FC2ブログ

卒団式&親子大会が行われました!

2月23日(土)、二・三日前までは雨予報だったのに
みんなの願いが通じたのか晴天に。
絶好のコンディションの中、
卒団式の日の午前の恒例行事「親子大会」が
豊洲グラウンドで行われました。

保護者のみなさんも一緒にグラウンドに挨拶をし、
IMG_3552.jpg
※各画像はクリックすると拡大します。

親子でキャッチボールをし、
IMG_3553.jpg
IMG_3554.jpg

5年生・リリキ球審の仕切りで
IMG_3557.jpg

親子大会がスタート。
IMG_3558.jpg
IMG_3555.jpg
IMG_3560.jpg

試合では息子から大人げないヒットを放つコーチ、
男性陣顔負けの素晴らしいヒットを放ったお母さん、
ライナーをジャンピングキャッチ(大してジャンプしてない)して
どや顔のコナ監督など好珍プレーが続出。

試合後にみんなで記念撮影。
IMG_3562.jpg

その他の画像
IMG_3561.jpg
IMG_3563.jpg

6年生、最後の「グラウンドに挨拶」の動画↓


午後は場所を東雲に移し、
卒団式が行われ、大方の予想通り
ヤマモト監督は終始号泣、それに釣られたのか(?)
6年生の選手たちも次々に号泣
まさに涙、涙の感動の卒団式となりました。
卒団式の準備、サポートに携わっていただいた
保護者のみなさま、お疲れさまでした。
お陰様で感動的な式典となりました。
司会の大役を見事に果たしたサトウコーチ
ご来賓接待係のイワサワコーチもお疲れさまでした。
卒団式にかかわっていただいたみなさま、
本当にありがとうございました。  

卒団式の写真は追って届くと思うので
届き次第、アルバムにアップし、
本ブログでも紹介したいと思います!

6年生のみんな、卒団おめでとう。
これからそれぞれの道で大きく羽ばたいてください。
メッツの後輩たちの見本となるようがんばってね。
期待してます!
豊洲&東雲にいつでも遊びにお出でね。
待ってるよ。
スポンサーサイト

どこまでも伸びていけ!新Aチーム!!の巻~ 練習試合・東砂モンキーズ戦~

紅白の二編成で臨むこの春。
紅チームの練習試合リポート、ハヤシ監督です。


2月 16 日(土)、
南砂少年野球場にて東砂モンキーズさんと練習試合、
2試合を行いました。
第1試合はメッツ紅、
第2試合はメッツ白(白戦はすでにアップ済み)。
東砂モンキーズさんには昨年、完敗していますので、
再チャレンジと、メッツA紅チームが挑みました!

HM 7 | 3 | 3 | 5 18
SM 0 | 2 | 0 | 0 2

2019年2月16日(土)新A練習試合(対東砂モンキーズ)
2019年2月16日(土)新A練習試合(対東砂モンキーズ) by (C)メッツ広報部
※ホリさん撮影。ありがとうございました!

完敗でした・・・。
先発ピッチャータクミ、3番手ソウが
制球に苦しみフォアボールが絡む大量失点。
2番手コウキも苦しみますが、
調整し調子を上げていくピッチングはさすがでした!
タクミ、ソウ。
苦しかったし悔しかったと思う。これも経験。
この悔しさをバネにまた
成長してくれることを期待しています!
苦しむピッチャーをバックアップしなければならない守備。
しかし、守備も流れに乗れずエラーを連発・・・。
打撃も相手の力強い速球に対応できず・・・。
強い相手に、気持ちで負けてなかったかな?
声をかけ合えたかな?
これから大事な大会がはじまります。
悔いのないように思いっきり野球をやろう!
そして思いっきり楽しもう!
東砂モンキーズさん、練習試合ありがとうございました!
また機会がありましたら、再々チャレンジさせてください!!


ハヤシ監督が先発のタクミを代えようとした時、
ミツイコーチが「待ってください」と止めたそうです。
ミツイコーチは試合後、こう言っていました。
「タクミはまだまだ伸びる素材です。そのためには
心の強さも必要です。彼には真のエースになってほしいから
あの場面、監督に無理を言って続投にしてもらいました」
壁を越えていくのは選手自身です。
新Aチームの選手たちは「最上級生」「学童最後の年」の
自覚を持って、がんばってほしいと思います。
今年のがんばりが中学に行ってからも必ず生きます。
この日の練習終了後、タクミを含む新Aチーム数名が
楽しそうに自主トレをしていました。
私はそれを見てとても頼もしかったです。
今の新6年生たちは「まだまだ伸びる」というか
「ここから伸びていく」のかな。
みんながどこまで伸びていくか、楽しみです。
そのためには私たち指導陣も日々、
成長していかなければいけません!

がんばれメッツ!

がんばれナオキ!

追記
先日の城北メッツ戦の様子。これもホリさん撮影です!
2019年2月10日(日)新A練習試合(対城北メッツ)
2019年2月10日(日)新A練習試合(対城北メッツ) by (C)メッツ広報部


今年の春は新編成の紅白2チームで挑戦だ!の巻

ABチーム、今年は江東大会に向け
紅、白の2チーム編成で臨むことになりました。
新編成を試す早速の練習試合。
イワサワコーチのリポートです。


「2019年2月16日(土)10:45~・練習試合・南砂少年野球場」
歌合戦、運動会、そして我々メッツにも「紅白」がありました!
東雲メッツ選りすぐり?のメンバーで構成されたメッツ(白「小名監督」)チームの初戦、
本日の第2試合、東砂モンキーズ戦です。
今まで経験のない守備位置、打順、メンバーですが、ハツラツとしたプレーを見せてくれました。
メッツ先行、以下のスターティングメンバーとなります。
1 CF カズキ
2 P  アツト
3 C  ショウゴ
4 RF ケンジ
5 1B ショウタロウ
6 3B ヒロキ
7 SS シュウゾウ
8 LF ユヒロ
9 2B ジュンペイ

■1回表
先頭カズキ、センター前ヒット!すかさず二盗、三盗まで決めてノーアウト三塁。
2番アツト、ライトゴロの間に、カズキが先制のホームを踏みます!
ショウゴ、いい当たりもショートフライ、
そして本日、攻撃の要、主砲4番に座るのは、ケンジ!
豪快に三球三振。振り逃げを狙うもアウト!でチェンジ。ケンジでチェンジ!!

□1回裏
先頭バッター四球、次打者ヒット、アツトの制球が定まらない中、
この試合でキャッチャーデビューのショウゴ、安定したキャッチングを披露するが、
ショウゴキャノンは不発。この回5点を取られるも、
練習ではなかなか取れてなかったショウタロウが、1塁でしっかりキャッチし、この回終わり。

■2回表
早速ショウタロウが相手のエラーもあって出塁。パスボールの間に2塁まで進みます。
シュウゾウが相手のエラーで出塁するも、得点ならず。

□2回裏
立ちなおしたアツトがキッチリ2三振、最後はサードゴロをショウタロウががっちりキャッチし、
この回無得点に抑えます!

■3回表
カズキ、アツトのいい当たりも相手の好守に阻まれますが、
ショウゴが左中間を抜ける豪快なツーベースヒット!
主砲ケンジもレフト前ヒットで続きます。
ショウタロウのいい当たりも相手のファーストの好守に阻まれ、この回無得点。

□3回裏
この回追加点を許すも、この日、初のショートに入った
シュウゾウの華麗な守備(シュウゾウママ談)で1点に抑えます。

■4回表
打線が爆発します!
6番から始まる打順で、ヒロキ出塁、シュウゾウのタイムリーツーベース!
代打「隠れ4番」ホジン、ファーボールからジュンペイ、カズキが続き、
アツト、右中間に抜けるタイムリーツーベースヒット!
ここで主砲ケンジ、センター前タイムリー!二盗も決めます!
シュウゾウのショートゴロタイムリーの後、代打ユウ、名誉のデッドボールで出塁。
この回7点で逆転します。

□4回裏
この回からクローザージュンペイ。
2アウトから最後のバッターをセンターフライ!まさかの落球、セカンドでタッチアウト!
その間に1点返されるも、8-7でゲームセット

試合結果  1 2 3 4 計
メッツ    1 0 0 7 8
モンキーズ 5 0 1 1 7

メッツ(白)での初ゲーム。
要所要所で、らしさが出た展開でしたが、
今までとは違った打順、守備位置で、選手たちも考えること、
経験できたことが多かったのではないでしょうか。
課題の打撃も島崎コーチの直前レッスンで、徐々に上向いてきて、
これからを期待させる内容での逆転勝利でした!
見せ場がなかった選手は残念だったけど、次の試合で期待してるよ!
東砂モンキーズさん、ありがとうございました。

新Aチーム練習試合~対シルバージャガーズ~

新Aチームの練習試合。
ハヤシ監督のリポートです。


2月 11 日(月祝)、 豊洲グラウンドにて
新Aチームの練習試合が行われました。
午前中、雪が降るとても寒い日。
相手チームは、シルバージャガーズさんです。
気温2度以下の中、お越しいただきありがとうございます。

新6年生全員と新5年生ヒナタで挑みました。
1.ハラユウ(セカンド)
2.シンキン(レフト)
3.ソウ(ピッチャー)
4.マナト(センター)
5.タクミ(キャッチャー)
6.リリキ(ショート)
7.ユウタ(サード)
8.セイヤ(ファースト)
9.ヒナタ、途中でホジン(ライト)

M 2 | 1 | 3 | 0|10|0 16
H 0 | 1 | 0 | 0|1 |× 2

2019年2月11日(月)新A練習試合(対シルバージャガーズ)
2019年2月11日(月)新A練習試合(対シルバージャガーズ) by (C)メッツ広報部
※ハラダさん撮影。ありがとうございました!

課題だった攻撃力もこの試合では良く打ちました。
「なんで当たるの?」とデットボール2つのシンキン!(笑)
超アッパースイング改造中のユウタ3安打!
レフトフェンス直撃含むレフトオーバー2本のリリキ!
鋭い当たりでランニングホームラン2本のタクミ!
他選手も内野安打などで全員出塁と良く打って走りました。
ちなみに、5番タクミのランニングホームランの2本とも、
4番マナトが1塁に。
1塁からホームまで全力疾走のマナトが
息を切らしながら「なんで2本も!」と、
ベンチを和ませてくれました!ありがとうマナト!!(笑)

守りでは、
最近、ピッチング好調のソウが初先発。
初回は、デットボール1つ与えてしまいましたが、
打者4人で無失点。
しかし、2回はフォアボール3つ。
置きに行ったボールをレフトに弾き返され1失点。
ソウらしいガッツのあるストレートを投げ続けよう!
フォアボールが絡むと失点につながる。
ソウにとって良い経験になったと思います。
2番手はタクミ。
タクミは低めに集める素晴らしいピッチングで
3回、4回を無失点。
ここ最近は、タクミのドヤ顔が
多く見られるようになってきました。(笑)
ここである変化に気がつきました。
各選手の1塁などへの送球スピードが速い!
プレー後の内野選手からピッチャーへの送球すら、
ものすごく速い!
今年からピッチャーで活躍しているタクミ、ソウに触発されたかな?
「俺も投げたい!」アピールか!?
で、そのアピール成功のセイヤが3番手。
エラーが絡む1失点でしたが、
失点後も落ち着いて三振、
サードゴロに抑えるセイヤらしいピッチングでした。

守備は、エラー1つととても良くなってきました。
投げるボールもみんな速くなってきたし、
成長を感じられる試合となりました。
私、ハヤシ監督の見る目はイマイチですが、
他の監督・コーチたちはしっかりと
みんなの成長を見てくれています。
コーチから「あの選手いいよ」という声があればどんどん起用します。
みんな、練習と試合で張り切ってアピールしてください!
これからも楽しみにしています!!

シルバージャガーズさん、練習試合ありがとうございました!

新Aチーム「メッツ対決」の結果は!?

新Aチームの遠征での練習試合。
ヤマモトコーチのリポートです!


2月10日(日)、北区の
十条富士見中学のグラウンドで
城北メッツさんと練習試合を行いました。
今年初の遠征試合でもあり、
アウェイでの実力が試されるところでしたが・・・  
     
        1 2 3 4 5 計
城北メッツ  4 1 2 2 0 9
東雲メッツ  2 0 0 4 6 12

2019年2月10日(日)新A練習試合(対城北メッツ)
2019年2月10日(日)新A練習試合(対城北メッツ) by (C)メッツ広報部
※ホリさん撮影。ありがとうございました!

結果は初回から四球、エラーなどで
毎回点を取られ、一方的な展開になりかけたところ、
時間切れの最終回に逆転に成功し、
ゲームセットとなりました。
全体として四球などで相手から点を
与えていただいた印象がある中、
マナト、タクミ、コウキのクリーンナップが
つながって初回から点が取れたことや、
最終回、相手ピッチャーのボールを見極め、
粘りを見せて打線がつながったことがよかったと思います。
しかしながら、この試合の一番の反省点は、
走塁ミスが多かったこと。
打てない時はあるし、守備にエラーはつき物だけど、
走塁にはスランプはないとよく言われます。
1塁まで全力で走ること、
塁に出たらしっかりとリードをとり、
次の塁を狙うことなど、
基本的なことは大分できるようになってきたけど、
特にランナーがいて、フライが上がった時の
判断ミスが目立ちました。
その打球が捕られるかどうかは、
あらかじめ相手の守備位置を確認していれば
早く判断できることもあるし、
またランナーコーチも大きな声で指示を出せれば
ランナーも助かりますね。
アウトカウントやタッチプレーなのか
フォースアウトなのか、
状況判断がしっかりとできるよう
練習から取り組んでいこう!
城北メッツさん、寒い中、
練習試合ありがとうございました!

新Cチーム、初の公式戦!~豊洲杯低学年の部~

メッツのこれからを担う
新Cチームのちびっ子たちが
豊洲杯の低学年の部大会に臨みました!
1日で2試合。
第一試合はサトウコーチ、
第二試合はサナギコーチのリポートです!


2月10日(日)、豊洲グラウンドで
豊洲杯(ちびっこの部)が開催されました。
新生Cチーム2019年初試合の相手は江東ファイターズ。

スタメンは以下の通り。

1:テッペイ(ショート)
2:ライト(ファースト)
3:ソウキ(ピッチャー)
4:ユウヤ(キャッチャー)
5:ヒロワ(セカンド)
6:カケル(サード)
7:スミレ(ライト)
8:アラタ(センター)
9:リュウノスケ(レフト)

ファイターズ│2|1|1|5|1|10
東雲メッツ │0│0│0│2│0│ 2

結果は10-2で惜しくも敗戦です。

2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対江東ファイターズ)
2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対江東ファイターズ) by (C)メッツ広報部

ファイターズさんのピッチャーは先発、2番手、3番手の全員が
Cチームとは思えないスピードボールを投げる本格派でした。
コントロールも抜群で、メッツ打線は4回までに
なんと九者連続三振を喫してしまいます。
正直、この試合は手も足も出ないか・・・
という私の弱気を吹き飛ばし、
選手たちは4回に意地を見せてくれました!

先頭のテッペイが出塁、
ソウキの2ベースなどで2点の奪取に成功します。
すごいピッチャーが相手でしたが、
メッツの選手たちは集中し、
誰も諦めていませんでした。
この諦めない姿勢、負けず嫌いの気持ちこそ
新Cチームの持ち味!
内野陣はよく声も出ていたし、
スミレ、シュンタは速球に臆することなく
打席で頑張りました。
そして保育園トリオは外野、
ボールボーイと最後まで試合に集中し、
出塁まですることが出来ました!
まだまだ、みんなこれからの選手たちです。
たくさん練習して、まずは1勝を目指しましょう!
ちなみにファイターズさんの
ピッチャーはみんな2年生とのこと(すげえ!)
メッツのみんなも負けてられないぞ!
江東ファイターズさん、ありがとうございました。



続いて第2試合は
サナギコーチのリポートです!


お昼をはさんで、潮見パワーズさんと
第2試合を行いました。メッツは後攻。

【スタメン】
テッペイ(ショート)
ライト(キャッチャー)
ソウキ(ファースト)
ユウヤ(セカンド)
ヒロワ(ピッチャー)
カケル(サード)
スミレ(ライト)
シュンタ(レフト)
アラタ(センター)

1回表
初登板ヒロワ。立ち上がり制球に苦しむ。
四球などで4点を奪われる。

1回裏
先頭テッペイのセンター返しで
反撃の狼煙をあげるも1点止まり。

2回表
ピッチャーライトに交代。
見事0点に抑え「流れ」を作る。

2回裏
「逆転するぞ」と気合の円陣を組む。
が、パワーズさんの左投手に
タイミングがあわず中軸が凡退。

3回表
寒さからか全員の守備が崩れ6点ルールチェンジ。。

ここで集中力がきれてしまいました。
ヒロワの弾丸ヒットで一矢は放てましたが、
実力の差を見せつけられ大敗。
《試合終了21-1》
2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対潮見パワーズ)
2019年2月10日(日)豊洲杯低学年の部・新C(対潮見パワーズ) by (C)メッツ広報部
※ともにハヤシさん撮影。ありがとうございました!

寒さもあったがそれは相手も一緒。
まずピッチャーはストライクを投げる。
キャッチャーは振り逃げをさせない。
内野は声を掛け合って1つずつアウトを取りにいく。
この基本ができるようこれからしっかり練習していこう。
この悔しさは成長のための貴重な経験値だ!


サトウコーチ、サナギコーチ、ありがとうございました!
残念ながら2試合とも敗戦となりましたが
まだまだこれからのチームです。
人数を増やしつつ、みんなで
がんばってやっていきましょう。
それと一日に一回はボールとバットに
触れるようにしよう!
3月からはスーパーリーグも始まるよ!

新Bチーム練習試合~三連休に2試合~

新Bチームの練習試合。
イノウエ審判員のリポートです。


雪がちらつく3連休。
日曜日と月曜日にBチームが練習試合を行いました。

■2/10(日)

VS城北メッツ@十条富士見中学校

2-5で敗戦。
詳細は↓こちらにて
http://momonga-net.com/baseball/Welcome.do?team=s_mets
(メンバーのみ閲覧可能)

先発バッテリーは、
P:リンタロウ
C:コウキ

テンポのよい展開で7回まで実施しました。

序盤は相手のバントヒットやスクイズに手こずり、
5点を先制されます。
後半はリンタロウのテンポのよいピッチングで
4回以降ゼロに抑えるも、
メッツ打線が淡泊で5回までノーヒット。。
6回にようやくヒナタのヒットと
相手エラーで2点を返します。
7回には代打ケンジの目の覚めるような
右中間3ベースでチャンスを作ります。
しかし、後続倒れゲームセット!

2019年2月10日(日)新B練習試合(対城北メッツ)
2019年2月10日(日)新B練習試合(対城北メッツ) by (C)メッツ広報部




■2/11(日)

VSシルバージャガーズ@豊洲グラウンド

9-5で勝利。
http://momonga-net.com/baseball/Welcome.do?team=s_mets
詳細は↓こちらにて
(メンバーのみ閲覧可能)

先発バッテリーは、
P:コウキ
C:リンタロウ

1回~3回
昨日とはうってかわり、
初回からシュンスケの3ベースを先頭に
走塁とエラー絡みで先制!
3回まで先頭打者が必ず出塁してチャンスを作ります。
ただ欲を言えばすべて1点どまりのため
連打がほしいところですね。
投げては先発のコウキが
3回1安打ピッチングで0点に抑えます。

4回、5回
4回からジュンペイが今季初登板。
2点を失いますが投げ切ります。
逆に4回の攻撃はビッグイニングを作りました。
代打ユヒロは惜しいファールはあったもの
三振に倒れますが、
エラーと四球絡みで6点を取ります。
正直、打ってとった形ではないのですが、
満塁での四球などは、打ちたい気持ち満々のなか
しっかりもぎ取った打点だと思います。

5回はアツトが登板
ストライクボールがはっきりする内容。
甘い球を痛打される悪いパターン。
3点を失います。次回までにしっかり
修正するよう課題を渡されていました。
この回タクムがセカンドに入り、
セカンドフライをグラブにあてて
惜しくも取れませんでした。
しかし、落下地点に入る動きは
次は必ずとってくれるような
アピールは存分にできたと思います。
昨日のケンジや今日のユヒロ、
タクムあたりの数少ないチャンスを
ものにしようとする熱い気持ちは
十分に伝わってきました。

ここでゲームセット!です。

2019年2月11日(月)新B練習試合(対シルバージャガーズ)
2019年2月11日(月)新B練習試合(対シルバージャガーズ) by (C)メッツ広報部
※二日間ともにイワサワさん撮影。ありがとうございました!

三連休の2試合は以上、一勝一敗でした。

大会前ではないので、勝敗の結果はおいておいて、
目立った課題はバッティングですね。
これも結果どうこうというよりは、
準備・タイミングの取り方・状況判断といった
プロセスの部分に去年のBチームらしさが
感じられない選手が何人かいました。
CチームからBチームに変わったことは
彼らにとっては大きな環境変化なのかもしれません。
・基本Aチーム中心
・東雲小から豊洲グラウンドへ
・遠征も多い
・自分たちが最小学年

このような変化に自分のリズムが適応できないといった
背景も少なからずあるのではないかと推測します。
ただし、学童野球に限らず、環境は常に変わるもの。
環境側が自分に合わせてくれることはありえなく、
自分で合わせるしかありません。

CチームだろうとBチームだろうと、
東雲小だろうと豊グラだろうと、
・毎日素振り(シャドーピッチング)をする
・準備やキャッチボールや真剣にやる
・試合前の素振りや相手のピッチャーを分析する
・同じミスをしない
といった基本のやることは変わりません。
この「変わらないこと」をできるか? できないないか?
そこに差がでてくるのかもしれません。

Bチームはいまや優勝を目指すチームです。
人数も多くレギュラー争いも熾烈です。
日々の素振りや準備ができていないと結果も出ず、
レギュラーを外されるケースもあるのが現実です。
しかし、しっかり努力をすれば
誰にでも必ずチャンスを与えてくるのが
東雲メッツというチームでもあります。
(この点もCチームの頃と全く変わっていないのです。)
逆にCチームで出番のなかった選手で
なんとかチャンスをものにしようと
ギラギラしている選手も見受けられます。
乗ってくればガンガン打ち出す選手たちであることは
去年存分に証明済みです。
暖かくなっていくと同時に調子が上がってくる
選手たちに大いに期待し、
また監督コーチご両親みなで全力サポートしていきましょう!!

新Aチーム、初勝利なるか!の巻

新Aチームの練習試合。
オクダコーチのリポートです。


2月3日(日)節分。Aチームが
豊洲グラウンドで対麻布キッズさんと
練習試合行いました。
新チームになって未だ勝利のないAチーム。
福は訪れたのでしょうか。

スコアは
M 4 | 5 | 0 | 5 | 1 | 15
A 1 | 4 | 0 | 0|0| 0

ようやく初勝利。おめでとう。
この勝利を一番待ち望んでいたのは誰であろう、
ハヤシ監督ではないでしょうか。

スタメンは
1番 サード リンタロウ 
2番 ライト ソウ
3番 センター マナト
4番 ピッチャー タクミ
5番 レフト コウキ
6番 ショート リリキ
7番 キャッチャー ユウタ
8番 ファースト セイヤ
9番 セカンド シュン

課題であったバッティング。この日は大当たり。
コウキ4安打(ランニングホームラン1本)、
ソウ3安打、
タクミ2安打(ランニングホームラン1本)、
マナト、ユウタ、シュンもヒットを放つ活躍でした。
相手の四球や失策も絡み、
大量に得点を取ることができました。

タクミとユウタのバッテリーで先発。
イニング初めの声出しは
キャッチャーからではなく、
センターのマナトからという
野球のセオリーにとらわれない斬新さでした。
また、ボールがミットに収まるときに、
ユウタが「入ったー!!」と大きな声を出していたのは
とてもよかったです。
2回裏先頭を四球で歩かせた所からずるずると4失点。
回の先頭打者は特に気をつけていきたいです。
3回表のメッツの攻撃が三者凡退。
流れが相手チームに行きかけそうでしたが、
その裏を0点で抑えることができ、
試合の主導権を渡さなかったのは大きかったです。
4回からは初登板のソウ。
伸びのあるストレートを投げ込み、
2イニングを0点で抑えました。
また新たな投手の誕生、頼もしい限りです。

試合後には、外野に打球が飛んだ時の
内外野のフォーメーションと
一二塁間のゴロの時の投手・一塁手・二塁手の
連携を確認し、実践練習しました。
この日の試合と練習で、
また一つチームがレベルアップできたと思います。
麻布キッズさん、練習試合ありがとうございました!


初勝利おめでとう!
ハヤシ監督、お疲れさまでした(笑)。
オクダコーチリポート、ありがとうございました!

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ