関団連・本大会1回戦~対大島中央~

ナルセコーチの関団連リポートです!


前週3月22日(土)のマリンフィールドでの
関団連連・開会式に引き続き、


29日(土)に若洲少年野球場で
関団連・本大会の1回戦が行われました。

VS大島中央少年野球部

結果
0-10(4回コールド負け)

(安打)ソウタ、カズヒロ各1
(バッテリー)カズヒロ、タクト-リョウタ

1回表
相手先頭バッターが四球の後、
盗塁とワイルドピッチで3塁へ進出、
2番打者内野安打で、先制。
3番打者センターフライで1死後、
パスボールと盗塁で再び3塁にランナーを背負うと
4番打者も四球。
5番強打者にはレフトオーバーの
ホームランを浴びます。
6番打者を三振にとり、2死としますが、
7番打者は死球。
その後もワイルドピッチとエラーが続き
追加点を取られます。(0-5)

2回表
1順後の先頭1番は内野安打。
2番打者にはパスボールと四球で
さらに悪い流れは加速してゆきます。
その後も四球、死球、タイムリー、エラーと
この回4点取られてしまいました。(0-9)

3回表
流れを食い止め、10点差だけは避けたい場面ですが
死球、盗塁を許し、エラーする状況で
10点目が入ってしまいました。

4回表
メッツの選手みんなも
非常に危ない状況であることは認識していたはず。
進塁は許しましたがなんとか無失点で切り抜け
反撃を期しました。
(0-10)

この試合の相手好投手はとてもコントロールが良く、
我がメッツはツーストライクに追い込まれた後は
アウトコースを決め球にされ三振5を奪われます。
四球も選べない状況で上記安打がなければ
完全試合にされるところでした。
(もっとも2人とも盗塁死のため
打者は12人ピッタリ・・・)

※ともにナルセさん撮影。ありがとうございました!

守備面では、これは出場選手全員ですが・・・
動きが悪すぎました。
普段なら追いつける飛球も
ゴロも1歩目が出ない、
送球も捕球も集中力がが散漫。

誰もエラーするな!などとは言ってません!!
ひたむきなプレーの結果ならみんなで
カバーしなければいけない、というか必ずできる!
その後の悪い流れを食い止められるのは
今までのみんなの経験どおりだよ。
思いだしてくれ!!

反省会では、今年の試合も
こんなプレー内容ならすぐ終わるよ!と
言われていましたよね。
また大事にしてほしい事は
コーチたちが大分言っていましたね?
だからもうこの場では触れません。
各選手、足りないところ、伸ばすべきところを
よく考えてね。

次はついに江東大会。今年最大の「ヤマ場」。
30日の抽選の結果、1回戦シード。
2回戦からの初戦となり、どんなに早くとも
4月20日までは多少の時間が幸いにもできました。
この間出来ることは、
各選手の状況の許す範囲で必ずあるはず。
ストレッチを欠かさないなど小さなことでも構いません。
君たちはまだまだこれからの成長途上。
心身ともに少しでも良い状態で
大切な試合にのぞみましょう!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ