関団連・本大会3回戦(対ニュー愛宕)~伝説のグランド整備の巻~

10月22日(土)、若洲大島グランドで予定されていた
関団連・本大会(対ニュー愛宕)が午前中の天候不良により
場所を豊洲グランドに移し、行われました。

まずは選手、スタッフ総出で水抜きなどのグランド整備…(泣)。

やっと水が抜けたと思ったら、また雨……。

あっと言う間にグランドは湖に………(号泣)。

その後、雨が上がり、スタッフ総出で再びグランド整備。
都合2時間あまり、グランド整備をし、
何とか試合ができる状態になりました。
(伝説に残りそうな長い、長~いグランド整備でした。
スタッフのみなさん、お疲れさまでした!)

試合は予定通り14時にプレイボール!
メッツ先攻。
初回、相手の先発投手の手元で伸びる球に苦戦し
三者連続三振…。

裏のニュー愛宕の攻撃。メッツの先発はノリヒコ。
初回、四球とヒットなどで1点を先制されてしまいます。

2回表はダイチ、レオにヒットが出ますが無得点…。
裏のメッツの守り。
ツーアウトを取るも四球などで満塁となり
相手の三番打者によもやの満塁HRなどを放たれ
0-6の6点差に。

しかしあきらめないメッツ打線が3回表に奮起。
ツーアウトからダイキの内野安打、その後、
エラーと四球で満塁。
ここでノリヒコが四番として面目躍如の
センターオーバー三塁打を放ち3-6の3点差に詰め寄ります。

4・5回はノリヒコの投球も安定。
サード・ハルキのナイスプレーなどもあり、
愛宕打線を連続三者凡退に。
しかしメッツも愛宕の好投手を打ち崩せず、
5回にはハルノスケのライト線を抜く
長打もありましたが惜しくも本塁タッチアウト。

時間の規定により最終回となった6回表。
メッツの攻撃。
逆転を誓い、ツーアウト満塁まで相手を攻めたてましたが
残念ながら得点ならず。
試合は3-6の3回戦敗退となりました。

試合後、6年生だけでなく
5年生たちも泣いていました……。
みんなひとつになって戦っていたね。
とくに最終回、ひとりひとりのバッティング、
そのひと振りひと振りに、気持ちが表れていました。
いい試合でした…。
明日につながる試合だったと思います。
(6年生は試合後、カワシマ監督から
言われた言葉も忘れずに)

5年生たちはまだ関団連のジュニア戦、
東京支部の準決勝が控えています。
この日の悔しさ、そして最後まで戦い抜く気持ちを忘れずに、
準決勝、決勝と勝ち進んでください。

6年生たちは今後、それぞれの進路を考えながら
活動していくことになります。
来年2月の送別大会まで、気分も新たに
きつい練習もあるかと思いますが
(冬メニュー考案中)
一回りも二回りも成長できるよう
がんばっていきましょう。
スポンサーサイト

Bチーム、関団連・東地区決勝戦へ進出!

イシカワ監督のリポートです!


10月15日(土)
関団連Jr・準々決勝】
VS:世田谷ドラゴンズ

スコア 7対5【勝利】

三塁打〈グッシー〉
二塁打〈ケン・レオ〉


先発:ユウダイ 5回〈4失点〉
この試合は、夏の同大会東地区決勝、
サドンで敗れた世田谷ドラゴンズ。
初回、両チーム無得点。
二回表、4番タツ、5番レオ6番ケンの
三連打で、3点を先制。
3回の攻撃では、1番ダイキが四球で出塁し、
タツ・レオの中軸が連打を放ち、2点を追加しました。

ユウダイは、3回まで2安打されるも要所を抑え、
5対0と中盤の展開です。
しかし、4回裏から相手2巡目!
連続2塁打で1点を返される。

5回表、またまたダイキが四球で出塁すると、
グッシーの三塁打、ユウダイのスクイズと2点追加。

最終回、強力なドラゴンズ打線に
4連打を放たれ4失点と終盤追い上げられましたが、
何とか逃げ切り勝利することができました。

0094さん撮影の高画質画像ダウンロードはこちら↓
関団連 準々決勝 対世田谷ドラゴンズ戦

しかし、相手打線の集中打・破壊力はすごかったな~!!
この試合は、練習で強化してきた
積極的な走塁ができていました!

保護者ご家族の皆様、沢山の応援ありがとうございました。
東京支部・準決勝は、29日(土)を予定。
Met's Ishikawa


Bチーム、勝利おめでとう!
次は東地区の代表決定戦となります。
東地区の代表となり、
西地区代表と対戦する東京支部・決勝戦に進めるよう
がんばっていきましょう!

Aチーム練習試合~初のアベックホームラン!の巻~

10月16日(日)、豊洲グランドで
朝日クラブさんをお招きし、
Aチームの練習試合を行いました。

メッツ後攻、先発はノリヒコ。
初回を無難に無失点に抑えると、
裏の攻撃でメッツ打線が爆発。
Oケントが四球で出塁すると
3番・ハルノスケがセンターオーバーの
ランニングホームラン、
続く4番・ノリヒコがレフト柵越えホームランと
現Aチーム始まって以来の
アベックホームランが飛び出し3得点。
さらに四球で出塁したユウダイを
レオが3塁打で迎え入れ、
初回に4点を先制しました。

2回表は四球とエラーで一点を失うも、
またもや裏の攻撃でOケント、ハルノスケの
連続2塁打などで4点を追加。
この日のメッツは当たりに当たり、
3回にはハルキ、ダイキ、Oケント、ノリヒコの
ヒットで4得点、
4回にも連続四球の後、ショウタ、ノリヒコの
ヒットなどで打者一巡の猛攻。
5回は無得点でしたが5回終わって
17―5の大量リードとなりました。

6回からはレオがリリーフするとともに
5年生メンバーも次々と登場。
リリーフで登板した相手好投手から
残念ながら追加点は奪えませんでしたが
7回まで試合を行い
17-8でメッツの勝利となりました。

途中、大量得点で気が緩んだのか
細かいミスがいくつかありました。
どんな試合でも全力プレーができるよう
気を引き締めてやっていきましょう。

長い試合の審判を務めていただいた
イシカワ監督、イノウエコーチ、
さらに朝日クラブのスタッフのみなさま、
ありがとうございました。
また、この試合ではアカネママが
スコアラーを担当してくれました。
ありがとうございました。

今週土曜には関団連・本大会が予定されています。
ひとつひとつのプレーを大切に
常に全力プレーで勝利を目指そう!

関団連ダブルヘッダー~その2(ジュニア戦)~

10月8日(土)、関団連ダブルヘッダーの
2試合目、ジュニア戦(Bチーム)の模様を
ゴトウコーチのリポートでお届けします!


本大会に続いて関団連Jrの
2回戦(対大島中央)が行われました。

メッツ後攻。先発はユウダイ。
1アウトから内野のエラーで出塁、二盗を許すも
見事なけん制でタッチアウト。
後続も三振にきってとり、
最高の立ち上がりを見せてくれました。

メッツ初回の攻撃は、ダイキのヒットを皮切りに
ユウダイのスリーベース、レオのホームランなど、
5本の長短打にフォアボールもからめて
一挙7点先制しました。

2回もユウダイは危なげなく三者凡退。

2回裏のメッツの攻撃も、
ユウダイのヒットに続きタツヨシのホームラン!!
フォアボールや相手のエラー、
リョウのヒットなどでこの回も6点!!
2回を終わって、13-0と大量リード。

3回からピッチャーはレオにスイッチ。
守備もファーストにムサシ、
レフトにショウタ、センターにカンスケ、
ライトにヨシキと大幅に選手交代。
急遽登板となったレオは2アウトは取りますが、
そこから3四死球などで1点を献上。

しかし最後のバッターはきっちり三振に抑え、
スリーアウト。
13-1で3回コールドの大勝となりました。


高画質画像ダウンロードはこちら↓
関団連 Bチーム 2回戦 対大島中央戦

この日も早くからたくさんの
ご父兄が応援に駆けつけてくれました。
ありがとうございました!
関団連、AもBも勝ち残っています。
引き続きよろしくお願いします。


ゴトウコーチ、ありがとうございました!
フォト撮影の0094さんも2試合、
御苦労様でした。
AもBも気の抜けない戦いが続きます。
自主トレ&体調管理に気を配り、
試合で自分の力が最大限発揮できるよう
がんばろう!

関団連ダブルヘッダー~その1(本大会)~

10月8日(土)、若洲大島中央グランドにて
関団連の本大会とジュニア戦が続けて
行われました。

まずは10時30分過ぎより、Aチームの
本大会、対深川ライナーズ戦がスタート。
メッツ後攻、先発はもちろんノリヒコ。
初回、2回と制球が定まらず、
内野守備の乱れなどもあり、各1失点の0-2。
序盤からライナーズにリードを許してしまいます。
(しかし、悪いなりにも各イニングを
1失点でしのいだのは成長の証!)

メッツ打線は2回裏にチャンスをつかむも
スクイズ失敗などもあり、3回終わって無得点。
ライナーズの好投手に抑え込まれます。

ノリヒコは3回に3三振を奪うとそこから本領発揮。
ピッチングのリズムのよさが守備にも移り
4回にはケン6→ダイキ4→レオ3の
ダブルプレーも飛び出すなど、4・5・6回を
三者凡退できっちり抑えました。

メッツ打線は4回にノリヒコのタイムリーで1得点。
5回にはハルキの三塁打、ダイキのヒットなどで2得点し、
3-2とついに逆転に成功。
さらに6回にはノリヒコの二塁打、レオのタイムリーなどで
2点を追加し5-2とリードを広げました。

最終回は四球などで1点を入れられますが
後続を抑えゲームセット。
5-3の完投勝利で関団連本大会は
3回戦へ駒を進めることができました。


0094さん撮影の高画質画像はこちら!↓
関団連 Aチーム 2回戦 対深川ライナーズ戦

次の本大会3回戦の対戦相手はニュー愛宕となります。
関団連は勝ち続けていてうれしい限りですが
今の6年生たちと一緒に野球ができるのもあとわずか。
6年生たちは一日、一球を無駄にせず
悔いの残らぬよう、一戦一戦を大切に
戦っていってください。
(キミたちは負けたチームの“思い”も
しょっているんだよ。それも忘れずに)

この本大会に続き、ほんのちょっとの休憩を挟み、
Bチームのジュニア戦がスタート。
5年生たちにとっては本大会と連チャンで
疲労もあったと思いますがみんながんばりました!
ジュニア戦の模様は別途、~その2~として
リポートをお届けします!

東雲地区の防災訓練に参加してきました!速報

10月9日(日)、毎秋恒例の
「東雲地区防災訓練」にメッツの選手たちが
参加してまいりました。

三角公園に集合後、隊列を組み
東雲小学校に入場。
会場には消防署や地元消防団のみなさん、
さらに防災訓練に参加する
東雲地区のみなさんが勢揃いしていました。
IMGP8814.jpg

メッツの一団はまず、地震体験車で
震度6弱の揺れを体感。
IMGP8829.jpg

さらに消火訓練。
IMGP8864.jpg

救助法を学び
IMGP8880.jpg

AEDなどを使った心肺蘇生法も学び
IMGP8886.jpg

毛布を使った簡易タンカの作り方では
イシカワ&カワシマ両監督に加え、リンコが活躍(笑)。
IMGP8895.jpg

三角巾を使った止血法も学び
IMGP8898.jpg

一連の救助&救護法を学んだ後、
校庭で地元消防団による放水訓練を見学。
我等がマスモ代表の掛け声で放水訓練がスタート。
IMGP8909.jpg

ケイスケのお父さんも活躍していました!
IMGP8919.jpg

その後、メッツの選手たちも放水を体験。
IMGP8925.jpg

さらに訓練終了後は大道芸パフォーマンスの
おまけ付きでした。
「野球部、13番、出てこい!」と言われ
カンスケがコマの芸に登場(笑)。
IMGP8938.jpg

終盤はアツシも大活躍しました!
IMGP8942.jpg

訓練&大道芸が終わり、メッツの一団は
徒歩で豊洲グランドへと移動。
IMGP8953.jpg

やっとのことで昼食にありつき
「ほっとひと息」の選手たち(笑)。
IMGP8955.jpg

こうして秋恒例の防災訓練は無事終了しました。
訓練を主催していた東明会のみなさま、
深川消防署および東雲の消防団のみなさま、
いろいろとありがとうございました!
その他にも訓練の様子をいろいろと撮りましたので
アルバムをご覧ください。

Cチーム、深川大会2回戦!!

カワシマ監督のリポートです!


10月2日(日)、Cチームの深川秋季大会二回戦が
夢の島5面にて深川ジャイアンツさんと行われました。

メッツ先攻で試合開始。

1回表
1・2番は凡退してしまいましたが、
3番:コウヘイがサード強襲のヒットで出塁すると、
盗塁とワイルドピッチで1点を先制します。
尚も4番:コウキ、5番:ユウがフォアボールで出塁しますが、
後続は打ち取られ1点止まりでした。

1回裏 先発はY.ケント。
先頭打者に内野安打で出塁されると、
動揺したのか続く打者にデッドボールを与えてしまい、
ノーアウト1・2塁のピンチ。
ここで、3番打者に右中間を真っ二つ・・・。
2人には生還されてしまいますが、
一回戦に続き中継プレーをキチンとつなぎ、
バッターランナーはホームタッチアウト!!
後続の打者はサード:リョウタが軽快にさばきました。

2回・3回は、相手投手の低めへのコントロールがきまり、
敢無く三者凡退。

3回裏
ジャイアンツ打線につかまってしまいます。
エラーも重なり2点を追加されてしまいます。

4回表
先頭の4番:コウキがピッチャー強襲ヒットで出塁すると、
5番:ユウの右中間へのタイムリーで1点。
6・7番が三振に打ち取られ、ツーアウト二塁。
ここで、8番:シンイチロウは、
ファーストへの強烈なライナーを放ち、
ボールはファールグランドへ・・・。
セカンドランナーのユウが生還し、
3対4の1点差。
その後、シンチロウに代走:リコ。
ここで、一打出れば同点のチャンス!!
9番:サラは、絶妙なセーフティバントをきめますが、
間一髪アウト。

4回裏
今日のY.ケントの調子は良くありませんでしたが、
ここは、メッツCのエースとして続投。
しかし、ジャイアンツさんの気迫に、
流れを止める事が出来ませんでした。

最終回。
まだまだ諦めないメッツ軍団は、
ツーアウトから3番:コウヘイのホームランで
1点を返しますが、一歩及ばず、
結局4対6で負けてしまいました。


今日の試合は、随所で良いプレーもありましたが、
日頃の守備練習の甘さが今日の結果にでてしまいました。
しかし、選手達の大半は、
まだ入部したばかりの選手達です。
今後の成長に期待したいと思います。

選手達の中には、悔しくて涙を流していた選手もいました。
この涙を忘れることなく、今後の辛い練習に励んで下さい。
(でも、選手達も悔しかったでしょうが、
監督も悔しくてしょうがなかったです。)

相手チームの深川ジャイアンツさんとは、
これからも良きライバルとして頑張りたいと思います。
今後共、宜しくお願いします。
ご父兄の方々の沢山の応援ありがとうございました。
深川秋季大会も終わってしまいましたが、
Cチームの選手達は、まだ始まったばかりです。
きっと、にはひとまわり大きくなった
選手達に会えると思います。
乞うご期待!!
引続き応援宜しくお願いします。


ACともに敗戦となったこの日は
本当に悔しい一日でした…。
しかし選手たちにはこの悔しさを忘れず
今後の力にしてほしいと思います。
ちなみに例年、深川春季大会は
ゴールデンウィーク明けに開幕しますが
新B(新5年生)のカテゴリーのみ3月に開幕します。
気を抜くと3月なんてあっと言う間に来てしまいます。
この冬、一球一球を大切に練習し、
来る春の大会でひとつでも多く勝てるよう
がんばっていきましょう!

Bチーム、練習試合

ゴトウコーチがBの練習試合を
リポートしてくれました!


10月1日(土)、千石グラウンドで
深川ホークスさんと練習試合を行いました。

メッツ後攻で試合開始。
先発レオは、初回制球が定まらず三四死球、
守りのミスもあり、
1点を先制されてしまう。

1回のメッツは、Oケントが
レフトオ-バーの2ベースで出塁するも、
後続が抑えられ無得点。

2回・3回はレオが立ち直り、
ホークスを無得点に抑える。

メッツは2回にまず1点、
続く3回もOケントの2本目のツーベースで1点を加え、
逆転に成功。

4回からマウンドにはタツヨシ。
先頭打者にツーベースを打たれ、
1点を取られてしまいますが、後続を抑え
まずまずのピッチング。

4回のメッツは、Oケントの3本目のヒット、
フォアボールや相手のエラーもからめ、
リョウのスクイズ、
アツシのツーベースなどで一挙6点!!

5回のホークスの攻撃、
守りのミスとフォアボールで満塁。
ここからフォアボール押し出しで1点。
ここでピッチャーをタツヨシからユウダイにスイッチ。
最大のピンチでしたが
ユウダイが後続をきっちり抑え最少失点で切り抜ける。

5回のメッツはムサシのヒット、
リョウのタイムリーなどで2点を追加。

6回・7回もユウダイが危なげなく抑え、
10対3で勝利しました。

深川ホークスさん、練習試合ありがとうございました。
またいつものとおり、
たくさんの応援ありがとうございました。
関団連など公式戦も続きますので
今後ともよろしくお願いします。


ゴトウコーチ、リポートありがとうございました!
Oケントが大爆発したようですね。
他の選手も伸び盛りの選手ばかりなので
今後の成長がとても楽しみです。
関団連・ジュニアの次戦は8日、
相手は大島中央となります。
朝晩は冷え込むのでカゼなどひかぬよう
万全を期して8日の試合に臨みましょう。

Aチーム深川大会2回戦(対元加賀)

10月2日(日)、Aチームの
深川大会2回戦(対元加賀)が
夢の島グランドにて行われました。

メッツ後攻、先発はノリヒコ。
最近好投を続けていたノリヒコですが
この日は立ち上がりの制球に苦しみ、
連続四球から長打を放たれ、
初回に1点を先制されてしまいます。

メッツ1回裏の攻撃。
ダイキがお得意の流し打ちで出塁すると
4番・ノリヒコが左中間に痛烈な当たり!
抜ければランニングホームランとなりそうな
豪快な当たりでしたが元加賀・センターの
好守備に阻まれ無得点。

2回表、ノリヒコは初回とは打って変わって
3三振を奪うナイスピッチング。
流れがよくなったところで「逆転するぞ!」と
メッツの裏の攻撃へ。
ダイチのヒット、ケイスケのデッドボールなどで
ツーアウト、ランナー2・3塁のチャンス。
ここでバッターは9番・ケン。
ケンがバットを振り抜くとライナー性の打球がレフトへ。
しかしここでも元加賀の好守備に阻まれ
得点はなりませんでした。

3回表、不運なヒットと四球、ワイルドピッチなどで
2点を追加され、3点のビハインド。
少しでも早く点差を詰めたいメッツは
裏の攻撃で四球で出塁したダイキが
3番・ハルノスケのレフトオーバーの2塁打で
ホームに帰り、スコアは1-3。
4回裏には3塁に進んだレオが
代打・ショウタの内野ゴロの間に
好走塁でホームイン!! 
2-3の一点差にまで詰め寄ります。
さらにツーアウトからランナーをひとり置き、
トップバッターのOケントがセンターに痛烈な当たりを
放ちますが、これまた元加賀の好守備に阻まれ
残念ながら同点にはならず…。

5回表にはエラーと四球などで出塁を許すと
内野守備のスキをつかれ、1点を追加されてしまいます。
その後メッツも逆転を狙い、果敢に攻めましたが
相手投手の打たせてとるピッチングに封じられ、
試合は2-4の敗戦となりました。



0094さん撮影の高画質画像はこちら↓
深川秋季大会 Aチーム 2回戦 元加賀戦

やはり強いチームは簡単に得点をさせてくれません。
今回の試合では、何度か好機が訪れましたが
いずれも相手の好守備に阻まれました。
とくに外野手のポジショニングは
素晴らしいものがありました。
メッツ選手も相手のいいところは
どんどん見習っていきましょう。

この日もBC選手たち、ご父兄、スタッフなど
たくさんの人たちが応援に駆けつけてくれました。
本当にありがとうございました。
6年生たちにとって最後の深川大会は
2回戦敗退という結果に終わりましたが、
6年生たちにはまだ関団連本大会が残っています。
次戦の深川ライナーズ戦は8日に
行われる予定です。
さらに同日に関団連ジュニア戦も入る予定です。
ダブルヘッダーとなりますが連勝目指し、
気を引き締めてみんなでがんばっていこう!

工藤公康投手の野球教室に参加してきました!!!

10月1日(土)、夢の島グランドにて開催された
工藤公康投手のキャッチボール教室に
メッツの選手たちも参加してきました!

今回の教室にはメッツ期待の新星!
一年生トリオももちろん出席!!
IMGP8707.jpg
カワイイ(笑)。



で、夢の島グランドに入場すると
プロ野球界を代表する大投手、
あの工藤投手が登場!!!
IMGP8718.jpg
帽子ちゃんとかぶってください…。



さすがは球界の大投手です。
投げるときの肩、肘の動きと位置、手首の向きなど
ことこまかに、しかも子供たちにもとても
分かりやすく、どうやったら体に負担のかからない
投球ができるかを、30分以上に渡り、実演と冗談を含めて
楽しく教えてくれました!
IMGP8724.jpg
だから帽子はちゃんとかぶってください……。



まあ、途中、一年生は若干集中力も途切れ(笑)
IMGP8735.jpg
途切れてもカワイイ(笑)
これが6年生だったら許しませんけど(笑)。



さらに終盤には「じゃあ、誰かに前に出て
キャッチボールしてもらおうかな」となり、
IMGP8727.jpg
(帽子………)



参加していた野球少年たちは
もちろん
IMGP8739.jpg
ハイハイハイ!!!



で、



ハイ、キミ!
IMGP8740.jpg



えっ!? オレ!!!!
IMGP8741.jpg


ケイスケ、がんばりました。
そのほかのみんなもがんばりましたし、
いろいろと学べたと思います。
その他の教室の様子、たくさん撮りましたので
ご覧ください。

参加したみんなは工藤投手から教わった
投げ方を忘れないように!
基本がいかに大切か教えてくれた工藤投手、
どうもありがとうございました!

以上、工藤投手のキャッチボール教室速報でした!!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ