとき、
皆が「5分でいいからシートノックしてください」と
言ってきてくれた事に子供達の決意が伺えました。
これからも野球を続ける君たち。
中学生になっても
「何事も積極的にいこう」を
忘れないでください。
by kuki


なお、豊洲グランドのメッツ側では
同時間帯にCが豊洲ジュニアキングと
練習試合を行いました。
その様子です!

スポンサーサイト

Aチーム白、秋の大会1回戦

9月26日(日)、先週の紅に続き
行われたAチーム(白)の深川大会1回戦。
(対辰巳シーレックス)

今回のリポートは28番でベンチ入りしていた
どすこい部屋の親方が書いてくれました!


キャプテン・ヒロキが先攻後攻ジャンケンで
先攻を選びプレイボールとなりました。

1回表、メッツの攻撃は5年生のダイチから。
ダイチが思い切りよく振り抜いた打球は
ライトの頭上を越え、いきなりの3塁打!
2番・タイセイのショートゴロの間に
俊足のダイチがホームイン!
相手投手の立ち上がりを攻め1点を奪うと、
続く3番・ダイちゃん、4番・コウキも連続ヒット!
しかし、後続が続かず1点止まりでした。

先発はタイチ!
先頭打者を三振に取り上々の立ち上がりで、
1回を無失点に抑えます。

メッツの攻撃は2・3回と三者凡退。
タイチも2・3回と粘り強く投げましたが、
味方のエラーで4点、3点と奪われてしまいました。

4回の表、キャプテン・ヒロキの執念の
ヘッドスライディングで内野安打も、
残念ながら得点にはいたらず…。

1対7で迎えた5回ウラ、好投を続けていたタイチ、
簡単にツーアウトを取りますが、
ヒットとエラーで満塁のピンチとしてしまいます。
迎えるは、今日2安打を打たれている5番打者。
渾身の3球目、レフトの頭上を越すツーベース。
7点差となってしまったため、大会規定により
コールドでゲームセットとなりました。


試合は、負けてしまいましたが、
楽しんで試合をしていたのが一番嬉しく思います。
A紅、A白共に敗れ、メッツAとしては
公式戦が終わってしまいましたが、
選手達には良い思い出に
なったのではないでしょうか?
失敗は誰にでもあります。
失敗を恐れずに、どんなことにでも
チャレンジし続けて下さい。
みんなが、応援していますよ!

5年生諸君、今以上に声を出し
後輩達の手本となって、
メッツを引っ張っていって下さいね。
期待しています。


どすこい部屋親方、渾身のリポート、
ありがとうございました!

Cチーム(紅)の練習試合!!

Cチーム(紅)練習試合のリポートを
イシカワ監督がお送りします。



三連休の初日となる18日(土)に
大島小松川グランドにて、
深川大会前の練習試合を行いました。
相手は久松クラブさん。
本当にありがとうございました。

この日は、本番を想定し試合に入りました。
先発ユウダイは無難な立ち上がりで
2回まで順調なピッチング。
女房役の捕手レオは、落ち着いて盗塁を阻止、
中堅手O・ケントの安定した守備も光りました。
打線は、相手投手3人に対し
快音が…単打でコツコツ!
4回からは、最近ナイスリリーフのアツシが登板。
一発は打たれはしましたが、
要所を締め8対4でゲームセット。


初戦前ですが、細かい調整、練習をして本番に。

初戦は10月3日(日)、
夢の島5面11時プレイボール。
一戦必勝で臨みます。
選手に勇気を与える応援を宜しくお願い致します。
Met's Ishikawa


イシカワ監督のリポートでした!
それにしてもCチーム(紅)、いい感じですね!
この調子で秋の大会もがんばっていきましょう!!

画像で拝見しましたが、イノウエ審判員の
球審姿もなかなかいい感じ!!
この道○十年のベテランといった感じで(笑)。
深川大会での球審デビューも近いのでは?

C白、2度目の練習試合

Cチーム(白)の練習試合の様子を
カワシマコーチのリポートでお届けします!



9月20日(月)、Cチーム(白)が
練習試合(VS春日橋ファイターズ)を
東雲小学校で行いました。

今回は初戦の時の緊張も少しは薄れ、
楽しんで試合が出来たと思います。

先発は、初戦と同じY.ケント。
この日は、試合前の投球練習で絶好調!!
何かやってくれそうな予感。
でも、やはり、まだまだ経験不足の為、
また少し緊張もありフォボールが先行。
ランナーをためてはワイルドピッチなどで
大量点を許してしまいました。

そして1回の裏、メッツの攻撃は
初戦のミラクルな攻撃を思い出させるように、
みんなが粘りの攻撃をして5点を返しました。

2回もピッチャー:Y.ケントは制球が定まらず
少し頭痛もあった為、あえなく降板。
でも、1試合1試合確実に経験をつんでいます。
これからに期待できるピッチングでした。

ここでピッチング練習もまだ少ない
ソウジロウがマウンドヘ!!
そして、セカンドには、初ポジションのユウタ。
ソウジロウはあまく入った球を
連打されてしまいましたが、
カンスケ、トオルなどの好プレーで
後続を抑える事が出来ました。

2・3回のメッツの攻撃は、
相手ピッチャーの速球について行けず
あえなく凡退。

逆にメッツ3・4回の守り。
ピッチャー:コウヘイに交代するも、
ランナーに気を取られフォアボールが先行。
大量点を許してしまいました。
でも、ピッチャーは大変なポジションです。
経験をどんどん積んで大きくなって欲しいものです。

また、ピッチャーが辛い時、
全員で声を掛けれるようになると
もっと良いと思います。

最終回には、カンスケの豪快な
レフトオーバーの二塁打をはじめ、
午前中熱を出して練習が出来なかった
アカネも根性の出場。
ツーアウトになっても誰も諦めることなく、
追加点をあげる事が出来ました。
この諦めないメッツ魂を今度の本大会に
活かして欲しいと思います。
期待しています!


試合は、大差で負けてはしまいましたが、
あの最後の粘りは、今後の試合につながる事でしょう。
中でも、強烈なセンター前ヒットを難無く抑えたサラ、
レフト線を抜かれた打球も
一生懸命追いかけたリョウタ、
そして、大事な場面で
無難にライトゴロを処理したアカネと
みんな必死に試合に挑んでいました。

今回もご父兄の方々の
たくさん応援ありがとうございました。
引き続き、深川大会の応援も
よろしくお願いします!

深川秋季大会開幕~開会式&Aチーム(紅)1回戦~

三連休の中日となった9月19日(日)、
深川秋季大会の開会式と
A紅チームの1回戦が夢の島グランドで
行われました。

今回の秋季大会にはA紅白2チーム、
C紅白2チームの計4チームが参加。
開会式ではCチームのチビッコたちも
元気いっぱいの行進を見せてくれました。
(Aのユウヤは国旗を持って行進!)


開会式の直後に行われた
Aチーム紅の1回戦(対潮見パワーズ)。

先発はエースのヨシタカ。
初回、先頭打者に2塁打を打たれ、
ワイルドピッチが重なり1点を先制されてしまいます。
しかしその後は持ち前の打たせてとる投球が冴え、
要所要所を三振で締めるなど
素晴らしいピッチングを見せてくれました。

ヨシタカ同様、パワーズの投手も緩急を織りまぜた
素晴らしいピッチング。
初回、先頭打者のケイがヒットで出塁するも
後が続かず無得点。
2回にもツーアウトから7番・シュンが
センターオーバーの2塁打を放つも無得点と
なかなか得点できません。
ヨシタカも粘り強いピッチングを続けていましたが
5回に甘く入ったストレートを相手2番打者に
捉えられランニングホームランで1失点。
6回からは抑えのユウダイが登板。
ツーアウトをとるも振り逃げで出塁を許したランナーが
三盗を試みた際、運悪くその送球が
ボールデッドとなり1失点。
メッツは0-3のまま、6回裏の
最終回の攻撃を迎えました。

6回裏、メッツ最後の攻撃。
四球をきっかけにツーアウト、
ランナー1・2塁までいきましたが
パワーズの好投手を打ち崩せず
試合は0-3での敗戦となりました。


無念のA紅、1回戦敗退。
思うところはいろいろありますが
A白の1回戦が23日・木曜に控えているので
下を向いている暇はありません。
紅の選手たちはこの悔しさを、
そして男の涙を忘れないでください。

23日は紅も全員で応援にいく予定です。
白チーム選手は紅の選手たちの分まで
グランドで思う存分その力を発揮してください。

また、Cチームの白がA白と同日、
11時より夢の島グランドで1回戦に臨みます。
(C紅の1回戦は26日以降となる予定です)

AもCも一丸となってがんばっていきましょう!

追記:Kコーチが二足の草鞋としてがんばっている
フットサルクラブ(大人)のブログをリンクに追加しました。
Kコーチがプレイングマネージャーとしてがんばっています。
サッカーに興味のあるご父兄がいましたら
ぜひご参加をお願いします!

Aチーム紅・白、ダブルヘッダー!

深川連盟秋季大会が19日よりスタートしますが
Aチームは紅・白の2チームが出場します。
そんなこともあって、9月12日(日)、
豊洲グランドにて午前中にA紅が、
午後にA白がそれぞれ練習試合を行いました。

まずは江戸川エスパーさんとの紅・練習試合。
エスパーの投手は身長も高く、
上から角度のあるストレートをビシビシ投げ込んできます。
そんな好投手の前にメッツ打線は3回まで
ノーヒットと沈黙…。

メッツのエース、ヨシタカも打たせてとる
ピッチングが冴え渡り3回まで無失点。

この息詰まる展開は先週の関団連1回戦と同じです。
均衡が破れたのは4回でした。
4回表、エスパーの攻撃。
ツーアウトをとるも四球の後、
三塁打を放たれ1点を先制されます。
しかしここでヨシタカがふんばり
1失点のみでこの回をしのぎます。
その裏、メッツの攻撃。
2巡目ということで選手たちの目も
相手投手の速球に慣れたのか
2番・トモキが痛烈な左中間ライナーで出塁。
(トモキらしい久々の当たり!)
その後ツーアウトから4番・タクミが得意の右打ちで
右中間を破る3ベースで同点!
さらに5番・シュンが左中間に弾丸ヒットを放ち
瞬く間に逆転に成功!
6番・カツノリもセンター前ヒットを放つなど
久々につながりのある打線を見ることができました。

試合はそのまま投手戦となり、
しびれる攻防が続き、
メッツが1点リードのまま最終回の7回へ。
ここでメッツは投手をヨシタカから
ユウダイへバトンタッチ。
抑えで登板したユウダイが相手打線を
見事3人で切ってとり、
2-1でメッツの勝利となりました。


この試合、実に見応えのあるナイスゲームでした。
急なお願いにも関わらず練習試合を受けていただいた
江戸川エスパーのみなさん、
本当にありがとうございました!

続いて午後は越中島ファイターズさんと
白が練習試合。
先発はサウスポーのタイチ。
打たせてとるのが身上のタイチですが
久々の登板で自分のリズムを取り戻すのに
結構時間がかかりました。
4回を投げて10失点でしたが回を重ねるに連れ
内容はよくなっていきました。
次回の登板につながるピッチングができたと思います。

投手は5・6回と同じくサウスポーのタイセイが登板。
5回こそ持ち前のストレートが威力を発揮し
0点に抑えたものの、6回は制球が定まらず4失点。
最終回に登板したハルノスケも3失点。
メッツ最終回の攻撃で3点を返すものの
試合は結局6-17での敗戦となりました。


今回の白の試合、守備はともかくとして
打線の方がちょっと湿りがちでした。
相手の大量得点に対し、メッツは6回まで
3得点と寂しい内容。
入部間もない5年生メンバーにヒットが出ただけに、
(ショウキとリョウ、ナイスバッティング!)
6年生にはもうひとふんばり、
がんばってもらいたいところです。
(秋の大会まで残すところあとわずか。
1日50本でいいので毎日素振りをしよう!)
打線爆発だった越中島ファイターズのみなさん、
練習試合ありがとうございました!
秋の大会、お互いにがんばりましょう!

6年生にとって最後となる秋の大会が
19日にいよいよ開幕します。
まずはそのオープニングゲームに
メッツA(紅)が出場します。
エスパー戦で見せた勝利への執念、
チームワークがあればきっと勝てます。
全力野球、全員野球で
立ち向かっていきましょう!
いくぜ、メッツ!!

Cチーム(白)、初の練習試合~チビッコ軍団・大活躍!の巻~

メッツの元気いっぱいの
チビッコ軍団・Cチーム(白)が
9月11日(土)、夢の島東グランドで
初めての練習試合に臨みました!

果して結果はどうだったのか!?
カワシマコーチのリポートでお送りします!

Cチーム(白)の初めての
練習試合(VS東陽フェニックス)。
少し硬い雰囲気もありましたが、
試合ができる楽しさをみんなが感じながら元気に
試合に臨みました!!

先行はメッツで試合開始。
1回の表、2番Y.ケントがピッチャーゴロのエラーで出塁し、
盗塁を絡めてワンアウト三塁。
3番ヨシキのサードゴロの間に1点先制。
幸先の良いスタートをきりました。

メッツ先発は、Y.ケント。
1番バッターのアンラッキーなヒットを皮切りに
フォアボールとエラーなどが続き、
試合なれしていない選手にとっては、
とても辛く長~い1回裏の守備でした。
そんな中でも、Y.ケントは切れの良い
ボールもコースに決まり、2つの三振を取るなど
要所に良い所も出て今後に期待できるものとなりました。

2回の表も、まだあきらめていないメッツ(白)軍団は、
ソウジロウ・サラ・トオル・アカネ・カズの
フォアボールを足掛かりに2点を返しました。

2回の裏、練習試合初登板の
ピッチャー:コウヘイ!
初めてのピッチャーに緊張したのか
制球がさだまらず、苦い初登板となりました。
途中、強烈なライナーをファースト:トオルの
ファインプレーもありましたが、
最後はこれまた練習試合登板の
ピッチャー:ユウに代わり後続を抑えました。

3回の表、ここからメッツのメイクドラマの始まり・・・。
新入部員のユウタ・リョウタも初めての試合で
ホームインし、それに負けじと、ソウジロウは
2打席連続のデットボール、
2番Y.ケント、3番:ヨシキ、4番:カンスケ、
6番:ムサシ、7番:トオルのヒットも飛び出し、
ナッ、ナッ、ナント・・・・・・・・・。
1イニングで打者二巡の22点をあげ逆転!!

最終回は、ピッチャー:ユウが、
ホームランは打たれたものの
フォアボールでだした最後のランナーも
落ち着いた牽制球でアウトにし、
長い、長~い試合を25対23で
初勝利をものにする事が出来ました。


この試合の勝因は、全員野球ができた事、
そして、サードランナーコーチ:サラが、
新入部員:リョウタにリードの仕方を教えてあげて
無事にホームインさせるなどみんなの成長が伺えました。
これから、もっと、もっと頑張りましょう!!

また、イシカワ監督をはじめ、ご父兄の方々の
たくさん応援ありがとうございました。
選手達も、これから日々成長していきます。
また、今週からは、秋の深川大会も始まります。
更なる応援をお願いします!


以上、カワシマコーチのリポートでした。
お疲れさまでした!

C白チームが早くもミラクルメッツの
片鱗を見せてくれたようで何とも頼もしい限りです。
秋の大会へ向けがんばっていきましょう!
練習試合を受けてくださった
東陽フェニックスのみなさん、
本当にありがとうございました!

Bチーム、関団連ジュニア1回戦突破!

9月11日(土)、関団連ジュニア(5年生以下)の
1回戦(vsスワギ)が豊洲グランドで行われました。

初回表、メッツの攻撃。
ツーアウトを簡単に取られるも
3番ハルノスケの3塁打をきっかけに
6番レオのタイムリー2塁打などが飛び出し
一挙6得点。

この大量得点が先発ハルノスケに
余裕を与えてくれたのでしょう。
初回裏、スワギの攻撃、
ヒット、デッドボールなどが続き
なんだかいや~な流れ。
しかしショート・ケンの落ち着いたプレーなどもあり
2失点で初回を切り抜けることができました。

打線は3回にレオ、リョウの連打で2得点、
最終回にはダイキ、ユウダイ、グッシーの3連打で
3得点と理想的な試合運び。

守備のほうもメッツ三遊間(ケン、アツシ)の鉄壁の守備、
レフト・グッシーのナイスプレーなどに支えられ
先発・ハルノスケが久々の5回完投。
キャッチャーを務めたユウダイもキャッチング、
セカンドへの盗塁阻止などよくやってくれました。
バッテリーがしっかりすると試合も締まります。
試合は11-5でメッツが勝利しました。


この日、選手たちが最高のパフォーマンスを
披露できたのも、ベンチ裏で熱中症予防に
慌ただしく動き回っていただいたお母様方のお陰だと思います。
また、暑い中、選手たちの応援に駆け付けてくれた
ご父兄のみなさまもありがとうございました。
(審判にご協力いただいた
トチヤマ、イノウエ両審判員にも感謝申し上げます!)

次戦も今回のように理想的な試合運びが
できるといいのですがそれはなかなか難しいでしょう。
とにかく1戦1戦を大切に戦っていくしかありません。
4年生主体のBチームは日ごとに成長しております。
今後の戦いにも大いに注目してください!

リョウ、初ホームラン!(Cチーム練習試合)

9/5(日)、旗の台ワールドさんにお招きいただき、
荏原平塚中学校グランドにて、
C(紅)チームの練習試合を行いました。

メッツ先攻で試合開始。
上位打線の出塁から、
五番打者リョウがライトネット直撃の
ホームランを放ち4点を先制。
リョウの放った当たりは
強烈な弾丸ライナーでした。
本人も一塁ベース手前で思わず両手でガッツポーズ(笑)。
その後、二回・三回と小刻みに追加点。
守りは、先発したユウダイが相手打線につかまり、
三回を投げ6失点。
継投したアツシは制球もよく
二回を無失点で抑えるナイスピッチング!
試合は8対6で勝利しました。


この日、またまたミスの連鎖から
大量失点につながる怖さを知った選手達!
「集中しないと」とゲーム中、ミーティングで徹底…

旗の台ワールドさんには、
大変お世話になり感謝申し上げます。
ありがとうごさいました!

保護者の皆様、暑い中お疲れ様でした。
もうすぐ深川秋季大会の開幕ですので
引き続きサポート&応援を宜しくお願い致します。

Met's Ishikawa

関団連・秋の大会、本大会1回戦

9月4日(土)、関団連本大会の1回戦、
対千束ファイターズが丸子橋グランドで行われました。

9月だというのに真夏のような陽差しの中、
メッツのエース、ヨシタカ、
さらに相手チームの投手の好投で
試合は1点を争う大接戦となりました。

途中、シュンのファインプレーがあったり
(ファールフライをダイビングキャッチ!)
ユウダイの同点タイムリーがあったり、
これまたシュンの逆転タイムリーがあったりと
光るプレーが随所に見られました。

そして大接戦、2-2の同点で迎えた最終回。
息詰まる展開の試合は両チームの
我慢比べでもあります。
9人対9人の我慢比べ。
水に着けた顔をどちらが長く着けていられるか。
残念ながら最初に顔を上げてしまったのは
メッツのほうでした。
試合は2-8での敗戦となりました。

ああいう緊張感は公式戦でしか味わえません。
そして、あのしびれる感じがスポーツの
醍醐味でもあります。
「こんな戦いができてうれしい」
「この場にいれて幸せだな」と思えれば
緊張で硬くなることも少なくなるはずです。

深川秋季大会が始まる前に、選手たちは
とてもいい経験ができたと思います。
深川大会でもきっと我慢比べが続くことでしょう。
今度はみんなであのしびれる感じを楽しみ、
仲間と、そして相手チームにも感謝し、
「絶対に負けない!」という
強い気持ちを持って戦っていきましょう!
(深川大会は19日に開幕します)

深川秋季大会・抽選会速報

メッツは秋の大会、
AとCともに2チーム(紅・白)が
参加することになりました。
そして本日、その抽選会に
Aチーム(紅)タクミ主将と(白)ヒロキ主将、
Cチーム(紅)ユウダイ主将と(白)カンスケ主将とともに
行って参りました。
抽選会前、若干緊張の面持ち?(笑)
100905_1758~01
CA3B0004.jpg

気になる結果は!?

【Aチーム】
→VS潮見パワーズ
勝つと越中島ブレーブス
→VS辰巳シーレックス
勝つと越中島ファイターズ、レッドソックス、
深川パイレーツの勝者。

【Cチーム】
越中島ブレーブスvs東陽フェニックスの勝者。
勝つと深川ホークスvsパイレーツの勝者。
深川ライナーズ
勝つと潮見パワーズ(白)vsレッドソックスの勝者。

以上となりました。
AもCも張り切っていきましょう!

旗の台ワールドとBチームが練習試合

来る関団連1回戦に備え
Bチームが8月29日(日)に豊洲グランドで
旗の台ワールドさんを招き、練習試合を行いました。
(練習試合を受けていただいた旗の台ワールドの
みなさん、本当にありがとうございました)

5年生の少ないBチームですが
この日は4人が先発メンバーとして出場。
4年生と共に久々の試合に挑みました。

先発のハルノスケは4回を投げて7失点。
5・6回と登板したユウダイが
2回無失点と好投しただけに、
ハルノスケには先発投手として、
さらに5年生としてがんばってほしいと思います。

打線の方は四球やヒットで出塁するものの、
相手投手の巧みな牽制にやられたりして
なかなか得点できず。
しかし4・5・6回とタイムリーヒットが
飛び出し1点ずつ加点。
試合は4-7で敗れてしまいましたが、
つなぐ野球がちょっとずつ
できてきたように思います。

Bチームの関団連1回戦は
9月11日以降に入る予定です。
発展途上のBチームですが
みんな着実に力をつけています。
ひとつでも多く勝てるよう、
力を合わせがんばっていきましょう!

練習試合(対北砂アイガー)、A&C戦

8月28日(土)、北砂アイガーさんの
お招きにより、夢の島東グランドで
CとAが練習試合を行いました。
まずはCの試合からスタート。
リポートはイシカワ監督です。

メッツ先攻で試合が始まり、
中盤まで4対0でリードするも
4回裏に7点と逆転され4対7で敗戦となりました。
打線も2安打と相手投手を崩せず沈黙!
気持ちのどこかで隙があり
集中力が切れてしまいました。
今後は気合いを入れ直し、
深川大会モードに切り替えが必要です。
一球の怖さを痛感した試合でした!

Met's Ishikawa

続いてAの試合。
この日は病欠、行事などで欠席者が多く
ベンチ入りは11人。
Aには珍しく、少ない人数での戦いとなりました。

先発はタクミ。
立ち上がり、球が浮いたところを
強打のアイガー打線に捉えられ5失点。

その後、ユウダイがリリーフし、好投。
終盤は秋の大会を見据えて
タイチも登板しました。
打線のほうは速球派の相手投手から
小刻みに点を奪いましたが
試合は4-10での敗戦。

負けはしましたが打線は上向きだと思います。
秋の大会に向け、さらに振り込んでいきましょう。
合言葉は
「練習は嘘をつかない!」
です!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ