FC2ブログ

Aチーム、送別大会準決勝進出~最終回、2アウト満塁、フルカウントの大ピンチ!?~

6年生最後の大会「送別大会」。
2回戦のリポートはオクダコーチです。
ドラマチックな始まり方となっております↓


最終回7回裏、メッツの守り。
2アウト満塁3ボール2ストライク。
ファーボールで同点。
ヒットを打たれ2塁ランナーがホームに還れば、
逆転サヨナラ負け。
勝負が決まる最後の1球。
勝利の女神が微笑むのはメッツか、
それともファイターズか・・・。

令和元年12月1日(日)。
Aチーム、送別大会2回戦。
相手は江東ファイターズ。今年3度目の対戦。
前回の対戦ではタイブレークの末、辛勝。
決して油断はできないチームです。

スタメンは
1番 センター シュン(4回からショウゴ)  
2番 ショート リリキ
3番 ピッチャー タクミ 
4番 セカンド マナト 
5番 ファースト セイヤ
6番 サード ソウ
7番 キャッチャー コウキ
8番 レフト ヒナタ
9番 ライト リンタロウ(4回からヒロキ)

メッツ先攻、1回表。
リリキ、ヒットで出塁。ツーアツトからマナト、
コウキ、ソウのヒットなどで4点を先制。
序盤でのリードは願ってもない展開。

1回裏、1番2番を連続死球でピンチを招くと、
4番打者にレフト前に運ばれる。
2塁ランナーは3塁を回り、ホームへ。
しかし、ヒナタがゴロを華麗にさばき、
ホームへレーザービーム。
2塁ランナーを生還させず、この回無失点。

2、3回はメッツ無得点。
その間に1点差まで追い上げられる。

4回はヒナタ、ショウゴのタイムリーで2得点、
また引き離す。
その後、互いに1点ずつとって
7回表が終わった時点で7対4とメッツのリード。

迎えた7回裏、眼前の勝利に浮足立つ
メッツ守備陣にミスが続く。
ピッチャータクミも相手6年生の気迫に
制球を乱され、あれよあれよという間に
1点差まで追い上げられる。

そして、迎えた最終局面。
2アウト満塁3ボール2ストライク。
ボール球を投げることも、
ヒットを打たれることも許されない状況。
盛り上がるファイターズベンチ、
息をのむメッツベンチ。
タクミがモーションに入り、足を上げると、
全ランナーがスタートを切る。
タクミの投げたボールはストライクゾーンへ。

「カキーン」

打球は放物線を描き、ライトへ。
向かってくる飛球にほぼ定位置で構えるヒロキ。
「オーライ」
ややスライスしていく打球を
しっかりグラブに収め、ゲームセット。
posted by (C)メッツ広報部
※ハヤシさん撮影。ありがとうございました!

最後の最後まで勝敗の行方が
わからなかったこの試合。
最終局面は本当にしびれる場面でした。
メッツの監督、コーチ、父母たちの
心拍数はハンパなっかたと思います。
タクミもペース配分を考え投球し、
最終回になっても球威が衰えず、
最後までよく投げ切りました。

ファイターズさんとの試合はいつも激闘で、
野球の醍醐味、楽しさを改めて
感じさせてくれました。
ありがとうございました。
これでメッツは準決勝進出。
試合後のファイターズベンチへのあいさつで、
監督さんが「次も勝てよ」と激励してくれました。
その期待に沿えるよう、次の試合もがんばろう。


Aチームおめでとう!
次は準決勝。決勝進出目指してがんばれ!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ