Cチーム紅の深川秋季大会初戦

C紅チームの深川秋季大会初戦の様子を
イシカワ監督のリポートでお届けします!


10月3日(日)、C紅・深川秋季大会の
1回戦を夢の島グランドで行いました。
(対越中島ブレーブス)

メッツ先攻で試合開始。
先頭はダイキ、セカンドエラーから出塁後に2塁へ盗塁。
先制のチャンスでありましたが、
2・3番が打ちとられ無得点。

先発はユウダイ。
初回、相手上位打線を三者凡退に抑える。

2回表、四番レオがレフト前に
強烈なライナーのヒットで出塁。
ここからメッツ打線猛攻開始と…
しかし、後続が打ちとられ無得点。

緊迫する投手戦で試合が進み、
メッツ3回表の攻撃、ハルキのヒット、
ユウの確実な送りバントでランナー2塁。
ダイキのセンター前ヒットでチャンスを作る。
しかし、上位打線が凡退と連打が出ず無得点。

3回裏、ユウダイは先頭打者を三振に抑えるも、
9番打者にレフト前ヒットを打たれ出塁を許す。
牽制が悪送球となり、ランナー3塁。
ここで、相手打線は確実に1点をとる
叩きつけるバッティング。
ショートゴロの間に1点を先制される。
その後、4・5回も相手投手の
緩急あるピッチングに苦しめられ0対5でゲームセット。


試合前、試合中もアクシデントがありましたが、
そんな中、子供達は最後まで
必死に戦っていました。

「一期一会一球」
人の出会いも、野球のプレーも、一瞬、一瞬が勝負!
野球は素晴らしいスポーツです。
球技で人間が得点するのは野球だけ。
サッカーはボール、ラグビーはボールと人。
野球では得点することを
ホームインと言います。
野球は人間味のあるスポーツなのです。
だからこそ、ひとつひとつの試合で
筋書きのないドラマが生まれるのでしょう。

初戦敗退は残念な結果ですが、
豊洲グランドでのミーティング後に
選手は前を向き、次の一歩を踏み出しました。
後で聞いた話ですが、この日は、
保護者の方々の車が夢の島移動前、
豊洲グランドに17台集結の大応援団だったと。
いつも子供達の為に、
グランドに駆けつけて頂き感謝致します。
10日は、C白の初戦が入りました。
メッツ一丸、更なる応援を宜しくお願い致します!
Met's Ishikawa
スポンサーサイト

コメント

「絆」

子供達は、春秋連覇の重圧の中、良く戦いましたね。豊洲グラウンドに戻ってからの反省会、一人一人が手を挙げ、良かったこと、悪かった事を言葉にしている時は、感極まりました…。
イシカワ監督も反省会で言ってましたが、試合前のトラブルで子供達に動揺させてしまい、準備万端で試合をさせてあげれなかった事、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今大会を経験して、メッツの「絆」がより強くなったと思います。
この経験を今後に生かし、今まで通りの「練習は厳しく」「試合は楽しく」
しまっていこー

悔しいけどね・・・。

秋の大会初戦敗退でしたが、素晴らしい試合でしたよ!
ブレーブスさんとは、ライバルとしてあと2年間
闘って行くチームです。
今度は、チャレンジャーとしておもいっきりぶつかって行こうぜv-218
これからもチームワークを大切に、練習に励もうね。

これからスタート!!

ブレーブス戦とても良い試合でした。
君達にとってあの試合を無駄にすることなく、良い所は取入れ、また君達の良さもどんどん伸ばし下さいねv-218

これから、強い相手はいくらでも出てきます。でも、君達も確実に強くなっていきます。強い気持ちでどれだけ取組めるかが一番の鍵v-267です。勇気を持って次の扉を開けてみて下さい。

きっと、新しい野球が待っているから・・・。
これからがスタートですv-237

残念

試合展開が目に見えるようで残念ですね。
相手も「打倒メッツ」で春以降練習してきたんでしょう…
しかし負けて得る事も必ずあるはずです。
下を向かず、次へと歩き始めたCチームにこれからも期待しています。
練習は厳しく、試合は楽しく!!
これからも皆と一緒に野球を出来る一日一日を大切にしましょう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ