Cチーム練習試合~初勝利にあと一歩届かず~

Cチームの練習試合。
名門・有馬スワローズさんを迎えての一戦。
今回が初となるヤマモトコーチのリポートです!


3月19日(日)、東雲小学校に
有馬スワローズさんを迎えての練習試合です。
来週のスーパーリーグに向けて、
練習試合初勝利を目指しましたが・・・

有馬 1 3 0 0 1 0   5
東雲 2 0 1 0 0 0   3

先発はCチーム期待の左腕セイヤ、
捕手マナトのバッテリー。
1回表、相手の攻撃を内野ゴロからの
1点のみに抑える上々の立ち上がり。
その裏、メッツの猛攻が始まります。
2アウトから3番コウキの痛烈なレフト前ヒットから、
4番リリキのショートへの内野安打、
5番セイヤのサードへの痛烈な当たりで
一挙2点を奪い、逆転。

しかし次の回、ヒットと四球からエラーも重なって、
一挙3点を奪われ逆転を許してしまいます。
2回裏はリンタロウのヒットが出るも点にはつながらず。

3回からは2番手コウキーユウタの初バッテリー。
コウキの力投が相手打者を打ち取ります。
また、ライトへのヒット性の当たりを
リリキが見事にさばいてアウトを奪う、ナイスプレー!!
この回0点。メッツに流れがきます。
その裏、打順よく1番シュンから。
ファーストへの内野安打で出塁し、盗塁、
マナトのセカンドゴロの間に3塁まで進塁すると、
コウキのセンター前ヒットで1点返し、
3対4と1点差に追いつきます。

4回は相手の先頭バッターがレフトオーバーの
当たりを放つが、中継プレーが見事に決まって、
3塁タッチアウト!! こちらもナイスプレーでした!!
この回もコウキは0点に抑えます。

5回からは3番手ユウターマナトのバッテリー。
先頭バッターを死球で出塁させてしまい、
けん制悪送球で一気にホームインを許し2点差に。
その後はなんとか踏ん張り6回も0点に抑えます。

一方打線は4回から代わった相手投手に抑えられ、
5回裏にマナトがセンタオーバーの2ベースを放つも
後が続かず。
最終回の攻撃も2アウトから、代打ユウヤが
四球を選び、出塁するもあと一歩届かず、
惜しくも3対5の敗戦となりました。
2017年3月19日(日)C練習試合(対有馬スワローズ)
2017年3月19日(日)C練習試合(対有馬スワローズ) by (C)メッツ広報部
※サトウママ、ハヤシママ撮影。ありがとうございました!


ヤマモトコーチ、初リポートありがとうございました!
内野陣、ランナー3塁の場面で打者をゴロに打ち取り
ホームでアウトを取れるタイミングがいくつかありましたが
いずれもファーストでのアウトとなり相手の得点を許してしまいました。
第一段階として、内野陣はファーストで
アウトを取れるようになってきました。
そろそろ次のステップとしてこういった場面で
ホームでアウトを取れるようにしたいですね。
それにはキャッチャーの的確な指示もとても重要になってきます。
WBCでは惜しくも日本は準決勝敗退となりました。
サードの松田選手、ゴロをファンブルしたことにより
決勝点を許してしまいました。
場数を踏んでいる日本代表レベルの選手でも
ああいうことがあるんです。
メッツの選手たちは失敗を恐れず、
打撃も守備もどんどんチャレンジしていってほしいと思います。
今週末にはスーパーリーグ第2戦が入ります。
がんばっていきましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ