Cチーム練習試合~パワーズさんとダブルで試合をしました~

10月22日(土)、夢の島グラウンドにて
C&Dが潮見パワーズさんと練習試合を行いました。
(D戦はすでにアップ済み)
スコアラーとしてもご協力いただいている
マスモトさんが今回はリポートを書いてくれました!


Cチームは、久しぶりの練習試合。
相手は潮見パワーズさんです。
この日はキャプテンのリクトが体調不良、
先々週の公式戦から絶好調のヨシヒコがケガのため、
4年生ふたりがベンチスタートとなりました。

先発は久々登板のコウタロウ。
試合前のピッチングでは、ガンジのミットに
快音を響かせ、大活躍の予感です。
メッツ後攻で試合開始。

1回表
コウタロウの立ち上がり1球目、
速球が決まってストライク!
1番、2番バッターには惜しくも四球を与えますが、
ここからが今までと違うコウタロウ、ガンジのバッテリー。
ガンジ、「いい球きてるよ!」と声をかけます。
コウタロウも落ち着いて、次の三番バッターには
攻めのピッチングで三振!
続く警戒の4番バッターは、
守備位置を変えていたレフトダイキがナイスキャッチ。
拍手が置きます。ここから流れを持ってこれるか?
五番バッターにはストライク先行で、3球三振に。
2点を取られたものの、素晴らしいピッチングでした。

1回裏の攻撃
先頭バッターのコウタロウが
鋭いバッティングでレフトにクリーンヒット!
コウタロウが快足を飛ばし、ツーベースとなりますが、
惜しくも後続は相手ピッチャーに差し込まれ、
この回0点で終わります。

2回表
コウタロウの攻めのピッチングで四球は出すものの、
リズムよい投球で続くバッターを三振にとり、この回は無失点!
メッツ、逆転できるか?

2回裏
相手ピッチャーの速球になかなかタイミングが合いません。
この回はランナーを出すことができず、3者凡退に終わります。

3回表
コウタロウも相手ピッチャーに負けていません。
先頭打者をキレのいいピッチングで
リズムよく三振に打ち取ります。
これで波に乗ったのか、四球はひとつ与えたものの、
後続のバッターを三振にとり、2回に続いて無失点に抑えます。

3回裏
この回の先頭バッターはユウタ。
相手ピッチャーには気持ちで負けていません。
タイミングは合わなかったものの、
思い切りのいいフルスイング。ナイススイングでした。
続くバッターはコウキ。
落ち着いて四球を選び、得意の足を使って盗塁を決め、
相手バッテリーのパスボールで1点をもぎ取ります。
その後、ホシミツも際どいコースを見極めて四球を選びますが、
この回は1点で攻撃を終えます。

4回表
コウタロウ続投で、先頭バッターを三振にとりますが、かつてない4イニング目。
さすがのコウタロウも疲れが出てきたのか、打者1巡で6点を与えてしまいます。

4回裏
2アウトからバッターはユウキ。
1ボール2ストライクと追い込まれますが、
ファウルで粘りを見せ、四球を選びます。
続くバッターマナトもボール球には全く手を出さず、
落ち着いて四球を選びます。
ユウキ、マナトともに果敢に次の塁を狙い、
ツーアウトながら2塁、3塁の大チャンス。
残念ながら相手ピッチャーの緩急を使ったピッチングに
タイミングが合わず、この回無得点に終わりました。

5回表
この回からユウゴがリリーフ。
ストライクが入り始めた頃、時間切れでゲームセット。
13対1の悔しい敗戦となりました。
posted by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

この試合では、メンタル的な成長が見られた半面、
途中から集中力が切れたのか、
ベンチもグラウンドに立つメンバーも、
声が途切れる場面がありました。
これから試合で成長していくためには、
一人ひとり、自分の役割を認識することが大切です。
野球はチームプレーです。
ベンチからは声を出す、守備の時は声を掛け合う。
アウトカウントも確認し合う。
とくに4年生は、もうすぐBチームです。
今まで監督・コーチから普段教えられていること、
試合で教えられたことを課題として捉え、
普段の練習に取り組んでいきましょう。


マスモトさん、すばらしいリポートありがとうございました!
10月上旬までは残暑かと思わせるような暑い日が続いていましたが
ここ数日、秋を飛び越えていきなり冬のような寒さとなっています。
朝、晩はとくに冷え込みます。
選手、保護者のみなさん、体調崩さぬよう、気をつけてください。
私も気をつけます(笑)。
スポンサーサイト

Dチーム練習試合~対潮見パワーズ~

竹の子大会に続き、3年生以下の
Dチームが練習試合を行いました。
最近ベンチでスコアをつけてくれている
シマザキコーチの初リポートです!


10月22日(土)、夢の島東少年野球場での
Dチームの練習試合です。

東雲メッツvs潮見パワーズ

潮見|5|2|7
東雲|0|0|0

メッツの先発バッテリーは
コウキとシュンスケの2年生コンビ。
初回、先頭打者を
ボテボテのファーストゴロに打ち取り、
ファーストのマナトがしっかりキャッチ。
ただ、一塁ベースはガラ空きで内野安打。
次の打者は粘られた末に三振に斬ってとるも、
四球や相手のヒットなどでもあって、
初回に5失点をしてしまう。

一方、メッツは1アウトから
シュンスケがサード内野安打で出塁。
続く3番コウキの打席で二盗三盗を決めた。
1アウト三塁の得点のチャンスで、
コウキは低めのストレートを三振するも、
相手のパスボールで振り逃げ。
ボールがバックネットに転がっている間に
三塁ランナーのシュンスケが果敢にホームを狙うが、
間一髪でタッチアウト。
その後、ツーアウト2、3塁までチャンスを広げるも、
あと一本が出ずに無失点で終わる。

2回のパワーズの攻撃。
四球や内野安打でランナーを出して2失点するも、
その後、コウキは立ち直り、
安定したピッチングで2者連続三振の快投を見せた。
相手の4番打者にはこれまで会心の当たりを
打たれることのなかったコウキも、
センターへの強烈なライナーを弾かれる。
抜ければホームランもありえた打球だったが、
メッツの〝外野の要〟セイヤはひと味違う。
あわてずこの打球を見事にナイスキャッチ。

セイヤのビッグプレーで流れを変えたいメッツは
6番のユウタがショートへの内野安打で出塁するも
後が続かず。ツーアウト二塁の場面で、
9番のコウがデッドボールで出塁したが、
得点にならずにゲームセット。
最後には一年生・ソウキも打席に立って
一生懸命にバットを振ったけど、
ボールに当たらなかったのが残念。
0-7で敗戦となりました。
posted by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

最後に打席に入ったソウキをはじめ、
打席に立ったときのメッツのメンバーは
ちゃんと相手の投球にバットが振れてました。
結果的に見逃し三振だったメンバーもいるけど、
バットを振らなければボールには当たりません。
ガンガン振っていきましょう!


某スポーツ紙にお勤めのシマザキコーチだけあり
臨場感あふれるさすがの内容となっております。
ありがとうございます!
これからもガンガン、リポートお願いしますね(笑)。
Dチームはこれからどんどん経験を積み、
来年の春、新Cチームとしてしっかり戦えるよう
がんばっていきましょう!

練習試合をしていただいた潮見パワーズのみなさん、
ありがとうございました!
また、よろしくお願いいたします。

竹の子大会の写真が届きました!

先日の竹の子大会の画像が
ホリさんから届きました。(ありがとうございます!)

Dチーム大活躍の様子をご覧ください。
posted by (C)メッツ広報部

Bチーム、秋の関団連に臨む~対ニュー愛宕~

Bチーム、秋の関団連。
久しぶりにコナコーチのリポートです!


10月15日 (土)、豊洲グランドで
関団連大会Jr.の二回戦が行われました。

東雲メッツvs ニュー愛宕

愛宕 l 2 l 3 l 1 l 0 l 2 l 8
東雲 l 0 l 3 l 1 l 2 l 0 l 6

(投手) M コウキ
投球数 94 被安打6
二塁打 2
三振 4 四球 1 死球 1
(単打)
ユオ Mコウキ 2
ヨシヒコ リョウ
(二塁打) 
リュウノスケ
コウヘイ Mコウキ
(本塁打)
ユオ コウヘイ

Bチームとして、今シーズン最後の大会。
メッツの先発はMコウキ。
テンポよく簡単に2アウトをとりますが
ここからがBチームの課題です。
エラーが重なり、2アウトから3失点。
この立ち上がりの失点をいかに
最小限で食い止めるかがBチームの課題です。
2回以降も毎回得点されましたが、
3点取られたのは初回だけです。
posted by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

攻撃面でも、ここ最近は初回に得点できず、
後半になってやっとエンジンがかかってくる感じです。
そして同点まではなんとかいくのですが、
課題の立ち上がりの大量失点が響き、
なかなか逆転できないのが現状です。

ただバッティングに関しては、
エンジンがかかるのは遅いですが
みな、よく打てるようになったと思います。
現にヒットの数は、相手チームを上回る
10本を記録しています。
(その内、コウヘイとユオはホームラン!)
バッティングはこのまま好調を維持していきましょう。
後は、守備と走塁、
もう一度基本からやっていきましょう。
ここ最近は悔しい試合が続きましたが、
この悔しさを次につなげてください!

Dチームのちびっ子たちが、公式戦に初挑戦!

3年生以下のちびっ子チームが集う
竹の子大会の1回戦。
ハヤシコーチのリポートです!


10月16日(日)、東雲小学校にて
竹の子大会 第1戦(対 番町エンジェルス戦)が行われました。

3年生以下のDチームの初公式試合です!

A 2|5|0 7
M 0|0|0 0

メッツの先発バッテリーは、
2年生コンビのコウキとシュン。
ふたりとも精一杯がんばってくれましたが
四球やヒットなどで2回までに7失点してしまいます。

一方、メッツの攻撃は、相手先発ピッチャーの
3年生とは思えぬ速球に対応できず得点ならず。
2回終わって0対7。

最終回となった3回。
メッツのピッチャーはリリーフのマナト。
堂々としたピッチングで三者凡退に抑える好投!
このマナトの好投が3回裏のメッツの攻撃に
流れを呼び込んでくれました。

相手ピッチャーが交代し、ここからメッツの反撃。
リンタロウの選球眼よくボールを見極め、
際どいコースをカットで粘り、四球をもぎとります。
しかもリンタロウは出塁した後、
二盗、三盗も決めました! スゴイぞ!
コウがデットボールで出塁し、ランナー1・3塁のチャンス!
しかし、残念ながら後続が続かずゲームセット。
0対7と悔しい敗戦となりました。

posted by (C)メッツ広報部
※ホリさん撮影。ありがとうございました!

試合には負けてしまいましたが、
はじめての公式戦の子どもたちも多い中、
立派に立ち向かった選手たちに改めて拍手!
プレッシャーの中、ピンチを救う好投を見せたキャプテン、マナト。
実力を出しきれず一番悔しい思いをしているであろうエース、コウキ。
小さい手でも、体を張ってボールに食らいついたキャッチャー、シュン。
高くあがったフライをしっかりキャッチアウトにしたセカンド、ヒナタ。
わずかな差でセーフになったが、ゴロを見事にさばいたサード、ユウタ。
ボールをしっかり見極めるバッティングがすばらしかったショート、リンタロウ。
出塁し、フライだったけど2塁まで全力疾走したレフト、コウ。
センターへの痛烈な当たりを華麗にさばいたセンター、セイヤ。
3ストライク目を全力でスイングしたライト、リリキ。
ベンチで一生懸命応援した1年生、ユウヤとソウキ。
ほんとにみんな、竹の子みたいにどんどん成長し、
うまく強くなっているね!

試合後のミーティング、
今後に向けて監督から3つの課題。
1) 早いボールを打てるようになる!
2)ピッチャーはストライクを投げる!
3)次に自分が何をするか考え準備しておく!
この3つを頭に入れてしっかり練習し、
次の試合でDチーム初勝利をみんなで味わおう!


ハヤシコーチ、渾身のリポート、ありがとうございました!
いやー、それにしてもエンジェルスさんの
エースの球威はすごかった (;^_^A
14mの距離であの球威、バッターの体感速度は
150kmを超えていたと思います(笑)。
去年のカバラホークスさんのエースもすごかったですが
今年もすごかったです(笑)。

ハヤシコーチのリポートの最後にあった3つの課題。
1→素振りをしよう!
2→キャッチボールをしっかりと!
  ※1と2はできれば平日にも
   一回でもいいからやってほしい。
3→プロ野球を見よう!
  ※これから日本シリーズ、
   メジャーではワールドシリーズが始まります。
   そういった緊張感あふれる試合を見ながら
   野球を覚えよう。

メッツのモットーは文武両道です!
勉強もがんばり、
野球もがんばる。
一勝目指してがんばっていこう!

スーパーリーグのトーナメント1回戦!~対淀四ライオンズ~

スーパーリーグのトーナメント1回戦、
ウラサワコーチのリポートです。


10月10日(祝)
スーパーリーグトーナメント1回戦

メッツ 0|0|0|2|2| 4
ライオンズ 0|0|4|1|x 5

先発リクト
投球数79被安打3四球3死球0奪三振3

安打
ヨシヒコ、コウタロウ、Yコウキ
二塁打
ガンジ、リクト

淀四ライオンズさんをお招きしての
スーパーリーグ本選第一回戦が
東雲小学校にて行われました。

先発リクトは立ち上がりから制球がまとまり、
上々の立ち上がり。
初回、二回を0点に抑えます。

今のCチームの課題は
ビックイニングをつくらないようにすること。
ですが3回裏に四球、ヒット、
エラーが重なり4失点。
監督不在の中、不安だったかもしれませんが、
悪い雰囲気を切り換えられるよう、
みんなで声を掛け合っていきましょう。

あとは走塁、これは普段の練習から
もう少しキチンとやらないと上手くならないので、
みんなちゃんと練習するように!!!

ただ攻撃面、特に最終回の
追い上げは見事でした。
コウキ、ナイスバッティング!
ガンジ、リクトも夢の島なら
ホームランだったかもという
見事なバッティングでした。
ヨシヒコもクリーンヒットが出たね。

結果はなかなか出てはいませんが、
着実に力を付けてきているのは間違いありません。
試合経験をどんどん積んで
一人ひとりが勝つためには何をすれば良いか、
考える野球ができるようになれば
結果は自ずと付いてくると思います。

そのためには技術だけではなく、
そろそろ気持ちのコントロールが
できるようになれば
もっと強くなっていくと思います。
普段の練習から自分に負けずに頑張っていこう。

posted by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました。


ウラサワコーチ、リポートありがとうございました!
この日は仕事のため監督不在となり
対戦相手の淀四ライオンズのみなさん、
メッツの選手、スタッフのみなさん、
大変失礼いたしました。
残念ながら負けてしまったけど
最終回の追い上げに選手の成長を感じました。
課題はいろいろありますが(;^_^A
ひとつひとつクリアしていくしかないね。
まだまだ先は長い!
けど学童野球は長いようで結構短い!(笑)
ということでみんなで
切磋琢磨しながらがんばっていきましょう。

試合などの画像が届きました!

ヨシヒコママより写真が届きました。
ありがとうございました!


9月17日・Cチーム激励会
posted by (C)メッツ広報部

9月18日・開会式&Bチーム深川大会
posted by (C)メッツ広報部

10月2日・Cチーム深川大会
posted by (C)メッツ広報部



関団連本大会、Aチームが快進撃を続けてます!

Aチームの関団連本大会、
2試合分、ナルセコーチのリポートです!

9月24日(土)
天候不順が続く今年の秋ですが、
この日も朝から今にも降り出しそうな天気でした。
Aチームにとっては最後となる
秋の大会ロードが開幕しました。

関団連東京支部大会2回戦
VSニュー愛宕(江東区)

豊洲グラウンドで、いざプレーボール!

1回表
先攻はメッツ。
1死から2番コウヘイの振り逃げが
捕手の送球ミスを誘いました。
俊足を飛ばし一気に生還、
先制点を取ることができました。
その後相手速球投手から3個の四球で
満塁のチャンスを得ましたが、無得点に終わります。

1回裏
先発はコタロウ。
先頭打者が初球を痛烈に叩き、
レフトにライナーを飛ばしますが、エイタが好捕。
積極的に振ってきそうな予感がしました。
2番打者が内野安打、3番打者が死球の後に
ワイルドピッチで二、三塁のピンチ。
4番打者の内野ゴロにより同点とされます。
しかし後続は、内野守備陣の活躍で
抑えることができました。
(1-1)

2回表
1死後、速球に強い9番エイタが
この試合初ヒットとなるレフト前安打を放ちます。
1番Mコウキもサードへの内野安打でチャンスを広げますが、
エイタが牽制死でツーアウト。この回は無得点。

2回裏
2連続で安打を浴びますが
捕手ユウセイの牽制送球が冴え、
ピンチの芽を摘みました。
後続は内外野の守備が堅く抑えました。

3回表
1死後から4番シュウヘイがデッドボールで出塁。
続く5番ナオヤが鮮やかにセンター前へ運びます。
2死後リヅムが四球を選び満塁に。
本日8番で出場のヤマトが四球、
エイタが死球で2点追加。
1番Mコウキのセカンドへの内野安打で
さらに追加点を挙げました。
(4-1)

3回裏
このまま主導権を得たいところでしたが・・
先頭の2番打者がライト線へのツーベースを放つと、
連打、エラーと与死球が重なりたちまち同点に。
この回途中からMコウキがリリーフ登板。
後続を断ちます。
(4-4)

4回、5回
コタロウのセンターオーバーの
三塁打でのチャンスがありましたが、
相手投手の速球が決まり、
三振の山を築きます。
一方、投手Mコウキも制球抜群で
無四球で攻略の糸口をあたえません。

6回表
大会規定の時間に到達。この回が最終回。
打順良く1番から。Mコウキは左中間へのヒット。
2番コウヘイはなんとスリーバントを三塁前に。
これが自らも生きる安打となります。
続くコタロウは四球。
このチャンスでシュウヘイの押し出しフォアボール、
ナオヤのセンター前タイムリー、
リヅムの1塁ゴロにより3点を追加し、
突き放すことができました!!
(7-4)

6回裏
相手5番打者からの場面。
Mコウキは3連続三振で打ち取りゲームセットです!!
ナイスリリーフでした。


10月1日(土)
ひきつづき、3回戦です。

関団連東京支部大会3回戦
VS赤松フライヤーズ(品川区)

1回表
今回もメッツ先攻。
2番コウヘイが左中間にヒット。
続くナオヤが四球を選びます。
4番コタロウは三振に倒れますが、
捕手が後逸し先制点をとりました。
5番シュウヘイはショートゴロをあきらめず
一塁をかけぬけました。
内野安打となり、追加点です。
(2-0)

1回裏
先発はコタロウ。
先頭打者はレフト前に安打。
2番、3番打者に四球を与えます。
ワイルドピッチで1点返されると、
4番打者の投ゴロをバックホームしますが
フィルダースチョイスとなってしまいます。
続く5番打者にはライト前に運ばれます。
しかし、その後3打者を打ち取りました。
(2-3)

2回裏
連打を浴び、1点追加。
続く2番打者に四球を与えたあと、
急きょナオヤがリリーフ登板に。
期待にこたえ後続を断ちます。
3塁Mコウキからの送球を
1塁シュウヘイが機敏にバックホーム、
捕手ユウセイが走者をタッチアウト!
Aチームの野球のだいご味ですね。
(2-4)

3回裏~5回裏
ナオヤの好投が続きます。
3回裏は四球の先頭打者走者を
捕手ユウセイが盗塁を許しません。
このところ送球がまとまってきたように感じます。

4回表
先頭の6番ユウセイが右中間にヒット。
盗塁とワイルドピッチで三塁へ。
このチャンスでは
相手投手のボークで1点を返します。
(3-4)

5回表
本日好調のコウヘイが
2本目のヒットをレフトへ。
2盗、3盗を決め、シュウヘイの
ファーストゴロの間に
同点のホームを踏みました!
ついに試合は振り出しに。
コウヘイの迷わない冷静な
走塁に感心させられます。

6回表
1死から代打リュウノスケ。
振り逃げで逆転のランナーとなります。
続く打者はMコウキ。
ここまでは沈黙?の1番打者が
左中間へツーベース。チャンスを拡大します。
続くコウヘイは確実にスクイズバントを決め、
しかもこれが内野安打となって猛打賞です。
この間にMコウキは3塁を蹴って一気に生還。
ついに試合をひっくり返しました。
(6-4)

6回裏
ナオヤの好投は途切れず続きました。
最終回も3人で打ち取りました。ナイスピッチ!!
(6-4×)

2試合とも厳しい戦いでした。
特に3回戦は重苦しい雰囲気が序盤を支配し、
誰もが応援を忘れてしまうほど。
2チームとも強く、負けていても
不思議ではないゲームではありました。
野球は点の取り合いです。
戦力がとてつもなく離れていない限りは
ワンサイドのゲーム差にはなりません。
あきらめたら負けです・・・
次はもっと自信を持続して臨んでほしいです。
たとえ先制されたとしても。

このチームでの大会出場は
残すところわずかとなり、
期間としてはあと1カ月余りを残すばかりとなります。
チームとして少しでも成長を続けてほしい。
きっとまだ伸びます。
最後までがんばろう!!

Cチーム、秋の1回戦~対江東ファイターズ~

10月2日(日)、夢の島グラウンドにて
Cチームの秋の大会1回戦(対江東ファイターズ)が
行われました。

F 0|0|5|0|0 5
M  0|1|0|0|0 1

先発リクト
投球数96、被安打2、四球3、死球1、奪三振4

安打
ホシミツ

立ち上がり、先発リクトはランナーを
背負いながらも、守備陣の助けもあり
無失点に抑え好スタート。
しかし、ファイターズの先発投手も
制球、球威ともに優れ、
メッツはなかなかヒットが打てません。
2回に一得点するもこれは相手守備陣の
ミスから生まれたオマケでした。

3回表に大量失点を許した後、
何度かメッツにもチャンスはありましたが
いずれも相手投手の気迫のピッチングによって
封じ込まれてしまいました。
ファイターズのエース(キャプテン)、
マウンド上で気合入ってたよね。
あの戦う姿勢はメッツ選手も大いに
見習ってほしいと思います。

試合は1-5で残念ながら敗戦となってしまいました。
今回の敗戦はベンチワークにも問題がありました。
選手のみんな、勝たせてやれなくてゴメン。
相変わらずダメな監督ですが
選手のみんなと一緒に成長していきたいと思います。

この日も保護者のみなさん、おじいちゃん、おばあちゃん、
たくさんの方が応援に駆けつけてくださいました。
熱い声援、ありがとうございました。
今週末にはスーパーリーグ、
23日(日)には3年生以下の竹の子大会も
入ってくる予定です。
引き続きよろしくお願いいたします。
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ