FC2ブログ

メッツ打線爆発!~深川大会初戦・対レッドソックス~

Aチームの深川大会初戦。
ハヤシ監督のリポートです!


5月 19 日(日)、夢の島球場。
A紅チームの深川春季大会1回戦が行われました。
対する相手は、深川レッドソックスさん。
ジャビット杯深川予選で勝利しておりますが油断大敵。
ユウタがお休みの10名で試合に挑みました!

1番 リンタロウ サード
2番 ソウ    ピッチャー(キャッチャー)
3番 マナト   ライト(途中、タクム)
4番 タクミ   キャッチャー(ピッチャー)
5番 コウキ   レフト
6番 リリキ   セカンド
7番 セイヤ   ファースト
8番 ヒナタ   ショート
9番 シュンスケ センター

R 1|0|3|0|0 4
M 0|5|2|4| X 11

2019年5月19日(日) A紅・深川春季大会1回戦(対 深川レッドソックス)
2019年5月19日(日) A紅・深川春季大会1回戦(対 深川レッドソックス) by (C)メッツ広報部
※リリキママ撮影。ありがとうございました!

結果は、11対4で勝利!
ユウタの分までヒット量産!

終わってみれば得点差のある試合でしたが、
初回は、ヒヤヒヤものでした。

初回レッドソックスの攻撃で、
先頭バッターにセンターオーバーの2塁打。
送りバントで3塁に進まれ、
パスボールであっさり1点献上。
先制点を奪われます。

その裏、メッツの攻撃は満塁まで攻めますが、
後続倒れ無得点。
リードを許してしまいます。

2回は、ピッチャーソウが3塁ランナーを背負いますが、
なんとかふんばり無失点。
向こうに流れがいきそうなムードでしたが
何とか持ちこたえてくれました!

そして、その裏でした。
気温が上昇するにつれ、
目に見えて調子をあげてきたセイヤがやってくれました!
振り抜いたバットから快音を響かせ、
ボールはライトを越えていきます。
ライトオーバーのランニングホームラン!
やったぜセイヤ!!
チームに勢いを持ってきてくれました!

すると・・・
ネット裏から「行ける行ける!」
「いいぞー!」「ナイスバッティング!」「続けー!」
の怪しげな声が。
シ、シ、シマザキコーチだ!
選手たちに声援という名のプレッシャーをかけます!(笑)

その声におされたのか、
ヒナタ、シュン、リンタロウ、ソウ(スリーベース)、
マナト、リリキとヒットが続き打者一巡で5得点。

いやー、正直ホッとしました。
よかった~逆転できて。
と思っていたら、3回にソウが2者続けてフォアボール。
エラーも絡み3失点で5対4。その差1点に。

しかし、その後も打撃好調で、
タクミのスリーベース、リリキのツーベース、
シュン、リンタロウ、セイヤ・・・
とこの日、計13本のヒットとなりました!

4回、5回のマウンドはタクミ。
タクミは先頭2人をスイングアウトの三振に!
しかし、ツーアウトを取ると・・・
の悪いクセが出て、
フォアボール、デットボールで得点圏に。
オクダコーチをヒヤヒヤさせます!
しかし、その後は持ち直し、最終回も無失点。
奪三振4つのナイスピッチングでした!

そのナイスピッチングを支えたのが、
公式戦初マスクをかぶったキャッチャーソウ!
「ナイスボール!」の大きな声と、
華麗なブロッキングを見せてくれました!
タクミーソウのバッテリー。
今後に期待できる内容でした!

そして、最終回には、
気が利く、頼れるオクダ・ヤマモトコーチから、
タクムを起用しましょうと、タクムもライトの守備へ。
タクムは一人でサブ捕手とボールボーイと大活躍でした!
ヤマモトコーチもボールボーイをしていただいており、
まさに全員野球!
(ヤマモトコーチありがとうございました!)

さぁ、次は、江東大会で
悔しい逆転負けを喫した深川ホークスさん。
この勢いで絶対に勝つぞー!!!
スポンサーサイト



Cチーム、大一番の深川大会で悲願の公式戦一勝なるか!~対元加賀・白~

5月19日(日)、Cチームの大一番、
深川春季大会の1回戦、対元加賀(白)戦が
夢の島グラウンドで行われました。

午前中、太陽が出ている時はとても暑かったですが
13時試合開始のゲーム中は雲も出て、プレーするにはちょうどいい感じ。

先発はエース・ソウキと正捕手・ライトのバッテリー。
オーダーは
1 ヒロワ ファースト
2 テッペイ ショート
3 ライト キャッチャー
4 ユウヤ セカンド
5 ソウキ ピッチャー
6 カケル サード
7 カナミ レフト
8 スミレ ライト
9 アラタ センター

メッツ後攻
1回表、元加賀の攻撃。
先頭打者に四球を与え、2番に長打を打たれ1失点。
さらにその後、ピッチャーゴロの間に1失点しますが
ソウキはここでふんばりそれ以上の失点は許さず、
セカンドユウヤのナイスプレーなどもあり
計2失点でしのぎます。
最近のソウキは立ち上がりは安定してきました。
この安定感を引き出しているのが正捕手・ライトの成長です。
ライトはキャッチングがとても上手になっています。
この試合でもショートバウンドの投球を体で止めたり、
ナイスキャッチするなど、たくさんのいいプレーを見せてくれました。

1回裏、メッツの攻撃。
2番・テッペイが目の覚めるような当たりを右中間に放ち
これが2塁打となりますが後続が続かず無得点…。

2回表、元加賀の攻撃。
ここでセカンドのユウヤがキャプテンらしい
素晴らしいプレーをふたつも見せてくれました。
体で止めるキャッチングが課題のユウヤが
鋭い当たりを体で捕りにいきアウトに!
これを続けていけばこれからもっともっとうまくなるぞ!
ソウキは元加賀下位打線を三者凡退に抑え、無失点!
いいぞ、ソウキ!

2回裏、メッツの攻撃。
カナミ、スミレと凡退も9番アラタ(一年生!)が
振り逃げを逃さず全力疾走で一塁セーフ!!
さらに俊足を飛ばして2塁へ盗塁しますが
惜しくもアウトでチェンジ!
でも果敢な走塁を見せてくれたアラタに大器の片りんを見ました。

3回表、元加賀の攻撃。
相手は1番からの好打順。そこからソウキが
3連打を浴びてしまい2失点。
その後、キャッチャーライトがキャッチング時に
指を痛めてしまい、キャッチャーを2年生・カケルにチェンジ。
その後、カケルはがんばってくれましたが
悪い流れを誰も止められず打者一巡の
5失点となってしまいました。
これで試合は0-7に。

3回裏、メッツの攻撃。
メッツも一番からの好打順でテッペイ、ライトが
連続出塁し、テッペイのナイス走塁などもあり
1アウト、ランナー2・3塁に。
ここでユウヤの内野ゴロの間に1点を返すも
後続が続かず1得点止まり。
スコアは1-7。

4回からはピッチャーがテッペイに交代。
不運な当たりなどもあり3失点しますが
相手の4・5・6番を続けて抑える好投。
さらにショートに入ったソウキの素晴らしいプレーも
ありました(三遊間を破られそうな当たりに追い付き、その後、
矢のような送球をファーストに!)。
なんだ、できるじゃないか、ソウキ!
いつもは「フワっ」とした送球ばかりのソウキですが
本気を出せばあれだけやれることを示してくれました。
今後に期待します(笑)。

その後、気持ちの切れてしまったメッツ打線は沈黙。
最終回のマウンドにはヒロワが上がりますが
フォアボール、ヒット、エラーなどが重なり5失点。
スコアは1-15の大差に。

最終回のメッツの攻撃。
ここでメッツの意地を見せたいところでしたが
あえなく三者凡退で試合終了。
でも、最後の代打のシュンタのフルスイングは見事でした!
シュンタ、ナイススイング!

2019年5月19日(日)C・深川大会1回戦(対元加賀・白)
2019年5月19日(日)C・深川大会1回戦(対元加賀・白) by (C)メッツ広報部
※シマノさん撮影。ありがとうございました!

4年生の3人、ユウヤ、ソウキ、ライトはそれぞれに
プレーで「成長」を見せてくれました。
みんな確実にうまくなっています。
それが最近の「試合序盤の安定した戦いぶり」にも
表れていると思います。
そしてこれからは、試合中盤に大崩れする
今回のようなパターン、今のメッツにとっての「壁」を
みんなの力で越えていかなければなりません。
そのためには、一人ひとりの「強い気持ち」が必要です。
「あー、今日も負けかー」
「あのチームは強いから勝つのは無理」
そんな気持ちがあったら勝てるものも勝てません。
どうやったら気持ちを強くできるか、
強い相手にも「やってやる!」と立ち向かっていけるかを
考えながら一緒にやっていこうね。

今のCチームの目標である「公式戦一勝」を目指し
チーム一丸となって頑張っていきましょう。
Cチームは人数も増えたので、これからの
レギュラー争いは激しくなっていくと思います。
新しく入った選手も「俺がやってやる!」をという
強い気持ちを表に出してプレーしてください。
みんなに期待しています!

がんばれ、メッツ!



感謝!~Cチーム、部員がこんなに増えました!の巻~

先月行われた体験会ではたくさんのスタッフ、保護者の方々に
ご協力いただき、大盛況のうちに終えることができました。
ありがとうございました!m(_ _)m
体験会には20名以上のちびっ子たちがやってきてくれ、
打って、投げてととても盛り上がりました。

この体験会の成果もあり、その後メッツに入部してくれるちびっ子が急増。
気づけばこんなに人数が増えてました!(笑)↓
IMG_3831.jpg

1年生から5年生まで、全21名の精鋭たちです!
今後の活躍に期待してください!

がんばれ、メッツ!




Cチーム、スーパーリーグの第4戦~これからもっともっと強くなる!の巻~

Cチーム、久々の試合、
スーパーリーグの第4戦。
札幌出張前のお忙しい中、いつもの最速リポートを
サナギコーチがあげてくれました!
(※印はC監のつぶやき)


5月12日(日)、スーパーリーグ第4戦が
東雲小学校グラウンドで開催されました。
対戦相手は池雪ジュニアストロングさん。
大型連休中の練習成果はいかに?
本日のCチームはこちら。

【スタメン】
ヒロワ(ファースト)
テッペイ(ショート)
ライト(キャッチャー)
カナミ(レフト)※4番抜擢!
ソウキ (ピッチャー)
カケル(サード)
スミレ(セカンド)
シュンタ(ライト)
アラタ(センター)

◾️1回表
切り込み隊長ヒロワの好走塁でまず1点を先取!
凡打でも全速力で1塁を駆け抜ける
ヒロワのプレースタイルを全員が身に付けよう。
※さすがサナギコーチ、見てるところが違う!
確かにこのヒロワの全力疾走、最高でした。
ライトフェンス突き抜けちゃうかと思いました(笑)。

◾️1回裏
先発はソウキ-ライトの4年生バッテリー。
なんと初回をゼロ封!
スピンがかかり日に日に球速が伸びてきているソウキ。
試合前のブルペンと同じ投球ができ安定の立ち上がり。
※ソウキ、最高!

◾️2回表
さあ来ました。バットマンカケル!
追い込まれるも目の覚めるような弾丸ライナーで2塁打!
そして相手の隙を付いた走塁を見せ追加点を奪う。<2-0>
スーパー2年生は今日も流れを持ってきてくれます。
※初球から果敢に振っていくカケルのスタイル、
上級生も見習おう!

◾️2回裏
振り逃げ、エラーが絡み同点とされる。
ただしこの試合、振り逃げを許すのはこの1回のみ。
また、外野に飛ばされても連携プレーは練習どおりできてます!
みんなすごいよ。
※この時の集中力が3回、4回と保てるようになれば
Cチームは強くなる!

◾️3回表
テッペイ会心の当たりでセンターオーバーの2塁打!
夢の島ならホームランだったかもな。
ライトが四球で続きこの回も追加点。<4-2>
※お、珍しく父ちゃんが控えめに息子をほめてます!!
私が代わりに言います。テッペイ、ナイスバッティング!

【この試合、このままいけるぞ・・】
こんな淡い期待がコーチの心の中にありました。
※みんな思ってました(笑)。

が、◾️3回裏
そうは問屋が卸しません。
体格の良い相手上位打線に捕まり5失点・・。
続く4回も3点を失いまたいつのも
2代目東雲内弁慶’sムードが漂う。
※「いつもの」言うな!と
先代シュンスケ主将が言ってます(笑)。

◾️最終回の攻撃
意地を見せたい3,4年がヒットでつなぎ反撃の狼煙を上げる。
そしてターニングポイント。
果敢にホームを狙ったライトの走塁。
厳しい目の判定で悔しいアウト。
スライディングをしていれば・・・
残念ながら6-10の惜敗です。

M |1|1|2|0|2|6
JS|0|2|5|3|X|10

2019年5月12日(日)C・スーパーリーグ第4戦(対池雪ジュニアストロング)
2019年5月12日(日)C・スーパーリーグ第4戦(対池雪ジュニアストロング) by (C)メッツ広報部
※リュウノスケママ撮影。ありがとうございました!

今日の試合は1年生トリオも頑張ってくれました。
アラタのガッツプレー。リュウの代走盗塁。
ソウイチロウの猛ダッシュボールボーイ。
今日もたくさん野球を覚えたね。
全員プレーでスーパーリーグ1勝目指して
頑張っていこう!
池雪ジュニアストロングさん
東雲までご足労いただきありがとうございました!

ちなみに東雲メッツCチームは総勢20名!
このブログをご覧頂いてるパパさん。
ぜひお子様と一緒にグラウンドで
プレーしてみませんか?
子供と一緒に野球で泣ける時間はわずか数年間です!!


サナギコーチ、お忙しい中、
いつもながらの最速リポートありがとうございました!
キャプテン・ユウヤが不在の中、
他のメンバーがGWの練習の成果を
発揮してくれました!
それを生かしてやれなかったのは
いつも言いますが私・ダメ監督の責任です。
選手のみんな、ごめんなさい。m(_ _)m
でもみんな本当に成長しています。
1年生を入れないと成り立たない現Cチームですが
着々と「一勝」に近づいていると思います。
その一勝をさらに近づけるためには
ユウヤ、ソウキ、ライト、三人の四年生の
「俺たちで何とかするんだ! Cチームを勝たせるんだ」
という強い気持ちが必要です。
もう、泣いているヒマはありません。
四年生三人、プラス三年生の主力である
テッペイとヒロワ、この五人には
監督もちょっと強く言ってしまうことがありますが
それもこれも、「キミたちがチームを強くするんだ!」
という期待の表れです。
Cチームに勝利をもたらしてくれるのはキミたちです!
一緒にがんばっていこうね。
この一~二週間でメッツCチームのメンバーは
激増し、計21名の大所帯となりました!
サポートいただいたコーチ、保護者のみなさま、
本当にありがとうございました。
チームを強くするのは子供と大人、
一緒になったみなさんの熱い気持ちです。
サナギコーチが仰るように、親と子が
何かひとつのことの打ち込み、
一緒に喜び、一緒に悔しがれるのは今だけです。
あっという間の小学校生活です。
親子で、キラキラとした一瞬を
たくさんつくっていただければと思います。

がんばれ、メッツ!





Aチーム、令和初の練習試合。結果はいかに!?

前後してしまいましたが
Aチームの練習試合。
ヤマモトコーチのリポートです。


平成から令和に代わったGW終盤の5月4日(日)、
絶好の野球日和に恵まれ、
豊洲グラウンドにて興宮ファイターズさんと
練習試合を行いました。
続く6日のジャビット杯本選に向けて調子を上げていきたいところです。       
1 2 3 4 5 6 7 計
興宮ファイターズ 3 0 0 0 0 0 0 3
東雲メッツ 0 0 1 0 0 0 2 3

2019年5月4日(土)A紅・練習試合(対興宮ファイターズ)
2019年5月4日(土)A紅・練習試合(対興宮ファイターズ) by (C)メッツ広報部

結果は3対3で、7回裏メッツ攻撃中
時間切れの惜しい引き分け。
もう少し時間があれば逆転できたかも、といった試合でした。
守備面では久しぶりに先発のタクミが
立ち上がり2アウトからヒット、四球、ヒット、死球、
エラーで3点を失った以外は、2回以降立ち直り、
続く2番手ソウ、3番手セイヤも持ち味を発揮し、
相手打線を0に抑える。

一方、打線は相手の本格派速球投手に対して
1番リンタロウが3安打を放ち、一人気を吐くも、
打線がつながらない展開。
3回にリンタロウ、ソウの連続ヒットから、
4番タクミのサードエラーを誘う強い当たりで
1点をとるものの、6回まで0が続く。
そして最終回、相手の3番手投手から粘りを見せ、
シュンスケのタイムリーが出て同点に追いつき、
さらに逆転のチャンスでしたが時間切れとなり、
令和初の試合は引き分けでゲームセット。
今日は両チームとも守備のミスが少なく安定しており、
大変締まったいい試合になりました。
しかし、いつも言えることですが、初回が大事。
初回に点を取るか、取られるかで
その後の展開が変わってきます。
初回からしっかりと守れる、またしっかりと打てるよう、
練習から取り組んでいこう。
興宮ファイターズさん、練習試合ありがとうございました!




令和初の深川大会が開幕~開会式でみんな元気よく行進!~

5月6日(祝月)、GW10連休の最終日に
令和になって最初の深川大会(正式には深川春季大会)が開幕。
その開会式が夢の島グラウンドで行われました。

開会式前の待機風景。
「30」を背負い、気合の入るイワサワ(A白)監督(笑)。
IMG_3803.jpg

IMG_3804.jpg
IMG_3805.jpg
IMG_3806.jpg

開会式後にABCみんなで記念撮影。
IMG_3809.jpg

その他の開会式写真はこちら↓
2019年5月6日(月)A・B・C深川春季大会開会式
2019年5月6日(月)A・B・C深川春季大会開会式 by (C)メッツ広報部
※ボウノさん撮影。ありがとうございました!

開会式に先行して始まっていたBはすでに3位確定。
ACともに一戦必勝でがんばっていきましょう!


A紅チーム ジャビットカップ江東区代表決定戦 ~大島中央戦~

Aチームのジャビット本戦。
ハヤシ監督のリポートです。


5月6日(月祝)、夢の島。
ゴールデンウィーク10連休の最終日。
ジャビットカップ江東区代表決定戦の1回戦、
A紅チームが大島中央さんと対戦しました。

メンバーは、
1番 ショート リンタロウ
2番 サード ソウ(ピッチャー)
3番 ライト マナト(途中、ヒナタに交代)
4番 キャッチャー タクミ
5番 ピッチャー コウキ
6番 レフト セイヤ(ピッチャー)
7番 ファースト ユウタ
8番 セカンド リリキ
9番 センター シュンスケ
(ベンチ:タクム、ユヒロ、ショウゴ)

令和元年、最初の公式戦を勝利で飾りたいとことでしたが、
M 0|0|0|0|0 0
O 5|1|1|4|× 11

1回戦敗退となってしまいました。
相手ピッチャーのアウトコースに
きっちり投げ込むピッチングにおさえられ、
タクミのスリーベース、コウキのヒットの2本のみ。

守備では、エラーもあり、初回に5失点。
コウキ、セイヤ、ソウのピッチングの
内容は悪くありませんでしたが、
相手バッターはタイミングを見事にあわせるバッティング。
11失点と久々の大量失点となってしまいました。
2019年5月6日(月)A紅・ジャビット杯江東大会1回戦(対大島中央)
2019年5月6日(月)A紅・ジャビット杯江東大会1回戦(対大島中央) by (C)メッツ広報部

3月からゴールデンウィークにかけて行われた、
ジャビットカップと江東大会が終わりました。
ジャビットカップは、深川予選を突破したものの、
江東区代表決定戦では1回戦敗退で江東区ベスト16。
江東大会は2回戦に勝利で、こちらも江東区ベスト16。

みんな力を合わせてがんばったけど、
もっと上に行きたかったな~。
それに、もっと上に行ける力をもっていたはず。
それを引き出してあげられなかった。ゴメン。

この試合では、あまりいいところがなかったけど、
この2大会で、みんなが一生懸命にプレーした姿は、
監督・コーチ、お父さんお母さんたちの心にきっと残ったはず。
そして、みんなの心にも何か残ったはず。
悔しさもあるだろうし、もっと勝ちたい気持ちもあるはず。
その思いを胸に、
これから始まる深川春季大会にぶつかっていこう!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ