送別大会1回戦~白チームの巻~

続いて白チーム1回戦の模様を
マスダコーチのリポートで!


2月10日(日)6年生最後の大会、
送別大会が行われました。
メッツは、紅・白と2チームで出場。
A白は、辰巳グランドB面での試合。
相手は、深川ホークス。

メッツ先攻でプレーボール。
相手のミスとチームバッティングで、
ワンアウト1・3塁のチャンスを作ります。
バッターは、4番リョウ。
ツーボールからの積極的なバッティングは、
二・遊間を抜く力強い打球。
相手センターも後ろに逸らしてしまうほど。
2点を先制します。
その後、ショウタの技ありライト前、
S・ケントのレフト前、アカネのサード内野安打、
コウヘイの三・遊間のタイムリーと打線が繋がります。
打者一巡の攻撃で、
合計5点のビッグイニングとなりました。

先発はS・ケント、
キャッチャー・アツシの息ピッタリのバッテリー。
1・2番の連打で、
ノーアウト2・3塁のピンチを招きます。
巧打者の3番との勝負を三振で切り抜けますが、
4番にフォアボールを与え
ワンアウト満塁にしてしまいます。
しかし、続く打者をピッチャーゴロと三振に取り
ピンチを乗り越えます。

さらに突き放したい2回のオモテ。
2番ムサシのフォアボールとヨシキの左中間のヒットで、
ノーアウト1・2塁のチャンスを作ります。
ここでも走塁とチームバッティングを絡め、
追加点を奪います。

6-0となった2回のウラ。
ストライク先行のピッチングでツーアウトを取るも、
相手チームの選球眼もよく二つの四球を与えます。
味方のミスも重なり、ツーアウト満塁と再びピンチ!
バッターはまたしても3番ですが、
なんとかショートゴロに抑えチェンジ。(ホッ)

3回のメッツの攻撃、
相手チームはピッチャーを交代して流れを変えてきます。
長身から投げるボールは、
スピードがあり簡単には打てそうもありません。
5年生のY・ケントやコウヘイが突破口を見出そうと
必死に食らいついて行きますが0点に抑えられます。

そのウラ。
フォアボールとヒットとエラーが重なり、
ノーアウト満塁とみたびの大ピンチ!
ですが、打たせて取るピッチングと
ショート・コウヘイの堅実な守備で、
ひとつずつアウトを取りピンチを凌ぎます。

4回反撃と行きたいメッツは、相手投手を崩せず三者凡退。

動き始めたそのウラ。
2・3・4番の長短3連打で3点を返され
尚もワンアウト3塁とピンチは続きます。
6番バッターが振り抜いた打球は、
強烈なピッチャーライナー、S・ケントは落ち着いて捌き、
飛び出した3塁ランナーも刺してダブルプレーを取ります。
スコアーは、6-3とメッツリードで後半へ突入します。

相手投手に苦戦する5回の攻撃、先頭打者のショウタは、
初球を弾き返しレフト前にヒットを打ちますが、
後続が続かず無得点。
ウラに1点を返されますが、
本日2回目のピッチャーライナー、
サードへ送球刺殺のダブルプレーと、
ライト・ヨシキのガッチリキャッチで、最小失点で切り抜けます。

追加点の欲しい6回のメッツ、
アツシのサード線を破るランニングホームランで
1点をもぎ取ります。

7-4で迎えたウラ、
内野ゴロの間に1点を返されて7-5で最終回へ。

最終回メッツは、ヒットを出しますが繋がらず無得点。

あと、3つのアウトで勝利。
先頭打者をピッチャーフライ。
あと2つ

エラーで二人のランナーを出し、ワンアウト1・2塁。
バッターは、3・4番と巧打者が続きます。
3番の打球は強烈なサードゴロ、
サード・リョウは危なげなくキャッチし
サードベースを踏みツーアウト。
あと1つ。

ツーアウト2・3塁で、4番バッター。
一球目ストライク!
二球目ストライク!!
カウント、ツーストライク。
三球目ファールで、カウント変わらず。
四球目合わせられた打球は、なんとライト前へ。
懸命のバックホームも間に合わず、ランナー二人が帰り同点。
試合は振り出しに戻ります。(見事にやられたなぁ~)
それでも、後続を断ちサドンデスへ。

延長戦、サドンデス、メッツの攻撃。
1塁アカネ・2塁S・ケント・3塁ショウタを置き
バッターは、代打ユウ。
ビビっているかと思いきや、笑顔のユウ。
初球の速球を、打って出ます。
ピッチャーゴロ、ホームに投げられフォースアウト。
ワンアウト満塁。(代打でしかも満塁の初球打ちは、
強心臓の持ち主。さすがiphone5の監督の息子)
続くバッターは、コウヘイ。
これもまた、初球打ち。サードゴロ、ホームでアウト。
ツーアウト満塁。(5年生は、強心臓が多いかも。頼もしい。)
ここでバッターは、アツシ。粘りに粘りますが、無得点。
(だんだんと、バットを短く持っていたね。笑。)

相手の攻撃。フルカウントで投げた七球目。
高めのボールを見極められて、
押し出しのサヨナラゲームセット。
7-8xで負けてしまいました。




悔しいですよね・・・。
でも、マスダコーチは楽しかったし、
負けてなんだけど、嬉しかった。
だって、試合中みんな笑顔だったから。
それと、なんといっても沢山の応援、
大きな声援、感謝の一言です。(涙)
各監督・コーチ・OB・先輩・後輩・
お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんとが、
全員が一丸となって選手を鼓舞して下さいました。
どれだけの力になった事でしょう。
そして、協力してくれたBチームの選手ありがとう。
大きな声で、盛り上げてくれたユウ。
サードコーチャーのシンイチロウ。
ボールボーイのリョウタ。
ショートのコウヘイ。
センターのヨシケン。
A白は終わってしまいましたが、A紅が残っております。
紅チームが一戦でも長く出来る様に
サポートして行きたいと思います。
引き続きの応援よろしくお願い致します。
(本当に、見応えのある試合だったなぁ~)


本当に見応えのある試合でした。
ホークスの粘りはさすがとしかいいようがありません。
野球って、こういうもんですよね。
試合後半、夢の島東グランドでの1回戦を終えた
紅チームも応援に駆けつけ、
最終回はチーム一体となった応援で盛り上がりました。
いい試合でした!
白チームの6年生、みんな輝いてたぞ!
だけどまだ送別大会は終わったわけではありません。
紅チームが頂点を取れるよう
みんなで全力サポートをお願いします!
スポンサーサイト

コメント

成長と感謝!

前半は、紅チームの試合と重なり応援に行けませんでしたが、リポートの通り幾多のピンチを凌ぎ流れを引き寄せましたね。
自分の役割を理解し、本当によくやったと思います。
同点に追い付かれる守り、サドンの緊張感は相当なプレッシャーだったと思います。
最後の大会でありましたが、6年生白メンバーは良い経験と思い出に残る試合でした。
最終回も一体となった応援は最高でした!
ありがとうございました。
残された学童野球の期間、次なるステージに向けて頑張っていこう!

残念ながら敗れてしまいましたが、力と力のぶつかり合い。
忘れる事のない名勝負になりました。
白チームの選手・スタッフ・OB関係者の皆様お疲れ様でした。
今後は、紅チームの快進撃を期待し一丸で頑張りましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ