ベスト8入りをかけた戦い~江東大会3回戦(vs元加賀)~

ベスト8入りをかけた江東大会3回戦。
ナルセコーチのリポートです。


5月1日(日)
快晴に恵まれました。
この日は早朝からのの江東大会3回戦です。
Cチームのみんなも応援に駆けつけてくれました。

VS元加賀(深川)
メッツ先攻でプレーボール。

1回表
一死後コウヘイが出塁し、盗塁を狙いますが
相手捕手の強肩で阻まれてしまいました。
敵ながら見事なストライク送球です。

1回裏
投手はナオヤ。
打たせて取る投球でわずかに4球で三者凡退。
センターのリヅム、
左右に振られながらフライをしっかり捕球です。

2回表
相手投手の速球の前に振り遅れてしまいます。
三者凡退。

2回裏
一死後、フォアボールと
サードゴロエラーでピンチとなり、
相手7番がセンターオーバーのツーベース。
2点を先制された後、ワイルドピッチが続き追加点。
その後四球が連続する中で、
盗塁、ワイルドピッチと
捕手からの送球ミスでさらに2点を追加されました。
(0-5)

3回表
三者凡退。9人で3回を抑えられました。

3回裏
3番左打者はライトオーバーの2塁打。
続く4番をサードゴロに抑え、
カイリは間髪いれずバックホームでアウト。
後続がレフト前、セカンドフライ、
サード内野安打で二死満塁。
8番打者のレフト前タイムリーで1点追加。
しかし、ナオヤの必死の投球で最少失点に抑えます。
(0-6)

4回表
二死後、カイリが7球粘り四球も無得点。

4回裏
1番からの打順も、
ナオヤの好投球で三者凡退に抑えます。

5回表
二死後、Hコウキとユウセイの連続四球で
チャンスを得ましたが無得点。

5回裏
もう1点も許されない場面。
先頭4番が左中間への3塁打。
5番には4球のファールの後
センターフライに抑えました。
が、6番打者にレフト前に運ばれ7点目。
ゲームセット。
(0-7×)

悔しさあふれる試合でした。
涙にくれる選手たち。
この試合の大切さは子供達も充分に分かっています。
私もろくな言葉を掛けられませんでした。

が、この重要な大会の中で、
それは反省点は多かったけれども、
試合の中で彼らは成長し集中力を存分に発揮しました。
強いチームの中での3回戦まで進出できたのですから
決して恥ずべき結果などではありません。

だから胸を張れ!!!

そして相手チームの強さを素直に認めて、
まだこれから差を詰めよう。
まだ、無念を晴らす機会はあるのだから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ