朋優学院、ベスト4入りならず

メッツOB木名瀬君の活躍などで
高校野球東東京大会で快進撃を続けていた
朋優学院が7月27日(水)、ベスト4入りをかけて
昨夏の覇者である強豪・関東一高
神宮球場で対戦しました。

朋優学院の先発は我等が木名瀬君!
TKY201107280203.jpg
木名瀬君は強打の関東一高打線を
3回まで3失点と好投しましたが
4回につかまり降板。
5回から3年生エースが継投しましたが
地力に勝る関東一高の勢いを止めることができず
試合は0-10のコールド負けとなってしまいました。
kinase.jpg

朝日新聞・高校野球面の記事です!↓
強力打線に全力 1年生左腕・木名瀬和也君 東東京大会

背番号20の1年生投手として朋優学院の
快進撃を支えた木名瀬君は本当によくがんばりました!
試合後の3年生の先輩たちの笑顔もとても印象的でした。
木名瀬君の高校野球生活はまだ始まったばかりです。
来年、再来年とさらに飛躍してくれることでしょう。

この試合で勝利した関東一高は
メッツ・コーチ3名の母校でもあります。
関東一高には2期連続の甲子園出場目指し、
がんばってほしいですね。
スポンサーサイト

関団連(ジュニア)で初ナイターを体験!

関団連ジュニアの試合(ナイター)の様子を
イシカワ監督のリポートで!


7月24日(日)
関団連Jr・準々決勝が、
江戸川区の【水辺のスポーツガーデン】で行われました。
この日は、18時試合開始となる初ナイターで、
水辺の心地よい風があり、
日中の暑さ和らぐグランド環境です。

メッツは後攻で守備からスタート。
しかし、先発のレオが整列挨拶直前に鼻血が!
何とかマウンドに上がりましたが、
やはり気になるのか、
死球から相手の中軸に2本の連続センター前ヒットを放たれ、
更にピンチが続く。
2四球を与え、内野安打で3点を先制される初回でした。

裏のメッツの攻撃は、トップのグッシーが四球で出塁、
ダイキの送りバント。ユウダイのショートエラーを誘う出塁。
ランナーを置き、4番レオのレフト前タイムリーで1点を返す。
更に満塁とチャンスでありましたが、
後続が凡退し1対3で両チーム初回を終える。

2・3回は投手戦に!
両チームとも堅い守備でゲームが進む展開。

4回裏のメッツの攻撃も、簡単に2アウト。
ここで流れを変えたい。代打ショウタを打席に…。
センター前にヒットを放ち、絶好調ぶりは健在。
代走、ソウジロウ!
何と単独スチール…!?
2塁へ盗塁しましたが、強肩の捕手に刺され敢えなくチェンジ。

五回の最終回は、ピッチャーをユウダイへ交代。
三者凡退に抑え、逆転を誓い最終回の攻撃へ。

打順は9番ケンから。
粘って四球で出塁すると、1番グッシーも
選球眼よく四球で出塁し同点のランナーとなる。
2番ダイキは、絶妙な送りバントでランナーを進め、
俊足を生かし、自らも1塁セーフ。
ノーアウト満塁。逆転のランナーを置き、3番ユウダイ。
強烈な打球はセンターへのタイムリーヒットで1点。
更に満塁のチャンスは続く。
4番レオは、自分が決めてやると気負ったか、
力が入りサードフライで1アウト。

ここで、5番タツヨシに、メッツのベンチは期待を寄せ、
大声援を贈る。
1ボール2ストライクからの4球目、
カキーンと放った打球は、
真夏の夜空へライト頭上を越える、
劇的な逆転満塁ホームラン!!
サヨナラ勝ちとなりました。
6対3の勝利で、東地区決勝進出が決定しました。


投手戦となり引き締まった試合で、
選手達はゲームセットまで
諦めないことを学んだことでしょう!!

この日、豊洲Gにて、オザワ前A監督が
ブルペン捕手でお手伝いいただき、
試合会場へも大勢の選手ご家族の
応援ありがとうございました。

大会を通し、選手は一戦毎に成長しております。
来週は、東地区決勝戦となりますが、
引き続き温かいご声援をお願い致します。
Met's Ishikawa


0094さん撮影の臨場感あふれる
熱戦ナイターの様子はこちら↓
関団連Jr 準々決勝 対大雲寺スターズ


Bチーム、劇的な勝利おめでとう!
多くのプロ野球選手たちは小学校の頃から
野球を続けていると思いますが、
その中で生涯のうちに
「逆転サヨナラ満塁ホームラン」を放ったことの
ある人はほんのひと握りだと思います。
タツヨシは貴重な体験をしましたね。
でもこれもメッツの仲間たちが「つなぐ野球」で
バトンを渡してくれたからこそ
成し遂げられた記録です。
次は東東京代表決定戦です。
この試合のように最後まで諦めず、
仲間を信じて戦っていこう!

朋優学院、東東京大会ベスト8入り

先日お知らせしたOB木名瀬君の所属する
朋優学院が強豪・日大豊山との戦いを制し
ベスト8入りを果たしました!
A総監督もメッツの練習そっちのけで応援に行き
神宮で朋優学院戦の他全3試合を観戦し
真っ黒に日焼けして帰って来ました(笑)。

朋優学院戦の記事です!

デイリースポーツ
朋優学院が創部11年目で初の8強入り

さらに、オカモト補佐官の長男・流生君(2年生)の所属する
横浜高校が春のセンバツ覇者・東海大相模を破りました!
日刊スポーツ
横浜がセンバツ王者相模破る/神奈川大会

先輩たちも高校野球でがんばっています。
メッツも先輩たちに負けないよう
がんばっていきましょう!

ちなみに朋優学院は27日に関東一高と千歳丘の勝者と
ベスト4入りをかけて戦います。
関東一高といえば、メッツのナワテコーチ、クリハラコーチ、
モリヤコーチの母校です。
どちらを応援したらいいか迷いますが(笑)
間違いなくいい試合となるでしょう。

みなさん、引き続き応援よろしくお願いします!

Bチーム(B)の練習試合&公式戦(新人戦)!!

今年の新人戦にはABの2チームが出場しました。
そのBチームの三連休中の
練習試合&公式戦の様子を
カワシマ監督のリポートでお届けします。


7月17日(日)、Bチーム(B)の練習試合が
松江六中にて貞明野球クラブさんと行われました。

昨日からBチーム(B)を結成し、
選手達もリンコキャプテンを中心に頑張りました。
また、5年生にS.ケント・S.トオル、
4年生にY.ケント・T.トオルと同じ名前の
監督泣かせなメンバーが揃いました(笑)。

メッツ後攻で試合開始。
1回表、先発はT.トオル。
打ち取った打球も飛んだ位置が悪く、
内野安打やエラーなどで4点を先制されてしまいました。
その上、ファースト:S.ケントがランナーと交錯し、
痛めていた足を強打!! 一時交代となりました。

1回裏、1番:ソウジロウのフォボールを皮切りに、
2番:コウヘイのセンターオーバーの2塁打、
3番:ユウはライト前ヒットと続き、
ここで、4番:ヨシキは左中間を深々と破るランニングホームラン。
その後も、9番:サラの内野安打などで、
一挙6点を挙げ逆転しました。

2回表は、簡単にツーアウトを取るも、
ホームラン1本を打たれ1点差に詰め寄られますが、
センター:S.トオルが鋭い打球を抑え、
最小失点で抑えられました。

2回裏、先頭の3番:ユウが絶妙なセフティーバントを決めますが、
相手チームの好守備に阻まれワンアウト。
続く5番:リンコ、6番:S.トオルがフォアボールを選び出塁。
ここでS.トオルに代わって、代走:スズリコ。
でも、スズリコは、初出場で緊張したのか頭の中は真っ白!!
ここで、恒例の“ボイスサイン”を出しましたが、
後続も抑えられ得点出来ませんでした。

3回表、前の回に代わったセンター:スズリコの所に
強烈な打球も難無く抑えますが、
T.トオルも暑さでいつもの調子が取戻せず、
フォアボールと2本のホームランで、
4点を追加され7対9と逆転を許してしまいました。

3回裏、先頭の8番:アカネがフォアボールを選び出塁すると、
一時交代していましたS.ケントもファースト強襲で一・三塁のチャンス。
S.ケントにシンイチロウを代走に送り、
4番:ヨシキのセンター前ヒットで1点を追加しました。
その後も、代走:カズや代打:リョウタ、
そして、レフトにコウセイ、センターにハルユキと
初出場を果たし全員出場。
両チーム共5点を追加し、5回表を終わって12対14の乱打戦。

最終回、メッツの攻撃。
先頭のT.トオルがセンターオーバーのツーベースで出塁すると、
8番:アカネ・9番:Y.ケントが連続フォアボールを選び満塁。
そして、1番:ソウジロウもフォアボールを選び、
押出しで13対14の1点差。

ここで、2番:コウヘイ・・・。

なんとワンボールからの2球目を見事にとらえ
レフトオーバーのサヨナラ満塁ホームラン!!
試合は、17対14で勝利をもぎ取りました。


昨日結成したチームとは思えないくらい
みんな一丸で試合ができたと思います。
そして、明日の公式戦に向けて良いステップが踏めました。
明日もチーム一丸となって戦って欲しいものです。

練習試合をしてくださった
貞明野球クラブさんありがとうございました!
また宜しくお願いします。

また、猛暑の中、沢山の応援ありがとうございました。
明日の新人戦予選の応援も宜しくお願いします。


そして迎えた新人戦の様子です!


7月18日(祝)Bチーム(B)の
深川地区新人戦予選1回戦が
夢の島6面にて越中島ファイターズさんと行われました。

メッツ先攻で試合開始。
1回表、相手ピッチャーのコントロールも良く、
1番:ソウジロウ、2番:コウヘイ、3番:S.ケントと
当たりは良かったものの敢無く三者凡退。

1回裏、先発はY.ケント。
先頭打者にレフト前に運ばれるも牽制球でワンアウト。
しかし、続く打者にフォアボールを与えてしまい
盗塁とパスボールで1点を先制されてしまいました。

2回表、
先頭の4番:ヨシキが、ショートへの内野安打で出塁しますが、
後続が凡退し得点出来ません。

2回裏、先頭打者にフォアボールを与えてしまいますが、
Y.ケントも我慢のピッチング。最小失点の2点で抑えました。

3回表、8番:アカネはフォアボールを選び出塁しますが、
9番:サラの送りバントの際に飛び出してしまいタッチアウト。
チャンスを逃してしまい、後続も簡単に抑えられてしまいました。

3回裏、先頭打者をサードゴロに抑えますが、
Y.ケントを筆頭に全員が暑さのため集中力低下!!
途中、T.トオルにピッチャー交代しますが、
フォアボールやエラー、そして長短打を絡められ
大量12点を与えてしまいました。

4回表、2番からの好打順でしたが、
打線がつながらず0対15で負けてしまいました。


選手達にとってはとても辛い試合になってしまいましたが、
今、出来る事を一人一人が考え試合ができたと思います。
今回、負けてはしまいましたが、反省会の時の選手達の顔は、
とてもイキイキと良い顔付きをしていました。
一生懸命、試合が出来たのだと思います。

連日に及ぶ猛暑の中、沢山の応援ありがとうございました。
一歩一歩、成長している選手達の応援を今後も宜しくお願いします。

メッツOB、朋優学院・木名瀬投手が大活躍!

メッツのOBであり、現在「朋優学院」野球部1年生の
木名瀬和也君(背番号20番)が夏の高校野球、
東東京大会で大活躍しています!
(メッツ時代はキャプテン、エース左腕として活躍)

以下、新聞の記事です。

日刊スポーツ
朋優学院1年左腕また好投/東東京大会

朝日新聞
強豪校、着実に16強入り 東・西東京大会

朋優学院は23日にベスト8入りをかけて
強豪・日大豊山と神宮球場で対戦します。
さらに上を目指してがんばってほしいですね。

がんばれ、かっちゃん!

↓昨年夏、豊洲グランドに遊びに来たときの木名瀬君。
IMGP5189.jpg

Bチーム、新人戦江東大会進出!

イシカワ監督のリポートです!


新人戦深川予選メッツB(A)の試合は、
7/18(祝)辰巳グランドにて行われました。

【1回戦VSスネークス】
メッツ後攻で試合開始。
先発ユウダイは、初回を三者凡退に抑え無難な立ち上がり。

裏のメッツの攻撃は、相手投手に、なかなかタイミングが合わず!
失策から1点先制。
2巡目からは、5番レオのセンターオーバーのホームラン、
グッシーのホームラン、四球からランナーを置き、
ハルキ、ケンの長短打で10点を追加しました。

ユウダイは、二回以降も要所を抑え1安打と安定したピッチング。
4回、12対2コールドゲームとなり勝利しました。


0094さん撮影高画質画像はこちら。
江東大会新人戦予選1回戦 対スネークス
※最近試合数が多いため、サーバーへの
追加削除の回転が速くなっております。
ダウンロードはお早めにお願いします

【2回戦VS辰巳シーレックス】
場所を辰巳公園に移動し、ミーティング・昼食をとり、
江東大会出場決定戦に臨みました。

相手は、1回戦を接戦で勝ち抜いた、辰巳シーレックス。
メッツ後攻、先発はレオに託しマウンドへ。
入りも抜群に良く、三者凡退に抑える。
守りも、リョウが落ち着いて、ライトゴロ!アウトをとり光ました。
1回の攻撃は、連続四球からダイキ・タツヨシの
タイムリーヒットで大量9点を先制する。

打線が繋ったのは、3回裏、上位打線が四球から
盗塁とプレッシャーをかけながらランナーを置き、
代打のムサシ・ハルキ・ショウタ・ケンが
4連続タイムリーヒットと代打陣がしっかり結果を残し、
14点の猛攻でした!

4回表の守備では、途中交代の外野陣が
後逸するなどヒット・失策から4点を献上。
試合は、25対4で勝利し、新人戦江東大会出場の
切符を手にしました。



0094さん撮影高画質画像はこちら.
江東大会新人戦予選出場決定戦 対辰巳シーレックス

まだまだ隙があり集中力が切れる場面がありました。
どんな状況でも、全員が集中して行かないと…課題です。

今後、8/28(日)新人戦江東大会が開幕します。
深川大会で1点の重みに泣いた悔しさを胸に、
全員で新たな目標にスタートしよう!!

三連休、公式戦が続き、応援やサポートいただきました
選手、ご家族の皆さんに感謝します。
ありがとうございました。

関団連ジュニア、3回戦

7月16日(土)、関団連ジュニアの3回戦、
対深川ライナーズが豊洲グランドで行われました。
マスダコーチのリポートです!


今日も朝から暑い日でした。

1番 O.ケント 大技小技で3安打。素晴らしい!
2番 ダイキ 安定した守備は君の武器だ!
打撃も自信持って。
3番 レオ リードで貢献頼もしい!
4番 タツヨシ 力み過ぎ(笑)。
もっと力を抜いてスイングだぞ!
5番 リョウ タイムリーヒット。チャンスに強くなったね。
6番 ユウダイ ナイスピッチング!
今日は文句なしだね。
7番 ハルキ 粘り粘ってのヒット!
チームに勢いをつけてくれたね。
8番 ムサシ スタメン緊張していたみたいだけど、
もっともっとアピールしろよ!
9番 ケン 集中集中だぞぉ! よっ、守備の要!
ランナーがホームを躊躇なく狙い、
得点できたのはサードコーチャーカンスケのお陰だね。
拾って、拭いて、審判へ、
一番動いていたのはショウタだね。声も出てだぞ!
早く足治せ、ア・ツ・シ!

試合は7-0で勝利しました。


一人ひとりが出来る事を一つずつ、
丁寧にやっていきましょう。


0094さん撮影の画像はこちら!
関団連ジュニア3回戦 対深川ライナーズ戦

さらに7月17日(日)、夢の島グランドで
深川春季大会の閉会式が行われました。
そこでBチーム深川大会準優勝の表彰、
およびAチームから努力賞にノリヒコが選ばれました!


0094さんの高画質画像はこちら。
深川春季大会閉会式

Bチーム深川大会・決勝戦!

Bチームの深川大会決勝戦の模様を
ゴトウコーチのリポートでお届けします!


7/10(日)深川大会Bクラス決勝、
対潮見パワーズ戦が行われました。

メッツ先行で試合開始。
1アウト後、2番Oケントがヒットで出塁後
自慢の俊足で2盗、3盗。パスボールの間に
ホームイン。幸先よく1点を先制しました。

メッツ先発はレオ。
初回は危なげなく三者凡退。
最高の立ち上がりを見せました。

2回のメッツの攻撃は、
先頭リョウがフォアボールで出塁、
その後も相手のエラー、フォアボールをからめて
9番ケン、2番Oケントのタイムリーなどで4点追加。
これで5-0。

2回裏パワーズの攻撃は、
4本のヒットとメッツのエラーが重なり、1挙6点。
5-6と逆転されてしまう。

3回は両チーム0点。
レオも立ち直り、1回に続き三者凡退にしとめ、
いい流れでメッツの攻撃に入ります。

4回のメッツはダイキのバントヒット、
主砲タツヨシのセンターオーバーの2ベースなどで4点。
9-6と逆転に成功しました。

しかしその裏、パワーズも3本のヒットなどで同じく4点。
またもや、9-10と逆転されてしまいました。

最終回のメッツの攻撃、1アウト後
ダイキがフォアボールで出塁するもけん制でさされアウト。
後続も抑えられ、9-10の敗戦となってしまいました。


試合終了後、何名かの選手が涙を流していました。
この悔しさを忘れず、次の大会でリベンジできるよう、
また練習に取り組んでほしいと思います。
(次は絶対カレー食べに行こうね。)

今日も朝早くから多数のお父さん、お母さん、
おじいちゃん、おばあちゃんが
応援に駆けつけてくれました。
いつもいつも本当にありがとうございます!!


ゴトウコーチ、久々のリポート、
ありがとうございました。

Bチームは今度の連休に新人戦が行われます。
新人戦は5年生にとって一番大きな大会です。
この悔しさを新人戦にぶつけ
新人戦江東大会、さらにその上を目指して
がんばっていこう!

0094さんの画像はこちらからどうぞ。
深川大会 Bチーム決勝 対潮見パワーズ

Cチーム練習試合~新メンバーもがんばりました!~

Cチームの練習試合、
カワシマ監督のリポートです。


7月10日(日)、Cチームの練習試合が
豊洲Gにて辰巳シーレックスさんと行われました。
当日は5年女子選手達が
Bチーム決勝戦&新人戦抽選会があった為、
新メンバーもスタメンに顔を揃えました。

1番:ファースト  トオル  
2番:ピッチャー  Y.ケント
3番:キャッチャー コウヘイ
4番:サード    リョウタ
*初の4番:サードに少し緊張気味でした。
5番:ショート   ユウ
6番:セカンド   カズ

ここから、新メンバーの登場!!

7番:ライト    シンイチロウ
8番:センター   スズリコ
9番:レフト    コウセイ

そして、途中から
8番:センター   ハルユキ
9番:レフト    コウキ

と、全メンバーが出場し、それぞれが、
自分の役割を果たし打線もつながりました。

途中からは、いつものメンバーの
11リンコ・13サラ・23アカネも出場し、
先輩らしくお手本になるプレーも随所に見られました。

投手陣は、先発Y.ケントは、
ツーアウトからのフォアボール等もありましたが、
要所をキチンと締めて、2回をまずまずの
ピッチングで押さえる事ができました。

続いて3回からは、ピッチャー:トオル。
いつもの変幻自在の投球で凡打の山を築きました。
いつもより長いリリーフという事もあり
最終回に課題を残しました。

新メンバーも先輩達の応援に助けられ、
チームがひとつになり、試合は、17対8で勝利できました。
みんながとても楽しく試合ができた事が、
今日の試合の勝因だっと思います。


今日の試合で、Cチームの新メンバーも活躍し、
今後に期待したいです。これからは互いに切磋琢磨し、
より一層Cチームを盛り上げて欲しいものです!!

ご父兄の方々の沢山の応援ありがとうございました。
今週末は、Bチームの先輩達と新人戦を戦う事になります。
今後もCチームを宜しくお願いします。


ここにきて続々と新メンバーが入部し
さらに活気のでてきたCチーム。
初めて試合に出場した選手たちも
野球の楽しさを満喫できたことと思います。
来週は先輩たちと一緒に新人戦。
公式戦だからといって構えず
いつもの伸び伸び野球で戦っていこう!

Aチームの練習試合&深川大会2回戦!

まずは4月9日(土)に越中島ファイターズさんを
豊洲グランドにお招きし、
Aチームが練習試合を行いました。
翌日、ABともに深川大会が控えていることから
投手はA→ノリヒコ、ハルノスケ、
B→レオ、ユウダイ
が登板。

試合は取って取られてのシーソーゲーム。
2-5だった4回裏に3点を返して同点、
5回はそれぞれ1点ずつを加え6-6、
最終回の6回、表の攻撃でファイターズが2点を入れ
メッツの裏の攻撃で反撃を試みましたが
追加点は1点止まりとなり
試合は7-8の惜敗でした。



続いて日曜、Aチームの深川大会2回戦。
先発はノリヒコ。
初回、立ち上がりが心配されましたが
ヒットの後にエラーが重なり3失点。
しかし、四死球はひとつのみと
粘り強いピッチングを見せてくれました。

その後、ジュニアキングの好投手の前に
メッツ打線は沈黙。
しかしここで打撃絶好調の5年生が奮起してくれます。
5回にリョウのランニングホームランで1点、
6回にグッシーの3塁打、ノリのタイムリーで1点を加点。
ですが反撃もここまで。
試合は2-10の7回コールドで敗戦となりました。


Aチームの試合の前に5年生は
Bチームの決勝戦を戦っていたことから
疲労や第2試合への切り替えなど、
それぞれ大変だったと思います。
みんなよくがんばったね。
ありがとう!
6年生もいつも以上に声を出すなど
5・6年生ともによくやりました。

来週は関団連ジュニアと新人戦、
さらにその後7月31日からは
東京都少年親善野球大会もスタートします。
うつむくことなく、それぞれができることを
ひとつひとつ一生懸命こなしがら
新たな戦いに臨んでいきましょう。

この日もたくさんのご父兄が応援に駆けつけてくれました。
早朝からのサポート&応援、本当にありがとうございました。
春の大会はこれで終わりましたが
メッツの夏はこれからが本番です。
引き続き応援、サポートをよろしくお願いします!

0094さん撮影の高画質画像は
こちらからダウンロードお願いします。
(連戦撮影、ありがとうございました!)

深川大会 Aチーム二回戦 
対豊洲ジュニアキング

Bチーム、深川春季大会・決勝戦進出!!

土曜に続き行われたBチームの公式戦。
深川大会準決勝。
イシカワ監督のリポートでお届けします!


7/3(日)深川大会B準決勝、
対キングコンドル戦が行われました。

メッツ先行で試合開始。
1アウト後、2番O.ケントがレフト
大会第9号のホームランで先制。
勢いをつけるナイスバッティング!
更に1点追加し、2点を先制しました。

メッツ先発は、昨日から連投となったレオ。
先頭打者に、二塁打で出塁されるも
後続を抑えて無得点と上々の立ち上がりでした。

二回表、8番ハルキのレフトへの二塁打、
チャンスで9番ケン!!
出ました~レフトオーバーの大会10号、
2ランホームランで追加点。
ベンチも大盛上りで、更にチャンスをつくる!

ダイキがライトへのヒットで出塁すると、
四球・死球で満塁。
ここで4番タツヨシがセンター前ヒットで2点追加。
1アウト後、6番リョウが右中間を破る
タイムリー三塁打で2点追加しました。
メッツ打線が爆発し7点追加となる!

二回裏、制球が定まらず連続四球で
1点を返されるも我慢のピッチング。

三回表、今日絶好調のO.ケントのレフト前ヒット、
タツヨシ、レオが続き2点。
ここで、代打ショウタ!! 何か打ちそうな予感が!
ライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち
ベンチも大拍手!
すかさず代走H.コウヘイ! ここでも単独スチール。
打者一巡の5点を追加し突き放しました。

三回裏の守り、レオは自分でランナーを出してしまうも…
すぐにアウトをとる実に落ち着いてました。
試合は3回で試合終了、14対2で勝利しました。


12安打と先発全員安打で自主トレの成果もでていました。
レオもマウンド度胸もついてきて
頼もしくなってナイスピッチング。

大事な試合、チームワークも良くなっていますので、
決勝も伸び伸び楽しんでいこう!

連日、選手ご家族の皆様には、
たくさんの応援・ご協力をいただき感謝いたします。
決勝戦もメッツ一丸で行きましょう。


みんなの活躍で勝利を勝ち取った準決勝。
打線爆発の見事な勝利でした。

いよいよ日曜は決勝戦!
ひとりひとりが力を出せば
結果は付いてくると思います。
力まず、自然体で、練習の通りに!
がんばれ、メッツ!!

0094さん撮影の迫力満点の
ハイレゾ画像です!

深川大会 準決勝 対キングコンドルズ戦
PCでの閲覧はこちら
携帯での閲覧はこちら

Bチーム、関団連初戦で強豪と対決!

関団連読売大会ジュニアの部、
メッツ初戦が7/2(土)豊洲グランドA面で行われました。
イシカワ監督のリポートです。


メッツはシードで2回戦からの登場。
相手は江東区の強豪・大島中央。

メッツ後攻で守りからの試合開始。
この日の先発はレオ。
1・2番を内野ゴロに打ち取り2アウト。
その後、四球からヒット、ミスから
2点を先制されてしまいました。

1回裏は、出塁するも一本がでず無得点。

逆転を誓った2回メッツの攻撃は、5番リョウから!
レフトへの二塁打で出塁すると
7番ハルキが左中間を抜けるタイムリーで1点。
ムサシは四球を選び、その後は二本の内野安打で2点追加。
3対2と逆転に成功。

3回表は、3四球と制球が定まらず1点を許し同点。

メッツ打線が爆発したのは、3回裏の攻撃でした!
4番タツヨシがレフトへのヒットで出塁すると、
6番カンスケがレヘトオーバーの二塁打。
今日、絶好調のハルキがライト前ヒット、
ケン・グッシーもタイムリーヒットで打線が繋がり、
一挙7得点と突き放しました。

4回は、リリーフでケンがマウンドへ。
ブルペンでは調子が良かったのですが、
久々の登板で、3四球とワイルドピッチで1点を返される。

4回裏の攻撃に入りましたが、
関団連のルールで時間切れゲームセット。
10対4で勝利しました。


この日は、先発を担ったレオが
初回の1安打に抑えたことが勝因です。
しかし、ボール交換でタイムのかけ忘れ等、
ユウダイが出場できない事態に緊張が!!
でもマウンドで必死に投げていましたね。
打線は9安打と上り調子!
試合後は、すぐに直せるミスを確認し守備練習へ。

トーナメントの初戦、大事な一戦の『入り』を
たくさんの応援をして下さった選手ご家族の皆さん
ありがとうございました。


関団連の春に続き上々のスタートを切ったBチーム。
打線もいい感じなのでこの調子で
一戦一戦戦っていきましょう!

0094さん撮影の画像はこちらから!

関団連 2回戦 対大島中央戦
PCでの閲覧はこちら
携帯での閲覧はこちら

「こうとう区報」にメッツBチーム登場!

江東区が発行している区の情報紙『こうとう区報』
関団連(春の大会)で東京都東地区優勝を果たした
メッツBチームが紹介されることになりました!

グランドにカメラマンさんが来て
メッツの選手たちを撮影。
その時のワンシーン。
MetsB.jpg


7月下旬発行予定の号で掲載されるようです。
みなさんどうぞお楽しみに!

追記
7月31日に開幕する「東京都少年親善野球大会」の
抽選が行われメッツは1回戦で
墨田区代表の「若草」と対戦することになりました。
(勝てば同日に2回戦が行われ、それにも勝つと
翌週(8月7日)に準決勝・決勝が行われます)
開会式ではハルノスケ主将の
選手宣誓というオマケ付きです(笑)。
どうぞご期待ください!

Cチーム、公式戦2試合目!

Cチーム2回戦の様子を
カワシマ監督のリポートで!


6月26日(日)、Cチームの
深川春季大会2回戦が豊洲Gにて
レッドソックスさんと行われました。

午前中の練習でトオル、Y.ケントが負傷し
選手達の気持ちは気味でしたが、
メッツ先攻で試合開始。

1回表、メッツの攻撃。
1番:Y.ケントはレフト線に
ツーベースを放ち先制のチャンス。
あくまでも攻めの気持ちで三塁盗塁を試みますが、
レッドソックスのキャッチャーも落ち着いており三塁タッチアウト。
続く2番:ユウは敢無く三振。
しかし、ここで3番:キャプテン コウヘイは渋とくレフト前ヒット。
ここで、果敢に二塁盗塁を狙いますが、
またまたキャッチャーの好送球でタッチアウト。
攻めの作戦が裏目に出てしまいました。

1回裏、先発は、Y.ケント。
先頭打者にいきなりのツーベースを打たれると、
動揺したのか続く2番、3番に
連続フォアボールを与えてしまい満塁。
しかし、ここでY.ケントも踏ん張り、4番をショートゴロに打ち取り
ホームフォースアウト。
続く5番バッターをセカンドゴロに打ち取り、
1点は与えてしまいますが、
セカンドランナーも一気にホームを狙ったところを
ファースト:トオルの好返球によって
最小失点で切り抜けました。

2回表、4番からの好打順でしたが、
4番:リンコ、5番:トオルは敢無く三振。
6番:カズもセカンドゴロと三者凡退。

2回裏もY.ケントの調子は戻らず
フォアボールや打ち取ったあたりも、
不運なバウンドで内野安打。
そして、選手達の緊張も切れてしまったのか、
フィルダースチョイスなどで、一挙8点を追加されてしまいました。

3回表は、7番:リョウタ、8番:アカネ、
9番:サラと三者連続三振に打ち取られてしまいました。

3回裏、2回途中から代わったピッチャー:コウヘイですが、
レッドの打線を抑えきれず、3点を追加され、
試合は、0対12の3回コールドで負けてしまいました。


今回の試合では、一矢を報いる事は出来ませんでしたが、
これからのCチームにとって
良い経験ができた試合だったと思います。

強いチームはたくさんいます。
良いチームもいっぱいあります。
でもメッツの選手達も素晴らしい選手達です。
Cチームは、この大会が初めての公式戦です。
この経験を活かし、更に強いチームになって欲しいと思います。
期待して下さい。

また、ご父兄の方々(大親方まで)の
たくさんの応援ありがとうございました。
今後とも、Cチームを宜しくお願いします。


Cチーム初めての公式戦となった春の大会。
1年生も混じる少ない人数でよくやったと思います!
女子選手たちもよくがんばったね!
カワシマ監督も言っていますが
ひとりひとり、個性があってみんな
いいものを持っています。
チームワークを大切に、
より強いチームとなるようがんばっていこう!
これからだよ、これから!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ