春の大一番、江東大会!!

ついに来ました。Aチームの春の大一番、江東大会。
果たして結果はいかに……。
マスモトさんのリポートです!


Aチームの江東大会初戦です。
前夜の雨が嘘のように、晴れ間が見える夢の島。
風は冷たいけれど、メッツのみんなは
熱い気持ちを抱いて、グラウンドに向かいました。
この日のために、練習を重ねてきた選手たち。
コガ監督に作っていただいた朝夕の筋トレ、
学校から帰っての素振り、平日練習。
土日の練習以外にも、今まで以上に
気合を入れてトレーニングしてきました。
「絶対勝ちたい!」
それぞれの想いを抱えて、キャプテンのカンタを筆頭に、
いつになく緊張の面持ちでグラウンドに入りました。

相手は三砂少年チームさん。
何度か練習試合にお越しいただきましたが、
礼儀正しく、基本に忠実なプレーをするチームです。

メッツは先行。
相手投手はメッツの苦手(?)な左ピッチャー。
長身から投げ下ろす速球を目の当たりにし、
さらに気合が入ります。

1回表
1番コウヘイが四球を選び、ノーアウトでランナーが出ます。
俊足を活かし、二盗を決め、果敢に三塁を狙います。
・・・が、微妙なタイミングでタッチアウト。
この回、3人で攻撃を終えます。

1回裏
先発はコウヘイ。
先頭打者を抑え、すかさず「ワンナウト!」。
キャプテン カンタが叫びます。
続く2番バッターにはレフト前に運ばれますが、
なんとここで牽制タッチアウト。
たちまち2アウトランナーなし。
3番バッターには死球を与えたものの、
次のバッターをピッチャーフライに打ち取り、
1回を0点に抑えます。

2回裏に1点を先取されたものの、
3回、4回は両チーム固い守りで無得点。

5回表
先頭バッターリクトが出塁し、2盗を決めます。
続くリョウ、ユウゴが選球眼よく四球を選び、
満塁の大チャンス!
バッターは先頭に戻り、コウヘイ。
4球目をセンターへ弾き返し、2点タイムリー!
続くリュウノスケが出塁し、
期待どおりに俊足を飛ばして2盗成功!
後続が倒れますが、この回、逆転に成功します。

5回裏
調子の上がってきたコウヘイ。
冴えわたる投球と、ユオの好リードで、
この回をなんと3者凡退に。
5回終わって2-1。

6回表
メッツは打順よく、4番、
ミスターフルスイング、ガンジ登場。
期待どおりのフルスイングですが、出塁できず。
続くユオも鋭い打球を飛ばしますが、
相手の好守備に阻まれます。
そして6番リクト。高く高く上がった打球でしたが、
これもセンターの好守備に阻まれ、無得点。

6回裏
この回、エラーが絡み、
ノーヒットで2点を献上してしまいますが、
メッツの守備は素晴らしい面も見られました。
サード カンタは難しい打球をキャッチ、
見事、アウトを取りました。
キャッチャー ユオが体を張ってのキャッチ、
強肩を活かして盗塁を刺しました。
外野のヨシヒコ、リョウ、ユウゴは、
コウヘイが一球投げるたびに動いてボールに集中。
ベンチの選手も、最後まで盛り上げます。
6回終わって2-3。
メッツ、最終回への攻撃へ。

7回表
メッツ、円陣を組み、カンタの声で気合が入ります。
「あきらめるな!」の声が響きます。
リョウがバッターボックスに入り、ベンチの応援もMAXに。
4球目、当たりはよかったものの、
相手の好守にランナーを出すことができません。
そして、バッターはヤマト。
2球目をフルスイング。打球は外野に抜けるか?と思われましたが、
3塁手の好守備に阻まれ、ゲームセット。
悔しい敗戦となりました。
2017年4月23日(日)A・江東大会(対三砂少年クラブ)
2017年4月23日(日)A・江東大会(対三砂少年クラブ) by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

試合の後、選手たちは
沈痛な面持ちでグラウンドを後にします。
悔しい。だけど、全力でプレーしたし、
力を出し切ったから、悔いはないよね。
江東大会は終わったけど、これで試合が終わりではありません。
スモールステップでも、少しずつ選手は成長しています。
体力、技術、ベンチワーク、メンタルも。
ミスした選手への声掛けも、以前とは違ってきています。

試合後、コナ監督代行は
「選手を誉めてあげてください」と言いました。
コナ監督代行のおっしゃるとおり、
本当にナイスゲームでした。
試合中の応援、挨拶、礼儀に至るまで、
この日の選手たちは素晴らしかった。
選手たちのスポーツマンシップに拍手を贈りたい、
そんな試合でした。

間もなく始まる千石大会、さらに熱い気持ちで
チーム一丸となってがんばりましょう!


マスモトさん、選手たちの想いが伝わってくる
臨場感あふれる丁寧なリポート、ありがとうございました!
この後、コナ監督代行の熱いコメントが届くと思うので
みなさま、今しばらくお待ちください!
スポンサーサイト

Cチーム、スーパーリーグ第3戦~投手力は上がってきているけれど……の巻~

Cチームのスーパーリーグ、
左肩の故障から復帰したハヤシコーチのリポートです!


4月23日(日)、スーパーリーグ第3戦、
Cチームが東雲小学校にて、
東港大門さんと試合を行いました。

T 3 | 2 | 2 | 1   8
M 3 | 0 | 0 | 1   4

自称「じゃんけん負けなし男」マナト!(笑)
メッツが後攻を選びプレイボール!

1回表、東港大門の攻撃。
先発コウキ-マナトのバッテリー。
先頭バッター、三遊間を破るヒットで出塁。
続く2番、キャッチャーフライをマナトがキャッチアウト!!
低く上がったフライにすばやく反応した見事なプレイ。
ピッチャーを助けます。
ランナー2、3塁の場面。
サードゴロ。シュンがうまくさばきますが、
バッターランナーの足が速くセーフ。
相手ランナーの好走塁もあり、2点先制を許します。
続くバッター振り逃げの間に、もう一人ホームに帰り3点目。
後続から三振を奪い3失点で踏ん張ります。

1回裏、メッツの攻撃。
奪われた3点を取り返したい!
先頭マナトがフォアボールを選び出塁。
2盗 3盗を決め、1アウト3塁でチャンスメイク。
3番リリキがピッチャーに打ち返しマナトホームイン、1点奪取!
リリキは盗塁で3塁へ。
4番ユウタのピッチャーゴロの間に
リリキが突っ込みセーフ! 2点目!
ベンチに帰るリリキをマナトが抱き上げ喜び合う!いいシーン。
チームメイトと野球を楽しむ。
これがメッツの野球だね。
このまま追い上げたいメッツ。
振り逃げで出塁のシュンは、「俺の足、神!」と次々盗塁。
相手のエラーを誘い、あっという間にホームに生還、3点目!
3対3の同点!

2回表。
先頭バッターにデッドボールで出塁を許しますが、
後続を2三振。
ツーアウト3塁。
相手バッターの痛烈な打球がレフトを抜け2ランに。
しかし、ここでも気持ちを切らさず後続を三振。
成長を感じさせるコウキの見事なピッチング!

2回裏。
コウキが振り逃げで出塁。
マナトもフォアボールで出塁しますが2者残塁で得点ならず。

3回表。
先頭打者がヒットで出塁し、盗塁、エラーでホームイン。
続くバッターは、ファーストゴロ、
ピッチャーゴロに抑えツーアウト。
しかし、内野安打を2つ許し、もう1点。
この回、2失点。

3回裏。
4点差を少しでも縮めたいところでしたが、三者凡退。

4回表。
ピッチャー、リリーフセイヤ。
先頭バッターを三振!
続くバッターはレフト前ヒット。
サウスポーセイヤ得意の1塁牽制。
ランナーが飛び出しアウト!にできるシーンでしたが
ミスが重なり、そのままホームイン。
フォアボール、振り逃げで2,3塁のピンチ。
しかし、後続をファーストフライ、サードゴロに打ち取りスリーアウト。
落ち着いて最小失点に抑えたセイヤ。ナイスリリーフ!

4回裏、最終回。
5点を追うメッツの攻撃。
ヒナタがサードへの内野安打で出塁。
ワイルドピッチの間にホームイン。1点を返す!
続くリンタロウがフォアボールで出塁。
しかし、3盗失敗でタッチアウト。
途中交代出場のハラユウが三振に倒れゲームセット。

4対8の敗戦となりました。
2017年4月23日(日)C・スーパーリーグ第3戦(対東港大門)
2017年4月23日(日)C・スーパーリーグ第3戦(対東港大門) by (C)メッツ広報部
※サトウさん撮影。ありがとうございました!

ピッチャーコウキ、セイヤは、
奪三振8(振り逃げ成功2含む)
与えたフォアボール1
デッドボール1
パスボール3
被安打7(エラー出塁含む)
十分合格点だと思います。
コウキの速球、セイヤの緩急を活かした投球は
相手打者も打ちにくかったと思う。
この内容で8失点は相手にあげすぎかな。
野手のエラー、暴投をなくせば
3~4失点で済む内容だったと思います。
ゴロの練習、キャッチボール。
基本をしっかり身につければ勝てるはず!

一方の攻撃、
三振8(振り逃げ成功2含む)
フォアボール3
デッドボール0
ヒット2(エラー出塁含む)
この内容で4得点は、もらいすぎかもしれません。
相手ピッチャーもどんどん成長し力をつけてきます。
それ以上に力をつけていかないと、これからも打てないぞ!
「はえ~!」なんてベンチでざわつくのはもう卒業しよう!

東港大門のバッターのスイングは、メッツより鋭かった。
あきらかなセーフでもスライディングし
勝ちを取りに行っていたと思います。
そういう勝ちに行く姿勢を見習って欲しい。
メッツのチームプレーで次こそは勝とう!!

Bチーム、見事15-9で4回コールド勝ち!

Bチームの春の公式戦、
オオイコーチのリポートです。


4月15日(土)、豊洲グランドにて
関団連ジュニア(Bチーム)一回戦、調布大塚ファイターズ戦。


M 0 | 13 | 2 | 0 | 15
F 3 | 0 | 3 | 3 | 9

メッツ先行で試合開始!
初回、ダイキの右中間ツーベースなどで、
2アウト満塁のチャンスを作るも残念ながら無得点。
その裏、先頭バッターをエラーで出すと、
3番バッターがライトを越えるホームラン。
さらにもう1点を追加され、苦しい立ち上がり。

2回表、先頭のユウキがフォアボールで出塁し、2盗、3盗。
テッショウもフォアボールを選び、すぐに盗塁。
コウキへのデッドボールで満塁となり、
ユウゴが選球眼良くフォアボールを選び労せずに1点。
1アウト後、リクトのライトオーバーツーベースで2人が帰り、
3-3の同点!
メッツは一気に盛り上がります!!
4番はガンジ。
3球目をフルスイングし、センターにツーベース。
ユウゴ、リクトがホームインし、
あっと言う間に、5-3と逆転!!
メッツのムードは最高潮です。
続くヨシヒコが落ち着いてボールを見極め
フォアボール。ランナー、1・2塁。
さらに、コウタロウが足をいかして、
サード前に絶妙のセーフティバント!
またまた満塁となり、チャンス拡大です。
押し出しもあり、さらにリクトがこの回2本目の
ツーベースを左中間に運び、11点目。
負けじとガンジもセンターにタイムリーを放ち、
2点を追加。
1イニング13点のビッグイニングとなりました。

その裏はファイターズを0点に抑え、
3回表のメッツの攻撃。
1アウトからユウキとテッショウの
連続内野安打で1点を追加。
コウキのショートゴロの間にさらに1点。
足でしっかり稼いだ効果的な追加点。
ここで15-3

3回の裏、相手も粘ります。
フォアボールと2本の長打で3点を追加。
ピンチが続きますが、ここでリクトが2者連続三振!
流れを渡しません。

4回、ダイキがライトへのヒットで出塁するも、
不運なゲッツーもあり、3人で攻撃終了。
15-6のまま、ファイターズの攻撃。
フォアボール、デッドボールのあと、
レフトへのツーベースヒットなどで、
3点を奪われますが、最後は途中登板のガンジが
2アウト満塁のピンチを三振に仕留め試合終了!
2017年4月15日(土)B・関団連jr(対調布大塚ファイターズ)
2017年4月15日(土)B・関団連jr(対調布大塚ファイターズ) by (C)メッツ広報部
※ヨシヒコママ撮影。ありがとうございました!

初回に先制されるも、気持ちを切り替え全員での大逆転劇。
相手に与えてもらったフォアボールがきっかけでしたが、
そこから積極的な盗塁、長短打ありの
本当に見事な攻撃でした。
勝つとやっぱりうれしいですね。
みんなの笑顔が印象的でした。
この勢いで2回戦もがんばろう!!

スーパーリーグ第2戦~守備面で大成長!の巻~

Cチームのスーパーリーグ第2戦、
サトウコーチの初リポートでお届けします!


2017年04月16日(日)
Cチーム スーパーリーグ第2戦

Cチームが東雲小学校にて、
篠崎アトムズさんとスーパーリーグ第2戦を行いました。

篠崎│0│0│1│0│4│ 5
東雲│0│0│0│0│1│ 1

主将マナトはジャンケン勝利で後攻を選択。
メッツの先発バッテリーはコウキ-マナト。

1回表
1番2番を連続ピッチャーゴロに打ち取り、
簡単に2アウトを取るものの、
3番が大きなバウンドでショートの頭上を抜けていく
アンラッキーなヒットで出塁。
続く4番への四球に盗塁も重なり、
2、3塁のピンチを招くも
後続5番のショートゴロをリンタロウが
華麗にさばき3アウトチェンジ!
初回を見事0点に抑えます。

1回裏
先頭バッターのシュンは見逃しの三振。
しかし続くマナトが選球良く四球をもぎ取り出塁、
すかさず盗塁を決める。
3番コウキは三振に倒れるも、4番ユウタが再び四球を選び、
メッツも初回2、3塁の先制のチャンスを迎えます。
ここでバッターは5番のリリキでしたが、
あえなく三振に倒れ、惜しくも先制ならず!

2回表
先頭をセカンドゴロに打ち取り1アウト。
その後も当たり自体は打ち取っているものの、
内野守備の乱れが続き2アウト満塁のピンチを招きます。
ここでキャプテンのマナトが、
『声出して盛り上げていこう!』とナイス掛け声!
これが功を奏したか、バッターをピッチャーゴロに打ち取り、
2回も0点に抑える上々の立ち上がり。

2回裏
先頭セイヤの三振後、
続くヒナタは四球、2盗3盗も決め、1アウト3塁。
リンタロウも四球・盗塁で初回に続き
2、3塁のチャンスを作るも、
後続は連続三振でこの回も得点ならず!

3回表
先頭バッターにレフトの左を破られる
痛烈な当たりを食らうも、
レフトのアツトの打球処理、
リンタロウのカットプレーともに見事で、
2ベースにとどめることに成功。
これは日頃の練習の成果! ナイスプレー!
しかし、その後の3盗時にエラーが出て
先取点を奪われてしまいます。
後続はなんとか抑えてこの回は1点で終了。

3回裏
すぐさま追いつきたいメッツでしたが、
残念ながら3者凡退
(三振、ピッチャーフライ、三振)でチェンジ。

4回表
この回からメッツのピッチャーは
2番手のセイヤにスイッチ。
先頭にデッドボールを与え、
続くバッターサードゴロの間に
3塁まで進まれ、1アウト3塁のピンチを迎えます。
これ以上点を取られたくないメッツでしたが、
ここでこの試合一番のファインプレーが飛び出します!
セカンドの右を襲う痛烈なライナーを
ヒナタがナイスキャッチ!
飛び出したランナーにつられてホームに投げたのはご愛敬。
キャッチャーのマナトが落ち着いて
3塁に送球しダブルプレー完成。
ピンチを見事に切り抜けました。
※普段は息子を褒めない私も
このプレーには脱帽、よくやったヒナタ!

4回裏
ビッグプレーで流れを引き寄せたメッツは
先頭のリリキがセカンド頭上をゴロで破り、
チーム初となる2ベースヒットで出塁。
続くセイヤは三振するもリリキは3盗を決め、
同点に追いつくチャンスを迎えます。
しかし、続くバッターが連続三振に倒れ反撃ならず。

5回表
ここまで1失点のみと好ゲームを続けてきたメッツでしたが、
先頭に2ベースを打たれると、緊張の糸が切れたか
内野フライを挟んでヒット、
四球、2ベースと続けられ、3点を奪われます。
続くバッターにも3ベースを浴び4点目を取られた後、
リリーフに3番手のユウタが登板します。
ピンチでの登板でしたが、落ち着いて三振を奪いチェンジ。

5回裏
一矢報いたいメッツは、先頭のアツトが四球で出塁、
盗塁も決め3塁まで進みます。
1アウト後、マナトも内野安打で出塁し、ランナー2、3塁。
ここで相手投手にワイルドピッチが出て、
ついに待望の1点が入ります。
さらに追加点の予感を感じさせるも、
相手投手の球威は最後まで衰えず、
最後は連続三振でゲームセットとなりました。
2017年4月16日(日)C・スーパーリーグ第2戦(vs篠崎アトムズ)
2017年4月16日(日)C・スーパーリーグ第2戦(vs篠崎アトムズ) by (C)メッツ広報部
※サトウママ撮影。ご夫婦でありがとうございました!

この試合は5回15アウトのうち
14が三振という結果に終わりました。
相手ピッチャーは確かにすごかったですが、
同じ学年の小学生。
やはり今のCチームの課題はバッティングです。
試合後のミーティングで監督から話があった通り、
今日の悔しさを忘れず、毎日素振りを続ければ、
いつか必ず打撃が爆発します。
チームメンバー全員欠けることなく、
日々素振りに取り組みましょう。
がんばれメッツ!


篠崎アトムズさん、東雲までお越しいただき誠にありがとうございました!

サトウコーチ、渾身の初リポート
(ご子息への愛情が伝わってくるリポート)
ありがとうございました!
この試合、先発のコウキは1回、2回とピンチとなるも
無失点で切り抜けました。
今までなら大量失点してもおかしくないケース。
それを見事に投手と野手が力をあわせて抑えてくれました。
Cチームの守備面での成長を感じさせてくれる序盤でした。
(ショート・リンタロウも緊張した場面で何度も力を発揮してくれました)
「バッティングは水物」とよく言います。
ようするに「バッティングの調子のいい、悪いは時の運」的な解釈ですが
これは日々努力を続けている選手に通じる言葉です。
素振りもしていない選手が試合で打てるわけがありません。
試合後、クキ審判員からのご指摘もありましたが
今回の試合、みんな明らかに相手投手に「振り負け」ていました。
(リリキの一本がなければ危うく……)
ならば振って振って振りまくって
相手投手に振り負けないようにするしかありません。
深川大会の対戦相手も決まりました。
「練習はウソをつかない」
これを合言葉にがんばっていきましょう!

深川春季大会の抽選結果

4月16日夜、深川春季大会の抽選会(AとC)が行われました。
初めての抽選会となった4年生のマナト主将、
緊張したかな? どうだったのかな?
同行してくれたコナコーチからの報告は以下の通りです↓

本日、深川春季大会の抽選が行われました。
A,Cともにシードとなります。
対戦相手は
Cチームは、越中島ブレーブス(紅)vs潮見パワーズの勝者、
Aチームは、豊洲jrキングvs深川ジャイアンツの勝者
となります。

抽選会に臨むAカンタ主将とCマナト主将の図↓
20170416181836.jpg

トーナメント表などの詳細は下記、深川連盟のHPをご覧ください。
深川連盟HPはこちら

AもCと初戦突破目指しがんばっていきましょう!

Aの試合画像です!

ヨシヒコママから新たな画像が届きました!

2017年3月20日(祝)A練習試合(対深川パイレーツ)
2017年3月20日(祝)A練習試合(対深川パイレーツ) by (C)メッツ広報部

2017年3月20日(祝)A練習試合(対飯塚コンドル)
2017年3月20日(祝)A練習試合(対飯塚コンドル) by (C)メッツ広報部

過去記事にもアップしてありますので
そちらもご覧ください!

ヨシヒコママ、ありがとうございました!

いよいよ江東大会が始まります!

江東区に球春の訪れを告げる
「江東大会」が今週末9日よりいよいよ開幕します!
(9日に夢の島で開会式)

我がメッツのAチームは1回戦シードのため
2回戦(16日)からの登場となります。
詳細は下記トーナメント表をご覧ください。
(クリックすると拡大します。メッツは「27」番)
2017koto.jpg

初戦は全選手でAチームの応援をする予定です。
BC保護者のみなさまもぜひ応援をお願いいたします!

がんばれ、メッツ!


カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ