ジャビット杯、試練のダブルヘッダー!!

ジャビット杯の1・2回戦(ダブルヘッダー)。
カワシマ監督のリポートです。


6月23日(日)は、夢の島Gにて
ジャビットカップ2連戦が行われました。

第1戦は、城東地区の七北クラブさん、
メッツ先行で試合開始。
先発はピッチャー:ケント

1・2回は、両投手が好投し、スコアボードにゼロが並びます。

3回表
1番:コウヘイがセンタ前ヒットで出塁すると、
2番:ケントのサードゴロエラーの間に
コウヘイが果敢にホームを狙い先制点をあげます。
その後も、3番:シンイチロウ、4番:コウキの連打で、
更に1点を追加します。

4回表
6番:カズがフォアボールで出塁すると、
盗塁でワンアウト三塁のチャンスに
7番:リョウタのセカンドへの強烈なあたりで
1点を追加します。(理想的な流れ!!)

しかし、ここまで好投を続けてきたケントも
疲れがでてきたのか、
4回裏、2本のヒットで1点を返されます。

5回表
この回、どうしても追加点が欲しい場面に、
2番:ケント、3番:シンイチロウ、4番:コウキの
三連打で2点を追加します。(ホント!理想的な展開!!)
でも、シンイチロウのバットは飛ぶな~。

5回裏
エラー、ワイルドピッチなどで1点を返されますが、
三盗をキャッチャー:リョウタが刺し流れを取戻します。

6回裏
8番:リコがデットボールで出塁しようとしましたが、
痛みに耐えきれず、代走タクトに交代(良く頑張りました)。
そして、9番:タイチはセーフティバントで続きますが、
盗塁の際にコケてセカンドアウト・・・(^^;;;。
しかし、1番:コウヘイがレフトオーバーを放ち、
ダメ押しの1点を追加します。(なんと素晴らしい展開!!)

最終回もピッチャー:ケントで続投。
この暑さの中、相手チームのクリーンアップを
三者凡退に抑えゲームセット。
良く6回を投げ切り6対2で勝利できました。



そして、第2戦は、
同じ深川地区の豊洲ジュニアキングさん。

メッツ後攻で試合開始。
先発は、ピッチャー:コウヘイ。

1回表
フォアボールを出しますが、0点で抑えます。

その裏、3番:シンイチロウのデッドボール、
4番:コウキもフォアボールを選び先制のチャンスに
5番:ユウ。強烈な当たりでしたが、
ファーストライナーに終わります。
(ん~、一試合目とは何かが違う!!!)

2回表
ピッチャー:コウヘイは、またまた勝負を急ぎ、
2本のツーベースで1点を先制されてしまいます。

3回表
先頭打者にフォアボールを与えてしまうと、
せっかく牽制で挟むも守備に乱れが出て
ノーアウト三塁のピンチ。
またここでも勝負を急ぎレウト前に運ばれます。
この回、2点を追加されてしまいます。

メッツ打線は湿りがちで1点が遠い転回。
その後も、ピッチャー:ユウ⇒ケント⇒コウヘイと
継投しますが、5点を追加されてしまいます。

メッツ最終回に、
1番:コウヘイがセンター前ヒットで出塁すると、
3番:シンイチロウが右中間に運び1点を返しますが、
反撃はここまで・・・。1対8の惨敗。

※1回戦、2回戦ともにナルセさん撮影。ありがとうございました!

この試合では、一回戦の動きは
どこに行ってしまったのかと思えるくらいの選手達・・・。
この試合がどれだけ大事な試合なのか
分かっていない・・・。
残念な次第です。
でも、反省すべきは、我々監督・コーチに油断があったと
このレポートを書きながら反省しています。
休憩時間の過ごし方、次の試合への準備、
その油断が選手達に連鎖してしまったのだと思います。

朝早くから沢山の応援ありがとうございました。
もう、夏前の大会は残すところ、ABチームの関団連と
Bチームの新人戦予選のみです。
これからの試合を大切に戦い
14人が一つにつながれるよう
キャプテン:コウヘイと副キャプテン:ユウには、
もう一度、任された重さを感じて欲しいものです。
今後も応援を宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ