関団連jr1回戦~対赤松フライヤーズ~

三連休最終日に行われた
Bチームの関団連jr1回戦。
オカダ監督のリポートです。


3月21日(月)
関団連大会Jr.の部、1回戦が
豊洲グランドで行われました。
VS赤松フライヤーズ(大田区)

東雲メl 1 l 6 l 1 l 0 l 0 l 8
赤松フl 0 l 1 l 6 l 0 l 2x l 9

先発 
カンタ投球数68
(被安打)6 (二塁打)1
(本塁打)1 (四球)2

リリーフ
Mコウキ投球数2
(本塁打)1

(単打) コウヘイ Mコウキ ヤマト2
(二塁打) Mコウキ
(三塁打) ユオ リクト

メッツ先攻でプレイボール。
1番ユオ四球で出塁、俊足を生かし二盗、三盗を決め
2番リュウノスケの進塁打でユオがホームイン。
3番コウヘイはセカンドゴロ、
続く4番Mコウキが豊洲Gのネット直撃の
レフト越え二塁打!!
5番カンタはピッチャーフライでチェンジ。

1回裏、久々の先発カンタ。
先頭打者をピッチャーフライに抑えます。
2番打者にレフトを抜かれるヒットを打たれますが、
レフト、コウタロウすかさずセカンド送球でアウト!
守備の好プレーで無失点に。

2回表、6番ヤマトがヒットで出塁、盗塁、
7番リョウの進塁打でヤマトが三塁に。
8番リクトが右中間にスリーベースを放ち追加点!
9番コウタロウ、四球を選び、
ユオがライト越えスリーベースヒット。
コウヘイ、Mコウキとヒットが続き、
この回一挙6点を追加!!

2回裏、本塁打を打たれ1点返されます

3回表、リョウが四球を選び、
コウタロウの進塁打で1点を追加。

3回裏、四球、ヒット、エラーなどが続き
痛い6失点。

4回、両チーム三者凡退。

5回表、何とか追加点が欲しかったが無得点。

5回裏、微妙なショートフライをヤマトと、
浅めに守っていたセンターユオが譲り合いで
ポテンヒット…。二塁、三塁と盗塁され、
最後はセンターを抜ける逆転2ランホームランを
打たれゲームセット。
2016年3月21日(月祝)新B・関団連jr(対赤松フライヤーズ)


今回の試合は集中力を切らした方の負けだったのでは…
メッツは初回に良いプレーで波に乗れました。
ですが、勝ちを意識したのか、集中力が切れて
プレーが雑になり、最後は逆転されてしまいました。
試合が終わるまでは集中力を切らさないこと!!
今日の敗戦は選手達はすごく悔しいかったと思います。
この悔しさを次にいかしましょう。


Bチームは3連休で公式戦の2連戦。
まだまだ寒い中、大変だったかもしれません。
でも今回の試合途中、
自分のバッティングのふがいなさに
勝手に落ち込んでいる選手が何人かいましたが
あれではダメです。
野球は9人で戦っていることを忘れないでください。
試合後、涙を流している選手もいましたが
あの涙を忘れないように。
夏の関団連では勝てるように、
そして新人戦も勝てるように、
一生懸命練習していこうね。

4月からはいよいよ「江東大会」が始まります。
新6年生たちと一緒に、
ひとつでも多く勝てるように
みんなでがんばっていきましょう!
スポンサーサイト

いよいよ準決勝!〜対深川ジャイアンツ〜

Bチームの深川大会準決勝。
オカダ監督のリポートです!


3月20日 (日)
深川大会決勝戦をかけ
王者深川ジャイアンツに
挑みました。
前日の雨の影響で
夢の島グランドが使えず
急きょ、辰巳グランドに移動しました。
朝からドタバタ!!

東雲メ l 0 l 1 l 0 l 1
深川ジャ l 6 l 8 l × l 14

先発
Mコウキ 投球数42
(被安打) 1 (四球) 4
リリーフ
コウヘイ 投球数69
(被安打) 4 (三塁打) 1
(本塁打) 1 (四球) 7

(単打)  カンタ
(三塁打) Mコウキ

2016年3月20日(日)新B・深川大会準決勝(対深川ジャイアンツ)

※クルミザワさん撮影。ありがとうございました!

試合結果は3回コールド負け惨敗でした。
深川大会に入ってからの
絶好調のバッティングも
この日は、ジャイアンツの左投手に
抑えられてしまいました…。
相手投手の制球力がよく2安打に抑えられ
牽制も上手く、牽制では二度アウトにされました。

でも、深川春季大会Bチーム
準決勝で敗れてしまいましたが、
結果は3位です。
みんな、よく頑張ったね!!


みんな一歩一歩成長してます。
まだまだ先は長い!
Bチームにとっての
次の大きな目標は夏の新人戦です。
経験を積みましょう。
練習や試合をする中でいっぱい、
楽しい思い、悔しい思いをしましょう。
キミたちはまだまだ強くなれるから
自信を持って!
今回の結果はメッツにとって久々の
深川大会3位入賞です。
これからも、胸を張って
がんばっていこう!

QVCマリンフィールドで関団連の開会式!

記事が前後してしまいましたが、
3月19日(土)、関団連の春の大会、
「第46回 朝日旗争奪関東団地少年野球大会」の
開会式がQVCマリンフィールドで行われました。

電車で移動し、
IMG_0283.jpg

あいにくの雨の中、海浜幕張駅から球場へ。
おっさんにはキツい冷たい雨も
選手たちは平ちゃらの様子で元気いっぱい(笑)。
IMG_0288.jpg

グラウンドで本大会(6年生チーム)と
IMG_0296-crop.jpg

ジュニア(5年生チーム)それぞれの記念撮影後、
IMG_0290-crop.jpg

雨なのでスタンドで開会式が行われました。
IMG_0302.jpg

その他の画像は↓の
アルバムからどうぞ。
2016年3月19日(土)関団連開会式inQVCマリンフィールド


雨の中、ご同行&サポートしていただいた
保護者のみなさま、お疲れ様でした。
おかげさまで何事もなく、無事、
大行脚を済ませることができました。
ありがとうございました!

追記
ちょっと古いですが2月28日、
Cチームのチビッコ選手たちが
東京マラソンを沿道から応援しました。
(豊洲グラウンドはマラソンのコースである
晴海通りのすぐそばなのです)
その時の様子です。
2016年2月28日(日)東京マラソン応援

Cチーム選手のピッチングフォームを動画で撮ってみました

3月21日(月祝)、この日出席した
Cチーム選手8名(1~3年生)でピッチング練習を行い
その時にそれぞれの投球フォームを
動画に収めてみました。
(リクト、コウタロウ、ユウゴ、ダイキ、
マナト、セイヤ、シュンスケ、コウキ)

これはその全体風景動画↓


各選手のフォームは
東雲メッツの動画チャンネル
(↑をクリック)
でご覧ください!
それぞれは短いですが、一時停止にしてから
コマ送りで見るなどして
各ご家庭で投球フォームを研究してみてください!

新Cチームの練習試合~対東陽フェニックス~

新Cチームの練習試合。
ヤマモトコーチのリポートです。


メッツ  0|1|1|0|0 |2
フェニックス  3|4|4|4|× |15

先発 ユウゴ 投球数55、被安打5、四球3
リリーフ リクト 投球数63、被安打3、四球7
安打 ホシミツ ユウゴ

午後から豊洲グラウンドにて、
東陽フェニックスとの練習試合。
メッツ先攻で試合開始!

1回表
相手の好投手の前に三者凡退

1回裏
安打、ランニングホームランなどで、3失点

2回表
ホシミツのヒット、相手のエラーなどで、1点返します!

2回裏
四球、連続安打が絡み4失点

3回表
相手のエラーなどで1点返しますが、後が続かずチェンジ

3回裏
四球、ランニングホームランなどで、またしても4失点

4回表
当たりますが、内野ゴロで三者凡退

4回裏
四球が続き4失点

5回表(最終回)
ランナー出ますが、盗塁失敗で2アウト。
最後は、新入部員の1年生・コウが代打で登場!
ナイススイングで空振三振!
堂々としたスイングで今後が楽しみです!
2016年3月13日(日)新C・練習試合(対東陽フェニックス)

※ホリさん撮影。ありがとうございました!

この試合では、守備のエラー、走塁ミス、
四球の数が目立ちました。
走塁では一塁牽制で刺されたり、二盗の失敗、
守備では普通の内野ゴロをアウトにできなかったり、
投げてはピッチャーが四球で、自滅したりと、
色々な課題があると思います。
日ごろの練習で、イージーなゴロは確実に捕る!
走塁では、リードをしっかり取る!
ピッチングでは、1球1球しっかり投げる!
と、緊張感を持って取り組んでいくようにしましょう。
(バッティングは、みんなしっかり振れてました!)

みんな着実にうまくなっています。
あとは試合でもいつも通りのプレーができるように、
日ごろの練習をがんばっていきましょう。
あと、いつも言われている
“メリハリ”をしっかりつけましょう!
試合の前でもふざけている選手が
多かったと思います。
試合前は、集中して絶対勝つぞ!
という思いで挑みましょう!
みんなは着実に成長しているので、
あとは気持ち次第です。
これからは、1人がふざけたら、
みんながふざけるのではなくて、
みんなで注意し合えるチームになれば勝てる!!


ヤマモトコーチの熱いメッセージ、届きましたでしょうか。
今週末からスーパーリーグも始まります。
チーム一丸となってがんばっていきましょう!
練習試合をお受けいただいた
東陽フェニックスさん、ありがとうございました!
また、よろしくお願いします。

メッツBチーム、春季大会準決勝に進出!

新Bチーム、深川大会の2回戦に進出。
対戦相手はお隣のジュニキンさん。
オカダ監督のリポートです!


3月13日(日)夢の島G
深川春季大会第2回戦
VS豊洲ジュニアキング
東雲メl 0 l 3 l 5 l 3 l 6 l 17
豊洲ジl 0 l 0 l 2 l 3 l 0 l  5

(先発)
コウキ 投球数86 被安打5 三振5 四球6
(リリーフ)
コウヘイ投球数19 四球2

(単打)
ユオ 2 リュウノスケ 2
コウヘイ 3 カンタ 2
ヤマト リクト ユウゴ 2
ガンジ
(二塁打)
カンタ

深川春季大会2回戦の相手は
同じ豊洲グランドで練習している
豊洲ジュニアキングさん(事実上の決勝戦)(笑)。

メッツ先攻で試合開始。
初回から先取点をとり、
勢いに乗りたいところでしたが
軟投派であるJr.キング投手の球に
まったくタイミングが合わず無得点。

立ち上がりが課題のコウキは初回、
2.3塁といきなりのピンチ招きますが
後続を三振で抑え、無失点で切り抜けます。

2回以降はメッツ打線が相手投手を克服し
毎回打ってランナーをホームに返す理想の展開。
(深川大会に入ってバッティングが調子いいね~)
3回の守備ではメッツバッテリーが
2度ホームスチール?を阻止したのはあっぱれでした。

最終回はコウヘイにマウンドを託し
四球でランナーを出しますが
無失点に抑え試合終了。
今回も前回同様、バッティングの調子が
とてもよかったです。
守備もひとつずつアウトを重ね
ピンチを広げなかったことが
勝ちにつながったと思います。


新Bチーム、2回戦突破おめでとう!
初回の守り、エース・Mコウキは
とても落ち着いていました。
まわりに「抑えるぞ」と自ら声をかけ、
間が悪いと感じるや、プレートを外すあたりに
この1年の成長を感じました。

何事も経験です。
新5年生の戦いぶりがCチームの
新4年生にもとてもいい影響を与えています。
メッツBチームはこれでベスト4に進出。
次は準決勝、相手は昨年の覇者、
深川ジャイアンツさんです。
メッツのいつもの元気と、
最後まであきらめない“メッツ魂”で
全力でぶつかっていきましょう!

メッツ、猛打炸裂で深川大会初戦を突破!~Bチーム1回戦(対潮見パワーズ)~

新年度の公式戦がついに始まりました!
オカダB監督のリポートです。


3月6日(日)夢の島グラウンドで
深川春季大会Bクラス一回戦を行いました。

メッツBvsパワーズB

東雲メ l 2 l 0 l 1 l 2 l 5 l10
潮見パl 4 l 0 l 0 l 1 l 1 l 6

(先発)
Mコウキ投球数95 被安打4、四球5

(内野安打)
リュウノスケ コウヘイ
カンタ ヤマト ユウゴ
(二塁打)
コウキ コウヘイ
(三塁打)
コウヘイ ユオ

1回表
リュウノスケ、コウヘイと四球で出塁、
パスボールで2点先攻。

1回裏
Mコウキ、四球でランナー1、2塁とし、
タイムリーヒットで一気にに同点とされ
続くバッターにライト前を打たれ、
パスボールが絡みさらに2点を献上。
(2-4)

2回
両方チーム三者凡退。

3回表
2球で2アウトと簡単に打ち取られます。
ところがバッター・コウヘイがここで
レフトオーバーの三塁打!!
続くMコウキのライトオーバー二塁打で1点を返し盗塁。
同点のチャンスにカンタは残念ながら見逃し三振。

3回裏
2回以降、調子を上げてきたコウキ。
ヒットは打たれますが無失点に抑えます

4回表
ヤマトヒット、リクト四球盗塁でランナー、2.3塁。
逆転のチャンスにバッターは1番のユオ。
2ストライクと追い込まれてから
3球目にレフトオーバー、
起死回生の逆転スリーベースヒット\(^^)/
(5-4)

4回裏
2者連続三振に打ち取りましたが
3人目に四球で歩かせ盗塁、パスボールで
同点に追い付かれました。
(5-5)

5回表
メッツはクリーンナップから。
コウヘイ、センター前の二塁打、
Mコウキ振り逃げ、
カンタ、センター前タイムリーヒットで
2点を取り逆転!
続くヤマト、代打ユウゴも
タイムリーヒットを打ち
この回、5点を追加\(^^)/
(10-5)

5回裏
守備のミスから盗塁、パスボールで
1点を返されましたが最後は
三振に打ち取りゲームセット。
10-6-で勝利することができました。
2016年3月6日(日)新B・深川大会1回戦(対潮見パワーズ)

※クルミザワさん撮影。ありがとうございました!

エースのコウキ、初回は緊張からか
制球に乱れがありました。
しかし、回を追うごとに本来のピッチングに。
バッティングではみんな良く当たっていました。
とくにユオの逆転打、
これがチームに勢いをつけてくれました。


Bチーム、初戦突破おめでとう!
初の公式戦となったオカダ新監督もご苦労様でした!
新年度の幕開けとなる公式戦第一戦、
勝って本当によかった。メッツにとっても
幸先のいい一年のスタートとなりました。
コウヘイ、何気にサイクル安打目前だったのね(笑)。
スゴイです。ジェラルミンの新しいバットが
よっぽど合っているのでしょうね。
Mコウキ、後半はナイスピッチングでした。
ユオの一発もよかったし、2三振後の
キャプテン・カンタの意地の逆転打も見事でした。
代打でタイムリーを放った新4年生・ユウゴ、
センター返しのとてもいいバッティングでした。
守備では最終回、ライト・リョウの
ナイスキャッチが勝負を決めたといってもいいでしょう。
次戦は13日、ジュニキンさんとです。
いい勝負ができるよう、次もがんばりましょう!

砂町連盟主催のプレシーズンマッチに参加しました!

新Aチームが日曜に公式戦&練習試合の
ダブルヘッダーを行いました。
ナルセコーチのリポートです!


2月28日(日)の午前中。
砂町連盟さんが主催する
プレシーズンマッチ親善交流戦に
招待いただきました。
場所は南砂少年野球場。
小さいながらも応援スタンドを備える
綺麗な球場です。

VS勝どきドリームホープナイン(中央区)
青空のもと、プレイボール。

1回表
メッツ先攻。1番Mコウキは2球目を叩き、
センターオーバーの3塁打とします。
これが、相手の出鼻をくじいた形となり、
この後4四球とワイルドピッチが続き
5点を先制します。
結果的にはこれが決勝点となりました。
(5-0)

1回裏
先発はコタロウ。先頭打者がライト前ヒットで出塁。
3塁まで進塁しますが、後続を内野ゴロで仕留めます。
ツーアウト目はショートゴロで、
Mコウキから捕手ナオヤへの送球・タッチアウトの
一瞬の連携が決まりピンチをしのぎました。
この回無失点。

2回、3回
相手投手が左腕に交代、リヅムのフォアボール、
Mコウキのセカンドゴロエラー、
カイリのセンター前安打などでチャンスをつくりますが、
得点につながりません。
一方、守備ではコタロウが
2三振を奪うなど無得点に抑えます。

4回表
二死後、Mコウキがサードゴロを諦めずに
全力ダッシュの結果、出塁。
盗塁などでチャンスを広げたところで
2番コウヘイがセンター前へタイムリー。
貴重な追加点を得ます。
(6-0)

4回裏
リリーフにナオヤが登板。
先頭3番打者にセンターを抜かれ2塁打。
牽制で2塁コウヘイと呼吸が合わず1点を返されますが、
後続を断ちました。
5回裏途中で規定の時間が過ぎ、
6-1でゲームセット。
2016年2月28日(日)A・砂町連盟大会(対勝どきドリームホープナイン)


2回からの相手左腕のストレートに苦しみましたが、
初回の攻撃がものを言った試合でした。



午後からは深川パイレーツさんのお招きにより
練習試合をさせて頂きました。
場所は臨海副都心地区の青海球場。
小ぶりながらやはり、よく整備された
野球専用のグラウンドです。

VS深川パイレーツ(深川)
メッツ先攻でプレイボール。

1回表
2番コウヘイのセカンドゴロエラーと
Hコウキの四球で得たチャンスは、盗塁と敵失により
ノーヒットでの2点先制につながりました。
(2-0)

1回裏
先発はMコウキ。立ち上がり2個のフォアボールと
サードエラーで無死満塁のピンチ。
4番打者には押し出しの四球を与えますが、
続く3打者をピッチャーゴロと2三振で凌ぎました。
(2-1)

2回~5回表
本来の調子を取り戻した相手好投手の前に3者凡退の連続。
センター前安打と連続四球のピンチの後は
内野エラーが続き2点を奪われました。
(2-3)

4回裏
リリーフはカンタ。久しぶりの登板と
慣れないA戦でのマウンド距離で制球が定まらず
6四球の苦しい投球。これは仕方がないと思います。
6点を追加されます。
(2-9)

5回裏
懸命の投球。バックも守ってくれました。
この回無得点。
カンタ! これも貴重な経験だ、
今後に生かしてくれよな!!

6回表
意地を見せたいところ。先頭9番ユウセイが
降り逃げで出塁。俊足を生かし2盗、3盗。
コウヘイが四球を選び、3番Hコウキのサード内野安打で
一矢報います。続く4番カンタも鮮やかにセンター前安打。
しかし取りきめの制限時間経過のため、この回でゲームセット。
(4-9)

本日の2試合。監督の方針で
右手負傷中のエイタを除き
全ての選手がスタメンで出場しました。
普段とは異なるグラウンドコンディションで
エラーも続出しましたが、
これも良い経験になると思います。

でも、不満なのはベンチでの応援が
すぐに途切れがちになること。
野球は、9人だけでやるものではありません。
とくに普段スタメンの上級生へ!!
この当たり前のことをもっと理解してください。
全員で盛り上がってチーム一丸にならないと
これからの大事な試合を
なんとなく落としてしまうことになるよ。
あきらめの瞬間に負けることは
決まってしまうのだから・・・

新Bチームの深川大会はもうすぐです。
新5年生は4年生のお手本として
しっかり引っ張っていってやってね。

野球本のご紹介です!

仕事絡みで恐縮ですが、野球本のご紹介です!

著者は欽ちゃん球団としておなじみの
茨城ゴールデンゴールズの現・監督&選手である
片岡安祐美さんです。

小学校低学年で甲子園に憧れて野球を始め、
29歳となった今も社会人野球の第一線で
活躍を続ける片岡さん。
彼女の“甲子園愛”“野球愛”に満ちた一冊が
3月3日に発売となります。

その本がこちら。
『甲子園を目指した少女』(竹書房)
kousien.jpg

Amazonはこちら

片岡さんのこれまでの野球人生が綴られているのですが、
野球に取り組むその真摯な姿勢には本当に頭が下がります。
小学生の時、彼女は家の前の道路で
いつも素振りをしていたらしいのですが、
いつも同じ場所で行っていたため、
なんとその場所だけアスファルトが削れ、
くぼみができてしまったんだとか。
甲子園を目指すべく、女子野球ではなく、
男子と一緒の野球部を彼女は中学、高校でも選択しました。
男子の中でたったひとりの女子選手……。
きっとたくさんのご苦労があったはずです。
でも、彼女は本書の中でこう述べています。
“苦労らしい苦労はありませんでした。
「大好きな野球ができている」
私にとっては、それだけで十分だったんです。”

当時も今も、高校野球の規定で女子選手は
公式戦に出場することができません。
それでも、片岡さんは男子中心の硬式野球部を選択し、
高校野球(熊本商業)を3年間続けました。
残念ながら熊商は甲子園に出場できませんでしたが、
彼女の野球にかける情熱はとにかくハンパじゃありません。
野球の技術論書というよりも、
「夢を持つことの大切さ」
「野球人として、人間として、どう生きるか」
「周囲の人への感謝と思いやり」を教えてくれる良書です。
野球に関わる少年少女だけでなく、
保護者や指導者のみなさんにもぜひ
読んでいただきたい内容となっておりますので
ぜひ上記アマゾンやお近くの書店で
お買い求めください!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ