Aチーム、土日に3試合!

土日に行われた3連戦。
ナルセコーチの渾身のリポートです!


4月5日と6日にAチームの練習試合が行われました。

5日の午後はキングコンドルズさんに
猿江公園でキングコンドルズ、江東スピリッツ、
深川ホークスそしてメッツの4チームによる
交流戦をセッティング頂きました。
江東大会が近付く中、
願ってもない調整の場になりました。

第一試合 VS江東スピリッツ 
13時にメッツは後攻でプレイボール

先発はタクト。
1、2回はともに危なげのない投球で三者凡退。
3塁ゴロが3度ありましたが
ソウタがいずれも機敏に捌きます。
3回1死後には初めて内野安打でランナーを背負いますが、
この場面、投手、捕手リョウタと
遊撃手タイチの連携で盗塁を許さず、
打者3人で無得点に抑えました。

一方、メッツは1回裏
1番タイチ、2番ハルユキが四球で出塁後、
3番カズヒロと5番タクトがランナーを返し、2点を先制。
2回裏は7番コウヨウ、8番テンゴ、9番タケルが
それぞれ四球を選び
それぞれ相手のパスボールなどで生還しました。(5-0)

3回裏はテンゴのサード内野安打で
コウヨウを迎え入れ追加点を入れました。(6-0)
その後も、相手投手の制球が定まらず
ランナーを出す展開となりました。
攻撃面では5回裏に手を緩めることはなく、
ハルユキの手堅い送りバントや
5番タクトのセンター前タイムリーヒットが
主なトピックスです。

先発のタクトはその後も制球がよく、
この試合を通しわずかに1四球。
5回と6回で相手方から
4本のヒットを浴びましたが大量点とはならず。
この試合は11対2でメッツの勝利となりました。



第二試合 VSキングコンドルズ 
15時過ぎにメッツ先攻でプレイボール

わずかのトイレ休憩後の開始となりました。
先発はカズヒロ。
1回表は2番ハルユキがセンター前ヒット、
3番カズヒロが四球を選びチャンスを作りますが、
あとが続きません。
1回裏、相手2番打者の四球の後、
3番打者がセンターオーバーの本塁打を放ち2点先制。

2回表、メッツの攻撃は6番ソウタが
レフト前への鋭い安打を放ったのを皮切りに、
死四球や1番タイチ、3番カズヒロの
タイムリーが飛び出し4点を奪い逆転に成功します。
このまま試合の主導権を握るかに思われましたが、
2回裏、四球やエラーが相次ぎ、
そこに長打が絡む悪い流れを呼び、
8点を取られてしまいます。(4-10)

3回表は、2回途中から登板した
相手左腕の力ある投球の前に3者凡退。
3回裏にもエラーやそれに付け込まれた
盗塁などで2点を追加されます。(4-12)

4回表。5時の退場時間が決まっていた関係も有り、
反撃を急ぎたい場面。
1死後1番タイチのライト線安打、
2番ハルユキの四球後、4番リョウタの
右中間ツーベースと5番タクトの
センター前ヒットで3点を返しました。(7-12)
4回裏は、タイチがリリーフ登板。
危なげなく無失点に抑えました。

5回表は3者凡退に取られ、
ここで時間切れゲームセット。(7-12)

※第1・2試合ともにナルセさん撮影。ありがとうございました!

2試合の長丁場でした。
選手たちは本当におつかれさま!
1試合目には課題だった走塁、
特に第2リードでのプレッシャーの徹底など
成長がみられた選手が現れました。
特にテンゴのしつこいばかりのリードは特筆モノでした。
また、ひとつのプレー内で足で貪欲に次の点を
取りに姿勢も芽生えてきたように感じます。
しかし、2試合目ともなると集中力がきれ、
これが与四球、エラー、簡単に盗塁されるなど
余計な点をずいぶん献上してしまいました。
実際の公式戦は常にトーナメントなので、
1試合目に勝てたことは大きいのですが、
2試合目の敗戦は相手との集中力の差だったと思います。


続きまして、翌日6日に行われた練習試合。
毎年交流戦を行っている豊葉さんに、
品川区民公園野球場にお招きいただきました。
ベンチやスタンドなどが本格的で
昨年も子供達が喜んでいた球場での一戦です。

5回戦でのダブルヘッダーを予定していました。
「第一試合」は13時にメッツ後攻でプレイボール

先発はタクト。先頭打者に
いきなりライトオーバーのスリーベースを浴び、
続く2番打者はショートへのゴロ。
遊撃手タイチは3塁走者を牽制しながらの
1塁へ送球の結果、打者走者はセーフ。
1塁ランナーはセオリー通り2盗を狙いますが
タクトは注文通りの高めへの投球で
捕手リョウタは迷わず2塁へ送球、進塁を許しません。
その後相手の手堅いスクイズで先取点を取られますが、
後続を断ち最少失点で初回を切り抜けます。

2回裏、メッツの反撃は。4番リョウタが四球で出塁、
5番タクトがレフト前に打球を運び1、2塁のチャンス。
6番ハルユキが連日のバントを決めると
これが内野安打となり満塁とします。
これが相手方へのプレッシャーとなり、
パスボールやワイルドピッチで3点取って逆転となります。
先発タクトは、この日も制球安定しテンポよく試合を運びます。

しかし・・・4回表の場面。
西の空で鋭い閃光が走ったかと思うと
すさまじいばかりの轟音が鳴り響きました。
球審の指示でベンチに避難後、すぐに雨が降り始め、
またたく間にグラウンドは水浸しに。
前日の反省を胸に臨んだ試合でありましたが、
残念ながら中止と相成りました。(3-1 途中で終了)

この2日間で選手たちは
良い経験を積むことが出来たと思います。
まだまだ君たちは成長する!!頑張っていこう。
対戦頂きましたチームの関係者の皆様、
貴重な機会を賜り大変ありがとうございました。


ナルセコーチ、3試合リポート、お疲れ様でした!
また、土日の連戦、サポートいただいた
スタッフ、ご父兄のみなさんお疲れ様でした!
Aチーム、江東大会へ向けいい感じです。
今週末よりいよいよ江東大会が開幕します。
チーム一丸となってがんばっていきましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ