メッツCチーム、スーパーリーグで快勝!

コナコーチから「まーくん」と呼ばれ、
そのリアクションに困っている
イワサワコーチの初リポートです!
大長編の力作です。
もちろん、完全ノーカット編集でお送りします!


3月25日(日)、14:30~
東雲小学校 対「淀四ライオンズ」さん
晴天のなか、Cチームの
ホームグラウンドである東雲小にて、
スーパーリーグ第2戦が行われました。
第1戦の雪辱、コウの退団もあり、
「勝ち」が欲しい一戦。
相手チームが若干早めに来てくださったので、
予定より少し早めのスタートとなりました

メッツ後攻、先発リンタロウ、キャッチャーコウキ、
以下のスタメンで試合スタートです。
1 3B シュンスケ
2 SS ヒナタ
3 P  リンタロウ
4 C  コウキ
5 1B アツト
6 CF カズキ(4回からLF)
7 LF コウ(4回交代)
CF シュウゾウ(4回から)
8 RF ケンジ
9 2B ジュンペイ

■1回表
先頭打者にいきなりレフトオーバーの三塁打、と思いきや
三塁タッチアウト!前回の敗戦の記憶が一瞬頭をよぎりましたが、
逆にこれで勢いに乗れた感じで、この回三人で抑えます。

□1回裏
シュンスケがセカンドエラーで出塁すると、
ヒナタも四球で続き、
リンタロウ三振後にコウキ、タイムリー二塁打。
メッツ先制!
アツトにもタイムリーが出てこの回3点が入ります。

■2回表
リンタロウの緩急のある投球で
三人でピシャリ! 技巧派です。

□2回裏
この回先頭のケンジが四球で出塁すると、
すかさず二盗、三盗まで決める!
スライディングの練習がバッチリ決まってます。
ジュンペイがピッチャーゴロの間にケンジ生還。
1点追加でこの回はここまで。

■3回表
この回の先頭打者に二塁打。三塁まで進まれ、
さらにけん制エラーで1点返されます。
ここでリンタロウのわかりやすいイラダチが……。
次の打者をジュンペイが取りこぼすも
リンタロウがしっかりカバーしてアウト!(ご機嫌(笑))。
さらに相手チームの当たっている1番バッターを抑え、
追加の失点を防ぎます。

□3回裏
コウキ、ショートフライ、カズキ凡退、
何とか打ってほしいコウ、
残念ながら三振でこの回終わり。

■4回表
この回からコウに代わりセンターにシュウゾウ、
センターだったカズキがレフトに。
相手チームの二塁打で追加点を許すも、
三盗をコウキが刺して流れを引き戻す。
さらに、次のバッターにもヒットを許すが、
再度コウキが二盗を封殺!
コウキの活躍でこの回も最少失点に抑えます!

□4回裏
ケンジ四球で出塁、俊足を生かして三塁まで進む。
ジュンペイ、変顔も三振、
シュン、デッドボールで出塁、二塁まで進む。
リンタロウのタイムリーが出て、1点追加。
コウキがなんと、体育館の用具倉庫の上まで
バウンドする大飛球。
2点をさらに追加し、この回3点追加!

■5回表
リンタロウ、コウキのバッテリーで引き続き。
デッドボールでランナー1塁、
次バッターがピッチャーゴロ、
結果アウト1つでしたが、この時!幻のゲッツー!
1-6-3のダブルプレー!にはならなかったけど
いい連携が出ました!

□5回裏
この回先頭、カズキ、ショートゴロで出塁。
前の回から出場のシュウゾウが打席に。
残念ながら三振。素振りガンバレ!
この間にカズキサードまで。
ケンジ、ジュンペイが三振に倒れるも、
キャッチャーパスボールの間にカズキが生還。
追加点1でこの回終了。

6回表
この回からピッチャーコウキ、
キャッチャーシュンスケのバッテリー。
前回の試合のコウキは見たくない!
時折天を仰ぐも、三人できっちり抑え、
ゲームセット!

2018年3月25日(日)C・スーパーリーグ第2戦(対淀四ライオンズ)
2018年3月25日(日)C・スーパーリーグ第2戦(対淀四ライオンズ) by (C)メッツ広報部
※イワサワママ撮影。ありがとうございました!

【試合結果】
        1 2 3 4 5 6 計
淀四ライオンズ 0 0 1 1 0 0|2
東雲メッツ   3 1 0 3 1 ×|8

勝ちゲームだから当然かもしれませんが、
みんないい笑顔で戻ってきました。
最近、力を入れている走塁練習、
ティーバッティングと合わせた守備練習、
成果が出ていることを感じるとともに、
やっぱり練習は裏切らないと痛感しました。
見どころ盛りだくさんの試合でしたので、
最後に、某コーチが言ってました、
「野球の神様はいる!」
コウの退団試合でもありました。最後に勝ててよかった。
いろんな事情があって
退団することになってしまったけど、
コウに野球って楽しいなって思ってもらえたかな?
俺、昔野球やってたんだって言ってもらえるかな?
東雲メッツっていう強いチームにいたって
言ってもらえるように、この試合のイメージで、
次も、締まってイコー!
淀四ライオンズさん、
遠方からありがとうございました。
今後もよろしくお願い致します。


まーくん(笑)、初リポート、大変だったと思います。
ありがとうございました!
(しかもアルバム写真は奥様。ご夫婦でありがとうございました!)
これからも心温まるリポートをお願いしますね!
そして次リポートこそは、イワサワコーチを
まーくん呼ばわりしている「29番」の方、
そろそろよろしくお願いします!
スポンサーサイト

2018年・江東大会の組み合わせ決定!

球春の訪れを告げる重要な大会、
「江東大会」の抽選会が行われ
メッツの1回戦は東王ジュニアさんに決定しました!
現在の予定では4月15日に試合が行われる予定です。

↓トーナメント表です(★印がメッツ)
2018kototaikai.jpg
※クリックすると拡大します。

チーム一丸となってまずは初戦突破!

がんばれ、メッツ!!

Bチーム深川大会、初の公式戦の結果は!?

ヤマモトコーチのリポートです!


3月18日(日)、夢の島少年野球場で
Bチームの深川春季大会が開催されました。
メッツの1回戦は、強豪の越中島ブレーブスです。
Bチームとなって初の公式戦で、
昨年大敗の雪辱を果たしたいところ。
A、Cチームの声援を受けてメッツ後攻でプレーボール!!
       
先発ユウタ、捕手コウキのバッテリー、
立ち上がりが注目ですが、1回表、
先頭バッターをいきなり四球で出すと、
けん制悪送球、盗塁でランナーは3塁へ。
続く2番バッターのライト前ヒットで
あっさり1点を先制される。
その後もヒット、四球、暴投で追加点を許し、
終わってみると打者一巡で4失点。
一気に主導権を握られてしまいます。

1回裏メッツの攻撃、
先頭打者マナトに期待がかかりますが、
内野ゴロで1アウト。
続く2番ユウタは粘って四球で出塁するものの、
けん制で挟まれ、2アウト。
相手の立ち上がりでもあり、
ここは大事にしたいところでした。
流れがここで切れたか、と思ったところで、
3番コウキがレフト前のクリーンヒットで出塁すると、
盗塁を決め2塁へ。
ここで4番タクミのバットに期待がかかります。
カーンと快音を響かせレフトへの当たり、
タクミの見事なタイムリーヒットで
コウキがホームイン!
メッツ待望の1点!!
ここから打線爆発か・・・
しかし続くセイヤは内野ゴロで3アウトチェンジ。

2回表、点を取った次の回は大切です。
しかし、この回もヒットで出たランナーを
けん制エラーで進塁を許し、
暴投、四球、ヒットが続き、さらに2点を追加される。

2回裏、先頭リリキがサードゴロで1アウト、
続くシュンがセカンドフライ、
この回もあえなく2アウト。
しかし続くヒナタが選球眼よく四球で塁に出ると、
俊足を生かして盗塁でランナー2塁。
ここで9番リンタロウ。
快音を残し打球はライトへ・・・ヒット!!
と思ったところ、ライトが地面すれすれで
キャッチアウト。打球が落ちていれば、
1点追加できた場面で、
相手のプレー(ポジション取り)が一枚上でした。

3回表、エラーでランナーを出し、
3番バッターのタイムリーで1点追加される。

3回裏、相手投手交代。
打順よく先頭マナトから。
選球眼よく四球を選びノーアウト1塁。
続くユウタサードゴロで2塁封殺。
次のコウキはレフトフライに倒れたものの、
2アウト2塁となり、ここで前打席タイムリーのタクミ。
ユウタが3塁に向けて走ったところ、
タクミが1塁への面白い当たり。
1塁間に合わない・・・その間に
相手のスキをつきユウタがホームを狙うも、
間一髪タッチアウト。このプレーも本当に惜しかった。

4回表、この回からピッチャーセイヤ。
相手打線を抑えてほしいところでしたが、
不運なエラーと四球でランナーがたまり、
タイムリーを打たれ、この5点を追加される。
結局この回、満塁で走者一掃の3ベースを放った
相手の3番バッターは4打数4安打の大活躍でした。
しかし守備でショートヒナタのホームでの
封殺プレーとセンターユウタの
右中間フライキャッチのナイスプレーがありました。

4回裏、なんとか追加点を取りたいところですが、
2アウト後、代打ハラユウ。
粘りに粘ってフルカウントまでいくも、
フルスイングの三振でゲームセット。

越中島ブレーブス 4 2 1 5 12
東雲メッツ    1 0 0 0 1

2018年3月18日(日)B・深川大会(対越中島ブレーブス)
2018年3月18日(日)B・深川大会(対越中島ブレーブス) by (C)メッツ広報部
※ボウノさん撮影。ありがとうございました!

結果として大敗になったものの、
この試合惜しいプレーがいくつもありました。
相手は守備のエラーもなく、
打線も強力(特にファールで粘る、
しつこいバッティングが印象的でした)で
1プレイ1プレイ、素晴らしかったです。
きっと日々の地道な練習の賜物でしょう。
メッツもこの敗戦を糧に、地道な練習を積み重ね、
次の試合につなげていこう。
がんばれ、メッツ!!

Cチーム、スーパーリーグ第1戦にのぞむ!も……の巻

3月17日(土)、今年度のスーパーリーグ
第1戦となる旗の台クラブ戦が品川区の
南埠頭公園球場にて行われました。
(コーチのみなさんにリポートを振り忘れたため(泣)、
久しぶりにブログ管理人によるリポートです。
次戦は「29番」のコーチにお願いできればと)

人工芝の緑が早春の陽ざしに映える
素晴らしいグラウンド。
メッツは後攻。
先発リンタロウ、捕手コウキのバッテリーで
試合がスタートしました。

1回表、旗の台の攻撃。
1番がショートゴロ。ショートのヒナタが
これを落ち着いてさばき1アウト。
リンタロウは続く2番をスローボールなどを交え、
頭脳派のピッチングで三振に。やるな、リンタロウ(笑)。
そしていかにも打ちそうな構えと体格の3番打者を迎えます。
3番打者の放った当たりは痛烈なピッチャーライナー!
これをリンタロウ、落ち着いて捕球し、
ニヒルな笑顔とともにベンチに帰還(笑)。
(というかビビるヒマもないくらいに速い打球、
それがたまたまグラブに入った、というのが実情です(笑))。
でも初回を三者凡退。メッツにとって最高の立ち上がりでした。

1回裏、メッツの攻撃。
2番ヒナタが四球で出塁するもけん制で挟まれアウトに。
結局3人で攻撃終了。
相手が三者凡退だっただけに、本来はここで
1点でも入れておきたいところでした。
そして案の定、流れが旗の台さんに……。

2回表、旗の台の攻撃。
4番打者にレフトオーバーの3塁打を放たれ、
続く5番のショートゴロで1点を先制されます。
0-1

2回裏、メッツの攻撃。
何とか食いついていきたいところで
4番コウキ三振、5番アツトピッチャーゴロ、
6番カズキ三振の三者凡退……。
0-1

3回表、旗の台の攻撃。
下位打線にエラーで出塁を許し、その後もヒット、
四球、ワイルドピッチなどがからみ1点を追加されます。
0-2

3回裏、メッツの攻撃。
メッツも下位打線からのスタートでしたが
ジュンペイ、ソウキが連続四球で出塁。
ランナーが2・3塁に進塁し、1番シュンの
セカンドゴロの間に1点を入れ、
さらに2番ヒナタが足を開きつつも体の重心は後ろ足に残して
右へ追っ付け長打を放つという往年の落合のような
バッティングでこれが右中間を抜ける
ランニング2ランホームランに!
やった! 逆転だ!
サトウコーチ大喜び!で
3-2

4回表、旗の台の攻撃。
この回から抑えの切り札、コウキをマウンドに送り込むも
相手打線の猛打炸裂。旗の台打線は
コウキの速球をまったく苦にもせず、
ガンガンと外野に打球を飛ばします。
アツト、ヒナタをその後リリーフに送るも
結局9点の大量失点となり、3-11に。

4回裏、メッツの攻撃。
アツトのヒットから1点を追加しますが
反撃も及ばず時間切れで試合終了。
4-11での敗戦となりました。
2018年3月17日(土)C・スーパーリーグ第1戦(対旗の台クラブ)
2018年3月17日(土)C・スーパーリーグ第1戦(対旗の台クラブ) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん、シマザキさん撮影。ありがとうございました!

張り切ってのぞんだスーパーリーグ第一戦でしたが
残念ながら現在のCチームの悪いところが
すべて出た結果となりました。
でも「今の自分たちに足りないもの」が
選手たちはみんな、よくよくわかったんじゃないかな。
家に帰っても涙していた選手がいた(10番)とあとで聞きました。
その悔しさを忘れないでほしいと思います。

旗の台さんはどの選手もバットがよく振れていました。
きっと普段からしっかりとバットを振り込んでいるのでしょう。
メッツの選手たちもあの振りを見習い、
毎日10回でもいいのでバットを振るようにしてください。

次のスーパーリーグは淀四ライオンズさんとの
対戦が予定されています。
「最後まで絶対にあきらめない!」という
メッツ魂で戦っていこう!

旗の台さん、素晴らしいグラウンドへお招きいただき
ありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします。

Aチームの試合画像

ヨシヒコママからAチームの試合画像が届きました!
ゆっくりご覧ください。

1月21日 豊洲杯開会式&1回戦 対美原アテネス
2018年1月21日(日) 新A・豊洲杯開会式&対美原アテネス
2018年1月21日(日) 新A・豊洲杯開会式&対美原アテネス by (C)メッツ広報部

2月10日 A練習試合 対港南メッツ
2018年2月10日(土)A・練習試合(対港南メッツ)
2018年2月10日(土)A・練習試合(対港南メッツ) by (C)メッツ広報部

2月18日 A練習試合 対深川ホークス
2018年2月18日(日)A・練習試合(対深川ホークス)
2018年2月18日(日)A・練習試合(対深川ホークス) by (C)メッツ広報部

ヨシヒコママ、ありがとうございました!

Bチーム、接戦を制す!~練習試合・対みどりクラブ~

Bチームの練習試合。
オクダコーチの初リポートです!


3月4日(日)午後、Bチームが
豊洲グランドでみどりクラブと練習試合を行いました。

午前中、Aチームがみどりクラブとの
練習試合で勝利を収めました。
BチームもAチームの勢いに乗り、
勝利をつかみ取ることができたでしょうか・・・。

スタメンは
1:マナト(セカンド)
2:セイヤ(ファースト)
3:リリキ(ライト)
4:タクミ(レフト)
5:ユウタ(ピッチャー)
6:コウキ(キャッチャー)
7:シュンスケ(センター)
8:ヒナタ(ショート)
9:リンタロー(サード)

試合結果は
メッツ 0|1|6|0|0 7
みどり 0|4|1|1|0 6

Bチーム課題の1つである初回の立ち上がり。
みどりクラブの2番打者がショートに
痛烈なライナーを打つも、
名手ヒナタがジャンピングキャッチ。
ツーアウトからランナーを出すも、
その後の4番打者を三振にきり、
初回を0点で抑える。

2回表、ユウタがレフト前ヒットで出塁、
盗塁をして、ランナー2塁としたところで、
コウキがレフトオーバーの2塁打を打ち、1点先制。

2回裏、先制した後の大事な守り。
しかし、エラーと四球がからみ、
4点を取られ、逆転を許す。

3回表、ヒナタ、リンタローが
持ち前の選球眼をみせ、連続ファーボール。
2・3塁としたところで
頼れるキャプテンマナトの3塁打で
1点差に詰め寄る。
セイヤの内野ゴロの間にマナトが生還し、同点。
リリキ振り逃げ、タクミ内野ゴロの間に進塁し、
ランナー3塁。ユウタがライト前ヒットで逆転。
続くバッターは打撃好調のコウキ。
1塁ランナーユウタがスタートを切ると、
コウキがヒッティング。
その打球はライト線を抜けていく3塁打
(このヒットエンドランは監督の
サインかどうかは不明)。
その後1点追加し、この回なんと6得点。

4回裏は満塁のピンチを迎えるも1失点で切り抜ける。

2点差になった5回裏、相手は
先ほど大量失点した5番打者から。
しかし、この回は1点とられたものの、
何とか逃げ切り、試合終了。

2018年3月4日(日)B・練習試合(対みどりクラブ)
2018年3月4日(日)B・練習試合(対みどりクラブ) by (C)メッツ広報部
※ハラダさん撮影。ありがとうございました!

2018年3月4日(日)B・練習試合(対みどりクラブ)その2
2018年3月4日(日)B・練習試合(対みどりクラブ)その2 by (C)メッツ広報部
※ボウノさん撮影。ありがとうございました!

前回の練習試合とは違い、
攻撃面では甘い球を見逃さず、
積極的なバッティングができました。
守備もとれるアウトは確実にアウトにし、
粘り強い守りでした。

ベンチでは、ハラユウは大きな声で応援したり、
Cチームの選手に指示を出したりしていました。
ソウもファールボールを拾う係を
一生懸命やっていました。
試合に出ていない選手の
ベンチワークも勝利のためには必要なことです。
そしてショータロウは
試合後のバッティング練習では、
野球を始めたばかりとは思えない
強烈な打球を打っていました。
今後の活躍期待です。
監督、コーチ陣はハラハラの試合展開でしたが、
勝利した勢いそのままに春の深川大会もがんばろう。
みどりクラブさん、練習試合ありがとうございました。

粘りをみせたAチーム!~ホークスさんと練習試合~

Aチームの練習試合。
オオイコーチのリポートです!


2月18日(日)、豊洲グランドで
深川ホークスとの練習試合。

結果はシーソーゲームの末、
9対9の引き分けとなりました。

東雲Ml0l0l0l4l4l0l1l9
深川F l1l3l0l1l0l4l0l9

1回表、メッツの攻撃。
ユウキ、テッショウ、ユウゴの3人が
良い当たりをするものの、
ライトゴロ、ショートライナー、
ショートゴロで3アウト。

1回裏、メッツの先発はユウゴ、
そして、キャッチャーはテッショウ。
エラー、フォアボールなど、
ノーヒットで1点を失うも、
最後は三振で切り抜け、最小失点に抑えます。

2回表。
リクトのライト、トアのレフトへのヒットで
1アウト1、2塁のチャンスをつかむも、
続くバッターがともに三振に倒れ、無得点。

2回裏、ホークスの攻撃。
フォアボールのランナーが盗塁で3塁まで進み、
内野ゴロの間に1点。
さらにランナーを1人おいて、
外野への打球がワンバウンドで野手を越え、
打ったランナーもホームイン。この回3点。

3回表のメッツは三者三振で無得点。。。

3回裏、エラーのランナーが3塁まで進むも、
ショートのリクトが続くバッターのゴロを
うまくさばいて、バックホーム、アウト!
さらに、ライトのユウタも
ゴロをファーストに懸命に送球し間一髪アウト!
0点に抑えます。

そろそろ反撃したいメッツの4回の攻撃。
先頭のリクトが今日2本目のライトへのヒット。
トア、マサタカがフォアボールを選ぶ間に、
まずはパスボールで1点。
2アウト後、エラーと押し出しフォアボールで2点目。
続くバッターはテッショウ。
1ボール2ストライクからの4球目を
見事にセンターに打ち返し、2点。
この回、一挙4点でスコアは4対4。

4回裏、ホークスはフォアボール、エラーで1点。

5回表、1点を追うメッツの攻撃。
1アウトから満塁のチャンス。バッターは8番マナト。
2ストライクと追い込まれるも、
ライトを抜ける3ベースヒット!
3点を奪い、逆転!
さらにゆうたのサードゴロの間に、
マナトもホームインし、この回4点で8対5と逆転!

5回裏はホークス無得点。

メッツも6回は三者凡退で終わり、無得点。
ゲームの流れはどちらに流れるかわからない展開。

6回裏、この回からピッチャーは初登板のユウキ。
先頭打者を打ち取るも、その後、ヒット、
フォアボール、エラーも2つ重なり、4失点。
2アウトからピッチャーはリクトに代わり、
セカンドフライに抑え、この回は終了。

7回表、8対9で1点を追う、メッツの攻撃。
ダイキ、トアが倒れ、2アウト。
ここで先発を外れていたヨシヒコが代打で登場。
最後まであきらめないみんなの想いが通じ、
2ストライクからもファールで粘ります。
そして、フルカウントからの8球目、
打ったボールはセンターを越えます。
ヨシヒコは2塁、3塁を蹴って、
見事にホームイン!ナイスバッティング!!
9対9でこの回を終わります。

7回裏、最後のホークスの攻撃。
ここはリクトがしっかりと3人で抑え、無失点。

時間のため、9対9の引き分けとなりました。

エラー、見逃し三振もありましたが、
練習でやったことが少しづつ、
試合で出せるようになりました。
課題を見つけるのも練習試合の目的です。

ジャビット杯に向け、
練習で自分のできることを一つ一つ積み重ねて、
最後まで諦めない気持ちを持って頑張りましょう!

引き続き、応援もよろしくお願いします。
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ