FC2ブログ

新Bチーム練習試合~三連休に2試合~

新Bチームの練習試合。
イノウエ審判員のリポートです。


雪がちらつく3連休。
日曜日と月曜日にBチームが練習試合を行いました。

■2/10(日)

VS城北メッツ@十条富士見中学校

2-5で敗戦。
詳細は↓こちらにて
http://momonga-net.com/baseball/Welcome.do?team=s_mets
(メンバーのみ閲覧可能)

先発バッテリーは、
P:リンタロウ
C:コウキ

テンポのよい展開で7回まで実施しました。

序盤は相手のバントヒットやスクイズに手こずり、
5点を先制されます。
後半はリンタロウのテンポのよいピッチングで
4回以降ゼロに抑えるも、
メッツ打線が淡泊で5回までノーヒット。。
6回にようやくヒナタのヒットと
相手エラーで2点を返します。
7回には代打ケンジの目の覚めるような
右中間3ベースでチャンスを作ります。
しかし、後続倒れゲームセット!

2019年2月10日(日)新B練習試合(対城北メッツ)
2019年2月10日(日)新B練習試合(対城北メッツ) by (C)メッツ広報部




■2/11(日)

VSシルバージャガーズ@豊洲グラウンド

9-5で勝利。
http://momonga-net.com/baseball/Welcome.do?team=s_mets
詳細は↓こちらにて
(メンバーのみ閲覧可能)

先発バッテリーは、
P:コウキ
C:リンタロウ

1回~3回
昨日とはうってかわり、
初回からシュンスケの3ベースを先頭に
走塁とエラー絡みで先制!
3回まで先頭打者が必ず出塁してチャンスを作ります。
ただ欲を言えばすべて1点どまりのため
連打がほしいところですね。
投げては先発のコウキが
3回1安打ピッチングで0点に抑えます。

4回、5回
4回からジュンペイが今季初登板。
2点を失いますが投げ切ります。
逆に4回の攻撃はビッグイニングを作りました。
代打ユヒロは惜しいファールはあったもの
三振に倒れますが、
エラーと四球絡みで6点を取ります。
正直、打ってとった形ではないのですが、
満塁での四球などは、打ちたい気持ち満々のなか
しっかりもぎ取った打点だと思います。

5回はアツトが登板
ストライクボールがはっきりする内容。
甘い球を痛打される悪いパターン。
3点を失います。次回までにしっかり
修正するよう課題を渡されていました。
この回タクムがセカンドに入り、
セカンドフライをグラブにあてて
惜しくも取れませんでした。
しかし、落下地点に入る動きは
次は必ずとってくれるような
アピールは存分にできたと思います。
昨日のケンジや今日のユヒロ、
タクムあたりの数少ないチャンスを
ものにしようとする熱い気持ちは
十分に伝わってきました。

ここでゲームセット!です。

2019年2月11日(月)新B練習試合(対シルバージャガーズ)
2019年2月11日(月)新B練習試合(対シルバージャガーズ) by (C)メッツ広報部
※二日間ともにイワサワさん撮影。ありがとうございました!

三連休の2試合は以上、一勝一敗でした。

大会前ではないので、勝敗の結果はおいておいて、
目立った課題はバッティングですね。
これも結果どうこうというよりは、
準備・タイミングの取り方・状況判断といった
プロセスの部分に去年のBチームらしさが
感じられない選手が何人かいました。
CチームからBチームに変わったことは
彼らにとっては大きな環境変化なのかもしれません。
・基本Aチーム中心
・東雲小から豊洲グラウンドへ
・遠征も多い
・自分たちが最小学年

このような変化に自分のリズムが適応できないといった
背景も少なからずあるのではないかと推測します。
ただし、学童野球に限らず、環境は常に変わるもの。
環境側が自分に合わせてくれることはありえなく、
自分で合わせるしかありません。

CチームだろうとBチームだろうと、
東雲小だろうと豊グラだろうと、
・毎日素振り(シャドーピッチング)をする
・準備やキャッチボールや真剣にやる
・試合前の素振りや相手のピッチャーを分析する
・同じミスをしない
といった基本のやることは変わりません。
この「変わらないこと」をできるか? できないないか?
そこに差がでてくるのかもしれません。

Bチームはいまや優勝を目指すチームです。
人数も多くレギュラー争いも熾烈です。
日々の素振りや準備ができていないと結果も出ず、
レギュラーを外されるケースもあるのが現実です。
しかし、しっかり努力をすれば
誰にでも必ずチャンスを与えてくるのが
東雲メッツというチームでもあります。
(この点もCチームの頃と全く変わっていないのです。)
逆にCチームで出番のなかった選手で
なんとかチャンスをものにしようと
ギラギラしている選手も見受けられます。
乗ってくればガンガン打ち出す選手たちであることは
去年存分に証明済みです。
暖かくなっていくと同時に調子が上がってくる
選手たちに大いに期待し、
また監督コーチご両親みなで全力サポートしていきましょう!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ