FC2ブログ

千石大会が開幕!&練習試合も

週末にA紅チームが練習試合+千石大会の連戦。
2試合ともにハヤシ監督のリポートです!


4月6日(土)、Aチーム紅が
本村クラブさんと練習試合を行いました。
港区埠頭少年野球場にお招きいただきました。
人工芝やロッカールームも完備の本格的な球場。
選手たちはうれしさ半分、緊張半分のなかでプレイボール!

結果は、0対14の完敗!
本村クラブさん、豪快なスイングで先頭打者ホームラン!
その後もバットの芯でとらえるヒット連発!
ストライクは強振、ボールはしっかり見送る。
打撃ではこれが徹底されているようでした。

メッツ打線は、マナトとユウタのヒット2本・・・。
んー。もはやコメントなし。

途中、タクムがレフトの守備へ。
バッターボックスでは見事なスイングで三振でしたが、
いい経験になったかな。
前回、三振したときは涙を流していましたが、今回は、
「もっともっと素振り、練習して打てるようになりたい」
という力強いコメントが嬉しかったな~。

他の選手はこれも経験と言っている時間はないぞ!
春の大会に向けて気合いを入れ直して勝利を目指そう!

本村クラブさん、
練習試合ありがとうございました!


続いて日曜の試合です。


4月7日(日)、2019年の千石大会が開幕です。
開会式では、昨年の先輩たちが勝ち取った3位のトロフィーを返還。
今年も、それ以上の成績を残せるようにがんばろう!

開会式後の開幕戦。
昨年優勝チームの潮見パワーズとメッツのカードで開幕です!

メッツ先攻でプレイボール!
初回、先頭打者のリンタロウが食らいつき、
サードエラーを誘い一気に3塁へ!
2番のリリキはファールで粘りデッドボールで出塁。
その後、盗塁でノーアウト2,3塁。
理想的なお膳立てで3番クリーンアップにつなぎます。
ここでランナーを帰せれば、
相手ピッチャーの立ち上がりを攻め立てることができたのですが・・・
3番、4番、5番が三振、フライアウト、三振でなんと無得点。

そのウラ、
パワーズはランナー3塁の場面でタイムリーが出て先制点。
この試合を振り返れば、
先制点を奪えなかったチームと、
奪い取ったチームが勝敗を分けたゲームとなってしまいました。
メッツは流れをつかむことができず、
再三ランナーを出しますが、タイムリーが出ず。
2番手ピッチャーからようやく3得点を奪いますが時すでに遅し。

M 0|0|0|0|2|1 3
P 1|0|1|4|2|× 8

2019年4月7日(日)千石大会開会式&初戦(対潮見パワーズ)
2019年4月7日(日)千石大会開会式&初戦(対潮見パワーズ) by (C)メッツ広報部
※ボウノさん撮影。ありがとうございました!

この3点に貢献したのはソウ。
「カッコイイところが見たーい!」の大声援に乗って、
なんと外野オーバーのエンタイトルツーベースを2本!
この大声援を仕込んでいたのは、ソウのお母さんかな???
選手を乗せる声かけは、さすがお母さんパワー!笑
次からソウの定番応援にしましょう!

コウキは足に違和感があったにもかかわらず、
先発、4回までナイスピッチングでした!
前半の拮抗した展開で継投できず、
ここまで投げさせてしまってゴメン。
でもやっぱり頼りになるスーパー5年生と
再認識させられました!
6年生たち!
もっとピッチャーを楽にできる試合展開にしような。

次は、江東大会の初戦!
試合後、「チャンスで打てるようにバットを振ってくる!」
という選手が大勢いました。
この敗戦の悔しさを忘れずに絶対に勝とう!!



Aチーム紅白、3連戦!&その他の試合画像アップ

ハヤシ監督のリポートです!



Aチーム紅白 練習試合 ~ビッグフォージュニア&池雪ジュニアストロング戦~

3月30日(土)、31日(日)の週末、
Aチーム紅白の練習試合3戦を行いました。

30日(土)大島小松川公園大島球場B面にて、
ビッグフォージュニアさんと紅白ダブル戦。

1試合目は、白チーム。
メッツ怒濤の攻撃により計8得点するも、
守備の乱れから計10失点。
8対10と敗戦。
ボールをしっかりキャッチして相手の胸に送球する
という基本をもう一度しっかり練習しよう!
2019/03/30(土)A白・練習試合(対ビックフォージュニア)
2019/03/30(土)A白・練習試合(対ビックフォージュニア) by (C)メッツ広報部

続いて2試合目は、紅チーム。
相手左腕の緩急のあるピッチングに翻弄され、
ヒットは出るものの打線がつながらず。。。
ピッチング、守備は手堅くなってきましたが、
結果は、2対3の競り負け。
2019/03/30(土)A紅・練習試合(対ビックフォージュニア)
2019/03/30(土)A紅・練習試合(対ビックフォージュニア) by (C)メッツ広報部

そして、31日(日)豊洲グラウンドで急きょもう1戦。
池雪ジュニアストロングさんと紅チームの対戦です。
この日のピッチャーも緩急巧みなピッチング・・・
メッツ打線は自分のスイングをさせてもらえません。
打撃で流れをつかめないまま守備も。
エラー、フォアボールでランナーがたまった場面で、
ヒット、エラーで大量失点。
終わってみれば、2対10でまたしても敗戦。
2019年3月31日A紅・練習試合(対池雪ジュニアストロング)
2019年3月31日A紅・練習試合(対池雪ジュニアストロング) by (C)メッツ広報部

3戦3敗!!
思うようなプレーができず、流れを呼び込めなかったこの週末。
そんなときでも流れを持ってこられる力をつけよう!
そして、来週からの千石大会、江東大会、ジャビット杯で
連戦連勝を目指してがんばっていこう!

ビッグフォージュニアさん、池雪ジュニアストロングさん、
練習試合ありがとうございました!



追記
アルバムにABCの試合画像がアップされました。
ぜひご覧ください!

2019年3月17日(日)A紅・ジャビット杯深川予選(対豊洲ジュニアキング)
2019年3月17日(日)A紅・ジャビット杯深川予選(対豊洲ジュニアキング) by (C)メッツ広報部

019/03/21(木)B・深川大会(対元加賀)
019/03/21(木)B・深川大会(対元加賀) by (C)メッツ広報部

2019/03/24(日)B・深川大会(対深川ジャイアンツ)
2019/03/24(日)B・深川大会(対深川ジャイアンツ) by (C)メッツ広報部

2019年3月9日(土)C・スーパーリーグ(対北原少年野球クラブ)
2019年3月9日(土)C・スーパーリーグ(対北原少年野球クラブ) by (C)メッツ広報部


Bチームの深川春季大会準決勝!~対深川ジャイアンツ~

先行して始まったBチームの深川大会。
準決勝のリポートは「リポートを書いた時のチーム勝率100%男」の
異名を持つイワサワコーチです!
果たして結果は!?


2019年3月24日(日)9:00~ 
深川春季大会(B) 夢の島野球場
大会準決勝となる深川ジャイアンツ戦、
昨秋決勝戦、0-11の敗戦から
早くもリベンジのチャンスが与えられました。
どこまで差を縮められたのか、それともその差がさらに広がっているのか。
メッツ後攻、以下のスターティングメンバーとなります。

1 3B シュンスケ
2 SS ヒナタ
3 P  リンタロウ
4 C  コウキ
5 CF カズキ
6 1B アツト
7 LF ヒロキ
8 RF シュウゾウ
9 2B ジュンペイ

■1回表
先発リンタロウ、先頭バッターをセカンドゴロでアウトにするも、
その後、打ち取った当たりも守備の乱れから
2点を先制されてしまいます。

□1回裏
なんとか反撃したいところ、1、2番が倒れ、
3番リンタロウがレフトへツーベース!も
この回、ここまで。

■2回表
この回も2失点。

3回からピッチャーコウキが登板も、
悪い流れを引きずってしまいました。
途中相手のホームラン性の当たりが2塁だと判定されたり、
4回にはサードライナーをシュンスケが1人ゲッツーを取ったりで、
5回2点を追加された時点で10-0、
これで終わりと思っていましたが、
最後の最後で途中出場のケンジがやってくれました!
三遊間を抜けた当たりがなんと、外野も抜け、ホームラン!
一矢報いることができましたが、反撃もここまで。
やはりジャイアンツの壁は高かった。。。

試合結果   1 2 3 4 5  計
ジャイアンツ 2 2 4 0 2  10
メッツ     0 0 0 0 1  1

2019/03/24(日)B・深川大会(対深川ジャイアンツ)
2019/03/24(日)B・深川大会(対深川ジャイアンツ) by (C)メッツ広報部

前日からの体調不良により、
試合後のミーティングに参加できてないので、
ベンチの外から見た限りですが、結果は昨年同様の大差での敗退です。
ですが、前回の敗戦に比べると、
まだまだ差は大きいものの、背中くらいは見えてきた、
くらいは言っても良いのではないか、勝ちに等しい負けではないでしょうか。
苦しいですね(笑)。
苦しい展開ながらも、ここまでの試合展開に持ってきてもらった
コナ監督への感謝と、次は江東大会へ気持ちを切り替えて、
しまっていこーぜ!

残念ながら、私の執筆する勝率100%ブログは、
イチロー選手の引退と時を合わせるように今回で最後となりました。
今までのご愛顧に感謝するとともに、
次回以降は「ほぼ勝率100%ブログ」として、
継続させていただくことになりました。宜しくお願い致します。
深川ジャイアンツさん、ありがとうございました。

深川春季大会が開幕!~Bチーム今季初の公式戦!の巻~

先行して始まったBチームの
深川春季大会1回戦。
超久々のコナ監督のリポートです!


Bチームになってから、初めての公式戦を向かえます。
相手は昨年の深川春季大会初戦と同じ強豪元加賀さんです。
昨年は惜しくも涙をのみましたが、
今回選手たちはリベンジに燃えています!

初回先発はリンタロウ
先頭打者を四球で歩かせますが、
キャッチャーコウキの
矢のような送球で盗塁を許しません。
続く2番バッターにセンター前に運ばれますが、
センターカズキがガッチリキャッチした後
ファーストに送球。
なんとセンター前ゴロに打ち取ります。
集中力が課題のカズキは、
この日最後まで集中して守れました。
その後、2回に2アウトから守備の乱れ、
四球も絡み2点先制されてしまいますが、
3回は、3人で抑え
4回からはメッツの守護神・コウキにスイッチ。
5回にまたまた守備の乱れから2点取られてしいますが、
この日の両ピッチャーの四球は
コースを丁寧に攻めた結果の四球だったので合格点。
素晴らしいピッチングでした!

先制された後の2回裏のメッツ攻撃で
6番アツト、センターオーバー! ナイスバッティング!
この3ベースヒットでチャンスをつくると
7番ヒロキの内野ゴロの間にアツトがホームインで1点返します。
3回の攻撃ではジュンペイが四球をもぎ取り
進塁打などでランナー3塁に、
ここでバッターはこの日の守備がイマイチだった2番ヒナタ。
しかしこの大事な場面で彼はヒットで3塁ランナーを返します。
この回2得点で逆転に成功!
4回にやっとメッツ打線がつながり四球、
ヒット等で、ランナー2,3塁。
ここでまたまた巡ってきました、持ってる男・2番ヒナタ。
ヒナタは3球目を右中間に弾き返しスリーランホームラン!
この男のバットで試合を決定付けます。
結果、8対4勝利することが出来ました。
この日のヒーローは、アツトと、良くも悪くもヒナタ!
アツトのスリーベースヒットから打線が勢いづき、
ヒナタのホームランで試合を決めました。

019/03/21(木)B・深川大会(対元加賀)
019/03/21(木)B・深川大会(対元加賀) by (C)メッツ広報部

次戦は、超強豪の深川ジャイアンツさん。
今のメッツがどこまで通用するか、力試しです。頑張ろう!
最後に、試合前からいつも緊張しまくりのコウキと私、
試合終了後は二人でホッとしました。
平常心も忘れずに…。


Bチーム、初戦突破おめでとう。
次は深ジャン戦。
全力でぶつかっていきましょう!

Cチームのスーパーリーグ、第2戦!

Cチームのスーパーリーグ、
サナギコーチの最速リポートです!


3月21日(祝)東雲小学校グラウンドで
Cチームがスーパーリーグ第2戦を
「北原少年野球クラブさん」と戦いました。
スタメンはご覧の通り。

1 ヒロワ サード
2 テッペイ ショート
3 ライト ファースト
4 ユウヤ セカンド
5 ソウキ ピッチャー
6 カケル キャッチャー
7 スミレ ライト
8 アラタ センター
9 シュンタ レフト

残念ながら1-20の完敗です。
 
M|1 |0|0|0  1
K|10|6|4|× 20

2019年3月9日(土)C・スーパーリーグ(対北原少年野球クラブ)
2019年3月9日(土)C・スーパーリーグ(対北原少年野球クラブ) by (C)メッツ広報部
※シマノさん撮影。ありがとうございました!

1回表に斬り込み隊長ヒロワのヒットで 
幸先の良いスタートをきれたのですが、
本日も打線が沈黙。1点止まり。

相手チームは体格の良い強打者がズラリと並ぶ超強力打線。
ソウキーテッペイーカケルの継投で懸命に投げ込むも、
体育館に直撃されそうな打球を連発され
なかなかアウトがとれません。
体格差があるので仕方がない部分もありますが、 
選手全員のプレーが後ろ向きになってしまったのは頂けません。

「大変なことになっているが、ここがふんばり時。
 みんなで力を合わせて乗り切ろう!」

こんな声を掛け合ってほしいなとコーチは思います。
メッツCチームが強くなるには「掛け声」だよ。 
下を向いて黙って守ってると取れる球も取れないよ。

一方、相手チームはナイスプレーの連発でした。
技術はもちろんですが
特にサードコーチャーをしていた選手がすばらしい。
ランナーがいない時は打者の耳に届くよう大きな声で応援。
走者には大きなジェスチャーで的確な指示。
セーフになれば自分の事のように喜ぶハイタッチ。
そして、チェンジの際には
当ベンチサイドに「よろしくおねがいします!」
「ありがとうございました!」と
大きな声であいさつをしてからベンチに戻るんです。
こんな選手がムードメーカーとなり
チーム全体が上がってゆくんだと思いました。

本日は時折砂嵐が舞う天候でしたが、春のぽかぽか陽気。
何度もライナーを打ち込まれた
体育館前の桜でしたが数輪咲いていました。
メッツCチームの打線もそろそろ咲かそうぜ。

そのためには、普段の自主トレだ。
土日は平日個人練習した成果を見せたり、
不安な点をチェックする場。
平日にどんどん振ってこよう。

また、みんながよく口にする悪い言葉。
「やりたくない」「そんなの無理だよ」
「ちゃんと投げろよ💢」
明日からの練習では
「やります」「チャレンジします」
「いいよいいよ。次は捕ってやるよ! 」
に換えてみよう。
その対応力が備わればもっともっと野球が楽しくなるよ。

北原少年野球クラブのみなさん、
本日はありがとうございました!


サナギコーチ、超最速ありがとうございました。
次はもっといい試合をしよう。
そしてその次はもっともっといい試合をしよう!
そうやってステップアップしていけば
勝利もやがてやってくる。
みんなならできる!


がんばれ、メッツ!

カウンター
東雲メッツのブログへようこそ。
プロフィール

東雲メッツ

Author:東雲メッツ
江東区深川学童少年軟式野球連盟所属「東雲(しののめ)メッツ」の活動をご報告していきます(携帯電話からも閲覧可能です)。
選手は東雲・辰巳・有明地区の他、豊洲・越中島地区、お台場地区などから通ってくる子どももいます。
選手も随時募集中です。(小学校低学年、女子選手大歓迎!)
お問い合わせ、練習試合のご依頼などございましたら右欄「メールフォーム」よりお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ