豊洲杯開幕!~まずは初戦突破~

ナルセコーチのリポートです!


第7回湾岸親善少年野球大会(豊洲杯)が
日程通り1月24日(日)に開幕しました。

産経新聞S.MAPの記事です。
豊洲杯記事1
※クリックすると拡大します。

10時からは開会式が夢の島(6面)にて行われました。
式の締めくくりには、
ナオヤが始球式の捕手の大役を無事果たしています。

初戦は式終了直後の11時より同じ6面で、
寒風吹きすさぶ冬晴れの空の下、いざプレイボール!

豊洲杯1回戦 vsひまわりレンジャーズ

先攻はメッツ。
1回表
Mコウキが幸先良くセンター前に運び、出塁。
三盗の際の送球ミスにより先制点を奪います。
(1-0)

1回裏
先発はコタロウ。先頭打者に死球と
次打者にフォアボールを与えます。
ダブルスチール後のショートゴロの間にまず1点、
続く4番打者のレフトへの飛球をエラーし、
逆転を許します。
(1-2)

2回表
リヅムが2塁への飛球エラーで出塁し、
盗塁でチャンスを作りますが無得点。

2回裏
2つのフォアボールを許しますが、
ナオヤの2塁好送球、盗塁阻止などでピンチをしのぎます。

3回表
ようやくメッツ打線が目覚めました。
先頭Mコウキの四球のあと、コウヘイ、
コタロウのセンター前ヒット連打。
ナオヤがセンターフライ失策で続き、
カイリがライト前にタイムリー。
さらにリヅムもセンターへ打ち返し、逆転に成功。
中でもHコウキのスクイズでの5点目はお見事でした。
(6-2)

3回裏
これで勢いに乗りたいコタロウでしたが、
この日は制球が定まりません。
連続で打者を歩かせると、投手はMコウキに交代。
サードの送球エラーで点差を詰められてしまいました。
(6-4)

4回表
先頭ノゾムのレフト前安打、
1死後コウヘイがフォアボールの後、
コタロウのタイムリーセンター前ヒットで2点追加です。
(8-4)

5回表
Hコウキが相手サードゴロエラー、リヅムが四球で出塁。
ノゾムがこの試合2本目のレフト前安打で2点追加。
(10-4)

6回表
コウヘイがセンター前へ運んで出塁。
盗塁後、コタロウが猛打賞となるセンター前で追加点。
ユウセイが、放ったレフト前ヒットを
相手野手が後逸する間にダイヤモンドを1周するなど、
4点を挙げました。

裏の守りを3者凡退に退け、ゲームセット!
ピンチでの救援をしたMコウキは
4回から6回までいずれも3人で終わらせる投球でした。
(14-4)
2016年1月24日(日)新A・豊洲杯1回戦(対ひまわりレンジャーズ)

※クリママ撮影。ありがとうございました。

2016年1月24日(日)新A・豊洲杯1回戦(対ひまわりレンジャーズ)

※タガワさん撮影。ありがとうございました。

結果だけを見れば大差のゲーム。
でも物足りなさを感じたのは
監督やコーチだけではないでしょう。
反省会での走塁やサインプレーなどに関する注意助言の数々を
自分のものにしてください。
勝った、負けただけが野球じゃありません!

でもよく打った!
次も頑張ろう!
スポンサーサイト

コメント

初戦

幸先良く1回戦を突破!
初戦の緊張感と浜風吹きあれる寒さで選手は固まってましたが、皆様のサポートのおかげで怪我無く初戦を戦えました。
1試合1試合を今出来る事を精一杯出せれば結果は付いてくるはずです。
2回戦も一戦必勝で頑張りましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ