Aチーム、新年度公式戦第1弾~関団連1回戦(対駒込ベアーズ)

球春到来。
Aの公式戦第1弾。
ナルセコーチのリポートです。


新学期が始まり、選手たちは1学年ずつ進級しました。
そして「新」のとれた文字通りの
“Aチーム”が最後の大会ロードに挑みます。
いざ出陣!!

4月9日(土)豊洲グラウンド
関団連朝日大会
VS駒込ベアーズ(豊島区)

先攻はメッツ
1回表
先頭打者コウヘイは幸先良く
センター前へヒットを放ちいきなりのチャンス!
・・・のはずでしたが、相手投手の
巧みな牽制にはまり、タッチアウト。
続くカイリが、四球で出塁し
きっちり二盗で進塁しましたが、
3、4番と後が続きません。

1回表
先発はコタロウ。
立ち上がり1、2番打者を死球、四球で
出塁させてしまいます。
パスボールや盗塁で進塁後、
4番打者にライト前に運ばれて
2点を先制されます。
(0-2)

2回表
先週柵越えホームランを打った
5番シュウヘイからの打順でしたが、
三者凡退。

2回裏
先頭の6番打者、
左中間を破るツーベースを放ち、
7番打者が進塁打。
8番打者のスクイズにより更に1点追加されます。
(0-3)

3回表
2死後、コウヘイは四球で出塁します。
いよいよ反撃だ!
・・・のはずでしたが、
またしても相手投手による
隙を許さない牽制によりタッチアウト。

3回裏
外野フライエラー、盗塁で1点を、
さらにセンター前安打、
デッドボールの後のスクイズでさらに失点。
(0‐5)

4回表
カイリが左中間に2塁打を放ちますが、
後続の内野ゴロで3塁上でタッチアウト。

4回裏
Mコウキがリリーフ登板。
守備の乱れもあり、
四球の後にタイムリーヒットを浴びるなど
悪い流れのまま守りの長い時間が過ぎます。
(0‐8)

5回裏
Mコウキのレフトフライがエラーを誘い、
3塁への盗塁の際の悪送球により
かろうじて一矢報います。
(1‐8)
が、関団連の規定によりこの回で
点差によるコールド負けとなってしまいました。

相手チームはまだ記憶に新しい
昨年末の関団連支部大会で、
準決勝で大差でコールド負けした強いチームです。
残念ながらその差は埋まってはいませんでした。
特に力やスピードに大きな差が
あったわけではありません。
走塁や守備やバントなど
あまり好不調に関係ない部分を
丁寧に行うところが劣っていたのだと思います。

普段のキャッチボールを始めとする練習からの、
そして試合での守備や走塁などからの
良い流れをたくさん自分達の味方にしなければ、
公式戦での強いチーム相手には、
いたずらに緊張するばかりで
力を出し切ることなどできないと思います。

試合後の約2時間は、運河沿いの遊歩道で
カワシマコーチとクリハラ監督から
徹底的に走塁のポイントの指導が行われました。
今からでも決して遅くない。
身につけていけば翌日からの
江東区大会だけではなく、
今後に必ず活きます。
前を向いて頑張ろう!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ