豊洲杯、4年ぶりに決勝戦に進出!

ついに来た豊洲杯決勝戦。
ナルセコーチのリポートです!


2月11日(祝)、全国的には
寒さが和らいだこの日でしたが、
東京湾岸の夢の島グラウンドでは
やや北風のある冬晴れの天候でした。

午前9時からの準決勝は、
相手チームの事情により不戦勝となりました。
5面での勝ち名乗りの後、そのまま練習させてもらい、
隣の6面で12時前に決勝戦のプレーボールです。

VS中央フェニックス(中央区)
フェニックスさんは深川地区のチームに
3連勝して勝ち上がってきました。

先攻はメッツ。

1回表
一死後、2番コウヘイ、四球を選び出塁し盗塁。
コタロウ、ファーストフライでツーアウト。
4番ナオヤのショートフライ失策で3塁へ。
5番カイリ四球を選び、ツーアウトながら
満塁とチャンスとしますが、
相手捕手の牽制から三塁走者コウヘイがアウトに。
この回無得点。
チャンスをあえなく潰すと
その次の守備への影響が懸念されます・・・

1回裏
先発はコタロウ、立ち上がり連続四球。
そしてセンターへの飛球エラー、ヒット、四球、
サードエラーから始まったこの回は
捕手のパスボールも続き
ノーアウトのまま5点を奪われました。
制球の悪さでランナーを溜めてしまい、
リズムが狂った野手がエラーで失点を重ねる
悪いパターンです。
(0-5)

2回表
二死後8番リヅムが四球を選び出塁、
パスボールで進塁しますがあとが続きません。
この回2三振。

2回裏
3番、4番打者を続けて初球で
内野ゴロに打ち取りツーアウト。
その後内野安打と四球で走者を出してしまいますが、
後続をピッチャーゴロに仕留めます。
無失点。これで流れを取り戻せるか?

3回表
1番Mコウキからの好打順。
2つの四球を選びますが、
内野ゴロと三盗失敗で点に結びつきません。

3回裏
先頭8番打者を歩かせると、
初回と同様に連続パスボール。
無用のピンチを作ると、ついに相手打線が爆発、
いずれも外野への鋭い当たりで5連打を浴びます。
さらにショートゴロでの送球がつながらずエラー、
7番打者にもタイムリーを打たれ打者一巡の辛い守りでした。
(0-11)

4回表
三者凡退。ヒットが遠い・・・

4回裏
この回よりMコウキがリリーフ。
1番打者からの場面でしたが三者凡退で切り抜けました。

5回表
ツーアウトからMコウキがレフト前へ初安打。
やれやれと思われたのもほんの束の間、
二盗を相手強肩捕手に防がれます。
低く鋭い送球は敵ながら天晴れでした。

5回裏
フォアボールが2個、内野守備のエラー2個、
被安打3でさらに4失点。
(0-15)

6回表
相手投手はエースに交代。
切れ味がさらに増した速球に
懸命に食いつこうとしました。
が、なんとか当てるのが精一杯でした。

6回裏
規定の1時間50分が経過した時点でゲームセット。

なんともほろ苦い決勝戦でした。
緊張、不注意、各選手が苦手としていることなど、
すべてが出てしまった一戦でした。
試合後のミーティングでは涙が止まらない選手が続出。

この試合で出来なかったことや
相手選手よりも劣っていた点、
これらは各選手は自覚しているはずです。
もう一度気を引き締めてさらなるレベルアップを果たさないと、
そしてチーム一丸となって戦わないと
次の深川大会では1回戦負けを喫しかねません。
みんな頑張ろうね。

また、きつい事ばかりの記載になってしまいました。
しかし、今大会を振り返れば鬼門だった
夢の島で3連勝できました。
もう苦手意識は微塵もないはずです。
今年から大型化したこの大会で、
実に4年ぶりにメダルを獲得したのは、
まぎれもなく彼らの勝負強さの賜物です。
最後に選手のご家族の皆様へ。
おおいに褒めてあげて下さい。
(メダルに無縁だった代の父親としては、
とてもうらやましいことなのです・・・)
そしてこれから夏場まで
ABともに重要な大会が連続します。
変わらぬサポートをお願いします。


夢の島という公式戦会場での決勝戦。
みんな緊張したと思います。
でもそれって、なかなかできない経験です。
初回のあの緊迫感。
いい経験ができてよかったね。
あの緊張感、そして試合後のくやしさを
4月から始まる江東大会に生かしてください。

豊洲杯を仕切っていただいた豊洲ジュニアキングの
オオツキ代表、そしてハギワラ総監督、
さらに各チームの審判員のみなさま、
今回もいろいろとお世話になり、
誠にありがとうございました。
選手たちは、いろんな人たちの協力があって
大好きな野球ができていることを忘れないでください。
常に“感謝”の気持ちを持って
グラウンドで全力プレー。
球春はもうすぐそこです。
がんばっていきましょう!

サンケイ関係の地元紙に載った
豊洲杯決勝戦の記事です↓
クリックすると拡大します。
豊洲杯記事_0001

スポンサーサイト

コメント

準優勝おめでとう

豊洲杯 準優勝おめでとうございます 
試合内容は少し残念な結果ですが
新年早々の大会での準優勝は
これから続く大会での大きな自信になることでしょう 
自分たちに足りないのは何なのか? 
をみんなで話し合い課題を見つけてください。 
これからも頑張れ 東雲METS 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ