送別大会・対戦相手決定!

1月29日(土)、送別大会の
抽選会が行われました。

抽選会初参加となるタイセイ主将は
緊張の面持ちでしたが抽選の結果、
対戦相手は
A(紅)→潮見パワーズ
B(白)→辰巳シーレックス
に決定しました。
紅・白ともに昨年の秋の大会と
同じ対戦相手という奇跡的な組み合わせ。

6年生最後の大会となる送別大会は
2月11日(祝)に開幕します。
いい思い出が残せるよう
チーム一丸となってがんばっていきましょう!
スポンサーサイト

豊洲杯2回戦(対東陽フェニックス)

1月23日(日)、豊洲グランドにて
豊洲杯の2回戦(対東陽フェニックス)が
行われました。

この日も午後の2試合目。
しかし風はなく、先週ほどの
寒さではありませんでした。

メッツ後攻で試合はスタート。
先発は新エースの貫祿が
徐々に出てきたノリヒコ。
初回は2三振を含む三者凡退と
上々の立ち上がり。

打線は初回こそ三者凡退だったものの
2回裏の攻撃で相手投手の乱れに乗じて
打者一巡の猛攻で8得点。

4回まで無失点だったノリを引き継ぎ
5回には4年生・レオが登板。
立ち上がり、投球がやや浮く場面も
見られましたが、4年生らしからぬ
速球で相手打線を封じ込め
メッツは8-0の5回コールドで
勝利を収めました。


これでメッツはベスト4に進出。
準決勝は30日(日)に豊洲グランドで
行われます。(決勝も同日開催)
準決勝の相手はいつも隣同士で練習している
豊洲ジュニアキングさん。
きっといい試合になると思います。
たくさんの応援をお待ちしております!

新C、C、Bの練習試合~トリプルヘッダーの巻~

1月22日(土)、
午前中にCが豊洲グランドで、
午後に新C(3年生以下)が東雲小学校で、
さらにBが亀戸中央公園で
それぞれ練習試合を行いました。

まずは午後、東雲小学校の校庭にて
行われた越中島ファイターズ戦を
カワシマ新監督のリポートでお届けします。


新Cチームの2011年新体制での初試合となり、
ケガを許されない9人ギリギリでの試合となりました。
ピッチャーの2人は、新体制になってから、
まだ本格的にピッチング練習もしていませんでしたが、
先発のトオルは、緩急をおりまぜながら
四球なく打たせてとるピッチングを見せてくれました。
Y.ケントは、切れのあるボールで三振を積み重ねました。

打線のほうも、ファイターズさんのピッチャーが
とても良く球速もありましたが、
全員が思い切ったスイングもでき、
合計9本のヒットを放ちました。
そんな中でも3番M.コウヘイ、
4番リンコ、5番ユウと2本づつの固め打ち!!

守備では、レフト:サラは広いレフトを俊足を活かし、
セカンド:アカネは、堅実なプレー、
そして、2年生のカズ、リョウタは、確実なカバーと
一人一人が自分の役割を考えて試合をしています。
まだ、エラーやミスも多いですが、
各選手のやる気がひしひしと感じられました。



以上、カワシマ新監督のリポートでした。
スコアは7対13の敗戦でしたが
新Cチームも春の大会へ向け
着実に成長しているようです。
コウヘイ新主将のもと
チームワークでがんばっていこう!

Cも豊洲グランドで越中島ファイターズと。
その様子です。


そして午後、Bチームは亀戸中央公園の少年野球場で
ひまわりレンジャーズと練習試合を行いました。
翌日に豊洲杯を控えていることもあり
この日はノリ、ダイチ、ハルノスケの3人が登板。
2回までは2-1とリードしていましたが
3回に4-5と逆転を許し、
その後は取って取られての展開。
6回終わって8-8の同点となりましたが
最終回の7回に粘り強いバッティングの
レンジャーズに2点タイムリーを許し
試合は8-10の敗戦となりました。


4年生選手たちは午前中のCの試合と
ダブルヘッダーとなりましたが
疲れも見せずにがんばってくれました。
遠征にお付き合いいただいた
ご父兄のみなさま、ありがとうございました。
明日は豊洲杯2回戦です。
4年生を引っ張る5年生たちに
「負けるもんか!」という強い気持ちが出てくれば
さらにBチームは伸びていくと思います。

この時期にしては珍しい
1日3試合の練習試合をお届けしました!

懐かしい写真(笑)

今から約4年半前、
2006年の春の大会のCチームの試合前の様子です。
この中に
現6年生、3人(当時2年生)、
現5年生、2人(入学したての1年生)が写っています。
分かりますか?
こんな時もあったんだねぇ~(笑)と懐かしくなります。

ちなみに誰もが分かるカイトはこの時3年生。
やっぱりデカいッ(笑)。
あと後ろにちょこっと写っている監督は
当時“鬼軍曹”と呼ばれていたオザワ監督です(笑)。
(画像をクリックすると拡大されます。
別ウィンドウは最大にしてご覧ください)
RIMG3488.jpg

上の天水、閉店のお知らせ

メッツの監督、コーチ陣の憩いの場として、
さらに選手たちの激励会の会場として
度々お世話になってきた三角公園そばの天水
(通称:上の天水)が
1月をもって閉店することとなりました。
34年に渡り、営業を続けてきた天水さんは
地域とも密接なつながりがあり、
メッツ関係者はもちろん、東雲地区の
みなさんに親しまれてきた名店でした。
それだけに店を閉じてしまうのは
大変残念でなりません。

しかし、これも時代の流れというものなのでしょう。
34年間、本当にお疲れさまでした。
そしてありがとうございました!

マスターはこれからも本店(通称:下の天水)で
腕を振るうそうです。
みなさんには引き続き、下の天水
ご愛顧いただければ幸いです。

さらに、先日、マスターより
うれしいご提案があり、
メッツとしてはこのご提案を
ありがたく受けさせていただくことになりました。
詳細は後日、連絡網にてお送りします。

最後にもう一度、
天水のみなさん、34年間お疲れさまでした!
そして、ありがとうございました!

ミラクル・メッツ発進!!~豊洲杯・1回戦~

1月16日(日)、新年最初の大会となる
豊洲杯が開催され、メッツBチームは
オール麻布との一回戦に臨みました。

写真は午前中に行われた
全16チーム参加による開会式の様子です。
IMGP6623.jpg

午後に1回戦が豊洲グランドと
ちょっと離れた辰巳グランドでそれぞれスタート。
メッツは豊洲グランドでの第2試合。
寒い中、各選手ともにコンディションを保つのも
大変でしたが予定より30分遅れの
14時30分に試合が始まりました。

それにしてもスゴい試合でした。
ちょっと長くなりますがお付き合いください。

メッツは後攻、先発はノリヒコ。
トップバッターに四球を与え、
その後盗塁、パスボールなどで
ランナーは3塁に。
3番打者にライトゴロを打たれ1点を失いますが
5回まで失点はこの1点のみ。
2~5回はランナーを抱えながらも
我慢のピッチングで相手打線を
無失点に抑えてくれました。

打線の方は相手の好投手の前に沈黙。
四球で出たランナーをスコアリングポジションに
進めるもホームベースが遠い展開となりました。

そして迎えた時間切れの最終回6回の表、
オール麻布の攻撃。
トップバッターにエラーで出塁を許し
盗塁、ワイルドピッチ、パスボールが重なり
2点目を許してしまいます。
スコアは0-2。

メッツ最後の攻撃、6回裏。
ここで得点できなければ初戦敗退となってしまいます。
トップバッターの2番・ユウダイが
レフト前に綺麗に流し打ち出塁!
続くキャプテン・ハルノスケが
ベンチの期待に応えレフト外野ネット直撃の
エンタイトルツーベースを放ちます。
ここでサードランナーはピンチランナーとして
ユウダイ→ダイキに交替。
そのダイキがワイルドピッチを見逃さず
ナイス走塁でホームを踏みスコアは1-2。
しかし後が続かずあっという間にツーアウト……。
でも選手たちは諦めませんでした。
サードランナーのハルノスケが
ダイキに続き、ワイルドピッチの瞬間に
ホームインし2-2の同点!!
(後で確認したところ、ハルノスケは
ホームスチールしてでも本塁に
突入するつもりだったらしいです) (;^_^A
そして試合はサドンデスの延長戦に突入しました。
(豊洲杯のサドンデスルールは
無死満塁からスタートします)

表のオール麻布の攻撃。
サード・ショウキの好守備と
ノリヒコのナイスピッチングで簡単に2アウトを取るも
その後、エラーとヒットで4点を入れられてしまいます。
スコアは2-6。
もはやここまでか……。
しかしサドンデスというのは面白いもので
4点入れば裏に4点入ったり、
あるいは表0点で「ここまでか…」と思うと
裏も0点だったりと拮抗した展開が続くことも
珍しくありません。
もちろん、メッツの選手たちも
諦めてはいませんでした。
トップバッター・Kリョウのセカンドゴロの間に1得点。
ワンアウトからグッシーのヒットで一挙2得点で5-6!
続くダイチもセンターにヒットを放ちグッシーが生還!
6-6の同点!!
ここで好投を続けてきた相手投手に疲れが出たのか
ユウダイ、ハルノスケが連続四球。
ワンアウト満塁となりムードは押せ押せ、
ベンチの盛り上がりも最高潮。
この日、7回を投げきった新エースであり
4番のノリヒコが打席に向かいました。
頼むぞノリ!!
相手投手の疲労はこの時ピークだったのでしょう。
抜け気味に投じられた球がノリヒコの体を直撃し
なんとサヨナラデッドボールに。
スコアは7-6。
日も暮れかけた中、メッツの勝利で
約2時間におよぶ長い試合が幕を閉じました。


寒い中、選手たちは本当によくがんばりました。
1点を争う緊張感みなぎる試合、
パスボールやワイルドピッチはあったものの
両チームともに野手のエラーも少なく
とても締まった試合でした。
最後まで諦めず、勝利を手にできたのは
選手たちの力であり、
彼らにとってもこの勝利は
大きな自信となったはずです。

しかし何より、この日の試合は
両チーム投手の好投に尽きます。
寒い中、両投手ともに素晴らしい
ピッチングを見せてくれました。
いい試合ができたこと、
お互いにひとりで投げきった両投手に
感謝したいと思います。

また、この日も選手たちのために
たくさんのご父兄が応援に駆けつけてくれました。
寒さを吹き飛ばす熱い声援が
選手たちの力となったことは間違いありません。
本当にありがとうございました!

来週2回戦の相手は東陽フェニックスです。
豊洲杯・トーナメント表

引き続き、選手たちへの声援&サポートを
よろしくお願いします!

新年一発目の練習試合

1月10日(月)、晴海アポローズさんを招き
Bチームが練習試合を行いました。

メッツの先発はノリヒコ。
初回、1四球を挟みツーアウトを取るも
その後エラーや四球が重なり5失点。
いきなりのビハインドでどうなることかと思いましたが
2回の守備からチームも落ち着き
失点は初回の5点のみ。

打線は初回に2点、
2回裏の攻撃では相手のミスに乗じて
打者一巡の猛攻で13得点。
新年最初の試合は15-5で勝利を収めました。


勝ちはしたものの、サインの見逃し、
肝心なところでのエラーなど
課題も多々ありました。
来週からは豊洲杯もスタートします。
寒い中での試合となりますが
一球に集中する気持ちは切らさずに
一試合一試合を戦っていきたいと思います。

Bチームはまだまだ発展途上。
今後の活躍に期待してください!

東雲メッツ、始動!!~参拝&新年会の巻~

メッツの新年の幕開けを飾る恒例の
富岡八幡宮参拝&新年会が
1月8日(土)に行われました。

まずは午前中、富岡八幡宮に一同総出でお参りに。
この日は晴天、風もなく、絶好のお参り日和。
豊洲グランドを出発し、
IMGP6434.jpg
ゆっくりゆっくり(笑)歩くこと約40分。
富岡八幡宮に到着。
ちょっと時間があったので境内で休憩&トイレタイム。
IMGP6439.jpg
IMGP6441.jpg
IMGP6448.jpg

人気者の3年生・ユウ(笑)。
IMGP6452.jpg

全員で必勝を祈願した後に記念撮影。
IMGP6455.jpg

富岡八幡宮を後にし、豊洲グランドへと向かいます。
IMGP6460.jpg

歩道橋を越え、
IMGP6470.jpg

ゆっくり、のんびり歩き、
IMGP6478.jpg

おしゃべりしながら楽しく歩き、
IMGP6482.jpg

橋を元気に渡り、
IMGP6487.jpg

この日は監督、コーチ陣のほか、
マスモ代表や救護車係として
ナワテコーチも同行してくれました。
みなさま、ありがとうございました!

豊洲グランドに到着後、
マスモ代表が音頭をとり、
一年の無事を祈りながら
グランドに御神酒を捧げました。
IMGP6500.jpg

その後、休憩を挟み、一行は東雲小学校へ!
豊洲交差点付近。
IMGP6507.jpg

約30分かけて東雲小学校に到着。
グランドに一礼した後、
再びみんなで御神酒を捧げました。
IMGP6508.jpg

その時の動画です!↓(ちょっとだけですが(笑))


富岡八幡宮→豊洲グランド→東雲小学校の
大行脚を無事済ませ、一行は
トミンタワーの新年会会場へと向かいました。

お腹の減った選手たちを待っていたのは
お母さん方手作りのおいしい料理!
IMGP6539.jpg

その他の参拝&新年会の様子は
メッツのフォトアルバム
すべてアップしておりますのでぜひご覧ください!


参拝の付き添いとしてご協力いただいた
監督、コーチのみなさま、お疲れ様でした!
また、新年会で会場の設営や
料理などにご尽力いただいたお母様方、
いろいろとありがとうございました!

メッツの一年が新たにスタートします。
今年も東雲メッツを
よろしくお願いいたします!!

明けましておめでとうございます!

blog1real1.jpg

2011年が幕を開けました。
実り多き一年となるよう
チーム一丸でがんばっていきましょう!

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ