Cチーム、深川大会の初戦

Cチームの深川春季大会初戦。
イノウエコーチのリポートです。


Cチームの春の深川大会が開幕しました。
青空広がる夢の島東グランドです。
対戦相手は、今年2戦して一勝一敗の元加賀さんです。

オーダーは、

1:捕手 シュンスケ(10)
2:遊撃手 ヒナタ(14)
3:投手 リンタロウ(13)
4:一塁手 アツト(15)
5:三塁手 カズキ(19)
6:左翼手 ヒロキ(23)
7:右翼手 ケンジ(18)
8:二塁手 ジュンペイ(17)
9:中堅手 シュウゾウ(20)

メッツ後攻。

1回表
四球、ヒット、ヒット、エラーも絡み2失点。
さらに、ノーアウト三塁のピンチ。
ショートゴロをヒナタが前進して
キャッチ&ファーストに素早く送球。アウト!
ファーストのアツト、すかさずホームに投げ、
ホームタッチアウト!
メッツ得意(?)のダブルプレーで
ピンチを切り抜けます。
後続を三振に討ち取りチェンジ。
立ち上がりのピンチを最小失点で切り抜けます。
2-0

1回裏
先頭シュンがヒットで出塁。
ヒナタ、三振に倒れるも、
リンタロウ、エラー
アツト、四球でワンアウト満塁のチャンス!
しかし、カズキ、ヒロキが倒れ、初回チャンスに得点できず。
2-0

2回表
先頭打者2ベース。
エラーも絡み、2失点。
ピッチャーはヒナタ、
キャッチャーがリンタロウに変わります。
その後、四球、エラーも重なり、2失点
6-0

2回裏
ケンジ、ジュンペイが倒れるも、
シュウゾウ、振り逃げで出塁
シュンが四球でチャンスを作るも、
ヒナタ、サードゴロでチェンジ。
6-0

3回表
四球とエラーが絡み、1失点
7-0

3回裏
先頭のリンタロウがレフトオーバーの2ベースヒット!
アツト、四球、カズキ、死球でノーアウト満塁
ヒロキの当たりはショートのエラーを誘い、
1点を先制!
しかし、ケンジ、ジュンペイ倒れ1点止まり。
7-1

4回表
なかなか流れがつかめません。
この回もヒットは2本でしたが、
四球、エラーが絡み、4失点。
11-1

4回裏
最終回。
意地を見せたいメッツ。
先頭のシュウゾウがデッドボールで出塁
シュン、センターフライのあと、
ヒナタが内野安打、リンタロウが再び
レフトオーバーの2ベースヒットで1点!
アツトがセンター前ヒットで2点目!
リンタロウが三塁タッチアウトになるものの、
ようやく打線につながりがでてきました!
カズキ、ヒット!
ここぞの代打コウキは、貫禄の四球を選びます!
ここで、大砲ケンジ、三遊間を抜けた〜!
しかし、前進していたレフトがサードに投げて、
ランナーアウト。ゲームセット。
11-3
2018年5月20日(日)C・深川春季大会(対元加賀)
2018年5月20日(日)C・深川春季大会(対元加賀) by (C)メッツ広報部
※イワサワさん撮影。ありがとうございました!

ひと言で言うと、とても悔しい敗戦となりました。
試合展開が悔しいのではなく、
メッツの選手の能力が最大限出せなかった悔しさです。
・1月の練習試合では勝っていた
・相手は3年生中心
・メッツの選手達も実力はしっかりつけてきている
なのに、なぜこのように結果になったのか?
選手達はもちろん、チーム全体として
しっかり向き合わなくてはいけない課題だと思います。
監督からの言葉として、
「もっと野球を覚えよう」とありました。
その背景としては、
・走塁ミス
・送球ミス
・落ち着けばなんてことないプレーのミス
がとても多かったことです。
土日の練習はもちろんですが、
練習以外の普段の日にも各自で
できることがたくさんあります。
それを一人ひとりが考えてやっていきましょう。
(プロ野球を見るのが一番!)

試合後のミーティングでは、
選手ひとりひとりが選手&監督、コーチの前で
秋の大会に向けての意気込みを大きな声で発言しました。
監督から「発言者は手を上げて」と言われると、
ほぼ全員、積極的に手を上げていました。
先陣を切ったユウヤから、キャプテンのシュン、
最後を締めたリンタロウまで、
みな真剣な顔で今日の負けを振り返り、
そしていかして秋の大会へ繋ぐかを話していました。
中には普段あまり感情を表に出さない選手が
涙を流すシーンも。。。
そして思わずパパコーチまで涙。。(誰とは言いません。笑)

そういえば、たけのこ大会2回戦敗退の時にも
このような光景がありました。
やはり、やっている選手本人達が
悔しくないわけはないんですよね。
なんともいえない気持ちの解釈や
表現方法がまだわからない子もたくさんいます。
昔と比べて、「悔しい」、「負けたくない」といった
気持ちを素直にわかりやすく表現する
シチュエーションが減ってきているし、
その重要性も薄れてきている部分が
社会環境の現実としてあるかと思います。
小学生生活において、
涙を流して悔しさを表現するような経験は
なかなかないかと思います。
このような貴重な経験を通じて
成長していくメッツの選手達をこれからも
チーム一丸となってサポートしていきましょう!
今回は悔し涙でしたが、
秋にはうれし涙に変えたいですね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校1~5年生、および女の子も大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ