ナガセケンコーボール杯1回戦(対若木ベースボールクラブ)

メッツがナガセケンコーボール杯に
参加しました。その1回戦の模様を
カワシマ監督のリポートでお届けします。


2月11日(月)、多摩川緑地Gにて
ナガセケンコーボール杯1回戦が行われました。
(対若木ベースボールクラブ)

メッツ後攻で試合開始。
先発は、ピッチャー:コウヘイ

1回表
立ち上がり、いつものコウヘイの球速が見られず、
先頭打者にフォアボールを与えてしまうと、
続く打者にはバントで内野安打とフォアボールを許してしまい、
2本の連打で2点を先制されてしまいます。
しかし、その後の満塁のピンチに6-2-3と
つなぎダブルプレーでピンチを切り抜けます。

1回裏
先頭の1番:Y.ケントがショート内野安打と
悪送球でノーアウト2塁のチャンス。
2番:ユウはキッチリと送りバントを決めますが、
Y.ケントが一気にホームを狙います・・・。
暴走と好走塁は紙一重と言いますが、
ファーストからの返球も良く得点をあげられません。

2回表からは少しは落ち着きを取り戻したものの
やはり投球に堅さがみられ制球にもバラつきが見えました。
しかし、要所要所を抑えなんとか無失点で切り抜けます。

メッツ打線もフォアボールで出塁するも牽制アウトや
8番:カズヒロの大きな飛球も
今一つ伸びずセンターフライに終わり、
2番:ユウも強烈な当たりをライトに放ちますが、
間一髪届かずライトゴロなどでチャンスをつくれません。

5回表。ピッチャー:Y.ケントに交代。
先頭打者にショート内野安打で出塁を許すと、
送りバントとスクイズで追加点を挙げられてしまいます。

6回表にも、
先頭打者にセンター前に運ばれると、
2者連続のフォアボールでノーアウト満塁のピンチ。
ここで、ピッチャー:コウヘイに再交代。
ここは後続を三振、サードフライ、
最後はセンターフライに打取り、
無失点で切り抜けます。

しかし、打線は最後の最後まで調子が上がらず、
1点が遠い状態・・・。

最終回には、ピッチャー:コウヘイも
緊張の糸が切れてしまったのか、
3本の長打を打たれてしまい、4点を追加され、
0対7で負けてしまいました。

今日の試合は、立ち上がりの緊張はあったものの、
ピンチの場面でのショート:コウキの2度のダブルプレーや
サード:タクトの正確なファースト送球、
そして代わったばかりのセカンド:リコへのゴロも
キッチリと処理し、4年生キャッチャー:リョウタは、
この大事な試合で落ち着いて
チームまとめていたように思えます。
しかしながら、前回同様敗戦の悔しさを
強さに変える事が出来ませんでした。
選手達が、全員で真剣に試合に臨み
本当の意味での悔しさを味わってこそ、
真の強さが発揮できるのだと思います。
もう一度気を引き締め、
春の大会に向けて努力して行きたいと思います。
本日は、河川敷の寒いグランドの中
たくさんの応援ありがとうございました。
まだまだ、本来の力を発揮できていない
選手がたくさんいます。
引き続き、温かい目で応援を宜しくお願いします。


気持ちを切り替えて、3月から始まる
関団連に向かっていきましょう。
(関団連は新6年生の大会(本大会)と
新5年生の大会(ジュニア)のふたつの
カテゴリーに分かれています)
また、3月10日からは新Bチームの
深川春季大会もA、Cに先駆けてスタートします。
新5年生は今まで上級生たちと一緒に
戦ってきた経験をこの春季大会でいかしてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ