FC2ブログ

Aチーム、関団連(夏)初戦で大逆転勝利!

Aチームの関団連。
オクダコーチのリポートです。


6月23日(日)。関団連1回戦。
Aチーム紅が豊洲グラウンドで
池雪ジュニアストロングさんと戦いました。

スコアは
M 0 | 0 | 1 | 0|0 | 6 7
T 2 | 1 | 0 | 1|0|2 6

スタメンは
1番 キャッチャー タクミ 
2番 サード ソウ
3番 セカンド リリキ
4番 ライト コウキ
5番 ピッチャー セイヤ 
6番 レフト マナト 
7番 ファースト ユウタ
8番 ショート ヒナタ
9番 センター シュン

この日も9人ギリギリ。
池雪ジュニアストロングとは以前、
練習試合を行い、打ち負けています。
なので、この試合は先手必勝、
先行逃げ切りのオーダーを組み、試合に臨みました。
しかし、監督の思惑通りにはいかず、
序盤相手に先制されてしまいます。
攻撃もチャンスは作るものの、
あと1本が出ず、苦しい展開に。
でも、この試合は先制されても意気消沈することなく、
最後まであきらめず、勝ちたい気持ちを前面に出し、
戦っていた選手たち。
3点リードされての6回表にメッツ打線に火がつきます。
先頭セイヤがファーボールで出塁。
マナトのヒットで得点圏にランナーをおき、チャンスを作ると、
ヒナタ、シュンの連続タイムリーで1点差に追い上げる。
さらに、タクミのスリーベースヒットで同点。
さらにさらに、ソウの内野安打で逆転。
さらにさらにさらにリリキの
ランニングホームランでダメ押し。
この回一挙6点をとり、大逆転。
6回裏、相手チームのツーランホームランで
1点差に詰め寄られるも、
ピッチャー2人目のソウが後続を断ち、試合終了。
見事、勝利を収めました。
監督のゲームプランとは逆の試合展開となりましたが、
チームみんなの勝ちたい気持ちが
全面に出ていたナイスゲームでした。
この調子で関団連を勝ち上がろう。



スポンサーサイト



メッツA白チームの深川大会初戦~対豊洲ジュニアキング~

A白チームの深川大会。
リポート不敗神話をつくったイワサワ“まーくん”コーチの
監督デビュー戦でもあります。
果たして初采配はどうなったのか?
イワサワ監督のリポートです!


「令和元年6月23日(日)
深川春季大会・夢の島野球場」
みなさま、ご無沙汰しております。
ついに東雲メッツA白チームの船出です!
東雲メッツ選りすぐり?のメンバーで構成された
メッツA白(監督「私」)チームの初戦、
お互い豊グラをホームグラウンドとする
豊洲ジュニアキング戦です。
私がこう考えるであろうことを想定して
小名B監督が考えてくれたであろうオーダーを、
盟友の島崎コーチからの
「まーくん、監督だから先発発表させてあげるよ」という
温かいお言葉をいただき、選手の前で発表させていただきました。

1 C  カズキ!
2 3B アツト!
3 P  ショウゴ!
4 1B シンキン
5 SS ヒロキ
6 CF シュウゾウ
7 LF ユヒロ
8 RF ケンジ
9 2B ジュンペイ

メッツ後攻でプレイボールです。

■1回表
ショウゴ、カズキのフレッシュなバッテリー、
先頭打者にデッドボール、
次のバッターから連続ファーボールで満塁、
パスボールの間に2点先制されます。
さらにファーボールが出て、
そろそろマウンドに行かねばと思っていたところ、
この試合の参謀である島崎コーチから
「まーくん行ってきて」、
そう思っていたところです!
マウンドで「檄」を飛ばしてきました!
ショートゴロをヒロキが好判断で
ホームアウト!失点を防ぎます。
その後、ヒット、パスボールで結果6点を先制されます。

□1回裏
何とか反撃ののろしを上げたいところ、
先頭カズキ、続くアツト、ショウゴ三振、
まさかの三者凡退となります。

■2回表
先頭をピッチャーゴロでアウト!
ランナー一人置いて、ショートゴロに打ち取ったつもりが
ファーストエラーで追加点を許します。
この後、制球がなかなか定まらないショウゴに変えて、
ピッチャーアツト!踏ん張ってくれたものの
この回も6点を失います。

□2回裏
何とか1点返したいところ、
4番シンキン、三振、ヒロキ、ショートヘ痛烈なあたりは内野安打!
続くシュウゾウ、三振、ユヒロ、ショートゴロでこの回も0点。

■3回表
引き続きアツト!何とか2点に抑えます。

□3回裏
この回ケンジから。ジュンペイ、カズキと三者凡退。

4回からはソラがマウンドヘ。
3点を追加され、その裏の攻撃、
代打ホジンも三振で0に抑えられゲームセット。大敗でした。

試合結果    1 2 3 4 計
ジュニアキング 6 6 2 3 17
メッツ     0 0 0 0 0

2019年6月23日(日)A白・深川春季大会第1回戦(対豊洲ジュニアキング)
2019年6月23日(日)A白・深川春季大会第1回戦(対豊洲ジュニアキング) by (C)メッツ広報部
※イワサワママ撮影。ありがとうございました!

私のメッツ(白)監督としての早すぎる夏が終わってしまいました。。。
できれば、選手のみんなが楽しく野球をやっている姿を見たかったのですが、
みんなのいいところが引き出せずに申し訳ない気持ちです。
選手のみんなは、ただいい経験で終わらせないで、
次につながるようにがんばりましょう!

また、スタメンを決める(発表する?)、選手に声をかける、
継投のタイミング、代打のタイミング、
監督をやらなければわからないプレッシャーがありました。
ABCチームの監督のみなさま、いつもありがとうございます。

今回の試合ではいいところが出せなかったけど、
この後も公式戦はまだまだ続きます。
次の試合で期待してるよ!

豊洲ジュニアキングさん、ありがとうございました。
このままの勢いで優勝しちゃって下さい!



まーくん、初采配、大変お疲れさまでした!
試合結果は残念ですが5年生たちはこの後、
新人戦という大一番が控えています。
8月に行われる本戦出場めざし、
選手それぞれができることをしっかりやっていきましょう!



追記
イワサワママよりその他の試合画像も届きました!

2019年5月19日(土)A白・練習試合(池雪ジュニアストロング)
2019年5月19日(土)A白・練習試合(池雪ジュニアストロング) by (C)メッツ広報部

2019年6月16日(月)B・関団連 1回戦(対南大井少年野球クラブ)
2019年6月16日(月)B・関団連 1回戦(対南大井少年野球クラブ) by (C)メッツ広報部





メッツ番外編~みんなで交流戦を見にいきました!の巻~

6月21日(金)、サトウコーチの発案で
選手&コーチ陣でプロ野球交流戦
スワローズvsマリーンズを神宮球場に見にいくことに。
『18連敗の真実』以前からの生粋の鴎ファンである
ブログ管理人も喜び勇んで付いていきました。

みんなで電車で移動し
IMG_3958.jpg

IMG_3959.jpg

神宮球場につくとなんとメッツのリョウ先輩(中学2年)に遭遇。
思わずみんなで記念撮影してしまいました。
リョウはコナ監督の長男・リュウノスケの代の選手です。
身長も伸びて見違える様に成長していました!
IMG_3960.jpg

私たちの席はライトスタンドの応援団席のすぐ前。
生粋の燕ファンであるサトウコーチが
いい席を押さえていてくれました。
IMG_3961.jpg

IMG_3962.jpg

IMG_3963.jpg

生粋の燕ファンの息子たち(笑)
IMG_3965.jpg

試合はマリーンズが5回に一挙7点を入れ
終始マリーンズペースで進行。
燕軍団の不甲斐なさにやさぐれるサトウコーチと
それを心配そうに後ろから見つめるマナト(笑)↓
IMG_3964_20190624174734c4c.jpg

青木宣親選手の応援歌にあわせて踊る少年たちの動画です。
どこに誰がいるかは探してみてください(笑)↓


ということで試合はめでたく12-3でマリーンズの大勝!!
ブログ管理人だけご満悦で帰途に就きました。
すばらしい試合にお招きいただき
サトウコーチ、ありがとうございました!




おまけ

新加入1年生のダニエルとアオイが
「キャッチャー防具を着けたい」というのでこんなんなりました。
真ん中はBチームのソラ。
IMG_3968.jpg
こうやって改めて見るとふたりの1年生、大きいな(笑)。
大型新人の今後に期待してください!

本ブログ初、現役選手のリポートです!~関団連ジュニア1回戦~

本ブログ初、メッツの現役選手が
リポートに初挑戦しました!
誰が書いたかはあえて言いません!(笑)
とりあえず、読んでみてください。
Bチームの関団連ジュニア1回戦です!


6月16日(日)品川区子供の森少年野球場で
南大井少年野球クラブと関団連一回戦が行われました。
スタメンは以下の通り

1シュンスケ(セカンド)
2ヒナタ  (ショート)
3ショウゴ (キャッチャー)
4コウキ  (ピッチャー)
5アツト  (センター)
6カズキ  (ファースト)
7ヒロキ  (ライト)
8ケンジ  (レフト)
9ソラ   (サード)

1回表(南大井の攻撃)
ヒットやエラーで一死2、3塁のピンチを招くも
コウキの連続三振でこの回、無失点。

1回裏(メッツの攻撃)
2アウトからショウゴがヒットで出塁し、2、3塁とし、
パスボールの間に先制点を挙げる。
その後、四球や相手のミスが重なり追加点をあげる。
(0-2)

2回裏(南大井の攻撃)
1アウト後、レフト前ヒットを打たれるも
次の打者絵をファーストゴロに打ち取る。
なおも二死2塁。ホームランを打たれれば同点の場面。
コウキは三振をもぎ取り、ピンチをしのいだ。

2回裏(メッツの攻撃)
コウキの好投で流れを引き寄せたいメッツ。
1アウト後、ケンジにヒットが出て、盗塁、
パスボールで一点追加。
その後は後続が続かず1点止まり。
(0-3)

3回表(南大井の攻撃)
先頭がヒットで塁に出て、盗塁を決められる。
その後、ヒットやエラーなどがあり、2点を奪われる。
(2-3)

3回裏(メッツの攻撃)
ヒット、エラーなどがあり4点を取る。
(2-7)

4回表
見事三者凡退。なんとコウキは今日9奪三振!

4回裏
ヒナタのヒットとコウキのヒット、
アツトのヒットで2点を奪い
2-9でコールド勝ち。

MO|0|0|2|0|2
SM|2|1|4|2|9

結果は9-2で勝ちましたが、ほめてもらう勝ちではありません。
目立った課題はバッティングです。
まず、バッティングは結果ではなく、
タイミングの取り方、準備、状況判断などが
できていない人が何人かいました。
ずっとこのごろAチーム紅白の活動が多く、
Bチームの活動が出来なかったため、
みんなの心がバラバラになってしまったのではないかと
推測します。バラバラになった心を一つにもどすため、
仲間と助け合うということがとても大事だと思います。
Bチームは優勝を目指すチームです。
みんなが本気で毎日素振り、ランニング、
キャッチボールなどをしたら、
絶対に深ジャンなんて余裕です。
現時点では、深ジャンに勝つには程遠いかもしれませんが、
新人戦で深ジャンを倒し、優勝しましょう。


ヤバッ、リンタロウ(5年生副キャプテン)、
天才でしょ(笑)。
さすが某スポーツ紙デスクの息子さん、
その血を引いていますね。
B監よりリポートうまいんじゃない?(笑)
まあ、B監も大一番ではちゃんと書いてくれるって
言ってますので期待しましょう。
それにしてもリンタロウ、さすがです。
いつもの「お前、なめてんのかぁ~!」と
C監に絡みつき、じゃれあっている面影は
どこにもありません(笑)。
いつもこのようなコーチの視点で野球をしてくれたら
リンタロウはもっともっと
すばらしい選手になると思うし、
メッツも強くなると思うよ。
だからリンタロウ、ケガを早く治して
グラウンドに戻ってきてね。
メッツのみんなが待っています!

大きな壁、深ジャンという強敵が
同地区いることに感謝し、
チーム一丸となってがんばっていきましょう!

最後にリンタロウの手書きリポートです↓
これをお父さんであるシマザキコーチがデジタル化
してくれました。親子でありがとうございました!
IMG_3538.jpg
IMG_3539.jpg
IMG_3540.jpg


がんばれ、メッツ!
がんばれ、リンタロウ!


スーパーリーグ第5戦~対レッドサンズ~

Cチームのスーパーリーグ第5戦。
サトウコーチのリポートです!


6月16日(日)、東雲小学校で
スーパーリーグ5回戦が開催されました。
相手はレッドサンズさんです。

この日、午後イチは試合前の集合の練習からスタート。
キャプテンユウヤの『行くぞ!』の掛け声のもと、
何度かの練習を経て、
ようやく元気に足並み揃えて集合出来るようになった選手たち。
しかし、本番を迎えると、全然バラバラ、
大丈夫か?と一抹の不安が・・・

結果は、不安的中!1対20の完敗でした。
相手の強力打線に計18本のヒットを打たれ20失点。
打撃面ではテッペイが2安打と一人意地を見せたものの、
レッドサンズさんの左右2枚看板の好投手に歯が立たず、
チームの安打はこの2本のみ。
レッドサンズさんは攻守ともに隙のない
素晴らしいチームでした。
2019年6月16日(日)C・スーパーリーグ(対 レッドサンズ)
2019年6月16日(日)C・スーパーリーグ(対 レッドサンズ) by (C)メッツ広報部
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました!

完敗のメッツでしたが、収穫もありました。
それは、ニューフェースたちの台頭です。
待望の4年生ルーキーのタイガは初スタメンで出場、
終始、大きな声でチームを鼓舞、
センターフライも華麗にさばき、
今後の活躍を予感させてくれました。
ヒルソウはライトで途中出場、反応良く打球を追い、
あと少しでキャッチといういい動きを見せてくれました。
ヤマソウ、ハルはベンチから
『けんせい、入れ~』『カバーカバー』とコーチ顔負けの
声掛けをしてアピール。
選手同士でこういう声掛けが出来るようになれば
チームはきっと強くなります!

1、2年のちびっ子チームもボールボーイ、
ボール拭きをルーキーたちに教えるなど、
立派に役目を果たしました。
試合中も『サトウコーチ、今何アウト?』
『今何点取られてる?』と集中しながら、
試合を見ることが出来ました。
レオも最後まで試合を見れたね!
1年生たちが集中して試合を見ることが出来るって
本当にすごいことです。
最後にはソウイチロウが代打出場を猛アピールして、
久々の出場を果たしました!
上級生がたくさん加入して
下級生の出場機会は少なくなるかもしれませんが、
この日のソウイチロウのようにアピールすれば、
下級生でも出場できるということ。
レギュラー争いに遠慮は不要、
1~4年の誰にだってチャンスありです。
選手たちは練習や試合でどんどん監督やコーチに
アピールしてください。

レッドサンズさん、
東雲までご足労いただきありがとうございました。


サトウコーチ、最速リポートありがとうございました!
Cチームもますます人数が増え、
全27名の大所帯となりました。
1年生がこの時点で9名いるというのも過去に例がありません。
新しく入った選手たちはレギュラーメンバーに
追い付け、追い越せの精神でがんばってください。
そのためには平日にも各自、何ができるかを考え
たくさんボール、バットに触れてね。
レギュラーメンバーも新しい選手たちに抜かれないように
今まで以上にしっかりやっていかないとね。
スーパーリーグも残すところあと2戦。
公式戦初勝利を目指してみんなでがんばっていきましょう!

練習後の整列風景。どんどんワイドになってます(笑)↓
IMG_3885.jpeg



Aチーム(紅)深川春季大会2回戦~深川ホークス戦~

Aチームの深川大会2回戦。
ハヤシ監督のリポートです!


6月2日(日)、夢の島球場。
A紅チームの深川春季大会2回戦が行われました。
対する相手は、深川ホークスさん。
Bチームの秋、Aチーム江東大会で敗戦しており、
3度目の・・・と挑みましたが・・・

H 1|3|3|1|6 14
M 0|0|0|0|0 0

2019年6月2日(日)A紅・深川春季大会(対深川ホークス)
2019年6月2日(日)A紅・深川春季大会(対深川ホークス) by (C)メッツ広報部
※ボウノさん撮影。ありがとうございました!

結果は、0対14の大敗!
キャッチャーはソウ。
タクミ→セイヤ→コウキ→ユウタの投手リレーでしたが、
ホークスの勢いを止めることが出来ず。
しかし、この勢いをつけてしまったのは、
取れるアウトでアウトカウントを稼げなかった、
自分たちのエラーです。
その流れからか、打線も沈黙・・・。

ワンサイドゲームとなってしまいましたが、
ベンチを沸かせたプレーもありました。
守備では、ショートのヒナタ。
三遊間のゴロに飛びつき、
立ち上がりながらの送球をファーストへ!
間に合わない!と思いましたが絶好球でアウト!
超ファインプレー!
プロ野球選手みたいだったぞ!(笑)

打撃では、リリキ。
1球目でタイミングを合わせて、
思い切り振り抜いた2球目。
打球は右中間オーバー!
この日唯一のクリーンヒットの2塁打でした。

最近、ヒナタは送球ミスが目立っていましたが、
この試合では、キャッチングもスローイングも完璧!
リリキも久々の芯でとらえた長打!
きっと、この二人なりに苦しんで
努力をしていた結果だと思います。

この試合でエラーした選手、
思うようなピッチングができなかった選手。
自分のスイングができなかった選手。
ここで悔しいと感じて今以上に努力するのか、
今のままでいいかと過ごしてしまうのか。

春の大会は終わってしまいましたが、
まだまだ試合は続きます。
これまで以上に奮起して練習する姿、
試合で活躍する姿を見せてくれることを、
監督・コーチたちは期待しています!!
カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ