スーパーリーグの最終戦~Cチーム、公式戦初勝利なるか?~

前日の大敗から一夜明けた7月30日(日)、
豊洲グラウンドにてCチーム(4年生以下)の
スーパーリーグ第8戦(最終戦)が行われました。
久々のC監督リポートです。
ちょっと長くなってしまいましたが
最後までお付き合いください。

「全敗で終わっていいのか?」「男の意地を見せろ!」
そんな言葉をかけた前日大敗後のミーティング。
この日は会場が高学年チーム練習場所の豊洲とあって
ABチームの選手、スタッフ、保護者も大勢、
Cチームのために声援を送ってくれました。

試合開始前。ベンチ前に集まった選手たちの表情は
いつもよりだいぶ戦闘モードになっていました。
対戦相手は高井戸東少年野球クラブさん。
メッツは後攻。
先発はもちろん、Cのエース、ユウタ。

1回表、高井戸東の攻撃。
ユウタは制球が定まらず、3つの四球にヒット、
パスボールなども絡み2点を先制されてしまいます。2-0

1回裏、メッツの攻撃。
1番ヒナタがセカンドゴロで1アウトの後、
2番のキャプテン・マナト。
マナトがここでセンターへ痛烈な当たりを放ち
これがランニングホームラン。2-1
続く3番コウキがセンターエラーで出塁。
さらにエースで4番のユウタがレフトオーバーの
二塁打を放ち、コウキがホームインで2-2の同点!
ユウタはその後、三塁盗塁を決め、5番・セイヤの
ショートゴロの間にホームインし、2-3。
キャプテンの起死回生の一打がきっかけとなり
すぐさま逆転に成功。さすが、キャプテン!
いきなり意地を見せてくれました。

2回裏、逆転した後の回はとても重要です。
ここで再度逆転されたら、せっかくこちらにきた流れが
相手チームにいってしまいます。
そんな思いでユウタを見ていましたが、この回は
本来のピッチングを取り戻し、2三振を取るなどして無失点。
ユウタはベンチの期待に応えるピッチングを見せてくれました。

2回裏、メッツの攻撃。追加点がほしいところ。
先頭バッターは春以降、左へとスイッチしたシュンスケ。
シュンスケが真ん中のボールを思いっきり引っ張り、
ライト前ヒット。シュンスケはすぐさま盗塁を決め、
続く8番・アツトのショートゴロの間にうまい走塁で三塁へ。
シュンスケは1番・ヒナタの内野ゴロでホームインし、
メッツがほしかった追加点が入ります。2-4

3回表、ユウタも調子が出てきました。
なんと相手の4・5・6番を三者連続三振!

3回裏、メッツの攻撃。ユウタのナイスピッチングで
流れは完全にメッツにきています。
先頭バッターは3年生の長距離砲、3番のコウキ。
コウキがいきなりセンターオーバーの三塁打を放つと
5番・セイヤのセンター前ヒットで1点を追加。2-5
セイヤがその後、盗塁と相手チームのエラーの隙に
ホームインし、さらに1点を追加。
メッツが2-6と優位に試合を進めます。

4回は両チームともに無得点。

5回表、ユウタはこの回先頭の相手3番バッターに
レフト前ヒットを打たれるものの、
その後、4番、5番を連続三振。
このまま終わるかと思いきや、6番、7番に
連続四球を与え、ちょっといやな流れに……。
すると8番打者に内野安打を打たれるなどして2失点。
4-6と二点差に詰め寄られます。

5回裏、メッツの攻撃。
本来、低学年の試合は5回までですが、
スーパーリーグは6イニング制の制限時間70分。
この日は両チームのピッチャーががんばり、
普段はあまり70分の中で6回までいくことはないのですが
制限時間内だったため、5回裏メッツの攻撃に入ります。
(勝ち逃げはないため6回にいくことが確定)
最終回を前に二点差。メッツとしては
ここで追加点を入れ、点差を広げておきたい場面です。
しかもバッターは2番・キャプテン、マナトから!
マナト、頼む! 1回裏のように打ってくれ!
ですがベンチの期待が大きすぎたのか
マナト、あえなく三振……。
続く、3番コウキにも大声援が送られますが
コウキも三振であっという間に2アウト。
追加点は取れないのか……。
ここでバッターは4番のユウタ。
ユウタはピッチングの疲れも見せず、豪快なスイングで
センター前ヒットを放ちます。
しぼみかけたベンチの雰囲気がこれで一転しました。
さすが4番だ! でかしたユウタ!
続くバッターは5番、副キャプテン・セイヤ。
セイヤは前日の練習試合でイージーなミスを重ね
試合後のミーティングではその頬に涙を伝わせていました。
Cチームの中で誰よりも一番真面目に
練習にも取り組んでいるセイヤです。
きっとその責任を感じての涙だったのでしょう。
この日の試合では前日の反省をいかし、
セイヤは初回から声も出て、
ピッチャーに盛んに声をかけるなど、
しっかりチームをまとめていました。
そして迎えた最終打席。
セイヤは気合十分でしたが5回から代わった
相手速球派ピッチャーのストレートにタイミングが合わず
あっという間に2ストライクに追い込まれます。
でもここからセイヤが「男の意地」を見せてくれました。
何とか塁に出ようと必死にボールに食らいつき、
ファールで粘ります。
途中、インコース高めを大きく外れるボール球がありましたが
セイヤはこれにも食らいつきファールに。
決してほめられない、大根切りのスイングでしたが
このスイングにセイヤの「勝ちたい!」という気持ちが
強く表れていました。
「OK、セイヤ! タイミングも合ってきた!」
粘りに粘った7球目。甘く入ったストレートを
セイヤがフルスイングでジャストミーーーート!!
打球は誰もいない右中間を抜け、
向こう側のグラウンドにまで達しました。
「セイヤ、走れーーー!!」
「回れ、回れーーー!」
ベンチとバックネット裏応援団からの大声援を受けながら
セイヤはダイヤモンドを全力疾走で駆け抜けホームイン!!
2ラン・ランニングホームランで4-8。
セイヤは満面の笑みでベンチに戻ってきます。
それをハイタッチで迎えるベンチも大盛り上がりです。

点差は再び4点差となり、最終回6回表、高井戸東の攻撃。
イニング前、エース・ユウタに聞きました。
「6回行けるか?」
「行きます!」
ちょっと前までのユウタは「無理ィ~」「ダメぇ~」と
やる前からあきらめてしまう言動の目立つ選手でしたが
最近はエースとしての自覚も芽生え、
気持ちもだいぶ強くなってきました。
「行きます!」と言った時の目の輝きに
ユウタの成長を感じました。

この回をしのげば、スーパーリーグ念願の勝利、
Cチームとしても悲願の公式戦初勝利となります。
エース・ユウタが三者連続三振でゲームセット!
なんて都合よくいくわけもなく(笑)、最後の最後まで
ユウタはハラハラ、ドキドキのピッチングを見せてくれました。
この回の先頭は相手の1番打者。
何としても抑えておきたいバッターをユウタは
ピッチャーゴロに抑え、1アウト。
よしよし、いい感じ!!
ところが、です。
相手の2番バッターにデッドボール(マジか!?)、
続く3番にフォアボール(おいおい、ちょっと頼むよ……)
を与え、盗塁などでランナー二・三塁となります。
とはいえ、点差は4点です。
イニング開始前、「行きます!」と答えたユウタに言いました。
「満塁からホームラン打たれても同点だから。
ランナー、ひとり、ふたり出しても気にするな」
「はい!」
ユウタはその言葉の通り、続く4番を三振に取り2アウト!
セイヤの2ランがこのピンチに余裕を与えてくれました。
念願の初勝利まであとアウトひとつ!
迎えた5番バッターの放ったゴロがショート、
3年生リンタロウの前に飛びます。
こういった緊張した場面でのエラーは野球に付き物ですが
(とくに学童野球では)、リンタロウは意外にこういう場面に強く
決して華麗なプレイをするわけではありませんが
守備の安定感は3年生ながら抜群です。
そんなリンタロウがショートゴロを落ち着いてさばき、
ファーストにストライク送球で3アウト!
「やったー、勝ったぁぁぁーーー!」
スコアは4-8x。
メッツは最終戦にして何とか勝利することができました。
2017年7月30日(日)C・スーパーリーグ第8戦(対高井戸東少年野球クラブ)
2017年7月30日(日)C・スーパーリーグ第8戦(対高井戸東少年野球クラブ) by (C)メッツ広報部
※ボウノさん撮影。ありがとうございました!

試合後の選手たち。
IMG_1431.jpg
※クリックすると拡大します

昨年のスーパーリーグもそうでしたが、
今年も選手より保護者のみなさんのほうが
喜んでいたような(笑)。
この日の勝利は選手たちが「勝ちたい」と
強く思った結果だと思います。
また、それをサポートしていただいた
スコアのホリさん、イノウエさん、
そしてベンチサポートしていただいたお母様方、
ご協力ありがとうございました。

というかここまで勝利できなかったのは
監督である私の責任です。申し訳ございません。
こんなダメ監督を選手たちが救ってくれました。
選手のみんな、ありがとう!!
そして選手たちを勇気付ける応援をしていただいた
保護者のみなさん、AB選手、スタッフのみなさん、
ありがとうございました。
Cチームはここから秋の公式戦に向けて
再スタートを切ることになります。
(9月の深川大会、10月の竹の子大会)
まずは深川大会一勝を目指し、この夏、
しっかりと練習していきましょう!

がんばれ、メッツ!
スポンサーサイト

コメント

おめでとう!!

ナイスゲーム。みんな上手になりました。秋の大会は期待できますねヽ(^o^)丿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ