FC2ブログ

Cチーム、悲願の初勝利なるか!?~スーパーリーグ第6戦~

7月15日(月)、三連休の最終日。
Cチームのスーパーリーグ第6戦が行われました。
東雲小に大向ベアーズさんをお招きしての試合。
朝まで雨が降り続き、開催が危ぶまれましたが
そこは水はけ最高の東雲小。昼にはグラウンドもすっかり乾き
良好なコンディションの中で試合ができました。
(この日はAチームも合同で練習ということで
朝のグラウンド整備も6年生たちがお手伝いしてくれました。
6年生、ありがとう!)

スーパーリーグも残すところあと2試合。
そろそろ悲願の「公式戦初勝利」といきたいところです。
先発オーダーは試合前の練習でしっかりと
アピールしてきた選手を優先的に使いました。
成長著しい4年・タイガを4番に初抜擢!
さらにいつも一生懸命のヒルソウを初スタメンに!
そしてバッティング練習でいい当たりを放ったソウキを3番に。
ソウキはお父さん(A監督)がいるとちゃんと打つね(笑)。
いつもそうだといいんだけど……。
ということでオーダーは以下の通り。

1 ヒロワ ファースト
2 テッペイ ショート
3 ソウキ ピッチャー
4 タイガ センター
5 ライト キャッチャー
6 ユウヤ セカンド
7 カケル サード
8 カナミ レフト
9 ソウ ライト

先発はCチームのエースナンバーを背負うソウキ。
初回、マウンドに向かうソウキに
「今日はひとりで投げ切るつもりでいけ。
ソウキなら大丈夫だから。頼むぞ」と声をかけ送り出しました。

1回表、ベアーズの攻撃。
ふたつのサードゴロをカケルが華麗にさばき
あっという間に2アウト!
みんなの「ナイスプレー!」の声援に
はにかむカケル。ああいうところがかわいい(笑)。
しかしその後、二度あることは三度あるとばかりに
3本目のゴロがサードに飛びます。
これがボテボテの当たりでセーフティバントのような
形となりファーストセーフ。
その後、相手4番打者にレフトオーバーの
長打を放たれるなどして2点を失います。
2-0

1回裏、メッツの攻撃
相手投手はキレのある速球を投げる本格派。
ヒロワ、テッペイと連続三振に取られ
こちらもあっという間に2アウト。
ところがメッツも2アウトから打線ががんばり
ソウキ、タイガが連続四球を選び、
続くライトがレフトへ2塁打!
メッツも2点を入れすぐさま同点に追い付きます。
2-2

2回表、ベアーズの攻撃
この回のトップバッターに2塁打を打たれ
スチールでランナー3塁。
ここでファーストゴロの間に1得点され
スコアは3-2に。

2回裏、メッツの攻撃
ラッキーボーイ・カケルがライトへ2塁打!
でかしたカケル!
中継プレーの送球が乱れる間に3塁、
さらにそのままの爆走でホームを狙うも
レフトからの好返球でタッチアウト!
このノリ、「勢い」がカケルの魅力ですから
しょうがありません(笑)。
その後、カナミが内野ゴロエラーで出塁し
1番ヒロワのレフト前ヒットでメッツも1得点。
再び同点に追い付きます。
3-3

3回表、ベアーズの攻撃
今まで、中盤に崩れるパターンが多かったソウキ。
ここでも先頭の3番、続く4番打者に連続四球を与え
スチールなどでランナー2・3塁。
ここで私がタイムを取りマウンドへ行くと
ソウキは涙ぐんでいました。
「どうするソウキ? 代わるか?」
今までならここでうなずくか、無言になっていたソウキが
「いきます」と涙声でひと言。
「わかった。みんなでソウキを盛り上げてやれ」と
内野陣に声をかけベンチに戻りました。
続くバッターのセカンドゴロの間に
1点を追加されてしまいますが1アウトをしっかり取り、
その後は三振、ファーストゴロで3アウト。
今までのソウキなら大崩れしてもおかしくない場面でしたが
奮起したソウキが成長したところを見せてくれました。
スコアはまたまた1点ビハインドの4-3に。

3回裏、メッツの攻撃
1アウトから4番・タイガが期待に応える
センター前ヒットを放ちます。
1打席目も粘りに粘って四球を選んだタイガ。
初の4番の重圧もタイガには関係なかったようです。
その後、6番ユウヤが強烈なライナーを放ちますが
これがショート真正面で3アウトチェンジ。惜しい!!
スコアは4-3のまま。

4回表、ベアーズの攻撃
3回同様、トップバッターに四球を与え、
牽制暴投などでランナーは3塁に進み
ここで相手1番打者がセンター越えの2塁打で1点を追加されます。
ここでタイムを取り、再びマウンドに行くと
ソウキの目に涙はもうありませんでした。
ソウキは続くバッターにセンター前ヒットを打たれこの回2失点。
しかしその後、ショートフライから飛び出した1塁ランナーも
アウトにしダブルプレーでチェンジ!
ソウキが粘りのピッチングで流れをメッツに呼び込みます。
スコアは6-3

4回裏、メッツの攻撃
トップバッターのカケルがこの日2本目となる2塁打を打ちます。
さすが、スーパー2年生のカケル。
ただ最初の爆走があったため、みんなで必死に
「無理しなくていいから!」と声をかけました(笑)。
続くカナミは四球を選び、バッターはこの日初スタメンの9番・ソウ。
ここで2ストライクと追い込まれたソウが起死回生の振り逃げで出塁!
ノーアウト満塁の大チャンスがメッツにやってきます。
ここでバッターはメッツの切り込み隊長・1番、ヒロワ。
ヒロワは粘りに粘って四球を選び、1点追加。スコアは6-4。
ベンチは6年生の応援も交じってものすごい盛り上がり。
そこから押せ押せムードに乗り、四球や相手のミスに乗じ同点とし、
さらにライトが2塁打を放つなど打者一巡の猛攻でこの回一挙6得点!。
6-9と逆転し、この日初めてメッツがリードする展開となりました。

そして迎えた最終回の5回表、ベアーズの攻撃
ここでソウキが抑えれば悲願の公式戦初勝利です。
「頼む、ソウキ」
ベンチも、応援のお父さん、お母さんたちもみんな
そう思っていたはずです。
しかしながら、ベアーズさんのクリーンナップも好打者が揃っています。
4番、5番に連続ヒットを浴び1点を返されスコアは7-9。
さらに続くバッターに四球を与え、スチールなどで
ノーアウトランナー2・3塁に。

ここでタイムを取り、三度マウンドへ。
私がマウンドに近づいていくと内野の誰かが小声で
「交代? 交代?」と言いました。
するとセカンドのキャプテン・ユウヤが
「代わるわけねーだろ!」と一喝。
もちろん私も交代させる気はまったくありませんでした。
ソウキも「ぜんぜんいけます」と余裕の一言(笑)。
「ふたりのランナーがホームインしてもまだ同点だから。
まだお前らには裏の攻撃があるからな。ひとつずつアウトを取っていこう」
と確認し、「内野でソウキを盛り上げろ!」と最後にハッパをかけます。
ソウキはそこから気迫のピッチングで2者連続三振で2アウト!
あとひとつアウトを取れば悲願の初勝利です。
「頼む、ソウキ……」
この日、何回そう願ったでしょうか。
が、しかし!?!
ソウキも最後の最後までハラハラドキドキのピッチングを見せてくれ、
続くバッターにデッドボールを与え、
2アウト満塁の大ピンチを招きます。
「がんばれ、ソウキ……」
ここで前の打席にセンターへ2塁打を放っている
相手の1番打者をバッターボックスに迎えます。
ソウキも一生懸命のピッチングで
3ボール、2ストライクのフルカウントに。
最後の一球となるのか、それとも……。
ソウキがモーションに入ると同時に、
3人のランナーもスタートを切ります。

「頼む!!」

みんなが願うなか、ソウキが渾身のストレートを投じます。
相手バッターのバットは動きません。
投球はストライクゾーンに構えたキャッチャーのミットに吸い込まれました。
「ストライク、バッターアウト!」
「やったーーーー! 勝ったーーーーーー!」

ベンチも、後ろで応援していたお父さん、お母さんたちも大喜びです。

整列し、試合終了の礼を終えた選手たちがこちらに振り向くと
なんとキャプテンのユウヤが号泣していました……。
ユウヤなりに、きっといろんなプレッシャーを
抱えていたのだと思います。
初勝利の喜びとともに、重圧から解放され、
緊張感がとけ、自然に涙があふれてきたのでしょう。
がんばったね、ユウヤ。
ユウヤの涙に私たち大人もみんなもらい泣きです(笑)。
ずるいよ、ユウヤ(笑)。
2019年7月15日(月)C・スーパーリーグ第6戦(対大向ベアーズ)
2019年7月15日(月)C・スーパーリーグ第6戦(対大向ベアーズ) by (C)メッツ広報部
※ソウキママ撮影。ありがとうございました!
↑この扉の写真がその時のユウヤです。

試合前、選手のみんなには
「気の利いた声がけ」と「次のプレーを考えた声がけ」の
ふたつをしっかりやろうと話しました。
試合中、ユウヤはソウキをずっと励まし続けていました。
今のCチーム最古参のユウヤとソウキ。
ふたりは1年生の時からずっと一緒です。
IMG_1030-crop.jpeg

先輩たちのプレーを見て、ふたりは成長してきました。
そしてこの日、ふたりは最高の結果を私たちにプレゼントしてくれました。
ユウヤ、ソウキ、ありがとう。
試合終了後、ふたりのお母さんの目にも涙が浮かんでいました。
あの涙が、この一勝の重さを物語っています。

もちろん、何度も好捕を見せてくれたキャッチャーのライトのほか、
スタメンの選手、さらにベンチで一生懸命応援し、
コーチャーに、球拾いにとがんばってくれたメンバーの
力があったから勝てたことは言うまでもありません。
みんな、ありがとう!
最後までハラハラドキドキさせてくれて(笑)。
最後の一球の時、ソウキ父であるハヤシAチーム監督は
どんな気持ちだったんでしょうか。
↓にコメントお願いしますね(笑)。

大向ベアーズのみなさま、東雲までご足労いただき
ありがとうございました!

ということで記念すべき初勝利でしたが
今週末には早くも次なる公式戦
「ジュニアチャンピオンシップ予選」が入っています。
浮かれているヒマはありません。
今回の経験を生かし、いい試合をしましょう!

がんばれ、メッツ!!







スポンサーサイト



コメント

初勝利おめでとう!!

ストライクが入らず連続四球でマウンドで涙。
三振してベンチでこっそり涙。
ピンチの場面でプレートを外し大きく息を吐き集中。
気合いのストレートで三振をとったときのガッツポーズ。
試合終了で緊張から解き放たれたときのほっとした笑顔。

この試合、いろんなソウキを見せていただきました。
ソウキとCチーム全員を男にしてくれたC監督・コーチに感謝!(女の子もいるけど。ごめん)
これからもがんばれ、メッツCチーム!!


試合前、監督とそんな約束してたなんて。
キャプテン・ユウヤがマウンドでそんな声をかけてくれてたなんて。

無防備でブログを読んでしまい、電車の中でひとり号泣。
ずるいよ。このブログ、、、。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ